• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

弁護士が主役の海外ドラマのタイトル(NHK)

お世話になります。 数年前に放送していた、弁護士が主役の海外ドラマのタイトルを 教えてください。 多分NHKだと思うのですが、ひょっとしたら違うかもしれません。 主人公は弁護士であり、少し小柄で歳は50-60ほど。 一話の話の内容は、小説家が秘書と入れ替わり、その主人公たちを 自分のお城に招待したあと、夜に小説家になりすました秘書を城から 突き落としてしまったというお話だったと思います。 最後の裁判シーンで、犯人がわかると、検察側が『本件の却下を要求します』 といって、勝負がついて番組が終了します。 この程度の記憶で申し訳ありませんが、お解りになる方、ぜひご教授ください。 よろしくお願いいたします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数237
  • ありがとう数0

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1
noname#200513

こんにちは。 「ペリー・メイスン」かもしれません。 スマホからの回答ですので画像やWikipediaの御紹介が出来ずに申し訳ありません。 「ペリー・メイスン」で検索していただけますでしょうか。 中途半端な回答で、本当に申し訳ありません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

迅速なご返答、ありがとうございます。 ネットで軽く調べてみましたが、多分間違いないと思うのですが、 画像などの情報がないため、確信は持てませんでした。 試しに、ツタヤでDVDを借りてみようとしたのですが、 VHSとブルーレイしか出ていないと言うことなのですが、そうなのでしょうか。 もし、お分かりになるようでしたらで結構です。 お手数をおかけし、大変申し訳ありません。

関連するQ&A

  • 刑事事件(傷害) 弁護士ってみんなこんな感じ?

    叔父が傷害罪で訴えられた裁判(近所の人(被害者)に用事があるので 来てほしいと腕を引っ張りその時怪我を負わせた) 事件当日9時逮捕、取り調べ、その後病院に行ったらしく診断書の時間14時 叔父の言い分は当初から変わらず、その時は触れてもない、その後のやり取りで一度被害者の手を振り払った記憶はあるというものです。 (振り払った際に出来た傷なら正当防衛になると弁護士は言ってました) 逮捕された際にもここで相談させて頂き、叔父の言う事を鵜呑みにするのは良くないとご指摘いただきました。それからは冷静に見てきたつもりですが、叔父が嘘を言ってる様に見えませんし、その被害者は以前にも叔父が怪我をさせたと警察へ行ってます。その時は警察署で事は済んだ様です。(被害者が嘘をついており、逆に謝罪させた) 相手の起訴状は却下されました。 やっと結審の日を迎えましたが、検察側がその後医師に書いてもらったという書類を証拠として提出。断定はできないが爪でできた傷と言ってもおかしくない・・・といった内容の物です。 弁護士が言った事は、新たな証拠は憶測の文章だけど医師が書いてるのでちょっとこちらが厳しくなるかも、どうしても有罪にしたいみたいだね。冤罪としても殺人とかではないから(罪は軽くて済む)みたいな事を言いました。小さい事件ですが本人、親族にとってはそんな事で前科がつくのはとても心苦しいものです。 皆さんも弁護士が言う様にもし無実だったとしても重い罪ではないからとあきらめれますか?医師の文章は効力があるのですね? この事件に関して、検察と弁護士では、検察の方が必死に取り組んでるように見えます。弁護士ってこんなに動いてくれないものなのでしょうか?被害者と直接話しもした事ないし、被害者宅の間取りを調べる様、叔父に言いました。叔父が直接いけるわけないですよね? また裁判をおこす金銭的な余裕がないのが辛いところです。

  • 弁護士映画

    今年8月の終わりに米国~日本の飛行機便(デルタ航空)で見た映画についてです。 機内で弁護士映画(洋画)を見たんですが見始めるタイミングが悪く、ラストを迎える前に空港に到着してしまいました。タイトルを覚えていれば問題なかったのですが着陸態勢に入った時に急に画面がストップしたのでタイトルを全然ちゃんと確認できず終いになってしまったので協力していただければ幸いです。 内容としましては、主人公は敏腕弁護士(男性)です。ある娼婦?の強姦・殺人事件の容疑者の弁護をすることになるのですが、容疑者(わかりにくいのでこれからAとします)は冤罪だと一切の無実を主張します。弁護士は始め、弁護に関わる証拠などを集め、検察と取引などをしながらAに対する検察の訴訟?取り下げに尽力しますが、弁護士が調査を進めていくにしたがい、Aはやはり犯人であることを確信します。しかも過去に同じことをした際に罪を他の人間にかぶせていることも分かります。(つまり本当の冤罪がそこにあった)そこで弁護士はその罪をかぶせられ服役中の囚人(もう服役が終わっていたかはちょっと僕の記憶があいまいです。これからBとします)に会いに行くのですが会ってみるとおどろいたことに自分が弁護した人間だったのです。 その時は状況証拠などがそろっており、弁護士はBの主張にほとんど耳を貸さず、無罪は無理そうだから刑を軽くすることでこの件を終えます。 そのことを思い出した弁護士は自分のせいでBが服役しているのことで自分を責めます。 そしてAの罪を暴きたいところなのですが、弁護士には依頼人との守秘義務がありAのさまざまな発言や行動なんかを別の場所で問うことができません。実はこれがAのねらいでAはこの弁護士がBの弁護をしたことを知っていたのです。これを知った弁護士の仲間は殺されてしまいます。(Aに) 弁護士はあくまでAに依頼された立場なのでAの弁護をしなくてはなりません。 この先どうするのか。という葛藤に弁護士はかられます。 そこらへんで終わってしまいました。 〇タイトル(洋題)は「OOO lawyer」(OOOには弁護士の名前が入る) 〇弁護士の乗る車の専属ドライバーの名前はアール ということは具体的に覚えています。主人公の名前を覚えていれば全く問題なかったんですがあろうことか忘れました(汗) 日本で公開されたかは分かりません。アメリカでもいつ公開されたかはわからないです。 デルタで8月末ころに配信された映画でわかるかた、またあらすじで分かるかた、よろしくお願いします。 デルタ航空の情報を9月に見ましたが更新されててバックナンバーは見れなかったのでタイトルが分からず。。。って感じになってしまいました。

  • 弁護士や検察官って自分で捜査したりするのですか?

    現実的なところを教えていただきたいのですが、 一般的に言われる「弁護士」という職業はドラマや漫画みたいに、 自分で事件を捜査したり、証拠を集めたりと、 探偵まがいのことをするのでしょうか? またそういったことをしても問題ないのでしょうか? もしそういったことをする場合、 依頼者から別途調査費用などを徴収しているのでしょうか? お教えください。 私のイメージですと、証拠をそろえるのは依頼者が行うべきことであって、 弁護士さんは、書類の手続きや相手方との交渉、裁判での弁護などを行うのだと思っています。 仮に弁護士事務所として証拠集めに協力するのであっても、 弁護士自らが動くのではなく、そのスタッフやあるいは探偵に外部委託するのではないかと思っています。 ですが、どうも映画やドラマや漫画や小説を見るに、 お前は名探偵コナンか!とツッコミたくなるようなシーンを多々見かけます。 検察についても同様です。ドラマHEROで、キムタク扮する主人公は、 しょっちゅう事務所を出て、何かを調査しています。 そんなこと常識的にありえるのでしょうか?? 書類の整理だけで忙殺されているイメージがあるのですが、 その辺のところはどうなのでしょう? 詳しい方お教えください。

  • NHKドラマ 梅ちゃん先生 小説家でなく医者??

    たまーに、昼間のNHKドラマ(1時まで放送)を観てます。 覚えている内容は、 1,堀北主人公女性が、小説を書いていた。男の先生と一緒に小説家?になろうとしていました。 喫茶店のような場所で、(コーヒーか何か2つあった)練習してました。(その男性と堀北役が付き合って結婚しそうな感じがあった) 最後に、男性が堀北役を映画に誘う。(デート?) でも・・・今日観たら、何故か、医者になっています。小説家?になろうとしたのを辞めたのでしょうか? しかし、 http://www9.nhk.or.jp/umechan/story/index.html HPを観ると、医者にずっとなろうとしているようです。違う番組?・・・。(または幻覚?) 2,家が古くなっていたので、建て替えませんか?と言う、セールスマンの男性がやってきた。   そして、父は拒否していたが・・・・結局、承諾したようだった。 3,結婚する前に、誰にする? という家族の女性達の話題。いくつかの写真を見るが、上記のセールスマンはどう? と相談するものの、却下される。。 4,家の近所に工場がある。そこでは、父と大人の子供が、お金を借りている?が、(今日も登場してた有名な男性が父役) 銀行員?の人が来て、書類を提出してください、と要望される。しかし、父と子はわけがわからず、父は投げ出してふて寝する。任せる!と言う。大人の子は困る。。2人共、文字書くのが苦手らしい。 堀北役にその大人の男性の子が、小説書いているんだろ?頼む!書いてくれ!と頼む。 初め、忙しいと断られるが、その後にちょっとだけなら、と許可される。 5,父は医者をやっている。(そのシーンがあった)  今日も同じドラマを観たと思う。家とか、その家族の人達も、いつもと一緒でした。堀北さんも同じ。 でも、小説家になろうとしていたのに? 何故、医者になっているのでしょうか? 成り行きで、医者に変わったのでしょうか? HP見ると、工場=安岡家、主役=下村家、で合ってます。画像とTV同じです。 5は、合っていると思いますが、1-4について、TVと内容が同じかどうかなど、知りたいです。 また、小説家になろうとしていたのかどうか?も教えて下さい。4話までは?勉強していたようなので、その描写なのかもしれませんが・・。 また、今気づきました。 第13週 6月25日(月)~6月30日(土) 「医師の自覚」 >そんなある日、梅子は熱心に取り組んでいた論文の課題を先輩医師・津田(渋江譲二)とかわるよう第一内科の三枝教授(陰山泰)から言われる。そんな梅子を見て松岡(高橋光臣)は映画に誘うが、ひょんなことから信郎(松坂桃李)とその彼女・咲江(佐津川愛美)とのダブルデートになる。 とあります。論文の課題をしているのと、映画に誘うという点で、私が小説家と勘違いしていただけかもしれません。

  • NHK 海外ドラマでタイトル教えて下さい

    1982年1月~3月頃、NHKで放映されていたアメリカのドラマでタイトルをご存知の方、教えてください。 内容は、アメリカ開拓時代を舞台としたアメリカインディアンと白人の戦いを描いたもので、決して白人を善としたドラマ仕立てではなく、戦争の儚さとアメリカ開拓史の現実を描写した内容であった気がします。 当然吹き替えですが、印象的な台詞として白人がインディアンの子供を殺すシーンがあり、その時吐いた台詞が「シラミの子はシラミ。」でした。 テーマ曲が非情なドラマ内容に大変マッチしていました。 私が幼少の頃で、曖昧な記憶で申し訳ありませんが宜しくお願いします。

  • NHK海外ドラマのタイトルを教えて

    10年くらい前にNHKで放映された海外ドラマで、生き別れになった弟と妹を探し出す長男の話です。妹は軍隊に入っていたことと、長男が結婚してその妻も協力的だったことくらいしかおもいだせません。最後は三人の兄妹が抱き合うシーンで終わったと思います。一回完結で、その当時の放送枠として「奇跡の着陸」があったように思います。NHKのHP等でも探ってみたのですがどうにもわかりません。

  • NHKの海外ドラマのタイトル覚えてます?

    えっと今から17年位前のドラマなんですけど 内容は、学生、生徒がパソコンを駆使して、色々な問題を解決するという、パソコンを使?少年探偵団的な物だったと思います。 劇中で使われていたパソコンはZX-81かTRS-80だったかと思います。 確か マシューという名前が主人公の名前か役名だったか と思ってますが 間違ってるかもしれません メガネをかけた少年だったと思います。 よろしくお願いします≦(._.)≧ ペコ

  • 日活映画の題名を教えて下さい

    日活映画で恐らくポルノの部類に入るかと思います。 主役は小説家と結婚している女性だったと思います。 その女性が日中スーパーの試食コーナーでのパートを始めたところ、とある女性に声をかけられ、写真モデルだったかな?に声をかけられます。 その後、見学に行くと、いろいろな服やポーズで写真を撮られ、その後、性行為を強要されます。 だんだんと女性は変わっていき、知らない男性とホテルへ行って。。。そこからは覚えていないのですが。 キーワードに「城」があったと思います。また、殺人事件が発生しており、その遺体は胴体だけが発見されています。 ミステリーかな?とも思いましたが、出演者も主題歌もまるで覚えていませんが、なぜかもう一度見たくなりました。 ご存知の方いらしたら教えて下さい。

  • 偽証罪での刑事告訴に対する検察庁の返信

    検察側証人が法廷で偽証していることが明らかなことから、地検宛に告訴状(その他資料を含む}を提出しました。 検察側証人を偽証罪で告訴したところで、それを受理してしまったら検察にとっては自己否定そのものになりかねませんから、受理されることはほとんど無いとのことを、事前のネット検索で知りましたが、それでもあえて告訴した次第です。 いずれ不受理の連絡があるのだろうなと気長に待っていたところ、 提出した告訴状は、およそ40日後に書面が添えられて返却されてきました。 その書面には、 1,告訴事実の日付が誤りと思われるので訂正してください。 これに関しては、 告訴状提出後にそれに気づいたのですが、訂正すべきか分からなかったので、そのままにしていました。 2,「どんな方法で」「何をしたか」について、可能な限り具体的に特定した告訴状を作成してください。 これに関しては、 私は、某サイトにあった偽証罪の告訴状のひな形を参考にしたのですが、そのひな形には例文として、 ────────────────────────────── 第2 告訴事実 被告訴人は、平成○○年○○月○○日頃、○○県○○市○○町○○番○○号○○地方裁判所民事部第○○号法廷において、平成○○年(○○)第○○号建物引渡請求事件の証人として宣誓の上、全く虚偽であることを知りながら、 「本件の建物は甲ではなく、丁に売りました。」 などと自己の記憶に反した虚偽の陳述をし、もって、偽証したものである。 ────────────────────────────── との記述になっていました。 私の作成した告訴状は、 このひな形の「本件の建物は甲ではなく、丁に売りました。」の部分をを削除しただけで、私の事案に添った具体的内容に入れ替えなかったことが原因と思われます。 そこで質問させていただきますが、 (1) 今回、不受理ではない理由で告訴状を返却してきて、これの訂正を求めるこの検察庁の姿勢をどのように思われますか? これを素直な心で考えれば、訂正して再提出すればこれを受理してくれるのでは?と、思うところですが、検察庁がそんな親切なお役所とは思えないというのが私の印象です。 (2) この件とは直接関係ありませんが、 弁護士さんが回答してくれる「某サイト」についてです。 この手の質問をすると決まって回答がつきません。その他の質問に対しては非常に親切な回答をしてくれるのに、裁判官や検察官を批判するような内容の質問に対しては、不自然なほどに沈黙されてしまいます。 とある著名人が、「裁判官・検察官・弁護士は、いわゆる村社会であり、司法村である」といった発言をしていますが、 弁護士が、裁判官や検察官の痛い部分を批判するなどすると、自身の仕事がやりにくくなるといった理由で、こういった質問にあえて回答しないのではないかと思えるのです。 この辺りはどう考えられますか? ちなみに、この私の見解が正しかったとしても、その辺の大人の事情は理解できますので、弁護士さんを非難するつもりはありません。 弁護士さんからの回答は難しいかもしれませんが、よろしくお願いします。

  • 死刑回避の為特段の事情?

    回答お願いします。 今回、光市事件で死刑判決が出た訳ですが判決文を読んでみますと、死刑を回避する為には遺族で有る本村氏から(生きて償って欲しい)との発言がない限り不可能だったと思います。 何故なら、死刑判決を出すのは決定していた。 すべてはそこから始まっていますので、弁護団の合理的な証拠を含めすべて事実関係を無理やり却下しています。検察側の主張ではどうにも説明出来ないことも含めすべて採用(ドラえもんの話以上に不合理なことですら) 私も驚いたのでが、弁護団の驚きは相当なものだったと思います。 確かに、遺族の感情は大切かと思います、しかし今回の事件ではすべてに優先した、勿論証拠よりも優先。 (1)これは、日本の司法の崩壊と見て良いのでしょうか? 何故なら、今回の事件では弁護士では無理かと思います (2)今後は事実関係は一切争わず法廷に僧侶、神父等が弁護士の変わりに現れ被告と一緒に謝罪する時代になるのでしょうか? (3)最高裁が示した特段の事情とは、本村氏から(生きて償って欲しい) との言葉でしょうか? 以上3点回答お願いします。