日本の若年層の失業率が低いのはブラック企業のおかげ

日本の若年層の失業率が諸外国(先進国)より低めなのはブラック企業のおかげでしょうか? これだけ機械化が進み、なおかつ...

g4330 さんからの 回答

  • 2013/04/22 15:39
  • 回答No.1
g4330

ベストアンサー率 18% (840/4653)

 
言葉の定義を勉強してから議論しよう。
ブラックと軽く言ってるがその殆どは普通の企業でしょ、僅かなサービス残業なんて公官庁でもあります。

ニートが増えると失業率が低くなるのを知らないのですか?
補足コメント
noname#179209
知りません、ニートは職探ししてないから失業者に入らないからという事でしょうか?
日本の失業率はハローワークに通っている職なしの人だけと聞いた事があります。
投稿日時:2013/04/22 15:41
お礼コメント
noname#179209
回答ありがとうございました。
投稿日時:2013/04/22 19:11
この回答にこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう!
この回答にはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。
関連するQ&A
  • パスポ-トについて その他(海外旅行・情報)

    日本のパスポ-トは世界中ほとんどの国にビザなしで行けることは多くの人から聞いたことありますが他の先進国のアメリカやイギリスやフランスやイタリアやカナダやドイツなど他etcの国などの人も日本人のように世界中のほとんどの国にビザなしで行けるのでしょうか? あと中国とか北朝鮮などの人などが旅行とか留学とか就労で海外に出るのになかなかビザがとりにくく難しいと聞いたことがありますがなぜこれほど格差があるのでしょうか? これは国民の所得とか経済力とか他etcが全世界に認知されてるかされていないかも関係がありますか? こういったことに詳しい方ぜひ教えてください...

  • フランスのように日本もなるべきか? 政治

    フランスが軍事力をもって、マリなどに飛ばしたり、アルジェリア上空を通過してよい許しを得たり、したたかにやっていますが、日本もこのくらいまで引き上げたいでしょうか? 中国に対する、日本のありかたです。 やはり弱腰なので、中国にいいように圧迫され、韓国にも馬鹿にされ、 しかし、フランスともなると、北にはイギリス、南にはイタリアと接しているのに、この軍事力でもって、バランスをとっています。 大人の国ともいえるのか、イギリスやフランス、イタリアが今頃戦争でもって争うなどということはありえないと考えられます。 しかし、こちら日本、中国、韓国とみてみると、戦争でもって争うということが見えてしまいます。 日本国からすると、なんとばかななんの利益もない争いをするのか・・・というところなのですが、中国がなんともオラオラと来ています。 もし、イギリスが中国の隣にあったら、やはり争うのでしょうか? フランスが中国の隣であったら、戦争をちらつかせますでしょうか? イギリスもフランスも軍事力には定評があります。 技術面でも一枚上でしょう。 やはり、そんな国ですから中国でもそこまでして争うこともないと経済交流しようと考えるでしょう。 かくいう日本も軍事力はつけようと思えば力はあるでしょう。 アメリカの護衛もあります。 しかし、強そうにみえないのが現状でもあります。 なので中国が調子に乗るわけです。 南米でもブラジルとアルゼンチンはどうも仲が悪いようですが、お互い強力なライフルとか射撃を普通に所持しているので、わざわざと二の足を踏む感じがしてそれならばとめんどくさい争いなんてしないしない!となるでしょう。 言葉で平和を訴え、説得、教え、精神で対等しようとする日本はやはり限界があるのでしょうか? 今回のアルジェリア事件についても、アルジェリアで起きた事件なので賠償責任などアルジェリアに求められるのでしょうか? それがきっかけで、もっと協力的でない状態になり日揮をはじめ、ほかの日本の企業も多数出ているとのことですので、そこにも影響が出てきてしまいます。 もし、フランスでしたら、すぐにでも賠償をアルジェリアに求めて、反攻するなら軍事力もあるので抑えることもできるでしょう。 日本には制圧する実績が大昔にしかないので、もう忘れていますし、今の状態では、やはり話し合いで解決していくしかないでしょう。 長い目でみて、多少の犠牲は出てしまうのだけれども、やむを得ないとセざるを得ないのでしょうか?...

  • 日本経済の他者性(比較)がない 経済

    日本経済ってむしろドイツより高機能や故障のすくないものを作り、でもアメリカほど起業ができないというようなくらいの認識かと思います。 近くに先進国はかろうじて、アジアNIESがあるくらいでそれも人口など小国も多く、比較対象も少ないような気がします。ですので万能主義とかただ列挙されているのか金融、起業のダイナミズム、製造業、ホスピタリティ、観光など頭で並んだりすると思います。 EUの場合経済の進み具合にも差がありますが、一番先のグループでイギリスは金融ドイツが製造業フランスは文化などだと強みも差があるように思います。 北欧やスイスがあって、イタリアなど他の国もある感覚かと思います。 日本の場合製造業が強くて、リスクを取らない国民性(不安を覚えやすい)だと思います。 よくみれば、シンガポールや香港は製造業以外に強くて、強みの違う国も存在してます。 地域経済(輸送など考えて)といった場合、日本は東、東南アジアに属するのでしょうか? それとも環太平洋でかんがえるべきなんでしょうか? ただ成長産業、分野というだけでは内面ばっかり見ているような気がします。あまり起業など強調してみても英米などの発想であっても、日本の国民性の感性が違うのでコピペ的な政策では違う結果しかもたらさないようにも思えます。 実際はどの分野に強いのでしょうか?...

  • G8について。 ニュース・時事問題

    主要国8ヶ国会議?が開催されています。アメリカ、イギリス、フランス、ドイツ、イタリア、日本、カナダ、ロシアの8ヶ国ですが、自称『先進国』の中国は蚊帳の外で、日本は出席しています。都合良く、中国が先進国と発展途上国を使い分けているとの認識があれば、どうでも良い会議ですが、自ら『主要国』『大国』と言う認識なら、G8に出ていない事は、非常に悔しい事だろうと思うのですが、どっちなんでしょうね。中国の『大国』発言には、各先進国首脳は嘲笑ものだとも聞きますし。...

  • どうして日本って高齢者比率が世界一高いの? その他(社会)

    子供なんて煩わしいほど、他の先進国よりいるわけですし、 青山とかの話もそうですが、ウザいほど子供の数(総人口に対する率ではありません)は他の先進国と比較してかなり多くいるわけですよね。 だから騒音だとか、保育園だとかの問題や通報が山ほどあがるわけで。 他の先進主要国で10歳未満の数をみると G7先進国では アメリカだけは2500万以上いるものの カナダで300万ほど フランスで650万ほど ドイツで同じく650万ほど イギリスで600万ほど イタリアで500万ほど しかし日本は1050万もいます。 普通に考えて サッカー界の世界一のスターのロナウドの出身国のポルトガル http://ecodb.net/country/PT/fertility.html 1983年からは2,0を下回って 1994年以降はずっと1,5を下回る ここ数年は1,3に届くか届かないか程度です。 今年の住みやすい国ランキングの1位になっている(昨年は2位)オーストリアなんてhttp://ecodb.net/country/AT/fertility.html 1970年台から1,6を下回っています(日本なんて、この時代はむしろ産みすぎて出生抑制発令してたぐらいです) ここ30年~40年は1,4~1,5あたりをずーーーと推移しています。 イタリアなんかにしても http://ecodb.net/country/IT/fertility.html ここ30年以上1,4を上回っている年はありませんし。 韓国にたいしてはここ15年はずっと1,2を下回っています。 ここも日本と同じで短期間に増やしすぎ、その後に一気に出生率下げたので 日本と同じように歩んでいるようですけど。 他の国みていくと、こんな感じの国がたくさんあるのに、日本が一番高齢者比率が高くなる理由がわかりません。この国ってたしか出生率1,42でしたよね去年あたりが。普通に他の国とか旅行でちょくちょくいきますが 日本が子供の声が騒音と言われるのがよくわかるぐらい アジアを抜けると あまり観光地に子連れをみないか、いても本当に静かなんですよね。 子供が煩いのってアジア圏やアフリカなど特有なのかよくしりませんけど。 あまりに長生きしているからというのかなぁとおもいきや 女は世界一長いですが 男性の平均寿命は世界4番目ですし、平均寿命の差は先進国では2歳、3歳程度の差しかありません...

ページ先頭へ