• 締切済み
  • 困ってます

民亊裁判における相手方の不法行為に関して

 1、本人訴訟して、一審勝訴したのですが、控訴審で逆転敗訴しました。そして確定しました。 しかし相手方は、偽証していたことが、他の裁判上の記録から明らかになったり、利害関係者に「偽造」書面ではないが騙して「確約書」に署名捺印させらたり(中身が事実と違う確約書に署名捺印を利害関係者がさせらたという意味では「捏造」書面を作成して裁判所に提出)、その他沢山の偽造書面を作成して裁判所に提出しておりました。  2、再審請求はともかくとして、まず、当方は、相手方の上記のような不法行為に対して、慰謝料として、損害賠償請求できるでしょうか?  3、前審裁判は敗訴確定していても、記録上、証拠上相手方の不法行為が客観的に記録上明らかであれば、当方は、訴訟当事者であったのですから、前審裁判の敗訴確定とは関係なく、其の点を立証すれば、慰謝料として、損害賠償請求できると思うのですが?  4、相手方は、前審で裁判は確定している、又、前審では偽証、偽造、捏造無効な書面について、なにも援用されていない、そして判決は確定しているという主張に対して、前記3の当方の主張が立証されれば、勝訴するでしょうか? 5、前審判決の既判力は、当方の新たな訴訟において、相手方の不法行為に対する慰謝料としての損害賠償請求ですから、別件となり、問題ないと思うのですが????

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数348
  • ありがとう数0

みんなの回答

  • 回答No.3
  • hatu99
  • ベストアンサー率49% (50/102)

既判力など貴方の考え方で問題ないと思いますよ。 問題は、偽証や偽造が証明できるかどうかで、勝ち負けが決まります。 前訴の裁判記録は証拠となりますが、それで証明できるかどうか、無料法律相談などで確認してもよいのでは。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 民事訴訟において相手方の不法行為

    民亊裁判における相手方の不法行為に関して  1、本人訴訟して、一審勝訴したのですが、控訴審で逆転敗訴しました。そして確定しました。 しかし相手方は、偽証していたことが、他の裁判上の記録から明らかになったり、利害関係者に「偽造」書面ではないが騙して「確約書」に署名捺印させらたり (中身が事実と違う確約書に署名捺印を利害関係者がさせらたという意味では「捏造」書面を作成して裁判所に提出)、その他沢山の偽造書面を作成して裁判所 に提出しておりました。  2、再審請求はともかくとして、まず、当方は、相手方の上記のような不法行為に対して、慰謝料として、損害賠償請求できるでしょうか?  3、前審裁判は敗訴確定していても、記録上、証拠上相手方の不法行為が客観的に記録上明らかであれば、当方は、訴訟当事者であったのですから、前審裁判の敗訴確定とは関係なく、其の点を立証すれば、慰謝料として、損害賠償請求できると思うのですが?  4、相手方は、前審で裁判は確定している、又、前審では偽証、偽造、捏造無効な書面について、なにも援用されていない、そして判決は確定しているという主張に対して、前記3の当方の主張が立証されれば、勝訴するでしょうか? 5、前審判決の既判力は、当方の新たな訴訟において、相手方の不法行為に対する慰謝料としての損害賠償請求ですから、別件となり、問題ないと思うのですが???? 具体的なお話ですが。 1、当方は、ある牧場にお金を貸すのに仲介し、融資させました。その際、彼の抵当権及びその保全のための、当方の賃借権仮登記設定もしました。返済されな いので、競売にかけました。ところがなんと相手方は第三者異議訴訟で虚偽を主張するは、偽証するは、偽造文書は作成提出するわで、一審勝訴するも控訴敗訴で当方が敗訴確定しました。競売中止となりました。2、彼には債権があり、認められているので、彼は相手方に対して債務不履行による支払請求訴訟をおこしております。3、当方は、相手方の偽証その他 虚偽主張を証明する為に、膨大な時間とお金をかけました。仲介者としての責任からです。又、その牧場を賃借権に基づき使用できるとの事で使用しようとしま したが、相手方に妨害されて出来ませんでした。4、そこで、当方は、(1)、相手方の裁判上不法行為などによる慰謝料および、(2)、牧場使用出来なかった逸失利益を求めて、慰謝料及 び逸失利益分相当額の損害賠償請求をおこなっています。 これは可能でしょうか?

  • 不法行為の時効は?

    不法行為の時効はいつ成立するのでしょう? 3年間だと聞いたことがあるのですが、 不法行為を行ったときから3年間からか、 その不法行為を知ったときから3年間か、 どちらになりますか? できれば根拠も併せて教えていただけると嬉しいです。 もう一つ、相手方の契約違反で損害が生じた場合、相手方に対して損害賠償請求するのは、相手方が契約違反という不法行為をなしたことが根拠になるのですか?他に相手方に損害賠償請求できる法律上の根拠はありますか? 宜しくご教示下さい。

  • 裁判係争中、相手方が不法行為確認を求めてきました。

    原告の損害賠償請求訴訟で、被告は原告の請求について不法行為の確認を求める訴えをしてきたが、当該裁判で不適法として却下されました。被告のこの様な応訴は、原告の、裁判を受ける国民の権利を侵害するものであり、裁判係争中、精神的苦痛を受けた、ことへの補償を求めて追加提訴できますか?

  • 回答No.2

本人訴訟との事で敬服しております。 おおむね、質問者さんの主張は間違っていません。 私も過去に裁判で争った事がありますが次回公判の際には被告側の書類が見れたはずですが・・ >前審では偽証、偽造、捏造無効な書面について、なにも援用されていない そもそも裁判は嘘の陳述書の出し合いだと思っています。 そこで判決を覆すには、偽証、偽造、捏造無効な書面について 虚偽だと証明する必要が 生じるものだと考えます。 次に裁判の詳細や流れが判らない以上は正直なんとも言えません。 参考URLを貼り付けました。 有料、無料の相談が可能ですので専門家のアドバイスも 非常に有効だと感じます。 頑張って下さい。 損害賠償請求されています http://www.bengo4.com/bbs/172961/?from_search_list=1 嘘の証拠を提出した場合 http://www.bengo4.com/bbs/159615/?from_search_list=1 民事裁判の偽証罪について http://www.bengo4.com/bbs/137547/?from_search_list=1

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

1、当方は、ある牧場にお金を貸すのに仲介し、融資させました。その際、彼の抵当権及びその保全のための、当方の賃借権仮登記設定もしました。返済されないので、競売にかけました。ところがなんと相手方は第三者異議訴訟で虚偽を主張するは、偽証するは、偽造文書は作成提出するわで、当方が敗訴確定しました。2、彼には債権があるのは認められているので、彼は相手方に対して債務不履行による支払請求訴訟をおこしております。3、当方は、相手方の偽証その他虚偽主張を証明する為に、膨大な時間とお金をかけました。仲介者としての責任からです。又、その牧場を賃借権に基づき使用できるとの事で使用しようとしましたが、相手方に妨害されて出来ませんでした。4、そこで、当方は、相手方の裁判上不法行為などおよび、牧場使用出来なかった逸失利益を求めて、慰謝料及び逸失利益分相当額の損害賠償請求をおこなっています。

  • 回答No.1
  • mt4689
  • ベストアンサー率10% (14/136)

裁判所のほうは貴方が言っている「偽証」だのなんだのそれら全てを認識をしているのか。2度にわたる民事審理期間の間に貴方を含め、誰も気付かず、意義を提出する機会もなかったの?

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

1、裁判官は、全て認識していたから一審は、当方らが勝訴しました。競売にかけた件の方です。 2、ところが、別の訴訟、真正な所有者はだれであるかの訴訟において、相手方は勝訴しました。そして控訴審でも相手方はその主張は追認されました。 3、当方は、「1」の方では控訴されました。同じ控訴裁判官で、和解しないなら逆転敗訴させると和解期日にめいげんしました。当方らは条件が悪いのでわかいしませんでした。そして逆転敗訴になりました。 =============================== 事件の概要 1、当方は、ある牧場にお金を貸すのに仲介し、融資させました。その際、彼の抵当権及びその保全のための、当方の賃借権仮登記設定もしました。返済されないので、競売にかけました。ところがなんと相手方は第三者異議訴訟で虚偽を主張するは、偽証するは、偽造文書は作成提出するわで、一審勝訴するも当方が敗訴確定しました。2、彼には債権があるのは認められているので、彼は相手方に対して債務不履行による支払請求訴訟をおこしております。3、当方は、相手方の偽証その他虚偽主張を証明する為に、膨大な時間とお金をかけました。仲介者としての責任からです。又、その牧場を賃借権に基づき使用できるとの事で使用しようとしましたが、相手方に妨害されて出来ませんでした。4、そこで、当方は、相手方の裁判上不法行為などおよび、牧場使用出来なかった逸失利益を求めて、慰謝料及び逸失利益分相当額の損害賠償請求をおこなっています。

関連するQ&A

  • これって不法行為になるの?

    ある人がお金を返してくれないので、貸金請求(30万円)で訴えましたが、判決前に取下げました。同じ内容で再度訴えたら、被告から不法行為による損害賠償請求(弁護士費用10万+慰謝料20万)で訴えられました。理由は「訴える合理的理由がない」と書いてありました。相手方には弁護士がついています。これって不法行為になるのでしょうか?困っているので、よろしくお願いします。

  • 債務不履行と不法行為が競合した場合・・・

    債務不履行に基づく損害賠償請求および不法行為に基づく損害賠償請求訴訟の場合、 遅延損害金の起算日は、「訴状送達の日の翌日」でしょうか、 それとも、「不法行為発生日」でしょうか?

  • 裁判で虚偽の主張したら不法行為ですかね

    前略  裁判で虚偽の主張。嘘をついたら、これは不法行為ですかね。 判決が確定したあとで、嘘だったと分かった。 それによって決定的に判決が覆る。そういう嘘が明らかになった そういう場合は、再度、裁判して嘘だった。と証明すればいいと。 そう考えているのですが。  不法行為として損害賠償を予定しています。 できるでしょうか。 よろしくお願いします。

  • 民亊訴訟において、偽証され、偽造等の書面が

    提出されていたことが判明した場合には、その点に対する刑事告訴はともかくとして、又その民亊訴訟の勝ち負けとは別にして、1、偽証、偽造に対する損害賠償請求することが出来ますか? 2、偽証、偽造書面と原告が受けた被害との因果関係の立証は必要ですか?3、強行法規違反ですから、私的な損害と公的な法秩序違反との関係はどうなりますか?4、私人として民亊訴訟をやっていても、公人でもあるのですから、偽証、偽造に対しては、私的に、個人としてどんな損害を受けたかという因果関係の立証は不要なのでは? 5、相手方の公的な法秩序違反、犯罪行為は対して、その事自体を持って損害賠償は認められないのでしょうか?勿論、証拠上、記録上、偽証、偽造などが立証されている場合ですが。

  • 「不法行為による契約の解除」というのはあるんですか?

    「不法行為による契約の解除」というのはあるんですか? 債務不履行による損害賠償請求や 債務不履行による契約の解除や 不法行為による損害賠償請求 というのはありますが 「不法行為による契約の解除」というのはあるのでしょうか?

  • 民法の不法行為による損害賠償請求について、お伺いします。

    民法の不法行為による損害賠償請求について、お伺いします。 ”不法行為による損害賠償請求”は手続法としての性格を持っていると思うのですが、違うのでしょうか? つまり民事裁判では、契約や、債権、刑法に触れる様な行為を(給付を争う場合)金銭で賠償してもらおうとするわけで、 (給付を争う場合)すべてに”不法行為による損害賠償請求”が関係してくるんじゃないでしょうか? 私の勘違いでしょうか? どなたか、詳しい方教えてください。

  • 不法行為の時点はいつですか。

    不法行為の発生時点について質問です。或る業者と業務請負契約を締結し、成果品を納めました。納めた日に当方書式の確認書で、報酬と当方の債務が完了した事を書面で確認し、署名押し印も相手先の担当者にもらっています。 しかしながら、業者が報酬を支払わないので、受取人の不法行為と業者の使用者責任を基に損害賠償を請求しようと考えていますが、この場合、不法行為発生日は成果品を納めた日でよいのでしょうか。

  • 不法行為による損害賠償請求について

    私は複数の上司から執拗にパワハラを受け、うつ病を発症し、退職しました。 会社に対して、不法行為を放置していた使用者責任について、損害賠償請求を行なう準備を進めています。 まずは、会社と話し合い、まとまらなければ、訴訟に移行しようと思っていますが、当方が指定する期日 (書面到着後二週間以内に支払え)より遅れた場合、遅延損害金の請求が可能だと思うのですが、 不法行為、債務不履行の場合は、その日から遅延利息が発生すると法律にあります。 この場合の、その日とは、不法行為が実際に行なわれた日でいいのでしょうか? その場合、何度もパワハラを受けているので、最初のパワハラがあったと認識する日から数えればいいのでしょうか?

  • 複数者に対する不法行為の損害賠償請求

    甲さんが、A、B、C、を内容とする不法行為により損害が生じ、 それに関与した乙と丙に損害賠償請求訴訟を提起する場合(但し、乙と丙は共同で不法行為をしたのでなく、各々が故意または過失により不法行為に関与した)、 Aには乙と丙に責任がある Bは乙のみの責任 Cは丙のみの責任 と仮定し、A、B、Cの不法行為にはお互いに相互関係があるとすると、甲は乙、丙を被告として、A、B、Cの不法行為につき、一つの訴訟として損害賠償請求訴訟を提起することはできるでしょうか? それとも別訴として提起しなければならないのでしょうか?

  • 消滅時効援用前の更なる不法行為に対して教えてください

    不法行為で消滅時効にかかっている状態で相手方が時効の援用をする前に更に不法行為を働いた場合不法行為の追認という形で(消滅時効にかからない状態で)損害賠償は請求出来ないでしょうか? 若しくはその場合新たな不法行為として提訴しなければならないのか教えて下さい

専門家に質問してみよう