• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

公定歩合UPでなぜ金利(預金金利)UP?

大変恥ずかしい質問なのですが、 まえからの疑問でしたが誰にも聞けませんでした。 専門用語がわからないのでこの質問では かってに自分で言葉を以下のように定義します。 お金を銀行から借りるときにつく利息率「貸出し金利」 を銀行に預けるときにつく利息率「預け入れ金利」 なぜ公定歩合があがると預け入れ金利がアップ するのでしょうか? 公定歩合があがると貸し出し金利が上がるのはわかります。 公定歩合UP=市中銀行への貸出し金利UP=市中銀行が 日銀から高い利息でかりなくてはならない=市中銀行は あとで日銀へ高い利息をつけて返さなくてはならない>そのために、市中銀行は市場に高い利息で貸し付けなければならない。というのはわかるのですが、 それではなぜ、公定歩合が高いと預け入れ金利が高く なるのでしょうか? また、なぜ昨今のように低金利時代だと銀行は利ざやが大きく、高金利だと利ざやがちいさいのでしょうか? だって、低金利時代=銀行は預金者に利息を少ししかつけない、でもその一方で借り手にも安い金利でお金をかす。 それでは結局、利ざやは大きくならないのでは? もちろん預金者には少しの利息で、借り手には高い利息で 貸出すというのであれば利ざやはでかくなるというのは わかるのですが・・・ どうしてもわかりませんおしえてください。 どうももやもやしたものが晴れません。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数894
  • ありがとう数30

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1
  • muron
  • ベストアンサー率25% (14/56)

日銀の役割から考えると分かりやすいです。景気が悪いときに公定歩合を下げますが、このねらいは銀行やその後ろにいる企業や個人にお金を借りやすくするためです。お金を借りた企業は商品をより多く生産したり、設備投資をしたり、また個人では家や車を買ったりします。そして徐々に経済が活性化し、景気が良くなるという一連のシナリオなんです。個人預金者も利率が低ければ、銀行に預けても馬鹿らしいから車でも買おうかってことにもなります。 これこそが日銀の景気対策(公定歩合調整)機能です。 逆に公定歩合が上がるとき(=景気が良いとき)はモノが良く売れています。限りある商品に購入者が殺到すると当然モノの価値があがり、価格は上昇します。これがインフレというもので、物価が上がると消費者の生活が破綻してしまう可能性があります。そこで日銀は公定歩合を上げ、銀行やその後ろにいる企業や個人にお金を借りづらくさせて、過熱した経済を冷まします。預金者は金利が高ければ、消費を抑えて銀行に預けようって事になります。 質問の公定歩合UP=預金金利UPはなぜかですが、これはどちらかというとルールですね。だって日銀がせっかく公定歩合を上げても、預金金利が変わらなかったら、先ほどの景気対策はできないし、銀行が儲けるだけですよね。 なぜ低金利時代には利ザヤが大きいかについては、正確に言うと今の日本経済では利ザヤが大きいというのが正確でしょう。なぜならば史上最低金利といわれるほど公定歩合を下げているのに、なかなか景気回復しませんよね。詳細は割愛しますが、バブルの後始末に苦労しているということです。 要するに今回はいつものシナリオどおりにはいかないんです。金利が下がって、企業はいっぱいお金を借りてくれます。普通なら預金者(預金額)は減るんですが、今回は減らないんです。その分利益がでてるんでしょうね。 長くなってすいません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

さっそくの回答ありがとうございます。 前段はよくわかったのですが、やはり後段(回答)が よくわかりませんでした。経済なんて所詮は人間の 心理だとおもうのですが、公定歩合UP=預金金利UPなんかに関してはシステマティックな理屈があったような きがするのですが・・

関連するQ&A

  • 公定歩合とコール市場の金利

    1.公定歩合でコール市場の金利の上限を誘導できると思いますが、公定歩合は政策金利の意味合いはないと日銀にはあります、コール市場の金利の上限を誘導できるのであれば、政策金利の意味合いはない、というのはおかしいのでは? 2.もし日銀がコール市場の金利を上げたい場合下げたい場合、日銀がなにをして、どういうメカニズムでコール市場の金利が上がったり下がったりするのですか? 3.日銀がコール市場の金利を上げたい場合、日銀が金利を上げたところで、他の銀行が低い金利であれば、そこでやりとりされ金利は上がらないのでは?

  • 公定歩合と預金金利の関係について

    日銀が利上げを見送りました。これと預金金利との関係を簡単に教えて下さい。要するに公定歩合が現行の2倍になったら預金金利も2倍とはいかないでしょうが、連動して上昇するものでしょうか。全くの素人につきわかりやすく教えていただければ幸いです。

  • 政策金利 公定歩合 無担保コール翌日物 について

    政策金利 公定歩合 無担保コール翌日物の概念というか関係性がよくわかりません ウィキペディア調べですが 「政策金利」=中央銀行が一般の銀行に融資する際の金利 「公定歩合」=日銀が民間銀行へ貸し付ける基準金利 「無担保コール翌日物」=短期市場の金利 とありました。 しかし現在の政策金利は公定歩合ではなく、無担保コール翌日物だそうですが そうすると、上記の定義と矛盾するとおもうのですが。 あくまで政策金利は、日銀と一般銀行間の金利ではないのでしょか。 それとも政策金利の定義が変わったのでしょうか。

その他の回答 (1)

  • 回答No.2
  • muron
  • ベストアンサー率25% (14/56)

二度目のチャレンジです。 申し訳ありませんが「システマチックな理屈」というのがあるのかは分かりません。でもこれはどうでしょうか。 銀行は企業に貸し出す資金を日銀から仕入れてます(利息=公定歩合)。さらに個人からも仕入れています(利息=預金金利)。つまり「日銀の公定歩合」も「個人の預金金利」も銀行から見れば仕入先なんです。つまり金利は連動しますよね!というか連動させなきゃ不公平ですよね。 いかがでしょうか?説明があまり上手いほうではないので自信はありませんが・・・

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

すみません補足でなくておれいでした。 お礼します。

質問者からの補足

2度もご丁寧に回答いただき本当にありがとうございます。 リプライが大変おくれてしまったことをおわびします。 「システマティック」といったのは、誰かのその時々の 感情によって左右されるのでなく、Aを実行すれば 必ずBがおこるといった経済の「機械仕掛け」みたいなものがあったようにおもったものですから。 で、よーくMURONさんの回答を考えてみたのですが、 こういうことでしょうか? 日銀の公定歩合があがる>銀行は高い金利で資金調達をせまられる>すると市中銀行は日銀からだけでなく、市場(個人)からも積極的に資金調達をはじめる> 市場からの調達の需要がおおきくなる>預金金利が つりあがっていく!ということなんでしょうか?! あと、低金利時代は銀行がもうかるということは・・ 日銀の公定歩合がひくい>銀行が資金調達が容易になる >貸出し金利が下がる>市場がお金を銀行からどんどん かりる>貸出し金利自体は低いが、みんながおかねを たくさん借りるので、結果として銀行に帰って来る利子がおおくなる>銀行がもうかる。 一方で・・・ 日銀の公定歩合があがる>銀行は安い金利で資金調達ができる>すると市中銀行は日銀から借りやすくなる、よって市場(個人)からは積極的に資金調達をしない> 市場からの調達の需要がちいさくなる>預金金利 低くなる>預金者に利子をおおくつけなくていい。 >銀行が儲かる。 ということでしょうか?! なんかわかってきました!ありがとうございます。 もやもやしたものが晴れていくような・・

関連するQ&A

  • 公定歩合って・・・

    公定歩合って中央銀行の景気政策にとって重要な指標だったと思うのですが、今は完全にその座を無担保コール翌日物などの政策金利に譲った・・・という認識でよろしいですか? だとするとどうしてそうなったのでしょうか。 ちなみに、現状は、 ・日本の政策金利(無担保コール翌日物)=0.50% ・日本の公定歩合=0.75% ・米国の政策金利(FF金利)=5.25% ・米国の公定歩合=6.25% で間違いないですよね。

  • 公定歩合について

    ニュースで「公定歩合(無担保コール翌日物)」という表記がされていたのですが、調べてみると公定歩合は「基準割引率および基準貸付利率」という名前のものに変わったようです。そして政策金利は現在公定歩合ではなく、無担保コール翌日物の金利であることも分かりました。 これはニュースが間違っているのでしょうか、それともまだ公定歩合というのでしょうか?あるいは名残のようなものなのでしょうか? よろしくお願いします。

  • FRBが公定歩合を引き上げました。

    FRBが公定歩合を引き上げました。 バーナンキ議長は、FFレートの引き上げではないので経済政策変更ではないと強調しています。 どちらも市中銀行を介した金融引き締め策のようですが、FFレートの方が景気へのインパクトが大きく聞こえます。 それはなぜでしょうか? お教えください。

  • 公定歩合と量的緩和

     金利が景気に影響を与えることを利用して、公定歩合を下げ、市中に(銀行から?)出回るお金を増やすということは理解できます。  このことが金融政策と呼ばれるのでしょうか?  公定歩合が史上最低の0.1%となり、もはや公定歩合を引き下げる余地がなくなると、さらに金融緩和を進めるために、市中に出回るお金を拡大させる制作として「量的緩和」を導入したとのことですが、  この「量的緩和」とは、具体的に何をしたのでしょうか?  また、以上の私の理解が間違っていたら、指摘してくださると幸いです。  よろしくお願いします。

  • 「金利」の定義

    一般に金利といえば、 (1)貸し出す側が受け取る「利息」 (2)貸し出す側が受け手に支払う「利子」 のどちらを指すものでしょうか? また、日銀が公定歩合を上げるということは、金利上昇の効果があるち解説されますが、この場合、市中銀行にはお金が必要になる(不足)ので(1)でいう利息のことを金利と言っているのでしょうか?よくこんがらがります…

  • 金利、公定歩合について

    すみません。公定歩合の役割について小学生に教えるのに金利が下がるとなぜ景気がよくなるかなどわかりやすく教えていただけませんか。

  • 公定歩合はどうして引き上げなければならないの?

    公定歩合についてはなんとなくわかっているつもりです。 借金している人がたくさんいる日本、国もたくさん借金しています。 公定歩合が0%のままだとお金がじゃぶじゃぶ溢れちゃいますね。 お金持ちにとっては金利は上がってくれた方がよいでしょうが、住宅ローンなどを抱えてたりする一番大変な小市民のためには0金利の方がよい気がします。小市民にとっては0金利の方がうれしいというのはあっているでしょうか?やっぱり小市民にとっても金利が上がった方がよいことがあるのでしょうか?たとえば?

  • 日銀の公定歩合について

    何年か前は、よく日銀が公定歩合を上げ下げしていたのをニュースで聞きましたが、最近は聞きません。公定歩合はなくなったのでしょうか? それとも、0.1%で据え置きのままなのでしょうか? 教えてください。

  • アメリカの公定歩合とFFレートはどう違う?

    金融は素人でして、初歩的な質問です。 一昨日でしたか、アメリカの公定歩合が0.5%下がって5.75%になりましたよね。でも、FFレートは変わらず5.25%だと認識しています。この二つはどのように違うのでしょうか?また、公定歩合が下がったということは、普通いずれ近いうちにFFレートも下がることになるのでしょうか? 上記の二つは、日本の公定歩合と無担保コール翌日物金利といわれるものと似たような関係だろうとは推測するのですが、どうでしょうか?日銀の金利政策はどうして公定歩合の発表ではないのでしょうか? ご教授願えませんか?よろしくお願いします。

  • 公定歩合と政策金利は同じ?

    少し前にTBSの番組で公定歩合の呼び方が変わって 今は政策金利と呼んでいると言っていましたが ふと思いつきWikiで調べると 「公定歩合は政策金利ではない。」と書いてあります。 実際の所、どうなのでしょうか? 判り易く説明して頂ける方、宜しくお願いします。