• ベストアンサー
  • 困ってます

耐震補強で屋根の軽量化と柱の抜け防止はどちらが効果

的でしょうか。 我が家は築35年を超える在来工法の日本家屋です。 このタイプの家は阪神淡路や東北の巨大地震ではひとたまりもなく倒壊すると言われています。 従って是非とも耐震補強を施したいのですが、今の建築基準からするとほとんどの部材が強度部材とみなされないらしいのです。 ですから新基準に合致するように補強するとなると大変な費用がかかってしまいます。 しかし正直な話、お金の余裕があまりありません。 お金があれば議論の余地なく、とっくの昔に工事していたことでしょう。 お金のない私達は毎日心配しながら暮らすのしかないのでしょうか。 私達の市でも補助金は出してくれるそうです。 しかし、補助金を頂くにはそれ相応に十分な補強をしなくてはなりません。 なまはんかな補強には補助してくれないのだそうです。 役所にしてみれば、せっかく補助金を出したと言うのに、 地震で倒壊してしまったら何をしてるのかってことになってまずいのでしょう。 ですから補助金出すんだから徹底的な補強にしてくれと言うことになります。 しかしそんな工事は大変なお金がかかって、とても私たちには無理です。 しかし、考えれば考えるほど今の我が家は危険だと感じています。 専門家の意見を聞きますと、先ず屋根が重過ぎるということでした。 うちのは日本瓦に土の典型的な日本式の最も重いタイプの屋根だそうです。 それと強烈な揺れが続くと柱が抜け出して二階がそのままストンと落ちてしまうような構造になっているそうです。 ですから屋根の軽量化と柱の抜け防止は絶対必要であると言う話です。 両方すべきなのでしょうが、乏しい資金ではそうも行きません。 でもせめてどちらか一方は施したいと思っています。 そこでお聞きしたいのです。 乏しい資金の中から少しでも効果のある補強をするとしたら、 屋根の軽量化でしょうかそれとも柱の抜け防止でしょうか。 よろしくお願いいたします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数644
  • ありがとう数4

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.3

お金が無いなら何もしないが最高ですよ 家が無ければ仮設住宅に入れますが、家があったら壊れててもその家に住まねばなりません。 半壊の修理費助成金は雀の涙ですが、全壊ならいっぱい出ます。 瓦を自費で交換しました 地震が起こって瓦が地面に落ちました 再度、瓦を買いました って羽目になりますよ 柱が抜けるってよほどの手抜きハウスかと… そんな目にあった家をほとんど見たことがありませんが… 業者は専門家と称してあなたから仕事を得ようとしてるだけですよ 専門家と言うなら、卒業証書(XX大学大学院工学部建築学科地震研究室博士前期ないし後期課程終了)を見せてもらってから信じてください。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございます。 う・・・ん、それは命があっての話ですね。 確かに、補助金が出ると言っても結局は業者が儲かるようになっているとしか思えず、 本当に来るかどうかも分からない地震の対策に大金を払うのがどうにも納得がいかないのです。 こんなこと言うと「死を覚悟してるならそれでいいじゃないか。」って言われてしまうだけなんですね。 結局、貧乏人はびくびくしながら生きて行くしかないのでしょうか。 って話に戻ってしまう。

関連するQ&A

  • 築40年近い家の耐震補強工事の効果

    築40年近い家の耐震補強工事は効果があるのでしょうか 南に一階二階全面窓があるような家で亀裂もあります 昭和58年以前は耐震基準が~というのは理解しています 耐震診断は申し込んであります ですが工事には補助金がでるようですが結構掛かりそうなので迷っています 同じような方や、耐震工事を受けられた方など回答よろしくお願いします

  • 耐震工事・・・基礎補強について

    この度、自宅の全面リフォームを行うに当たり、併せて耐震工事もすることになりました。 依頼先は、某大手メーカーさんです。 自宅は、築40年ちょっとの木造平屋建てで、約27坪ぐらいのごくごく小さなお家です(笑) 耐震工事の補助金を受ける前段階として、耐震診断を受けました。 まだ結果は聞いておりませんが、まず間違いなく1.0以下と診断されるはずです。 その際、『基礎が無筋コンクリートで、経年劣化かもしれないけど、気になる個所がある。基礎補強も行った方がいい。』と調査にきた人に言われました。 お恥ずかしいのですが、そこで初めて契約書をマジマジとみて、耐震工事が屋根材の軽量化と壁の補強だけの工事であったことに気づきました。 すぐに、担当の営業さんに電話をして、基礎の件を確認しましたところ、『基礎は既存のままで行きます。無筋ですけど、今のままで十分使えますし、耐震強度については、契約書に記載の工事で十分あると思いますので、心配しないでください。』とのことでした。 素人考えですが、無筋コンクリートって、弱弱しい気がするんです・・。 耐震強度は増えても、肝心の基礎が弱ければ、基礎と建物が外れちゃいそうな気が・・・。 アンカー打てばいいじゃんってものでもなさそうだし・・・。 たとえ、数字上は十分な強度があっても、足元が弱ければ倒れるじゃないのかな。 せっかく大金をかけてリフォームするのですから、後数十年は住めるようにしておきたいのです。 取りあえず、自分が働けなくなるぐらいまでは( ̄▽ ̄;) そこで、オプションで追加料金が発生することは十分に承知の上で、基礎補強をお願いしようかと思っております。 素人なりに考えた一番良さそうな方法としては、建物内側に打ち増しを行うことなのですが、どうでしょうか? 壁も床も触るので、建物の内側での補強が目立たず良いかなと。 その際、家じゅうのすべての基礎に行わなければ意味ないですか? 例えば、一番力のかかる部分中心に一部だけ行う、と言った具合です。 専門家の方のご意見をお聞き出来れば・・・と思います。

  • 耐震補強について

    築50年以上RC構造の小学校の耐震補強にSRF(包帯)工法を採用する動きがあります。費用や工事期間に優位性があり現在もっとも適したやり方と説明を受けましたが、安全性はどこまで担保されているのでしょうか。 文科省の補助対象事業には当たらず、国交省の認定工法にもなっていないようです。いくつかの公立学校や大学(独法)でも採用され、東日本大震災の折にもその有効性が実証されたということです。 しかし、対象が多くの小中学生が多くの時間を過ごし、地震に対してほとんど抵抗力を持っていない建築物(Is0.20程度)の補強に適しているものか確信が持てません。 日々技術革新が進み、特に耐震工法は多くの収益が見込める分野で技術力向上が図られています。国の基準に適していないからと言って、すぐに排除するわけではないのですが、今回の事例はより丁寧な安全性の検証が必要だと思われます。

その他の回答 (2)

  • 回答No.2

 倒壊は避けられないが、人命は守るという観点からいえば、屋根の軽量化が先だと思います。阪神大震災でも、屋根の土で窒息死した例が多いと聞きました。不吉なことながら、軽い屋根なら助けるのも早い。  

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございます。 そうですか、屋根の土で・・・。 やはり屋根の軽量化が優先した方がよさそうですね。 ありがとうございました。

  • 回答No.1

柱の抜けの防止は縦揺れ(直下型)に対して必要です。 上層部の軽量化は横揺れに対して有効です。 縦揺れ対策をするか横揺れ対策をするかは第三者は判断難しいので、あくまで家主が選択するしかありません。 予算を節約するためには、二階の屋根だけ瓦を下して金属屋根に葺き替えるというのはどうでしょうか。 地上から高い部分の軽量化は、地上付近の軽量化よりも遥かに効果が大きいので、二階屋根だけの葺き替えでコストを削減しつつ、耐震性向上効果を確保しようという作戦です。 同時に二階の押し入を見直し、重たい家具・家財はすべて一階に下ろし、”座卓と蒲団だけの部屋”にしておきます。 一階屋根の葺き替え工事費を浮かした分で、土台のアンカーボルト不足を補強、そして土台と柱の緊桔を実施します。基礎と柱を直接に緊桔する工法もあります。 それぞれ専門の人(屋根は屋根屋、柱は大工)に依頼すれば意外と費用は安いですよ。 リフォーム取りまとめ業者に高いカネを払って、役所の補助金をもらうよりも、総額は安くなると思いますが、、、、。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございます。 私が高い高いと申していたのはそのリフォーム取りまとめ業者の見積りです。 なるほどそうですか、それぞれの専門の人に頼む方が安いですか。 一度見積りとって見ます。 ありがとうございました。

関連するQ&A

  • 柱の補強を金具のねじ止めでやってだいじょうぶでしょうか?

    築20数年の木造在来工法の2階建て安普請に住んでいます。 屋根裏を見ますと柱は旧来のホゾ組みカスガイ留めと一部ボルト留めの構造です。 家を建替えれば一番良いのですがもうしばらくはこの家に住みますので耐震強度を上げる目的でDIYで柱の補強をしたいと思っています。 本物の耐震金具はかなり高そうなので2×4用金具の大型プレート板などで手の届く範囲で屋根裏部屋の柱の接続部を抜け防止の補強が出来るかなと考えていますがいくつかの質問があります。 質問1 コースレッドで金具を柱にとめて大丈夫ですか? 古材にねじを打って却って柱の強度が落ちるなど問題はないでしょうか? 地震で歪んだときに柱がそこから割れては意味が無いので。 本物の耐震金具は柱を抱き抱える形で固定しているのでちょっと気になりました。 質問2 適当に屋根裏の柱接続部をガチガチに固定して大丈夫ですか? 木軸構造本来の柔軟構造が失われかえって地震に弱くなるような心配はありますか? 質問3 屋根裏部分だけあちこち固定して1階2階部分はそのままなので耐震構造上なにか問題は出ますか? もちろん一階部分の壁や土台、筋交いを強化しなくては耐震向上にあまり意味が無い事は承知の上で 上記DIY工事が既存の建物の耐震性に有害かどうか知りたいです。 有識者のご見解を伺いたいと思います。

  • 耐震強度値と耐震補強

    耐震強度値と耐震補強 東海地区築20年の純和風住宅(1階35坪、2階10坪)を購入しリフォームして入居しています。 このリフォーム業者がサービスで耐震強度調査を行い、上部構造評点の最低値が1階Y方向で0.99と「倒壊する可能性がある」(計算プログラム 日本建築防災協会 木耐博士S 使用)と判定されました。 これを受けてリフォーム業者が耐震補強をしたほうが良いといって、1階の押入れとたんす置き場など3箇所の背面壁とその両脇壁の3面を9mmベニヤ板による耐力壁とする改造案を提案してきました。 この改造案によれば、上部構造評点の最低値は2階Y方向で1.23となり、「一応倒壊しない」とのことです。1階Y方向は1.51にアップ、1階X方向1.55,2階X方向1.34です。この工事費は、約76万円です。 質問は、(1)評点0.99と1.23がどの程度強度的に違うのか?評点最低値が出た場所が違うのはどういう意味があるのか。将来予測される東海地震ではどの程度耐えられるのか?業者は外観を痛めず、寝室の強度を上げるようにしたといっていますが、専門家の御意見はいかがなものでしょうか。 (2)工費76万円は適正か?耐力壁は床と天井を剥がして基礎から梁の間に通し、基礎とのつなぎにはOC1という鋼板を3箇所使用するとのことです。私には少し高いような気がしますし、リフォーム中になぜ提案しなかったのかと不審に思っています。 専門家と経験者のご意見をお聞かせください。

  • 伝統工法の家の耐震補強・リフォーム

    いつも拝見させて頂いております。 なにぶん素人ですので、説明不足・意味不明の内容等ございましたら、ご容赦頂けたらと思います。 昭和8年建築の伝統工法で建てられた家を、この度耐震補強・リフォームする予定です。 そこで質問なのですが、 (1)現在の建築基準法や耐震補強の市からの補助金などは、ひとまず考えず、伝統工法の本来の建て方や構造の長所を生かし、免震の考えを生かすとするならば、どのような耐震補強が可能でしょうか? やはり筋交いではなく、バランスよく柱や壁を増やすといった方法が良いでしょうか? 又伝統工法の上記のような耐震ではやはり倒壊の危険性があると考えられますか? (2)伝統工法の家でのリフォームでしてはいけないこと等はありますでしょうか?(大雑把な質問ですみません) ちなみに昭和63年に20M程位置をずらす移築をしており、基礎はコンクリート基礎(鉄筋入りかは不明)になっており、所々の壁にその際に工務店の勧めで行った、壁や筋交い(斜めではなくクロスで)が入っています。 (3)伝統工法の建築に筋交いがあると、地震の際一気にそこに力が加わり、倒壊の危険性があると聞いたような気がするのですが、それは本当でしょうか? またそうだとすると、今回のリフォームの際、その筋交いは外した方が良いのでしょうか? 補足として、最近廊下の張替えをした際、大工さんに床下の点検をしてもらったところ、基礎を高くしているためか湿気・腐食・白アリの心配はないそうです。また今回のリフォームはひとまず2階のみ(52畳)の内装の全面リフォームで、床の張替え、天井・壁の断熱、間取の変更、トイレと洗面台の設置を行う予定です。 できれば伝統工法の家を良く知った工務店さんや大工さんにリフォームして頂き、家の良さを生かし、不満な所(断熱等)をリフォームする際、家に負担をかけないように行いたいと思っていますが、色々インターネットで探しても近くにそういった会社のHPがみつかりません。 当方宅は愛知県東部(静岡との県境)にありますが、 (4)信頼できる大工さん、工務店さん、建築会社さんをご存知な方がいらっしゃいましたら、教えて頂ければと思います。 (5)他に伝統工法の家をリフォームする際、「これは重要」、「これはしてはいけない」、「こんな方法もある」等、教えて頂けると助かります。 長文になってしまい申し訳ありません。少しでも多くのまた色々なご意見をお聞かせ頂ければ助かります。宜しくお願い致します。

  • 建物建築学について疑問です。

    建物建築学について疑問です。 地震で倒壊するのは1Fで2Fは残って1Fはペッチャンコになっていますが、なぜ1Fは潰れるのでしょうか? 逆になぜ2Fは残るのでしょうか? 重みで倒壊したというならマンションで1Fは潰れて2Fは潰れないっていうのもおかしな話です。 1Fは入り口があって強度が弱いから倒壊する? では1Fより2Fの方が上に建っているのに柱の数が1Fより少ないというのは考えにくいですよね? 2F建てで1Fが倒壊して2Fが残る。屋根の重みが1番重いと思うので1Fは耐えきれないが2Fは耐えられる理由は何なのでしょうか? 重みなら5F建てなら1Fが倒壊せずに2Fがぺちゃんこになって3Fから上が残る。 でも3Fが潰れたとは聞いたことがない。10階建てでもです。 どういう理屈で1Fが倒壊するのでしょう? 下が駐車場でも柱はありますよね? 2Fより柱の数は多いはずだし太いはずです。

  • 築50年 瓦葺木造軸組で耐震補強のため勉強中

    築50年の瓦葺木造軸組2階建の戸建住宅で耐震補強のリフォームを 依頼しようと思っています。  自己診断や市の簡易診断やでは大規模地震のとき倒壊の可能性が高いでした。 各種の工法がどのような種類があるかについてを勉強中です。 たとえば一例ですが ・壁 金物とか構造用合板など、どのような材料があるか ・瓦屋根をどのような材料に変更するか ・床をどのような方法で強固にしていくか ・基礎の補強方法  ・後付の制振部材はあるのか などです 質問 1.工法や耐震補強の材料について詳しく載っているサイトはありませんか ? 2.お勧め書籍はありませんか  当方は素人ですがそれなりに勉強するつもりですので多少難しくても かまいません。 なお近くのいくつかの書店、図書館は確認済みですが良いものが ありませんでした。 リフォーム業者のサイトは外観や間取り、水周りに関することの情報が 多いのですが耐震の情報が少ないのであまり勉強にならないですね リフォーム業者のサイトでも耐震の情報が詳しいところがあれば それでもかまいません。 質問には直接関係ないですが現在の状態をお知らせします。 2階建、1階だけL字型、 束基礎、瓦屋根、 壁が非常に少ない、真壁、土壁、筋交いがほとんどない、下見板張り、 土地:軟弱ではないがあまり良くない、 1階8畳、6畳、15畳相当LDK、風呂、トイレ  2階8畳、6畳 ピロティなし、オーバーハングなし、 この建物が建ってから震度5以上の地震なし 場所 愛知県西部 東海地震、東南海地震の想定震度 6弱 http://www.chunichi.co.jp/t_jisin/news/040519T1346.html よろしくお願いします。

  • 神社の倒壊予防の補助金

    公民館と神社が同じ敷地にあるのですが、今般の熊本地震以後、神社の屋代が傾いております 今のところは、まだ大丈夫だと思いますが今後地震等があれば倒壊すると思います、また倒壊したら同じ敷地にある公民館も被害を受けると考えられます。何分、いなかで戸数がすくなく老人もおおいため、建て替えの負担金徴収なども難しくどうしたらよいか大変困っております、何か補助金とうはありませんでしょうか、よかったらお教えください。

  • 境界の塀について

    近く、現在所有している土地に家を新築する予定ですが、その新築予定地の境界には 既に(多分2~30年前に)ブロック塀が設置してありますが、そのブロック塀が 隣家(工場)の屋根から落ちてくる雪により、若干こちら側に傾いています。 現在はまだ良いのですが、将来この塀がこちら側に倒壊してくる恐れがあります。 なので、後で揉めないように、倒壊した場合の費用負担、もしくは今のうちに 倒壊しないような補強工事をするのか、、、等について新築前に決めておきたいのですが、 1、一般的にそのような場合の費用負担割合というのはどれくらいなのか 2、どのような切り出しで話を持って行けば円満に話せるか 3、覚書等の文書は必要なのか について教えてください。 ちなみに、隣家(工場)の屋根には既に落雪防止の器具は取付けられております。 隣家なので揉めない様に穏便に進めたいのですが、、、

  • 屋根瓦と地震

    屋根瓦は軽い方がより地震倒壊リスクが少ないと考え、築36年の木造二階建住宅を日本瓦から金属瓦に交換を検討していたところ、”日本の木造住宅は元来地震の揺れに弱いので重い日本瓦で抑えている”という説明を読みました。 そこで教えていただきたいのは、必ずしも屋根瓦は軽い方がより地震倒壊リスクが少ないとは云えないのでしょうか。外見を無視すれば2階の屋根は軽い金属屋根、一階部分は重い日本瓦という選択もあるのでしょうか。

  • 古い貸家について

    築70年以上になる家を賃貸してます。 この家がもし地震等で倒壊し、借主が怪我(死亡)した場合の貸主の責任はどうなるのでしょうか? 借主はそこで商売をしてますので、不特定多数の人も出入りする建物です。 借主はこの先長く商売(居住)するつもりは無いらしく大規模な補強工事(ほとんど建替に近い)には 家賃の上昇の事から難色を示してます。 もし補強工事をするならその期間の仮店舗や営業保障をしてくれと言われてます。 長くは無いと言ってもその間に大地震で倒壊すればどうなるのか心配してます。

  • 軽量瓦から日本瓦への交換は可能ですか?

    日本瓦は重く地震の時に倒壊の危険性が大きいので、軽量瓦に変えた方が良いとのことで、有名業者の軽量瓦に交換しましたが、15年過ぎて気が付くと屋根一面が白くなり、コケが生えていました。施工業者に相談したところ、保証期間が過ぎているとのことで、新しい軽量瓦への付け替えを提案されました。業者、メーカーにリコールの意識は全くありません。車のリコールに比べてあまりにも無責任な態度に腹が立っています。同時に建てた別棟の日本瓦には全く異常はないので、日本瓦に葺き替えようと考えていますが、同じような経験をお持ちの方のご意見をお聞きしたいです。また、専門家の方のご意見もお聞きできればありがたいです。