• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

【ピアノ調律師の方にご質問】ピアノ修理のお見積もり

  • 質問No.8021894
  • 閲覧数853
  • ありがとう数2
  • 回答数1

お礼率 77% (41/53)

自宅にあるピアノを調律してもらおうと見積もりしてもらった所、ピアノ内部の弦がさび付き、
内部の部品も全て取り替え(運搬し、半年かかるそうです)クリーニングをしないといけないと
言われました。ざっと金額にすると40万円。(弦は切れてません)

母の代から使っているピアノで60年ぐらいは経ってので致し方ないかと思いますが、
金額が高額なため、修理にためらわれます。
こちらとしてしましては、音狂いが直ればいいんですが下記のメンテは全て必要でしょうか?

因みに今、同じグレードのピアノを購入すると100万だそうで、当時は部品も全て木製なので
価値は低くないヤマハピアノだそうです。
ただ、今のピアノをメンテしても100万の価値はないと思いますが^^;

全弦・ピン交換 262500
全塗装(黒・つや有り) 210000
ハンマーアッセンブリー交換 136500
白鍵貼替(木口付)  44100
センターピン交換 44100
フロントバランスブッシングクロス貼替 56700
値引き  403900

アップライトピアノオーバーホール 350000
移動代 25200
乾燥剤2個 3780

合計378980

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.1
  • ベストアンサー

ベストアンサー率 52% (393/748)

弦は、錆び具合によります。
錆と認識でいるほどであれば、打弦だけで弦が切れる恐れがあるので交換した方が良いと思います。
実際錆びていなくても、打弦の強い人が演奏すると、弦が細い高音域では切れてしまう事があると聞きます。
ただ、弦がくすんでいるくらいなのであれば、弦をスチールウールなどで磨くだけで済ませる事も出来ます。

ハンマー交換は、ハンマーの使用具合いと、湿気によるカビの度合いによります。
しかしこの見積もりには、ダンパーフェルとなどその他のフェルト部分が交換対象になっていません。
ダンパーフェルトは、止音のため楽器としては重要な部分です。
通常はここも交換対象とするので、無いという事はハンマーも交換する必要が無いのかもしれませんね。
そうであるならば、ハンマーは整形するだけで良いのではないでしょうか。

センターピン交換とブッシングクロス張り替えは、可動部なので行った方が良いと思いますが、特に動きが渋くなければ行わなくても良いかもしれません。
ただ錆が出ているのであれば、その錆がどんどん膨れてくるので動きが渋くなったり固着したりします。

塗装は、剥げや割れがないのであれば、特に行う必要は無いと思います。
鍵盤の張り替えも、特に磨り減ってないのであれば、見栄えだけの問題なので、交換する必要は無いと思います。

以上が私の意見ですが、これらは節約する事を前提としてこういった方法もあるという事をあげています。
しかし、現物を見てみないと本当の判断は出来ません。
演奏が無理無くできるのか、止音も適切か、ガタは無いのか、音やタッチにばらつきは無いかとか、色々見るべき所はあります。
今回の業者は、金額的には吹っかけてるとは思えないので、どの辺りまでした方が良いのか、省いて良い作業はどれなのかをじっくり話し合っても良いと思います。
お礼コメント
YUKIBOT

お礼率 77% (41/53)

迅速にご回答頂き、ありがとうございます。
確かに吹っかけているとは思いませんので、再度相談したいと思います。
素人では止音の事等わかりませんでしたので、こちらのサイトにもご相談してよかったなと心から思っています。
本当にありがとうございました。
投稿日時:2013/04/04 09:14
関連するQ&A
ページ先頭へ