• ベストアンサー
  • 困ってます

ニュートリノにも慣性が働きますよね?

すべての粒子には慣性が働くはずです。 だとすると、光速になった粒子に相対速度が 加わり、いくらでも光速を超えることができると 思いますが、間違っていますか? また、光には光子説がありますが、それだと 光速不変にたどり着きませんが、それでもなお 光速が絶対速度だとする根拠は何処にありますか? 「そんな気がする」ですか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数15
  • 閲覧数487
  • ありがとう数1

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.12
  • boson
  • ベストアンサー率59% (44/74)

回答というよりは補足要求です。 okitarou123さんの補足を拝見しました。補足を読む限り、okitarou123さんは光速不変にたどり着きたいわけでは無いのですね? むしろ逆で、 「光子がニュートン力学にしたがって運動したという説明でもマイケルソン・モーレーの実験は説明できるではないか。」 という考え方なのではないでしょうか? つまり… 光は光源から光速cで放出される。 光源と同じ慣性系にいる観測者からは光速はcで観測されるが、別の慣性系から見ればその限りではない。 しかし、この考え方でもマイケルソン・モーレーの実験に対し、矛盾が無い説明ができる。 むしろ、地球の重力で地表面に膠着した静止エーテル(そしてそれは硬い固体であるが、その中を物体は自由に動けるという不自然極まりない物質)を仮定したり、新たに光速度不変の原理なるものを人工的に導入する必要もない。 オッカムならずとも思考の節約の観点からニュートン力学でマイケルソン・モーレーの実験を説明する方が物理理論として優れているではないか。 しかしながら、この考え方が恣意的なまでに無視されているのはなぜか? という疑問なのでしょうか?

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

これから先が大事ですが、まずはこれまでに致したく思います。 有難うございました。 もちろん話が尻切れトンボになっていますが、何度でも 同じような質問を立ち上げますので、ご安心ください。 これからもよろしくお願いいたします。

質問者からの補足

その通りです。 エーテルが完全否定されたのなら、なぜMM実験にエーテルを 持ち込んだ解釈をして、「ほら時間や空間がどうにか なっちゃったでしょ?」はおかしくありませんか? 物理云々以前に、理屈でものを考える力が、欠如していませんか? 大丈夫ですか? と言う問いかけです。 理屈でものを考える力が欠如しているのに、 「どうだ、すごい理論だろ」では、お粗末過ぎませんか? と言う話をずうっと前からしています。 そんな調子ですから、すべて会話が頓珍漢になっています。 あまりにも悲しい現実に愕然としています。

関連するQ&A

  • 慣性質量と重力質量は同じ?→エレベータの相対論効果

    慣性質量と重力質量は完璧に一致するのでしょうか? 例えば上昇するエレベータ内で質量を計るとします。 エレベータ内に質量計測装置を設置して、地上の観測室と電波によって通信を行うとします。 エレベータを延々と加速し続け、地上との相対速度が光速に近くなるにつれて相対論効果が現れ、加速をするためのエネルギーが足りなくなってしまいます。 一方で重力崩壊間近にある星が重力崩壊を起こしてブラックホールになる時は、外部の観測者との間の相対速度は光速を超えてしまいます。 このように光速に近い状況でも慣性質量と重力質量は完璧に一致するのでしょうか?

  • 相対速度の限界

    光速の物体Aと光速の物体Bが正面からすれ違う時に発生する相対速度はどれほどか? ちなみに、「相対性理論によれば、真空中での光の相対速度は、観測者の速度に依らず常に一定である。」という事が言われていますが、 その根拠が分かりません。相対性理論を理解してはいないのですが、論理的に説明できる方がいましたら回答願います。

  • 遠ざかっている宇宙は慣性系?

    宇宙の広がりがよく理解できません。 地球から遠ざかっている天体も慣性系ということでいいでしょうか? よく理解していないのですが、それでも自分なりの理解と疑問を書いてみます。 宇宙は広がっていて、遠くにある天体はどんどん地球から遠ざかっていってます。 また、遠くにある天体ほど、遠ざかるスピードも早くなります。 だとすると、地球から見ると、それらの天体はどんどんと自分から遠ざかるスピードが早くなる、つまりは「加速」しているように見えますよね。 地球から距離αの地点で秒速βで遠ざかってた天体は、次の瞬間、距離α+の位置にいるので、遠ざかるスピードはさらに早くなり、β+になるという理屈です。 ということは、速度が上がっているので、それらは慣性系ではなく、加速度が発生しているように思えます。 しかし、もちろん、そんなはずはないですよね。 遠ざかる天体が地球に対して加速度を感じているはずはないでしょう(当然、向こうの天体から見たら遠ざかっている我々の地球も加速度を感じていないわけですし)。 このへんがよくわかりません・・・・。 地球から見て「加速しているように見える」だけで、静止系ということでいいでしょうか? あと、更に追加で質問なのですが、 そうやってどんどん遠ざかっている天体がついには地球から見て光速に達した時、もう地球からは観測できないことになるそうですが、もし、その遠ざかる天体が静止系であるのなら、例えその天体がどんなに速いスピードで遠ざかろうと、いつかは地球にそこからの光が届く(つまりは観測できる)のではないでしょうか? 地球から相対速度が光速で遠ざかる天体でも、そこから出る光は光速で地球に向かってくるわけですから、いつかは届くのではないでしょうか?

その他の回答 (14)

  • 回答No.15
  • s_hyama
  • ベストアンサー率19% (12/61)

質問ごとに、ちゃんと定義しないとわかんないよ それにさ、アインシュタインの論文ちゃんとよめって MM実験とかエーテルのことかいてるか? 電磁気学のことしかかいてないやろ それ認めないなら、電磁気学に対しての質問では?

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

>エーテルのことかいてるか? 書いてるどころの話やおまへんよ。 それにさ、 ローレンツ変換って、ローレンツのパクリやろ? エーテル論そのまんまで数式並べてるよ。 気がつかへんかった?

  • 回答No.14
  • s_hyama
  • ベストアンサー率19% (12/61)

電磁気学の光速度一定は認めるの?認めないの?

参考URL:
http://www.sf-fantasy.com/magazine/column/relative/200208.shtml

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

もともと私の考えなんて知りたくもないという姿勢では なかったのですか? 自分の意見だけ言ったらそれでおしまいの方とお見受け しております。 ですから、 >電磁気学の光速度一定は認めるの?認めないの? については、膨大な私の回答の中にあるはずなのに スルーしてしまっているのでしょう。 タコだとか、軟体動物だとか言う前に、大事なものを どこかに置き忘れてしまっているように思われます。

  • 回答No.13
  • tetsumyi
  • ベストアンサー率28% (1410/5030)

どうしても、光やニュートリノが慣性を持ち、加速できると考えるのであればどうやって加速するのか検証方法を示してください。 光の速度を測定する実験装置は多くの大学が持っていますから、加速する方法があるならokitarou123の考えは実験で検証し物理学の基本を書き換えることになります。 単なる空想は物理学の範囲外となりますから誰も相手にしてくれません。 物理学とは現実の現象を説明したり、実験で検証して初めて認められるものです。 光速が絶対速度だとする根拠は、数多くの実験で同じ結果が出たので不変ではないかと考えられるようになったのです。 これらの実験方法を詳しく調べてみると、他の要素が入らないように非常に注意深く考え抜かれた装置を使っていることに驚かされますが、 これを否定しようとしているのですから、これ以上の根拠をokitarou123 さんが示す必要があります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

>光速が絶対速度だとする根拠は、数多くの実験で いろいろな人にこれまで何度も尋ねてきましたが、 そんな実験は存在しませんでした。 光源との相対速度がいくらで、それがどのくらいの 精度で確認されたのでしょうか? そもそも光速不変とはどういうことを言うのか、 分かって言っていますか? そんな現象、ありえないのですよ。

  • 回答No.11
  • hg3
  • ベストアンサー率42% (382/896)

>光速不変とはどういう現象でしょうか? >光源との相対速度が光速に関係しないということですよね。 >と言うことは、光源から発射された光子が、相対速度分の >風を受け、押し戻されていることを意味します。 やっぱり質問者さんの勉強不足でしたね。 残念ながら、光速不変はそういうことではありません。 光速不変を、言葉で説明するのは難しいので、厳密な表現では無いかもしれませんが、敢えて非常にわかりやすく言えば、時間の進み方や空間が伸び縮みすることによって、光の速度を一定にしてしまうという事ですよ。 他の回答をもっとよく読みましょう。 また、相対性理論のやさしい解説本などもたくさんありますから、きちんと正しい知識を身に着けて下いね。 真実を知ろうとしているんでしょ。 >光速不変は、エーテル論を前提にして成り立ちます。 それも質問者さんの思い違いですね。アインシュタインの特殊相対性理論はエーテルを完全否定するものですよ。 質問や補足のコメントから、そのような勘違いをされていることが感じられたので、質問者さんの勉強不足だと指摘させていただきました。しかしながら、そのような批判的な意見を頭から否定されていたので、それなら、あなたの持論が正しいかどうか、客観的に評価してもらうしかないと思い、論文としてまとめるようコメントしたわけです。上述のような勘違いがあれば、論文としてまとめることは決してできませんからね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.10
  • hg3
  • ベストアンサー率42% (382/896)

>私は、学問とは真実を知ろうとする行動だと理解しています。 ですから、光速不変が真実かどうかをきちんと検証して知れば良いではないですか。 ではどうやって検証するか? それには、まず、あなとたの理論を広く世間に知らせることですよ。そのためには学術論文として発表するのが最も適切だと思いますよ。 そうすることによって、多くの方がそれを検証しようと様々な試みを行うでしょう。 アインシュタインの相対性理論だってそうやって世間に受け入れられたのですから。 >こういう行動が、学問に対する真摯な向き合いなのでしょうか? 真摯に向き合えばこそ、このような質問サイトで素人相手に質問するだけでなく、専門家ときちんと議論したいと考えるのではないですか? (歴史に名を残す云々は冗談として。) >科学者がすべて、真実と向き合っているとは限りません。 もちろんそうですが、真実と向き合っている科学者だって少なからずいます。まして現代の社会なら学術論文の内容を糾弾されて罪に問われるなんてことありません。 ですから、あなたが本当に光速不変が間違いだというなら、まずそれをきちんと説明して、世間の人に知ってもらうことが必要ではないですか?それを避けようとしているなら、真実に向き合っているとは言えません。 一応、参考までに説明しますが、光速不変は相対性理論の仮定です。 相対性理論は 1.力学法則はどの慣性系においても同じ形で成立する(相対性原理) 2.真空中の光の速さは光源の運動状態に無関係に一定である(光速不変の原理) を仮定したら、どのような結論が得られるかを思考実験により理論的に説明したものです。 1,2は仮定ですから、それが正しかろうと間違っていようと構わないのです。 そして、そこから得られた結論は、長さや時間が絶対的なものではなく、どのような慣性系から観察するかによって異なる、相対的なものであるということ。つまり、時間の進み方が変わるとか、空間が伸び縮みするということです。 この結論「時間の進み方が変わるとか、空間が伸び縮みする」ということが正しいと検証されれば、そもそもの仮定1.2も正しいことになりますね。 そして、その後、多くの事例で「時間の進み方が変わるとか、空間が伸び縮みする」ことが検証されました。だから、相対性理論は多くの科学者に受け入れられているのです。この真実をあなたは知ってますか。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.9
  • boson
  • ベストアンサー率59% (44/74)

> 「光には光子説がありますが、それだと > 光速不変にたどり着きませんが」 > > これが、質問です。 > > この質問に対して、 > > >(v1+v2) / (1+v1×v2/(c^2)) > > こういう回答にはなりえません。 ということなのですが、 速度の正しい合成則 (v1+v2) / (1+v1×v2/(c^2)) が光速不変を意味することはよろしいですか? ここが納得行かないのでしたら、補足欄にその旨書いて下さい。 「光には光子説がありますが、それだと光速不変にたどり着きませんが」 ということですが、よくある教科書のように「光速度不変の原理」を公理として持ってくるのではなく、光速度不変そのものを導出できれば(たどり着ければ)よろしいでしょうか? 下記の文献のp.131に 「3.『光速度不変の原理』を用いないローレンツ変換の導出方法」 という章がありますのでそこを見て下さい。 安孫子 誠也 「光速度不変の原理」は不必要か? : J.ラディック『アインシュタイン,特殊相対論を横取りする』批判(講義室) 大学の物理教育 pp.130-136 20061115 http://ci.nii.ac.jp/naid/110004852032 【この論文を読む/探す】の欄にある 「[CiNii PDF] CiNii 論文PDF - オープンアクセス」 をクリックすると論文の本文がPDFで読めます。 最後に、実は私自身は 「光には光子説がありますが、それだと光速不変にたどり着きませんが」 という言説はokitarou123さんの質問で初めて目にしました。 ひょっとして、これの意味するところは 「光を粒子だとしてニュートン力学を適用して運動方程式をたてると光速度不変にたどり着かない。」 ということでしょうか? もしそうなら光速度不変にたどり着けないのは当然です。ニュートン力学は間違っていたのですから。 okitarou123さんが考える「光には光子説がありますが、それだと光速不変にたどり着きませんが」の理由が 単に「光を粒子だとしてニュートン力学を適用すると」という理由はでないのでしたら 補足欄にokitarou123さんの考える、光子説だと光速度不変にならない理由を数式で説明して下さい。 あるいは図でも良いです。 あるいは、その言説が乗っている書籍名とページを挙げてもらうのでも良いです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

>最後に、実は私自身は >「光には光子説がありますが、 >それだと光速不変にたどり着きませんが」 >という言説はokitarou123さんの質問で初めて目にしました。 >ひょっとして、これの意味するところは >「光を粒子だとしてニュートン力学を適用して >運動方程式をたてると光速度不変にたどり着かない。」 >ということでしょうか? >もしそうなら光速度不変にたどり着けないのは当然です。 >ニュートン力学は間違っていたのですから。 光速不変とはどういう現象でしょうか? 光源との相対速度が光速に関係しないということですよね。 と言うことは、光源から発射された光子が、相対速度分の 風を受け、押し戻されていることを意味します。 そんなバカなことがあるとお思いですか? 電波でもそうです。 アンテナから発射された電波がまるで風を受けるかのように 後ろに押し戻されるような現象があるとお思いでしょうか? 音は一度発射されたら、音速で広がります。 そこで、救急車が動いてもその速度が加算されない 現象が生じます。 ですが、その場合、救急車が動いた分の向かい風が 救急車に吹き付けています。 そのため、結局、相対速度が加算されないのです。 その証拠に、救急車に追い風が吹きつけたらどうなるでしょう? 簡単に音速は変わります。 そんな現象が、光や電波にも見受けられると思いますか? 光速不変は、エーテル論を前提にして成り立ちます。 (アインシュタインの著作でも、彼ははっきりと エーテルを持ち出し、ガリレイ変換を否定しています。) エーテルが無ければ、もちろんエーテルの風はありませんし、 相対速度がきっちりと光速に反映されます。 こういう思考が、ガリレオやニュートンが築き上げた物理です。

  • 回答No.8
  • s_hyama
  • ベストアンサー率19% (12/61)

bosonさん、そういう話ではないでしょう。 彼が解って質問してるかどうかも分からないですが、 光という意味にも二種類有って、時空としての光、エネルギーとしての光子 彼が慣性っていうのは、時空としての光 それはニュートリノにも働くのでしょう。 もともと相対性原理自体、速度だけのエネルギーはないので 速度合成自体概念にすぎませんが

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.7
  • boson
  • ベストアンサー率59% (44/74)

okitarou123さんがここで言う「慣性」とは、 「速さv1で等速度運動している物体Aに対して、反対方向に速さv2で等速度運動する観測者Bがいるとき、観測者Bが測定する物体Aの速度は(v1+v2)である。」 という速度の合成則の事でしょうか? > ニュートリノにも慣性が働きますよね? > > すべての粒子には慣性が働くはずです。 > だとすると、光速になった粒子に相対速度が > 加わり、いくらでも光速を超えることができると > 思いますが、間違っていますか? > > また、光には光子説がありますが、それだと > 光速不変にたどり着きませんが、それでもなお > 光速が絶対速度だとする根拠は何処にありますか? > 「そんな気がする」ですか? このような質問が出るということは、ひょっとしてokitarou123さんは 「質量の有る粒子(例えばニュートリノ)に対しては速度の合成則は(v1+v2)であるのに光子に対してだけ、光速度不変の法則が適用されるのはおかしい。」 と言っているのでしょうか? 確かにおかしいです。 ただ、その原因は速度の合成則が正確には (v1+v2) / (1+v1×v2/(c^2)) であることに起因します。 速度の合成則が(v1+v2)であるというのは v1 << c かつ v2 << c であるときの近似に過ぎません。 この「正しい速度の合成則」は粒子の質量の有無によらず成立します。 また速度が光速であろうが、亜光速であろうが、光速よりずっと遅かろうが常に成立します。 ためしにこの「正しい速度の合成則」に v1=c を代入してみると (v1+v2)/(1+v1×v2/(c^2))=(c+v2)/(1+c×v2/(c^2))=c となり、v2によらず光速度不変という結果を得ます。 さらに v1=c v2=c の場合でも (v1+v2)/(1+v1×v2/(c^2))=(c+c)/(1+c×c/(c^2))=c となります。 正確な速度の合成則は速度の単純和では書けません。 ちなみに和で書けるのは ラピディティ:ψ=arctanh(v/c) と呼ばれる量です。 「速さv1(ラピディティψ1=arctanh(v1/c) )で等速度運動している物体Aに対して、反対方向に速さv2(ラピディティψ2=arctanh(v2/c) )で等速度運動する観測者Bがいるとき、観測者Bが測定する物体Aのラピディティは(ψ1+ψ2)である。」 と言えます。 詳しくは 「一般相対性理論」フリースバッハ著 共立出版 p.14 http://www.amazon.co.jp/dp/4320034422 を御覧ください。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

>確かにおかしいです。 >ただ、その原因は速度の合成則が正確には >(v1+v2) / (1+v1×v2/(c^2)) >であることに起因します。 質問の内容をもう一度お読みください。 「光には光子説がありますが、それだと 光速不変にたどり着きませんが」 これが、質問です。 この質問に対して、 >(v1+v2) / (1+v1×v2/(c^2)) こういう回答にはなりえません。

  • 回答No.6
  • hg3
  • ベストアンサー率42% (382/896)

>あなたの勉強論をお示しください。 勉強論って何ですか? >光速不変は証明されていますか? では、逆にお尋ねしますが、光速度不変が誤りであるということはどうやって証明されたのですか? あなたが証明したのなら、正式な学術論文として発表するくらいのことはしてますよね。 もし、していないなら今すぐ発表しましょう。そうすれば、誰もがあなたの理論を認めるでしょう。 歴史に名が残りますね。 それが、できないなら、単にあなたの勉強不足です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

私は、学問とは真実を知労とする行動だと 理解しています。 またその結果、事の善悪も身につけられるものだとも 思っています。 ですから、 >単にあなたの勉強不足です こういう言葉を投げつけることに何の意味があるのか 私には、分かりません。 >あなたが証明したのなら、 >正式な学術論文として発表するくらいのことはしてますよね。 >もし、していないなら今すぐ発表しましょう。 >そうすれば、誰もがあなたの理論を認めるでしょう。 >歴史に名が残りますね。 こういう行動が、学問に対する真摯な向き合いなのでしょうか? 真実に対して真摯に向かう姿勢が大事なのではないでしょうか? これは余談ですが、 科学者がすべて、真実と向き合っているとは限りません。 むしろ、人間本来の持っている「妬み」や、「自己防衛」を 優先させることがしばしばです。 たとえば、ガリレオがあたかも宗教弾圧により幽閉させられた と教えられますが、実は、彼は同じ学者仲間に「はめられた」 のです。 彼の名声をやっかんだ連中によってなされたことなのです。 学者の世界も「多数を占めたものたちが肩で風を切る」世界 なのです。 残念ながらそういう世界なのです。 だから、いつまでたっても「エーテル」「エーテル」なのです。

  • 回答No.5
noname#178303

理論の包含関係を書けば、慣性の法則がごく一部にしか適用されないことがわかろう。 あと、光速度不変は諸々の観測結果から推測された「仮定」です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

>光速度不変は諸々の観測結果から推測された「仮定」です その仮定は、完全に破綻しています。

関連するQ&A

  • 非慣性系で

    はじめまして。 今回お聞きしたいのは画像の問7の問題についてなのですが、 解答には小球が最高点に達するのは、小球と台車Aの速度が同じになると考え、運動量保存でその速度求め、慣性系でエネルギー保存を用い求めていました。 対して私は衝突後の相対速度を求め、非慣性系で小球の速度が0になる時が最高点と考えエネルギー保存を用いたのですが、答えが解答とずれてしまいました。 結果としては解答より最高点が高くなってしまったのですが、今回非慣性系で求めることができなかった原因は何でしょうか? どなたか分かるかた、ご教授お願いいたします。

  • ニュートリノの速度は測れるのか

    タイトルを見てこいつ馬鹿かと思ったかもしれませんが、ミュー型ニュートリノの速度が光速より速いということで、疑問があります。 相対性理論によれば、光速より早くなると、時間が逆もどりする。 ニュートリノを加速器で打ち出して、観測地で観測された。 その結果、光速より早い。 そもそも、光速より早ければ、たとえば0時00分に打ち出すとその時刻より前に観測地にいきなりニュートリノが(タイムスリップして)現れるはずです。 なのに、どうして、ニュートリノの速度は測れたのですか? あと、もうひとつ。 相対性理論によれば、光速と同じならば、時間は止まる。 光から見れば、時間は止まっている。 たとえば、0時00分に光が出発すると、観測地につくのは、同じ0時00分。 つまり、出発した瞬間に光が観測されるはずではないでしょうか? 詳しい方にとっては馬鹿な質問でしょうかお答えください。

  • 粒子加速器内での電子の相対速度

    粒子加速器内での電子の相対速度 巨大な粒子加速器では電子を光速の90数%まで 加速し衝突させると聞きますが、右まわり、左回り ともに光速の90数%まで加速したら右まわり電子 Aと、左回り電子B同士の相対速度は光速を超え てしまわないのですか?(相対性理論に反すると は思いつつ...) 仮に二階建ての円形加速器があったとして、1階の 電子Aが右回りに光速の90数%、2階の電子Bが 左回りに光速の90数%で回っていたら、電子AとB の相対速度はどう考えればいいのか?という疑問か ら発想したのですが上記の1つの加速器内での粒子 同士の相対速度と2階建てでは異なるでしょうか? 二階建ての場合は単に「電子ABのすれ違い速度」と 言えるかもしれませんが、同じ階の中で衝突すると なると1階と二階を重ねただけなので電子ABが等速 ならAB間相対速度は倍速では?...   補足 1階建ても2階建ても地上に固定された円形加速器(円 周30km位)の電子の進行円周上の一点に対し右回り の電子Aの速度、左回りの電子Bの速度(但し周回運動 なので角速度)だと想定。(これが間違いかな~?) 実際には衝突確率を上げるため複数粒子で行うこと、速 度測定を加速器の磁場の変化で計っていることは以前の 質問へのご回答から承知しています) またこの速度では相対論効果で粒子の質量増加、加速 器と粒子同士の相対時間が周期的に変化すると思われ ます。

  • 光子の位置は知ることができないですか?

    真空中で光子の速度は光速で一定である。(光速度不変の原理) 粒子のある相補的変数として知られる一対の物理的性質(例えば位置 x と運動量 p)を同時に知ることができる精度の根本的限界がある。(不確定性原理) 光子の速度はあらかじめ知られて光速なので、 光子の位置は知ることができないですか?

  • 高校物理、慣性系について

    図のような状況を考えます。電車に載っている人から見たら重りは静止して見えます。 これを教科書では、「慣性力(電車に載っている人に感じられる見かけ上の力、f=&#65293;ma)が生じているから静止して見える。」と説明しています。 しかし、人からみた重りの速度および、相対加速度は0(★同じだけ変位する=速度同じ=加速度同じ)だから静止して見える。という説明ではだめなのでしょうか? 人から見た見方で(相対速度を考えて)運動方程式を立てていくことは出来ないのでしょうか?なぜ、慣性力という概念を導入する必要があるのでしょうか? (★の説明あってますか?)

  • 光速度が不変なのには理由があるのでしょうか?

    光速に関する素朴な質問です。 1.なぜ光速度は不変なの?  光の速度はいかなる理由によって不変と決まっているのでしょう。  方程式を解くように論理的に説明ができるのでしょうか?  それとも実験結果を受け入れているだけですか。 2.本当に光速度は不変なの?  空気、真空、水の中でも進む速度は同じですか?  光が水に入ると屈折しますが、これは速度が変化しているのではありませんか。  AからBに向かう光の渦の中をBからAに向けて発射された光は遅くなりませんか?  光に邪魔(干渉)されて遅くなる気がするのですが。 3.どうして遅くならないの?  光速に限界があるのは、光子に質量があるためと理解しています。  しかし、遅くすることは可能なのではないでしょうか?  光子の質量を重くしたり、エネルギーを奪うようなことはできないのでしょうか。  波動の性質を変えたりできませんか? 4.電磁波の進む速度は?  光は電磁波の一種、可視光線だそうです。  他の電磁波、X線、紫外線、マイクロ波、ラジオの速度はどれくらいですか?  光より遅いとすると、どうして遅いのでしょうか? 5.時間が進むのは一定であるという前提で相対性理論はできませんか?  相対性理論は、光速度が不変であると仮定して成り立っています。  だから時間の進み方が早かったり、遅かったりします。  逆に時間が進むのが不変であるという仮定して、新相対性理論はできませんか?

  • ドップラー効果について

    音源が動く場合、 波長は変わるが、音の相対速度は変わらないそうなのですが、 なぜ音の相対速度が変わらないのかがわかりません。 例えば、 速さVの電車の中で、進行方向に向けて速さvでボールを投げると、 電車の外で静止している観測者にとっては、 ボールの速さはV+vになりますよね。 これと同じで、 音速をV、音源が動く速さをvとしたら、 音の相対速度は、観測者が動く場合と同様、 V+vあるいはV-vという具合に変化するはずなのでは? こうならない理由を教えてください。 また、観測者が動く場合、 音の相対速度は変わるが、波長は変わらないということを考えると、 相対速度が不変の光の場合、 ドップラー効果は起きないのでしょうか?

  • 相対論 ニュートリノ

    のお陰で、随分窮地に追いやられているようです^0^ そもそも、帰納法により光速度が一定で光行差の観測(実験結果)からエーテルも否定されると説明が付かない(エーテルがないとなると、演繹的計算では光速度と時間と距離との関係に矛盾が生じる)ので、光速度を不変とし、時間と距離を相対的とした公理から出発した理論ですよね。 そうすると、公理は仮定でもいいので、とりあえずそこから導き出された結論(定理)が事実と相違しなければ、前提は真で論理が妥当であるから相対性理論は正しいとなります。 ところが、相対論から演繹的に導きだした定理は、質量のある物は光速を越えられない、と言うものである。 ニュートリノは質量があり、0km/hから加速しているので、定理は事実と異なり、 論理が間違っているか前提が間違っているかのいずれかになります。 この場合、演繹的な計算はまさか100年も経っているので、間違う筈はなく、 前提が間違っていると推定できます。 要は、時間と距離が相対的で光速度が絶対的という公理が間違っているのではないでしょうか?

  • 光速度不変の原理は正しいの?

    以前にも質問させていただいたのですが、光速度不変の原理のうち、特に「観測者が移動しても相対的な光速は不変である」点についてよく理解が出来ません。 例えば、2台のロケットが平行に時速30万キロ(光速)で移動していたとします。 この2台のロケットは同じ速度で同じ方向に進んでいるのですから、どこまで行っても並行していますよね? つまり相手のロケットの相対的な速度は時速0キロですよね? でも光速度不変の原理によれば、ロケットの中から見た相手のロケットの相対速度は時速30万キロでなくてはならなくなります。 矛盾していませんか?

  • 相対性理論:光速度不変

    特殊相対性理論を勉強したはずなのですが、 すっかり忘れてしまいました^^; 確か、光速度普遍とは相対速度には当てはまらないと 聞いた事があったような気がするんですが^^;; これって間違ってますか? それプラス以下の質問。。 光速度不変とは、相対速度も不変なのでしょうか? 例:光の速さで飛んでいるロケットA、Bが衝突するとき、観測者には 2cの速さでぶつかったように見えるのではないですか? (でもこれって、ロケットAが止まってると考えたら、ロケットBが 2cの速さでロケットAに近づいてる事になりますから、やっぱり おかしいですね^^;) それと、光速で進むロケットの中で進行方向と同じ向きに光を 出したとき、その光をロケットの外側で観測すれば、 ロケットの中を進行方向と同じ向きに進む光は ロケットの外にいる観測者には“2c”として観測されるように思うのですが、 相対性理論はこれをどのように説明しているのでしょうか? 時間の遅れ、ローレンツ収縮などを使って説明してくださいm(_ _)m