• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

著作権

社交場において音楽著作権の著作物使用料について教えてください。 タレントの写真のはどんな権利があるのでしょうか?教えてください。 時間がないのでできるだけ早くお願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数113
  • ありがとう数2

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.3
  • honiyon
  • ベストアンサー率37% (331/872)

こんにちは、honiyonです。  音楽の使用量については、jasracに直接電話して問い合わせてみてはいかがでしょうか? Webからの情報は、sesameさんの回答されている参考URLから得られる情報がほぼ限界に近いと思います。  タレントの写真については、まず肖像権が思いつきます。 その他は・・・ちょっと分かりません。 すいませんです(.. こちらも実際に使用するとなければそのタレントの所属する事務所に直接問い合わせてみた方が明確で素早い回答が得られると思います。  参考になれば幸いです(..

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございました

関連するQ&A

  • 著作権の著作権?

    街に貼ってあるポスター(つまり誰かの著作物)を撮影した写真(これは私の著作物?)をブログに掲載。その写真を他の人に無断で転載、使用されてしまいました。この場合、この写真の使用を禁ずる資格が私にもありますか?

  • 著作物の著作権について

    ホームページなどを発注した会社と請け負ったSOHOについて、SOHO側に著作物の著作権が属すると思いますが、SOHOの著作物の扱いについてどのような権利があるのですか? また発注した会社にはどのような権利があるのですか? (契約書を交わさなかった事でお願いします、というのも、実際現場では付き合いが長いクライアントとは契約書を交わさないで仕事をする場合は多いのではと思いますので) そもそも著作権を買い取る事は法的に可能なのでしょうか? 具体例でお話ししますと、 ・SOHOのWEBサイトに著作物の一部(スクリーンショットも含む)を掲載している。 ・発注者側が著作者の許可なしにホームページに変更を加えている。 ・発注者またはSOHOが著作物の一部を流用して新しい著作物を製作している。 (スタイルシート、レイアウト、テキストなど) ・完成した著作物(ホームページ)のコピーライトは誰なのか。 他に著作物の扱いについてトラブルにならないよう、気をつければならない事がありましたら教えて下さい。

  • 楽曲の著作権について

    楽曲は、著作物なため、権利を有している人から許可を得ずに使用することは禁止されていると思われますが、 例えば音楽の場合、全く同じように楽譜を打ち直し、それを音源として活用した場合、これも著作権違反になるのでしょうか? 全く同じではなく、極めて近い音源とした場合もどうでしょうか?

その他の回答 (2)

  • 回答No.2
  • sesame
  • ベストアンサー率49% (1127/2292)

音楽に関しては、参考URL文中の各[使用料]の該当リンクから、料金表および支払方法、使用条件等の文書に飛べます。 タレントの写真については、各タレントの所属プロダクション、事務所にお問い合わせください。

参考URL:
http://www.jasrac.or.jp/jhp/otukai/ensoka.htm

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

そのホームページは知っているんですが もっと簡略化したものはないでしょうか?

  • 回答No.1
noname#8250

社交場...とはどういうところでしょうか。著作物使用料の何を知りたいのですか? >タレントの写真のはどんな権利があるのでしょうか? タレントの写真には「写真家」の著作権とタレント自身の肖像権が発生します。 何が聞きたいのかはっきりしません。お急ぎだからと言ってはしょって質問なさらないでください。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

スナックや居酒屋など酒類の提供を主たる目的とする社交場で 著作権使用料は具体的な料金のことです。

関連するQ&A

  • 著作権について

    お世話になります。 例えば、アメリカでは判決で職務著作として認められているが、日本では職務著作でない著作物があるとします。 この場合、Aさんが日本で創作されたこの種の著作物は、Aさんに権利があるのでAさんがアメリカで売却できますが、Aさんがアメリカの法人内でこの著作物を創作した場合(その他の条件もクリアしているとかんがえてください。)、Aさんには権利が無いので日本では売却できない・・・。 という事になると思います。 つまり、Aさんはアメリカの法人内で作れば、Aさんのものではなく、日本の法人内でつくれば、Aさんのものになる。 この考えで間違いはないですよね? お分かりになる方がいらっしゃいましたら、ご教示ください。

  • 著作権について

    最近著作権って言葉をよく耳にしますが、どれが著作権違法なのか区別がよく分かりません。 (1)youtubeなどの動画共有サイトの閲覧(アニメなどの著作物) (2)またそれをパソコンに保存(CDに保存を含めて) (3)著作物でないものをPCに保存 (4)大学祭などのポスターに著作物(アニメのキャラクター)などを貼る。 (5)葉書や年賀状などに著作物を貼って送る (6)インターネット上にある写真(スポーツやアニメなど)をPCに保存 他にもいろいろありそうですが、 どれが違法だと思いますか?

  • 著作権に関する問題です。

    著作権に関する問題です。  インターネット上に自然災害、例えば、地震の被害の写真を不特定多数に販売する著作物上に使用するにはどのような問題がありますか。その写真を流しているおおもと、例えば、プレス、通信社とか研究者等に了解は取りますか。

  • 著作権のうち口述権について

    1 質問事項 口述権について,著作物を公衆に販売した後は,販売した権利がなくなるのか,結論と理由を教えてください。特に,裁判例があればご教示ください。 2 質問の趣旨 先日,このサイトの著作権についての質問において,「著作物である市販物を販売した時点で著作権者は利潤をあげており,それ以上の利潤を認める必要はない。口述権は、狭義の著作権の一部であり,財産権の一種。著作権者が著作物の販売で利潤をあげた後にさらに口述権を保護する必要はない」旨の回答がなされていました。 著作権のうち譲渡権については,26条の2で,いったん公衆に譲渡された著作物について適用されない旨明記されていますから,いわゆる「権利の消尽」がなされるといえます。また,頒布権(26条)については,権利の消尽は明記されていないものの,最高裁平成14年4月25日判決で「頒布権のうち譲渡する権利はその目的を達成したものとして消尽する」と判断されています。 しかし,口述権については,24条で「その言語の著作物を公に口述する権利を専有する。」とされているだけで,「権利の消尽」は明記されていない上,実質的にも,著作物を購入したからといって,その著作物の内容を自由に口述できるとすれば,著作物の内容の社会的価値自体を低下させるおそれもあり,無許諾で行うことには問題があるのではないかと思います。 そこで,正確な結論を再確認したく,質問いたしました。

  • 著作物に著作権が付与される瞬間

     著作権は、 特許権、実用新案権、商標権、意匠権といった他の知的財産権と異なり、 その権利取得に申請・登録を要さず、著作物に対して自動的に与えられる権利であると認識しています。 ここでいう著作物に自動的に著作権が付与される瞬間は、いつになるのでしょうか?  例えばエッセイの場合、 テレビや本として発表されれば著作物なのでしょうが、 ミクシーなどの閉じられた世界での公表の場合はどうなのか、 個人的なウェブサイトで誰でも閲覧できるサイトにアップした場合にはどうか(リンクが張られているかどうかも関係?)、 それとも、ノートやパソコンに書いた時点で成立するのか、その場合、他人に無断で使用されない権利はどのように担保・判断するのか、 といった疑問があります。  ご存じの方、よろしくお願いします。

  • 著作権

    社内の教育資料作成で、著作物の表や図の一部を使用したいのですが、 著作権上の問題はあるのでしょう? 叉、WEB上の写真(一般的な工作機械)も不要な部分を削除して 使いたいのですが? 著作権のことがよくわかりませんので、どなたか教えてください。

  • 著作権の目的について

    著作権第一条において 「この法律は、著作物ならびに実演、レコード、放送及び有線放送に関し著作者の権利及びこれに隣接する権利を定め、これらの文化的所産の公正な利用に留意しつつ、著作者等の権利の保護を図り、もつて文化の発展に寄与することを目的とする。」 とありますが、『文化の発展』とは何かいまいちよく分かりません。これに関するHPがある場合教えてもらえますか? 何故、著作権が必要なのか?著作物が保護されていないと他人がすぐに自分の著作物をコピーする。そうすると著作物を創作して世に出しても権利によって保護されるはずの「差異」がすぐにコピーされ解消されるため経済的価値もあまり無く、またその後誰がこの著作物を書いたのかわからなくなってしまう。後者を具体的に述べると、コピーされるため情報の発信者が分からない。そして、合理的精神に基づけば世に出す理由が無くなり文化的つまり、科学的、経済的、文学的にも発展が見込めなくなるということである。 ↑と僕は考えたんですけど、どうでしょうか? 意見orHPのURLお願いします。

  • 著作権について教えてください。

    日本写真家協会のHPの「写真の著作物」の説明で次のような記述があります。 「著作権 に関して単なる機械的な複製(複写など)はもちろん、技術的に苦心したものであっても創作的に(人まねではなく)表現していなければ、著作物として保護されません。」 「創作的」という意味が分かりにくいので教えてください。 例えば、新聞記事などの単なる記録や報道写真、科学的写真は保護の対象になるのでしょうか?

  • 著作権について

    こんにちは、著作権についてご質問します。 A会社でT社長の著作物Pという著作権商品(ソフト)Dを扱っていましたがA会社の業績が悪くなり、A会社を休業にしB会社を設立 B会社には100%の株を保有しましたS社長が就任(元々はA会社の社員) もちろんSは名義だけの社長で 裏でB会社を経営しているのはT(TはB会社とは登記上無関係) 中小企業ではこのようなカタチはよくあるとは思うのですが、 この場合、Tの著作物DはB会社で販売できるのでしょうか? 現在Tが営業を行いB会社の名刺で著作物Dを販売しています。 もちろん販売した著作物DはB会社の売り上げになります。 この状態で5年ほど経っており 帳面上では著作物DはB会社が販売しているカタチになっています。 上記の場合、著作物Dの著作権はTになりますか?B会社になりますか?

  • 著作権について、もう少し教えてください

    「著作権で保護されている著作物」であるかどうかは、どのように調べたら良いでしょうか? 本の巻末に著作権うんぬんが書かれているものと、そうでないものがあります。 前者が「著作権で保護されている著作物」に該当し、後者は該当しないと考えて良いものでしょうか? よろしくお願いします。