• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

電池の内部抵抗

今、内部抵抗について勉強してます。 じきに、レポートを書かないと駄目なので今からレポートの内容を考えようとしています。 内容は、電池(単三)の内部抵抗を測ろうとしているんですが、その内部抵抗はどうやって計算するのですか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数5
  • 閲覧数1824
  • ありがとう数13

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.5

 まだ、質問として残っていましたので。考え方をお話します。  内部抵抗とは、何か、という事です。 内部にある抵抗です。で良いのですが、抵抗器をつないであるわけでありませんね。電流を外に流したときに、どれくらい電流の流れを単三電池の中で通りずらい状態で流れ出てくるか、それを電池の内部抵抗というのです。  こんなことぐらい馬鹿にしないでと言います。 ところが、忘れていけないのは、流してみて、初めてわかるわけです。  ふさわしい例でないかもしれませんが、丁度、有名タレントのショウ(ミューズイック)が終わって、満員会場から観客が1つの出口から流れ出るのに似ています。  少しづつ整然と流れ出ると抵抗が少ない。急ぐ人が多いと、流れ出る数は多くなるが、衝突してあるくから、正比例して流れが増えるわけでない、つまり出口の幅に加え衝突や摩擦抵抗がふえてスムーズに出られなくなる。スムースに出たときに比べ正比例比例してして流れが増えないから、会場からの抵抗が増えたと言う事が出来る。火事だとパニック状態で出ると?話が行き過ぎるからやめます。  電池の中では、分子同志の化学的相性で電流になれる自由電子を生産しています。電流を流して電池を使えば、その分、化合し、中和し化学変化を起こす物質が減りますから、電流の元になる自由電子の生産能力が落ちてきます。長年放置しておくと、自己放電をして、自由電子の生産能力が落ちる事も考えられます。  つまり、電池の会場から出る時の抵抗は、化学変化による自由電子の生産能力と、流し出す観客の電流量で、電池の出口までの抵抗(化学変化の対応と電極までの会場内の通過速度の抵抗・・)が違ってくるという事です。電流が多いと内部抵抗が大きくなる。と考えるのが、厳密な内部抵抗の考え方です。電池の消耗状態で違うという事です。  そんな厳密な事は、実用的でない、と考え、現実的には、外部に流れ出た観客の電流数からテスターで、電圧降下値(抵抗部分に電流が流れた時、抵抗の両端に現れる電圧の事)を測定して、No.2さん、No.3さん、の様にするしかないでしょう。  静電電圧計があれば、測定する時、測定器(電圧測定器)に電流を流さないですむので良いのですが、現実的でないので、これも、し方ありません。  というのは、テスターで電圧を測定する事は、テスターを並列につなぐ事です。テスターに流れ込む電流でテスターの抵抗に生じる電圧降下値を電流の力で指針やディスプレーで表示するのです。本体の抵抗体に流れる電流を取り込んで減らすことですから。極力減らすように、テスターの抵抗を大きく設計しています。が、この値も考えに入れて、計算しましょう。  極端ですが、相手の抵抗がテスタート同じ値だったら、半分流れてしまいますからね。  テスターにも電流を流して計っているのだ。と言う事と、電池の中は試験管の中の化学変化と同じに、電子が移動して化学変化が進み結合すると、中和して安定し、別な物質に変わってしまう風に動いているのだ。と考えるのが、電池の内部で起きている内部抵抗です。流し出す電流次第で電池の内部抵抗が大きくなるものだ。と。  最後に、我々消費者の立場からは、内部抵抗など必要ないのです。化学変化が進んで変化を起こす物質がなくなった、で十分科学的です。  内部抵抗の考え方は、科学的に抵抗という物理的にはっきり数値で割り切らせる考え方を取り入れたので、電池の内部電流通路にもこの考え方を実感して、自然現象を、等価変換して、割り切れるようにしよう(これが科学の理念)。内部抵抗を外部から総合的に見て、出てくる電流量からオームの考え方で、固定した抵抗器は存在しないけれど、あるものとして等価変換してみよう。というのが科学者の常識的考え方です。内部抵抗は等価変換の最適例題として、実感させ、この等価変換の概念で、発明発見、技術の改良に役立ててもらいたいとの願望が科学教育の根幹にあります。  電気回路の、勉強にもなります。技術に携わる人に欠かせない、等価変換の知識です。人の流れ、流体、・・にと、科学の世界は等価変換の連続です。一言でいうと、科学は等価変換の知識です。以上。  せっかくですので、電池の内部抵抗で考えられる科学的考えを大略お話ししました。  図が書けると良いのですが、まだ他の人の様に出来ません。    電池(1,5Vの電圧の出口を持ち、無限に大量に電子を生産出来る理想的電池の事)+抵抗(状況次第でどう変わるか分らない。その時々で違う)=実物の単三電池と考えて下さい。これがNo.2さんの説明。   |  --||--/`/`/`/`-----`/`/`/`/`/`/----| | |                      | | Eo    r          R      ||                        | |                        | |                        | |                        | -----------------------------------------  この図に、テスターをつなぐと、テスターの高い抵抗?を並列に接続する事ですから、それで考えてください。  実用的には、テスターの抵抗が、測定する部分の回路(電池、または、抵抗器)の抵抗に比較して何万倍も大きければ、本体回路の電流に影響しないと考え、オームの計算式R=V/I、rやRの値を計算します。  テスターに出る電圧値は、専門語では、抵抗の電圧降下の値(上に説明)を計っています。    くどくなってすみません。すぐ夢中になるものですから。この問題の全てです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

その他の回答 (4)

  • 回答No.4

理工系の人ではなさそうなので、 ここの「4.電池の内部抵抗の存在確認(PDF)」から基本的なことをつかんでください。高校の実験なのでくどい蘊蓄はありません。 http://www.szo-haibara-h.ed.jp/Risuuka/kadaikenkyu/h13.html

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.3

最初何もつながないで端子電圧を測ります. 次に値のわかってる抵抗をつないで端子電圧をはかります.このふたつの値と抵抗値から計算できます. あとは自分で.

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.2

電池の内部抵抗は内部抵抗0の電池と普通の抵抗を直列につないだのと同じように扱えます。 抵抗を接続して電圧と電流を測って計算してください。 計測器の内部抵抗も大きな影響を与えるので注意してください。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1
  • hi_ymkw
  • ベストアンサー率34% (140/407)

>今、内部抵抗について勉強してます。 だったら、すごく基本的なことなのでそれも自分で勉強してください。 オームの法則で解決できます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 電池の内部抵抗

    電池の内部抵抗を求める計算式の導き方を教えてくださいお願いします

  • 電池の内部抵抗

    電池を使用していると内部抵抗がだんだんとあがってきますが、 その理由はなぜでしょうか? 内部抵抗が熱を持ち始めて抵抗が高くなるからでしょうか? それとも電池の起電力が下がっているために抵抗が上がっているように見えているだけでしょうか?

  • 太陽電池の内部抵抗について

    太陽電池の内部抵抗についての質問です。 最近色素増感太陽電池の事を調べています。 色素増感太陽電池の最高効率は、小さなセルだと10%程度だそうですが、大きくすると効率が落ちてしまうと聞きました。 内部抵抗が大きくなるのが原因らしいですが、この内部抵抗というのは何に起因する抵抗なんでしょうか? 一方Si系太陽電池は大面積化が実現されていますよね。 Si系太陽電池の場合は大きくしても内部抵抗は大きくならないのでしょうか? よろしくお願いします。

  • 最大電力と内部抵抗

    こんにちは、はじめまして。 電気回路のレポート課題として出された問題で内部抵抗が出てきて、 いまいち理解していないのでどうすれば良いかよくわかりません。 1.5Vの電池を4つ直列接続して、これを抵抗に接続した。 内部抵抗はどれもみな0.2Ωとする。このときの最大電力は何Wか? という問題なのですが、 この場合内部抵抗は特別なものと考えず、 内部抵抗0Ωの1.5Vの電池に0.2Ωの抵抗を直列接続したもの として考えてよいのでしょうか? そのように考えた自分の計算結果だと、11.25Wになりました。 よろしくお願いします。

  • コイルの内部抵抗とは何か?

    大学のレポートでコイルの内部抵抗とは何か?という題を出されました。内部抵抗の意味はわかるのですが、コイルの内部抵抗になると、電源の内部抵抗とはどう違うのでしょうか?? よろしくお願いします。

  • 内部抵抗の問題

    電池とすべり抵抗器からなる回路があります。 そこに電池の両端の電圧を測る電圧計、電流計がついています。 電流計A、電圧計V、すべり抵抗器R、無視できない内部抵抗をもった電池Bがある、Rの抵抗値を変化させながらAの読みIとVの読みVを記録して↓のような測定結果を得た。 電流系の読みI(mA)10.0 18.0 32.0 40.0 55.0 電圧計の読みV(V) 1.56 1.54 1.52 1.50 1.47 測定を行う際は、まずRの抵抗値を最大にしてから、Rを調整して電流Iを10mAとし、そのときの電圧Vを読み取る。 Rを次第に小さくして電流を増し、電圧Vを同様に求める。 問。電池の起電力、内部抵抗はそれぞれいくらか? 起電力;電流Iを横軸、電圧Vを縦軸にとり、↑の表より書いた直線の切片が起電力 内部抵抗r;直線の傾きを求める 起電力の求め方はわかりました。 内部抵抗r=傾きらしいのですが、どうしてこうなるのかよくわかりません。 ここをちょっと教えていただきたいです。 問題文が長くてごめんなさい。 よろしくお願いしますm(__)m

  • 電池の内部抵抗

    電池を抵抗値R[Ω]の可変抵抗を接続し、電池から流れ出る電流I[A]の電池の両端の電圧V[V]を測定すると,図のような電流と電圧の関係を表わす実線のグラフが得られた。破線は、実線の延長である。電流Iの値が0のとき電圧の起電力をE[V]とし、次の問いに答えよ。ただし、可変抵抗とは、抵抗の値を変えることができる抵抗器のことである。また、電流計の内部抵抗は十分に小さく、電圧計の内部抵抗は十分に大きいとする。 (1)図の結果を得るためには、電池、可変抵抗、電流計、電圧計をどのように接続すればよいか。( )内の電気の図記号を用いて回路を図で示せ。 可変抵抗の抵抗値を変えると流れる電流が変わるらしいんですが、よくわかりません。 確かにV=RIの関係から可変抵抗部分の流れる電流は変わりますが、それは可変抵抗を流れる電流であって電池から流れる電流自体は変わらないんじゃないでしょうか??

  • 電池 電圧計の内部抵抗

    電池、電圧計の内部抵抗の次のような問題ですが、よく分かりません。どうぞ教えて下さい。  問題   乾電池の内部抵抗をも求めるため、次のような測定を行った。 イ 乾電池の起電力を直流電位差計で測定すると、1.503Vであった。次に乾電池の端子電圧を電圧計で測定すると1.500Vを示した。 ロ 前記の電圧計の内部抵抗を求めるため、直流電源、6250Ωの抵抗、スイッチS、電圧計で閉回路を作った。(回路の配置は、左側に直流電源、 上側に6250ΩとSを並列につなぎに、右に電圧計、下側は電圧計と直流電源を直接導線つないである)  この回路でSを開いた時の電圧計の指示は2.00V、Sを閉じた時の指示は4.50Vであった。直流電源の内部抵抗は、外部の抵抗に対して無視できる。次の問いに答えよ。簡単な説明と計算式も示せ) という問題です。 1)電圧計の内部抵抗はいくらか。 2)乾電池の内部抵抗はいくらか。   よろしくお願いします。

  • 電池の内部抵抗

    電池の内部抵抗測定には、直流法と交流法がありますが、両者の値は合致するのでしょうか? (近い値でも良い) 測定原理が全く違うし、通電電流も大幅に違うので、果たして同じような値になるのかな?と疑問に思っています。

  • 乾電池の内部抵抗

    簡単すぎる質問かもしれませんが、教えていただけると幸いです。 乾電池の内部抵抗の発生原因は何でしょうか?また、内部抵抗の高い電池と低い電池ではどこが(電池の構造的に)違うのでしょうか? まだ私は学生なので、分かりやすく教えていただけると幸いです。 明日の午後9時ごろまでに回答を戴きたいです。よろしくお願いします。