• 締切
  • 困ってます

WINDOWS UPDATE について

  • 質問No.7979425
  • 閲覧数225
  • ありがとう数0
  • 気になる数0
  • 回答数1
  • コメント数0

お礼率 75% (3/4)

お忙しいところ大変恐れ入ります。
Windowsの自動更新についてお詳しい方にご質問いたします。
当方、Office 2003を使用しておりまして自動更新のインストールに失敗します。
Outlook 2003 Junk E-mail Filter (KB2767887) の更新プログラムなのですが、
参照先のリソースが見付からない為Officeの再インストールを求めてきます。
手元にOfficeのソフトが無い為再インストールは出来ません。
再インストール以外に解決出来る方法はございませんでしょうか?
お詳しい方がいらっしゃいましたら、ご教授のほど宜しくお願い申し上げます。

回答 (全1件)

  • 回答No.1

ベストアンサー率 62% (6335/10107)

基本的に、状況によってはディスクがなければどうにもなりません。状況によっては、ディスクがなくとも解決できます。どんな状況でも、解決策があるというものではありませんので、その前提で読んでください。

まずは、
以下から更新プログラムをダウンロードして手動で適用してみましょう。これで、適用できるなら、ディスクは不要で、大きな問題はないと思われます。
http://www.microsoft.com/ja-jp/download/details.aspx?id=36759

それで無理なら、迷惑メールフィルタの適用には、Office2003のCDが必要であることを示しています。
このCD要求メッセージはOffice2003では、基本的に出ないような考慮がされていますが、次の場合にアップデートがあるとメッセージが出ることがあります。

ディスククリーンアップでオフィスセットアップ情報削除を行った場合、
セットアップ後にインストールファイルの削除にチェックを入れてMSOcacheを削除した場合は、アップデート時にCDが必要となることがあります。
その場合は、ディスクがなければ、アップデートの適用をあきらめ、無視するしかありません。

もう一つ、もっと厳しいケースとして、通常はCドライブやDドライブ直下にMSOcacheという隠しフォルダでセットアップ情報が保存されていますが、これを所定の手段以外の方法で削除してしまうと、CDをセットしても適用できない場合があります。この場合は、Office2003のCDからセットアップを起動して、修復インストールしなければなりません。MSOCacheのリンク情報は、レジストリのHKLM配下で管理しているため、手作業で直接削除すると不整合になり、インストールキャッシュからの参照整合を必要とする場合、エラーで弾かれるようになります。

以上のようになります。
対処としては、手動でダウンロードして適用してみること。
それでも、CDを求められるなら、この更新はあくまでオプションのアウトルックにおけるメールフィルター(迷惑メールフィルタ)ですから、入れなくとも問題はないとして、更新対象から外すという手もあります。

どうしても、該当アップデートのインストールが必要だと思うなら、正規インストール品であれば、CDをお持ちのはずですから、インストールCDを用意し、適用するのが妥当です。ただし、もしもMSOCacheをマイコンピュータや、エクスプローラから削除した記憶がある場合は、予めCDからオフィスのインストーラーを起動して、修復または新規インストールを行う必要があります。
結果を報告する
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。
関連するQ&A

その他の関連するQ&Aをキーワードで探す

ピックアップ

ページ先頭へ