• ベストアンサー
  • 困ってます

ドイツで修士課程

いま、自分は物理学科に在籍するものです。 ドイツの修士課程に留学したいと考えているのですが、色々と調べたのですが、あまり情報がないので困っています。 まず、日本で言うところの院試というものはあるのでしょうか?そ れとも、greのようなものなのでしょうか? アメリカのように学部卒業→博士課程のようなものか、日本のように、学部卒業→修士課程→博士課程なのでしょうか? よろしくお願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数416
  • ありがとう数2

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2
  • wy1
  • ベストアンサー率23% (331/1391)

>>自分も、専門大学というのを見つけました。FHというやつですよね? あれは日本でいう専門学校など、実学に近いものという認識でいいのでしょうか? << Fachhochschuleは専門大学といいます。中にはDRのタイトルを出せるところもありますが、多くは日本で言う学士だけでしょう。 先ずは、ドイツの大学制度をちゃんと知る必要があります。 日本語でもサイトがありますよ。調べられることをお勧めします。  総合大学とかTUでは、日本で言う、4年間=学士課程、マスター課程、ドクター課程が設けられていると思います。 ドイツの大学は入学試験というものは存在しません。 即ち、大学入学資格を持っている人なら、ほぼ無条件で講義を聴く資格があります。 外国人の場合にもそれなりの条件があります。 日本人の場合、大学卒とか何年か通っていれば、資格が認められるはずです。 それと、ドイツの大学で正規の授業を受けて理解できるだけのドイツ語能力を持っていることを公式の資料で証明する必要があります。ゲーテインスティトゥートなどの試験を受ける。 相当難しい筈です。 専攻分野によって、要求度がある程度違う様ですが。 目的とする大学で入学することを前提しての、ドイツ語講座があります。そこで一年間学び、その大学が実施するドイツ語力試験を受け、合格すれば正規に講義が聴ける制度があります。 先ずは、ドイツ大学制度。      入学資格      ドイツ語力      学びたい分野のある大学を調べ、何校かに絞り、先方から資料を入手する。 などなど、一杯やらねばならない事があるはずです。それと、滞在し生活するだけの原資の証明も必要でしょう(銀行の貯金金額など)。 ドイツ留学に関するサイトがありますので、先ずはそのような題名で検索されることをお勧めします。                                  

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご丁寧にありがとうございました。 いろいろと調べて、こんど東京の独文化センターにいってこようとおもいます。

関連するQ&A

  • 博士課程・修士課程

    博士課程というのは修士課程を卒業しなきゃ入れないのでしょうか? 博士課程に行くことのメリット・デメリットを教えてください。

  • 大学院の修士課程、博士課程について教えてください

    大学院は修士課程2年と博士課程3年の計5年ですよね?一般的に修士課程のみで卒業する方がおおいのですか?もちろん修士を終了しないと博士課程にはすすめませんよね?修士課程を修了してさらに勉強したい人は博士課程へ進むという考え方でよいのでしょうか?博士課程にすすむのには試験はあるのですか?

  • 博士前期課程と修士課程

    ある履歴書を見ていましたら、学部卒業の1975年の4月に博士前期課程進学、その2年後に終了と出ています。その昔は修士課程への入学と卒業と言っていました。 いつの時点で制度が変わったのでしょうか?

その他の回答 (1)

  • 回答No.1
  • wy1
  • ベストアンサー率23% (331/1391)

何処の大学でもよいので、ドイツの大学のHPを検索し読まれることをお勧めします。ただし、DRなどを授けられない大学が(主に専門大学)がありますので、注意してください。 ただし、HPページはドイツ語で書かれているはずです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございます。 いろいろと探しましたが、院試については書かれていませんでした。 自分も、専門大学というのを見つけました。FHというやつですよね? あれは日本でいう専門学校など、実学に近いものという認識でいいのでしょうか?

関連するQ&A

  • 修士課程の意味

    タイトル通りなのですが 修士課程って何のためにあるのでしょうか? 現在、僕自身修士課程1年で、研究に対する意欲はあります。 しかしその先を考える時、 就職活動をしている先輩、また就職した友達の周りの人の話など聞き考えると いったい修士課程って何のためにあるのか 進学した意味はあるのかなどわからなくなります。 例えば就職活動が修士も学部卒も一緒であるという点です。 上の方から見れば修士も学部卒も似たようなものかもしれませんが だったら修士は何のためにあるのでしょうか 研究をやったという単なる自己満足のためにあるものなのでしょうか? それすらも企業の方からみるとくだらない自信と思われるらしいですが。 修士課程ってなんのためにあるんでしょう? どんな意見でも結構です、よろしくおねがいします。

  • 修士課程修了で

    すごいありえない話かもしれませんが、修士課程で博士課程なみにすごい論文を書き上げたら博士号を授与されることとかはありえるんですか?例えば数学で未解決問題を解くとかして雑誌に掲載されたりしたらです。

  • 修士課程と博士前期課程の違い

    修士課程と博士前期課程の違いは何でしょうか?

  • 大学院の修士課程と博士課程の違いは?

    大学院の修士課程と博士課程の違いは? 博士はドクターと言うことですが 修士は? 勉強の内容が違うんですか? そもそも大学院は何を勉強するところですか? 分かりやすく教えてください よろしくお願いいたします

  • 修士課程/博士課程での経験はどう活かされていますか

    近々、修士課程・博士課程の学生(主に文系)に講演する機会があるのですが、卒業後、仕事に於いて、その専攻分野での知識以外で、役に立っている経験や能力(修士課程・博士課程で養われたもの)ってどんなことがありますでしょうか。なるべく具体的なお話を頂けると助かります。 学生から「就職先が限られる」とか、「会社では研究したことが活かせない」といったマイナス面の話は聞くのですが、彼らにプラス面の話をして、前向きな気持ちになってもらいたいと思い、いろんな方の意見を反映したく、質問させていただきました。 大学院卒業後、(一般企業以外にNPO法人、ボランティアなども含め)就業されている方や、会社を起された方からの回答をお待ちしております。

  • 修士課程(特に理系)の持つ意味について

    修士課程(特に理系)の持つ意味について 大学の研究室において、できれば院生を多く取った方が、国から補助金が多く下りるというのはよく聞きますが、 そういう意味でも教授(または准教授)は自分の研究室の院生は多く受け入れたいものなのでしょうか?(もちろん試験をクリアしてる前提で) また、修士課程ではとりあえず研究方針、進め方などを学部同様担当教員の指示を仰ぎながら、研究を進めていくものなのでしょうか?つまり、あくまで修士は知識を深めることを根本とし、一から何かを編み出そうなどというものは学生には求めてないのですよね?(もちろん求められても極めて難しい話なのですが) 要は、本来教授が自分でやれば、もっと論理構成も良く緻密な論文が書けるが、あえて学部・修士では、それを学生にやらせ(もちろん物理的に教授ができないのも含め)知識・研究を深めてもらうという考えでよいのでしょうか? 大学院修士課程のもつ意味についても教えてください。

  • 博士前期課程と修士課程

    大学院のマスターのことを博士前期課程というところと修士課程というところがありますが、全く同じ意味ということはわかりますが、なぜ2種類あるんですか? もし、使い分けがあれば教えてください。

  • 修士課程と博士課程における研究能力の違い

    研究を行うにあたり、修士課程修了者と博士課程修了者ではどのような違いがあるのでしょうか?

  • 新制大学の修士課程と博士課程との接続関係

    戦後長い間、修士課程は2年で博士課程は3年であり、博士課程は修士課程を修了後に修めるものとされてきました。しかし昭和24年の「大学院基準」では、両者は上下の関係ではなく、並立の関係であり直接博士課程への進学が想定されています。もちろん、修士課程を修了後であっても進学可能ですが、その場合は修士課程の履修単位は博士課程に算入できるとまで記述されています。なぜ修士課程と博士課程の並立制が実現しなかったのでしょうか?一説には、当時の文部官僚がGHQの並立示唆を上下関係と誤解した結果との解釈もあるようです。3年で済むところが、ミスで5年も必要となったとすれば、社会的責任は大きいと思います。真相をご存知の方、教えていただきたいと思います。

  • 物理学科の博士課程に進む人とそうではない人の違い

    物理学科の大学院の修士課程を修了後、博士課程に進む人とそうでない人との違いはなんですか? 単純に当人が希望するかどうかですか?または当人の才能や修士論文の完成度など、物理学における成績に依存するものですか? ご存知の方、教えていただけると助かります。

専門家に質問してみよう