• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

分詞構文の訳し方

分詞構文を勉強しての疑問です。 次の文をもとに戻しなさい。 Being helped by many people, he could do it. 答え As he was helped by many people, he could do it. これは he has helped by many peoplo, he could do it. としたらダメなのでしょうか? 現在分詞の結果というやつで表せないかと疑問に思ったのですが、どうでしょうか? 教えてください。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数6
  • 閲覧数108
  • ありがとう数6

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1
  • SPS700
  • ベストアンサー率46% (15260/32920)

1. he has helped by many peoplo, he could do it. としたらダメなのでしょうか? 彼は手伝った(能動になっています)多くの人によって、彼は出来た、     ちょっと拙いですね。 2。   現在分詞の結果というやつで表せないかと疑問に思ったのですが、どうでしょうか?    As many people helped him, he could do it. なら可能です。分詞構文ですと      Many people having helped him, he could do it.     になるのじゃないですかね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございました。 理解ができました。

その他の回答 (5)

  • 回答No.6

>現在分詞の結果というやつ まあ,連続動作とか,and で書き換えるというのはあります。 この「結果」というのは日本人的発想ではありますが, 接続詞 and で書き換えることは可能です。 結局,こういう用語というのはそれなりに使う理由はあるのですが, ここでいう「結果」というのと現在完了の「結果」というのとは別です。 has helped は現在完了なので,どこかでそういう用語に混乱があるのではないですか。 He was helped by many people, and (he) could do it. という書き換えは可能です。 すでに申し上げたように,could の使い方も含めて,日本人的英語ですが, 試験問題なら仕方ありません。 As he was helped by many people, he could do it. as の代わりに because にする方がいいですが, これが模範解答なのは試験問題としては普通です。 正直,いろんな意味でこういう書き換えはあるレベルまでいくと無意味なのですが, 何かで必要であればやむを得ませんね。 has はタイプミスですか,それとも。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。

質問者からの補足

皆さんにベストアンサーにしたいですが、一人に選ばせていただきます。 返事が遅くなり申し訳ありませんでした。

  • 回答No.5
  • Nakay702
  • ベストアンサー率81% (8274/10203)

> 次の文をもとに戻しなさい。 > Being helped by many people, he could do it. > 答え >As he was helped by many people, he could do it. > これは > he has helped by many peoplo, he could do it. > としたらダメなのでしょうか? > 現在分詞の結果というやつで表せないかと疑問に思ったのですが、どうでしょうか? ⇒分詞構文を元に戻すときは、接続詞が必要になります。 それで、答えの文では As「~なので」という従位接続詞が使われています。 ですから、質問者様の考え方はよかったのですが、書き換えに間違いがありますね。 つまり、もし質問者様の文をもとにして「結果」の接続詞を使って書き換えるなら、 he→He、has→was、,→and(so)と変更して He was helped by many peoplo and (so) he could do it. とすることになるでしょう。 これなら、「答え」の文ほど模範的でないまでも、 少なくとも文法的な間違いはなくなると思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。 理解できました。

  • 回答No.4

もし、As he has helped by many peoplo, he could do it.という解答になるなら 元の文は、Helping by many people, he could do it.になります。 これだと、by以降を見ればどうしても、受け身の形ではないと訳も不自然な文になってしまいます。 問題文には、Being helped by many people, he could do it.と動詞部分が受け身であり be動詞+過去分詞の形ですので、解答のようになります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。 理解できました。

  • 回答No.3
  • maspa
  • ベストアンサー率0% (0/1)

英文は、接続詞なしで文と文をつなぐことはできませんよ。 he has helped by many peoplo. he could do it. って二つの文章ですよね。 だから接続詞が必要です。 As とか Because とか。 あと As he has be helped by many peoplo, he could do it.って完了形ですよね だったら 現在分詞だと Having has helped by many peoplo, he could do it. てなりますよ。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございました。 理解ができました。

  • 回答No.2

As he was helped by many people, he could do it. というのはいかにも日本人が作った英語です。 言いたいことは「彼は多くの人々によって助けられたので,それをすることができた」 こういう「~なので」で as はあまり使いません。 もちろん,日本ではいたって普通ですが。 こういうある一回の場面で「成し遂げた」的な「できた」は could は使いません。 まあ,それはそうとして,分詞構文の書き換えとしては正しいです。 Being helped (こういう分詞構文も普通は Helped として,being は省略します) は be helped という受身がもとになっています。 be なんだから,勝手に has helped に置き換えることはできません。 being だから,後の could と同じ時制だから was として was helped となる。 もし,現在完了の結果というのなら As he had been helped ~ のように,過去完了にする,そして,受身の意味はあるので,been が必要です。 ここまで説明してきて,ようやく疑問点がわかりました。 単なる「過去」でなく,「結果」だと。 ただ,現在完了(現在分詞じゃないです)でなく,ここでは過去完了です。 過去の場面についての「過去までの結果」ということになります。 現在完了の結果というのは「現在までの結果」

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございました。 理解できました。

関連するQ&A

  • これは分詞構文ですか?

    英語の書き換えの問題で  He was not aware that he had done wrong.  =He was not aware( of)( having)( done) wrong. (彼は間違ったことをしたことに気づいていなかった。) という文ですが、awareがあるのでthat節を使うものをofを使うもので置き換えたものです。 この場合はhavingに書き換えられているのですが、これは分詞構文ですか? 分詞構文を作るためには(カンマ),が必要ではないのでしょうか? もし分詞構文であるなら何故そう言えるのかと、そうでないなら何故そう言えるのかを教えてください。 よろしくお願いします。

  • 分詞構文の書き換えについて。

    分詞構文について質問です。 As it was printed in haste, the book has many faults.という文章の書き換えで having been printed in haste, the book has many faults.という答えなのですが なぜ、beingではなく、having beenになるんでしょうか? 後ろの文との時制の差を出すためですか? 教えてください。

  • 分詞構文について教えてください。

    As I felt sleepy, I wen to bed early last night → Felt sleepy に置き換える分詞構文が理解できません。 受け身の場合に、being +過去分詞 でbeingを省略するのは わかるのですが、この分詞構文はなぜでしょうか。 ご指導宜しくお願いいたします。

  • 分詞構文

    次の文の( )内の動詞を適切な形に直しなさい。 (1)(Wacth) by many people, she could not talk very well. (2)(Open) the door, I saw Bob enter the building. (3)(Listen) to the music, she was writing a letter. (4)(Cover) with snow, the garden looked beautiful. (5)(Praise) by his mother, the boy was smiling. (6)(Turn) right, you will find the post office. 分詞構文の問題で、 現在分詞と過去分詞の使い分けがよく分かりません。 詳しく説明してくれる方よろしくお願いいたします。

  • 分詞構文について

    分詞構文について教えてください。 「雨が降っていたので、野球の試合は中止になった」 という文を分詞構文を使って書くと、 The weather being rainy, the baseball game was cancelled. となることは分かるのですが、 前半部分を、Because the weather being rainy,としたら間違いでしょうか。 分詞構文部分の意味をはっきりさせるため、接続詞を残してもよいという説明を聞いたことがあるため、上のように解答したのですが、ある問題集では、「The weather being rainy,」は正解になっていましたが、Becauseをつけた方は正解になっていませんでした。問題は4択問題です。 どなたか教えてください。

  • 分詞構文で、

    It で始まる分詞構文で、例えば、It being Monday, the barbar shop was closed. (1)この文の否定形(月曜日でなかったので)にしたい場合は、notはどこに置けばいいのでしょうか?   (2)形式主語 It がある分詞構文の否定文のnot は、置く場所というのは決まっているのでしょうか?  

  • 分詞構文

    Because the river was cold , we couldn't go swimming. これを分詞構文に直すと The river being cold , we couldn't go swimming. 分詞構文を、 『この川は冷たいので、私たちは泳ぎに行かなかった。』 と訳していいのでしょうか。 または、 『この川は冷たかったので、私たちは泳ぎに行かなかった。』 と訳さなくてはいけないのでしょうか。

  • 分詞構文について教えてください

    There was no vacant seat on the train, so he had to keep standing. 上の英文を分詞構文で書き換えると、 There being no vacant seat on the train, he had to keep standing. になるそうです。 私の答えは、以下の通りです。なぜだめですか? There was no vacant seat on the train, he having to keep standing. there が残るのはわかります。 分詞構文とは、学校で使っている参考書によると、分詞が動詞と接続詞の働きを兼ねて、文を簡潔化された文であると書かれていました。 どうして、接続詞soがある従属節の動詞(had)が分詞にならないのですか? よろしくお願いします。

  • 「~ながら」を分詞構文を使って書く

    こんばんは。分詞構文が苦手なので、教えてください。 下記の例文を分詞構文で書きたいと思っています。 例文:軸はa(液)でコーティングされながら、矢印のポジションまで回転される。 その(1)ベタに書いてみる The shaft is turned to an arrow position while (the shaft) is coated with a. ↓ その(2)whileを使って分詞構文にしたい The shaft is turned to an arrowed position while being coated with a. その(3)付帯状況を使って書いてみる The shaft is turned to an arrowed position, being coated with a. と書いてしまいます。 分詞構文は主語が重なれば、一方を削除して接続詞も削除するのですよね?ですが、whileがないと分かりにくいと思うので、(2)のようにwhileをつけたくなるのですが、これは間違っていますか?そもそも(2)は分詞構文になっていないのでしょうか? (2)分詞構文、(3)付帯状況苦手です。お気づきの点をご指摘いただけたら幸いです。また、「~ながら」の文章を書く際に役立つ表現・構文がありましたら、教えてください。

  • 分詞構文について質問があります

    分詞構文について質問があります In Europe the hard base for thousands of miles of good highways had been laid by the Romans hundreds of years before ;it was there,ready to be later built up into fine smooth surfaces by engineers 質問:ready to be~は、分詞構文なのですが、何故beingは省略できるのですか? 受け身の分詞構文だからですか?