• 締切済み
  • 暇なときにでも

SFの古典と言えるのはどんな作品があるでしょうか

SFというジャンルの小説で、古典と言えるのは、どんな作品があるでしょうか。 長編小説と短編小説とで、いくつか例を教えて下さい。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数6
  • 閲覧数249
  • ありがとう数1

みんなの回答

  • 回答No.6
  • ithi
  • ベストアンサー率20% (1908/9394)

gubijin さん、こんばんわ。 早速、小松左京「日本沈没」、筒井康隆「時をかける少女」を挙げさせていただきます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • おすすめの短編小説を教えてください

    最近はなかなか長編小説を読む時間がとれません。短編小説であれば空き時間にサクッと読めるので、おすすめの短編小説を教えて頂きたいのです。 ジャンルは、SF、ファンタジー、ミステリー(殺人事件以外)などの娯楽小説が良いです。星新一先生のものは除外でお願いします。よろしくお願いします。

  • 短編小説を一気に読むのと長編小説を中断しながら読む

    短編小説を一気に読むのと長編小説を中断しながら読むのどっちが語彙や表現力が身につきます?

  • 私にオススメの作品(本)を教えてください!

    江戸川乱歩の短編小説をいくつか読んで(芋虫、人間椅子など)、あのような少し不気味な雰囲気の小説を読んでみたくなりました。なので皆様、江戸川乱歩以外でオススメの作品、作家がいたら教えてください! 日本、外国問いません。極端なグロは苦手です。長編でも構いませんが、短編だと嬉しいです! よろしくお願いします!

  • 回答No.5

gubijinさん、こんにちは。 かつて日本のSF作家が海外作品の投票を行いました。上位ランク作品を挙げておきます。 『幼年期の終わり』アーサー・C・クラーク 『ソラリスの陽の下に』スタニスワフ・レム 『夏への扉』ロバート・A・ハインライン 『虚空の眼』フィリップ・K・ディック 『人間の手がまだ触れない』ロバート・シェクリイ(短編集) 『虎よ!虎よ!』アルフレッド・ベスター 『都市』クリフォード・D・シマック 『火星人ゴーホーム』フレドリック・ブラウン 『ファウンデーション』アイザック・アシモフ 『地球の長い午後』ブライアン・オールディス 『結晶世界』ジェームズ・G・バラード 『宇宙船ビーグル号』A・E・ヴァン・ヴォクト 『タイムマシン』H・G・ウェルズ  これに 『山椒魚戦争』カレル・チャペック 『そろそろ登れカタツムリ』アルカジィ&ボリス・ストルガツキィ  さらに国産を加えて 『百億の昼と千億の夜』光瀬龍 『消滅の光輪』眉村卓 『グリーン・レクイエム』新井素子 長編ばかりになりましたけど、一つの例外を除きニュー・ウェイヴ運動以前のものから選んでみました。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.4
noname#193761

長編:K、ディック『アンドロイドは電気羊の夢を見るか?』 短編:A、C、クラーク『前哨』

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.3

ザミャーチン「われら」 ブルガーコフ「悪魔物語・運命の卵」 カレル・チャペック「ロボット(R.U.R)」 ジュール・ヴェルヌ「地底旅行」「海底二万里」 H.G. ウエルズ「タイム・マシン 他九篇」 ・・・ 岩波文庫から出ているこれらの作品は、まず、古典といっていいと思います。 他には、半導体のない時代にコンピュータの世界を書くとこうなる、みたいな ハインリヒ・ハウザー「巨人頭脳」 とかもそう思えます。 ## 個人的には、ニューウェーブ前のスペースオペラ時代までが ## すでに古典に近いと思っていますが、 ## 一般的には、そこまではいかないと思いますし。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.2
noname#176157

もはや、J・G・バラードやフィリップ・K・ディックあたりまで古典でいいんじゃないか? 日本なら海野十三できまりだと思うが。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1
  • seble
  • ベストアンサー率27% (4039/14671)

ベルヌ、アシモフ、ハインラインとか。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 連作短篇ってなんですか?

    長編小説や短編小説というのはわかるのですが連作短篇小説ってのは、どういう形態の物を指すのですか? 短編集とどう違うのでしょうか?

  • 「アルジャーノンに花束を」の短編の日本語訳は売っていないのでしょうか

    ダニエル・キースの「アルジャーノンに花束を」は、最初は短編小説として書かれて高い評価を受けて、その後長編小説に書き直されたそうですが、 最初に書かれた短編の日本語訳はもう売っていないのでしょうか。 それとも、何かのアンソロジーにでも入っているのでしょうか。 ぜひ教えて下さい。

  • 秋の夜長にピッタリの、おすすめ長編小説を教えて下さい。

    こんにちは。 初めて質問させて頂くので、少しドキドキです。 私は読書が大好きなのですが、夜も長くなった今日この頃、短編小説よりも、読みごたえのある、長編小説を読みたいと思っています。 ジャンルは問いませんが、強いていえば、ミステリーやファンタジー物が好きです。 ちなみに私はお金がないので、本はもっぱら図書館で借りるか、古本屋で買って読んでいます。 おすすめの本がありましたら、是非、教えて下さい。宜しくお願いします。

  • おすすめの小説家、作品を教えてください!

    ご覧いただきありがとうございます。 私は浅田次郎が好きで今まで彼の作品ばかりを呼んでいましたが、ふと他の方の作品も読んでみたくなりました。 浅田次郎が好きならこの人(作品)もおすすめ!というものがありましたら教えてください。 短編小説が好きですが、長編でも全然構いません。 よろしくお願いします。

  • ちょっと教えて!?今はSF作品は何と呼ぶんですか

    最近、私の大好きなジャンルであるSF作品が少なくなった気がしていたら、ある親友から、「今は、SFとは言わないよ!!」 と、言われてしまいました。 本当でしょうか。 もしも、本当だとしたら、何と呼ばれているのでしょうか。 そして、映像的に、過去SFと呼ばれている作品と、現在、別の形で呼ばれている作品との違い。 区分け方を教えていただけませんか。 現在、放映中の中にも、私から見てSF?と、思っている作品がありますが、それって、SFとは違うジャンルになるのでしょうか。 よろしく、回答の程、お願いいたします。

  • 短編の現代文学作品

    こんにちは。質問させて下さい。 現代文学作品で、ライトノベルのようにキャラクターがしっかりしていて魅力的な、短編小説ってありますか? 私はいわゆる「キャラクター小説」が好きなのですが、短編だとキャラクターに愛着が湧く前に読み終わってしまうことが多いです。短編小説も、楽しく読みたいのですが… もしお心当たりがお有りでしたら、教えて頂けると嬉しいです。よろしくお願いします。

  • 心を広げる本を薦めてほしい

    今年転職したばかりの社会人。なかなか会社の同僚とうまく付き合っていけないので苦しんでいます。私には癖があるかもしれないですが、まず自分自身を向上させたいです。そのため、何か一人前になる本はないかと伺うことにしました。どうぞよろしくお願いします。今村上春樹の「ノルウェの森」を読んでいますが、主人公の経験の描写が面白く感じます。しかし、長編小説で、大変時間がかかりそうです。何か有名な短編小説があれば、教えていただきたいです。

  • お薦めの作家

    私の好きな作家は、星新一、眉村卓、阿刀田高、仁木悦子などですが、このような私の趣味に合いそうな、最近の作家を教えていただけると助かります(主として短編小説家ですが)。最近、「読みたい」と思う小説家がおらず、本を読む機会が減って困っております。お薦めの短編小説家、を教えていただいても構いません(長編でも結構です)。よろしくお願いいたします。ジャンルとしては近未来SF、推理、ミステリーです。

  • 古い作品が読みたい!

     こんにちは。私は今大学生なのですが、最近になって無性に本が読みたいと思うようになり、質問を投稿させていただきました。  ジャンルとしては古典や名作・大作と呼ばれるもので、国内・海外は問いません。加えて、読書の本というと小説等に偏ってしまいがちですが、学問の入門書のようなものや、論文のようなものでも構いません。これにつきましては何の学問でも構いません。長編、短編どちらでも結構です。出来ればミステリーやファンタジー、また、最近流行の作品は御遠慮させて頂きたいと思います。  あまり知られていない本や、有名作家が執筆したものでも「こんな作品があったのか」と驚かされるような作品や、一部のマニアにしか知られていないような奇書等、特に大歓迎します。  読んだ後に鬱になるくらいに(例えが悪いのですが…)物凄く考えさせてくれるような深い味わいのある作品だととても嬉しく思います。  私が今まで読んだ中で感銘を受けたのは「ファウスト」「若きウェルテルの悩み」「悪の華」「神曲」です。これらに近い作品だとなおの事嬉しく思います。  無理難題だとは思いますが、お返事が頂けるならば幸いです。どうぞ、よろしくお願い致します。  

  • 失うのが怖い

    最近特に、失うことが怖いです。 たとえば恋人や家族、ペットなどです。 「いつかいなくなってしまうのではないか」と考えると、つくることや飼うことを断念します。 友達は、広く浅く交流をもち、もともと離れていくことだと認識しているので大抵大丈夫なのですが、 下手に仲良くなってしまったり、好意や尊敬の念をもってしまうと 離れていくことが怖くて極度に気をつかい、疲れてしまいます。 大事なものほどつくれません。 他に、漫画や長編小説、アニメ、ドラマもみることが怖いです。 はまると疲れるし、終わってしまったときの喪失感が嫌です。 (短編小説や続編のない映画はみれます。) このような理由から、やりたいことほどできないでいます。 この恐怖心を和らげることはできますか。