• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

右利きと左利きの見分け方

利き手が右なのか、左なのかどうすれば確実に見分けられるのでしょうか? 私は明確にどちらなのかわからないのです・・・。 ・ペンや箸を持つのは右なのですが、トランプを切ったりするのは左です。 ・ピアノを習っていたのですが、どうしても左(伴奏)が 強くなってしまい、よく怒られていました。 ・バイオリンやギターを弾こうとすると、普通と逆になってしまいます。 ・よく言われる見分け方で、腕を組んだ時に上に来るのが利き腕、 というものがありますが、私は左が上に来ます。 ・手のひらの大きさは、左のほうが若干大きいように思います。 これは左利きなのでしょうか? ただ、左利きの人は右手でペンを持つように矯正するのにとても 苦労しているみたいですよね。 でも私の場合はペンや箸を右で持つのに特に抵抗はなかったように思います。 母は「箸は右で持つものよ」と教えたそうですが、 特に左利きを矯正した記憶はないそうです。 それと、利き手は遺伝するのでしょうか? 私の親戚には左利きの人はいないので、母に 「突然変異か?」とバカにされます。(泣) ご存知の方、よろしくお願い致します。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数6
  • 閲覧数19673
  • ありがとう数20

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.5

私も左利きです。 で、めちゃめちゃ簡単な「調べ方」を伝授しましょう! 1)頭を空っぽにして 2)両方の手のヒラをダラットひらいて 3)パッ、と組み合わせる。 そのとき親指が上になっている手が、利き手になります。 遺伝はしないと思います。 また、左から右への矯正は、言語障害をひきおこすと 聞いたことがあります。(子供の場合) 今の世の中、はしが左でも困ることはないわけですから 左利きで堂々と生きればいいと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

さっそくやってみたところ、左手が上になりました。 母(右利き)は右が上になっていたので 間違いないかな?と思います。 ちなみに、誤解を招いてしまったようなのですが 私は左利きを恥じているわけじゃないですよ。 むしろ、左利きのほうが両方の脳が活性化するらしいので 嬉しいくらいです。 「親にバカにされ~」っていうのは左利きだからではなく、 親戚に左利きがいないので、 「ほんとにうちの子!?」みたいに冗談で言われただけで・・・ (親は利き手は遺伝だと思っているため) いやー、まぎらわしいこと書いてスミマセン。

関連するQ&A

  • 右利き?左利き?両利き?

    私事の質問ですが、利き手のことについて知りたいので 回答お願いします。 生まれてこの方、右利きです。 もう10年以上も前の話なんですけれども、 小3の秋に遊具の上から落ちて左腕を骨折をした時に、 主治医の先生に「君左利きでしょ?」と言われた事を思い出しました。 よくよーく考えてみると、 確かに左利き…?と思い当たる部分がありました。 ・箸・ペン・はさみは右。物を投げたり、掴んだりする時はずっと左。 (ドアノブを開ける時はずっと左です) ・中学~高校と体力テストで握力を図った時に左の方が3kg以上右より力があった。 これって私は元々左利きだったっていう事でしょうか? 乱文ですみません><

  • 左利きから右利きへ(あるいは両利き?)

    こんにちは、いつも参考にさせて頂いています。 2歳10ケ月の男児です。 どうやら息子は左利きのようです。 こちらでも色々質問を捜してみまして、別に左から右へ矯正させる必要はない、と多く見ました。 我が家でも主人と話し合った結果、やはり右手が使えるようにしよう、となりました。 主人は専門職です。機器は右仕様ばかりで、左手用はほとんどないそうです。将来子供が自分の就きたい仕事があった時、左利きはできない、となった時にかわいそうなので、将来の選択肢を狭めない為に、右手も使えるようにしてあげたいのです。  今はスプーンやハサミ、ペンなど、左手で使ってたり、使おうとしている時に 手が逆だよ と言うと持ち替えます。  完全の右手へ利き手を変えたいのではなく、せめて右手も普通に使えるようにしたいので、今後どのようにもってゆけば良いでしょうか?  経験のある方、アドバイスお願いいたします。  

  • 左利きで右利き用のギターを弾いていますが、左利き用のギターにするべきでしょうか。

    私は生まれつき左利きなのですが、小さい頃にペンや箸を右手に矯正されているので90%程度の左利きです。 ギターを始めて1年ほど経ちますが最近、右手のピッキングに違和感を感じるようになりました。 左手での押弦はある程度のスピードでできるようになってきたのですが、右手がそれに追いついていかない感覚があるのです。ストロークはときどき空振りしますし、アルペジオでも違う弦を頻繁に弾いてしまいます。これはただ単に修練が足りないだけかも知れませんが、利き手ではない手でのピッキングでの壁にぶち当たっているような気がしないでもありません。 ちなみにですがスポーツは全て左でこなしてきたので手首や指などは右のほうが一回り細いのです。なので、細い指で軽やかに押弦し、力強いリストでストロークをするギタリストを観ると憧れると同時に、自分は左利き用のギターにしたほうがいいのかなと思ってしまいます。 そろそろ新しいギターの購入をしようかと思っているのですが、このタイミングで左利きのギターで一から始めるべきか、それとも右利き用でこのまま弾き続けるべきでしょうか?

その他の回答 (5)

  • 回答No.6
  • hase-
  • ベストアンサー率38% (5/13)

私も左利きですが、鉛筆や箸は右です。 身内には左利きは思い付く限りいないです。よく言われる、指を組んだ時に上に来る方が利き手だというので、家で試したところ、全くの右利きと思っていた(本人も周りも)父が左を上にしてました。昔は矯正されたりしたから本人も気付いていないまま右利きになっていったのかもしれないので、遺伝なのかどうかは良くわからないです。 調べる方法ですが、本能的に使う方が利き手になるのではないですか? 無意識に、何か取ろうとして出た方。 ボールを投げるとか、ふたを開ける時に使う方とか。 ちなみに、私の場合、ボールを投げるのは(ソフトボールの下投げも)左ですが、なぜかボーリングの玉は右で投げてしまいます。 私が考えるに、何か新しく始める時、人のする事を観察してから始めますよね。その時に、右利きの人から教わる方が圧倒的に多いわけで、何も考えずその人の真似をして覚えるのが自然だからなのではないでしょうか? 左、右、と深く考えずに、どちらも同じくらい使えるようにした方がとても便利ですよ。 以前、事故で右手を骨折した時も、左でもお箸を持てるので特に不便を感じた事はなかったです。 左、右どちらも使う事で、脳の刺激にもなってよいそうです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

どうも私の質問文が悪かったせいで誤解を招いてしまったようなのですが・・・ 自分が根本的にどちらが利き手なのか、を知りたいだけで どちらかの手に統一させようってことじゃないんですよ。 今のところ、右手と左手の作業量は同じくらいなので、 いいバランスじゃないかなぁと思ってます。 ご回答ありがとうございました。

  • 回答No.4
  • yossan
  • ベストアンサー率0% (0/1)

これには協力者が必要です。親兄弟、友人で構いません。その人に次のようにお願いして下さい。 あなたの背後にそっと気づかれないように近づき、両肩を同時にポンと軽く叩き、あなたの名前を呼んで下さいと。 普通、人を後ろから呼び止めたりするときどちらか一方の肩を軽くポンと叩いて名前を呼ぶでしょう。これを協力者に両手であなたの両肩をポンとやってもらうわけです。 そのとき、あなたが無意識にどちら向きに振り向くかによって、本能的な利き腕が判ります。 もし、あなたが左肩越しに振り向いたら、あなたは右利きです。その逆であれば左利きということになります。 その理由は、次のとおりです。 人間、誰しも後ろから両肩をポンとやられたら、防御本能が働き、咄嗟に応戦の体勢をとると考えられます。右利きの人は、無意識に左手で相手の攻撃をかわし、利き腕の右手で反撃しようとするので、左方向に振り向くであろうという訳です。昔、学生の頃、試してみましたが、ほぼ的中しました。 試してみて下さい。ただし、本当に応戦してはだめですよ。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

協力者にお願いしてやってみたところ、 違和感無く右肩越しに振り向きました。 ということは左利きなのかな?? こんな判別方法もあったんですね。 ありがとうございました。

  • 回答No.3
  • schi
  • ベストアンサー率38% (7/18)

 必ずしもというわけではありませんが、遺伝的要素もあるのではないかと思います。ただバカにするようなことでは絶対にありませんよ。  私の父は左利きでしたが、子どもの頃矯正されたそうです。ある日突然左腕を胴体に縛り付けられ、その状態で生活させられたとか。かなり抵抗したそうですが、認められずしぶしぶ右手を使うようになったといいます。まあ大昔の話です。父は今では字を書いたりするのは右手(左でも書けます)、テニスや野球などスポーツの時は左手を利き手にしています。  他にも父方のいとこには何人か左利きがいますし、私もその傾向があります。母方の親類には左利きはいないので、遺伝的要素もあるのかなあと思うのです。  ただ私がそれ程強い左利きではなかったようで、教わった通りお箸やペンは右手を使うようになり、雑巾絞りなど部分的に「ぎっちょ」なのは、最初に教えてくれたのが父だったのではないかと思っています。  子どもの頃、自分では(まわりも)ずっと右利きだと信じ込んでいたので、すべて右でやってきました。ボール投げも右、ソフトボールでバッターボックスに龍のも右。ただ全然ボールは飛ばないし、ボールがバットに当たらなかったんです。筋力がなく、運動神経が鈍いせいだとずっと思ってたんです。  大人になって、右手を痛めたこともあって左腕を使うようになったんですが、するとボールは右よりもよく飛ぶし、バットにボールはおもしろいように当たるんです。テニスも違和感なくできました。その時に私は元々の素質は左利きだったんだと思ったんです。そういえば握力も左の方が強かったなあ。  右利き・左利きについては先天的なものに後天的なものが加わって形成されるのではないかと思います。全てをどちらかでする必要も無いと思います。個々のことについて、自分がやりやすい方の手を使えばいいと思うのですが、いかがでしょう。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

自分がやりやすい方の手を使う、っていうのが一番ですね。 私も普段そうしているのですが、 ふとした動作が人と逆だったりすることが多くて、 よく友達に「左利きなの?」って聞かれるんですよ。 その時何と答えたらいいものかと・・・ いちいち「これは右手で、あれは左手で・・・」なんて 説明してられませんし(笑) そこで、簡単な判別方法があれば・・・と思った次第です。 とても参考になりました。 ありがとうございました。

  • 回答No.2
noname#25358
noname#25358

 えとですね。  人間の利き手なんてものは、ケース・バイ・ケースです。なぜなら、どのような作業を行うかによって脳の使用部位が違うからです。  おそらくは隔世遺伝だと思うんですけど……よく分かりません。  ちなみに、利き手の矯正はやってらっしゃらないようでよかったです。矯正は脳に過負荷をかけ、理論上は失語症などの言語障害の併発もありえますから(もっとも、そんな症例は見たことありませんが)。  もし意識しているのであれば、どちらか使いやすい方を優先的に使うようにすればいいと思いますが、たまに逆の手も使ってみるといいと思いますよ。頭の体操といった意味で両利きは非常に有利なので。  左手で鏡文字(左右が逆の字)を書いてみてください。もし書けれたらそれは自慢していいです。脳の左右のバランスが人より優れているということですので。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

利き手の矯正で、言語障害とは・・・ 昔の人は、無理矢理矯正されたとよく聞きますが、 大丈夫だったんでしょうか。 私は無理に矯正されなくて良かったです。 鏡文字は、前にテレビでやった時に試してみたんですが、 漢字も上手に書けました。 自慢できることができて嬉しいです(笑)

  • 回答No.1
noname#1001
noname#1001

私は左利きです。ペンは、文字は右ですが、絵は左です。私も文字を書くのに右で、といううのには抵抗ありませんでしたが、細かい作業には気付かない内に左手を使っていた、という次第です。ギターは両手共に仕事がありますので判別には向かないと思います。私は普通に持ちますし、違和感もありません。 また、私の直系の家族には左利きはいません。遺伝じゃないような気がします。 で、確認の方法ですが、ボール投げが一番わかりやすいと思います。利き腕と逆とでは相当に差があるはずです。投げる動作そのものにも、逆側ではぎこちなさを自覚できると思います。また、身体の正面に小さなボールなどを投げてもらった時に思わず差し出す手が利き手ということも言えると思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

お礼が遅くなってすみませんでした。 文字は左で絵は右、ってこともあるんですね。 ちなみに私は両方右です。 ギターは右利き用と左利き用が別ですよね? だから判別に向かないということはないように思いますが。 ボールを投げるのは、右のほうが上手いと思います。 でも慣れのような気も・・・ あんまり左で投げたことがなかったもので。 例えば左利きの人でも字を書くのは慣れてる右手のほうが 上手いって場合もありますし。 よくわかりませんが。

関連するQ&A

  • 右利きか左利きかを判別したい

    小さい頃から右利きで育ってきましたが、最近になって良く考えるといろいろな事を左手でしていることに気が付きました。鉛筆や箸は右手ですが、力があるのも左だし、者を仕分けたりする作業も全て左手、フタを閉めたりその他細かい事はほとんど左手です。 でもマウスを使ったり字を書くことにはなれていないので右を使っています。 過去の質問もチェックしましたが、手を組んだ時に上になった親指の方が利き手、というのでこれは左手でした。でも腕を組むと、右手が上に来ます・・・ 何かそれ以外に判別の方法はあるのでしょうか。 それと、もしも左利きだった場合に、既に成人になった今からでも文字を左手で練習すれば書けるようになるのでしょうか。ちなみに主人が左利きのため、自分が同じ手で色々な作業をしていることに気が付いたのです。 親は子供の頃矯正させた覚えはないといっていますが、私は直されたような記憶がないわけではありません・・・ どなたかもっと判別方法をご存知の方教えてください。

  • 右利き左利き

    一般的に文字を書くには右利き 箸を持つのも右利きだと思います。 でも現実には左利きの人もいます。 野球でも右投手、左投手がいます。 どうして右利きの人、左利きの人に分かれるのでしゅうか?

  • 左利き→両利き

    私の母は両利き、私は矯正された右利きです。 物を持つときの軸が生まれつき右のかたとは違っていたり、変に不器用だったり^^; 3歳の息子がいますが、周りの方から「左利き?」と聞かれるくらい何でも左でします。ご飯も左、指しゃぶりも左、書くときも左、ボール投げも左、などなど・・・。 私も夫も左利きであっても矯正するつもりはありません。 ただ、「どうせなら両方使えたほうが便利いいのでは?」何て欲張りな希望があります^^; 右手への矯正ではなくて、両方使えるようにするにはどうしたらいいか教えてください☆ もちろん本人が嫌がれば無理強いさせるつもりはありません。

  • 右利き?左利き?

    小さい頃は左利きだったらしく、箸と鉛筆は右に変えられました。 それから右と左で使い分けてます。 右手は箸・鉛筆・編み物・野菜の皮剥き・バレーボール部だったのでスパイク・ボール投げ(バドや卓球はどっちも。ボーリングは左) 左手は包丁やハサミ・裁縫・コップやタバコ持つのも左・お酌 などです。 よく 左利き?と聞かれるんですが、この場合はどっちなんでしょう‥。

  • 字を書くことについて(右利き・左利き・両利きの方お願いします)

    私は左利きなのですが、小さい頃にお箸と鉛筆は右に矯正されました。 で、今悩んでいるのは字が汚いって事なんです。 書いてるうちに手がすぐ疲れ、もうどうでも良くなる感じというか・・・(^^;日記みたいな長文を書くとかもうありえません。新学期なども新しいノートの1ページ目は丁寧に書くのに、あとはもう・・・。汚くて読めないというより、変なクセのようなものがあり、どうやっても直らず自分の字が嫌いです。 これってやっぱり無理やり右に強制されたからなのかな?と思うんです。右で書いてると、なんか微妙な不自由さと言うか思い通りに動かない感じがします。かといって、今更左では書けません(完全に右利きの人が左で書くよりは、読める程度ですが・・・)。 ちなみに、小さい頃から鉛筆の持ち方が悪いです。人前では気をつけてますが、正しい持ち方をすると上手くコントロール出来ずに、グチャグチャな字になり、手に力が入りすぎて余計疲れます。が、左で鉛筆を持ってみると、自然に正しい持ち方になるので不思議です。 ここでみなさんに伺いたいのは、 ★右利きの人には「時を書くときにすぐ疲れて汚くなりますか?」「長文も苦なく書けますか?」 ★左利きで矯正された方には「私と同じようなことがありませんか?」「鉛筆は正しく持てますか?」 です。 字を上手く書くコツもあれば教えていただきたいです。質問とアンケートの中間のような書き込みですみませんが、よろしくお願いします。

  • 左利きの矯正

    お世話になります。 私は左利きで、箸と筆記は左を使っているのですが、最近たまに自分の利き手と逆の手を使う方が良いという話を聞いたので、あえてマウスは右を使っています。しかし、左利き矯正はあまり良くないという話を最近聞いて、やはり左利きは故意で右を使うべきではないと思うようになりました。実際たまに右手を使う事は脳の活性化にはならないのでしょうか。

  • 私は右利きですか、左利きですか?

    私は右利きですか、左利きですか? 現在高校1年生です。 私はまだ小さい頃に左利きを右利きに矯正させられました。小学生までは大抵のことを右手でやっていたと思います。 しかし、中学生になったばかりのころ体育で右の人差し指を骨折してしまい、部活のテニスは左手でラケットを持つようになり、それから色々なことを左手でやるようになりました。 ペンやお箸、歯ブラシは右で、それ以外は大体が両手か左手です。左手でも出来るけど右手より苦手、というようなこともあります。 私は何利きなのでしょうか?

  • 子どもの左利きの矯正と個性について

    はじめまして、こんにちは。 質問したい事は左利きの矯正についてです。 僕は左利きの学生です。 日常生活なら多少不便でもそんなに困る事は無いのですが、横書きをしたり(特に数学の問題を解く場面)など勉強する時には不便だなと感じることが多いです。 テストとかどうにかならないのか!と思ったこともあります(解答欄右なので見にくい、あれで時間同じと言うのはどうかな・・・と) 学校での習字もやりにくいですよね。(小学校時代も右で書くように強制はされませんでしたが勧められました) 母親も左利きで箸とペンは右に矯正されました。その事について母親に尋ねてみた所、矯正されたという記憶は無いそうで、これといって後遺症の様な物はないみたいです。 ですが、僕が左利きである事が分かっても直そうとはしませんでした。両親も様々な所に相談したが「今は直す時代じゃないし、悪影響もあるからするべきでない」と言う様なアドバイスを受けたり、母親が実際に左利きでもそれ程不便でないという事で直されずに自分は今まで左での生活を送ってきました。 幸い左利きを周囲に悪いと言われた記憶も無く、祖母(母の母)は母親に箸とペンは右手を使わせたのは学校で勧められたからだそうで、左利きを悪いとは一回も言ったことがありません。祖父(右利き)は「左利きをいじるのは脳に影響があるから良くない」という考えでむしろ左利き矯正には反対です。なので幼少期に周りに何か言われてストレスを感じることが無かったのは幸いだったと思います。 親戚を見回しても左利きは母親と僕くらいしかいないはずです。 しかし、実用的に不便な事には変わりません。 「横書きとかやりにくい事を直すかどうか考える時に考えなかったのか」と親に聞いたら「気がつかなかった」と言ってました。矯正をしない方がいいという事に偏って、不便な面をあんまり考えなかったようなのです。 母親も左利きであっても書くのは右です。はさみとか裁縫とかそういう類の事を指して「左でも不便でない」と母親は言ったのでしょうが、自分とは不便を感じる状況が違います。 正直そういうのは勘弁してほしいです。「子どもの為には直さない方がいい」とか考えたんでしょうが、自分から言わせて貰えば勝手に決め付けないで欲しかったと思います。確かに僕は本来左利きで左手を使う方が自然である事は確かですが、別に右手を使おうとして小さい時から使っていれば今変えるよりもずっと楽に出来てたはずです。「左利きだけど箸・ペンは右」の方は大勢いらっしゃるはずです。母親も現にそうです。もし自分で選ぶことが出来たら少なくともペンは右を選んでいると思います。(箸は後からでもどうにかなりますが、ペンは今やっていますがキツいです、実用的なレベルには遠いです) 矯正しないという判断は正直自分の両親の自己満足にも思えます。 子どもの個性を尊重にする事も大事だと思うのですが、そのせいで不便な思いをする事もちゃんと考えて欲しかったと思います。個性を重視することがいつも大事なんでしょうか? もう少し色々な物が左利きに優しいとありがたいですが、少数派なんである程度は仕方ないですし、僕自身が合わせて暮らしていく努力も必要だと考えています。 矯正の影響でどもりになった友人もいますし、様々な問題(左右の混乱、トラウマ)が起こる事があるのも承知していますが、別に右手を使わせるからと言って必ずしも問題が生じるとも限らないと思います。問題なく普通に暮らしている人も多いかと思います。 一概に左のままでいいと言う最近の風潮はどうなのかな~と考えさせられました。 (今の同級生でも矯正された人はいますよ) もし右手を使うようにさせられていたらどこか問題が出ることもありえますし、人生が変わっていたかもしれないから正直されない方が良かったかも・・・と考えられなくないのですが、なんでもかんでも左を使ってる訳じゃないですし、逆に右でないと出来ないと言うような事もあるので、「書く事もやれば問題なくできたんだろうな」と思うところはあります。 この質問文についてどう思われますか? 様々な方から解答を頂けるとありがたいですし、助かります。 最後に自分の「利き~」について書いておきます 包丁、針など→左 ボールを投げる、野球の打席、テニス、はさみ、マウスなど→右 箸→左だったが練習して右でもそれなりに使える(不自然ではないそうです) ペン→左だが右で書く練習中(主に横書きで) フォーク・ナイフは右利きの方と同じ持ち方です バドミントン→下手ですが両手でいけます 利き足→右 利き目→右 (矯正という言葉が不適切である事や、利き手そのものを変える事と右手を使えるようにする事は別という事は認識しています、表現が良くない部分もあると思いますが許してください)

  • 子どもの左利きの矯正と個性について

    はじめまして、こんにちは。 質問したい事は左利きの矯正についてです。 僕は左利きの学生です。 日常生活なら多少不便でもそんなに困る事は無いのですが、横書きをしたり(特に数学の問題を解く場面)など勉強する時には不便だなと感じることが多いです。 テストとかどうにかならないのか!と思ったこともあります(解答欄右なので見にくい、あれで時間同じと言うのはどうかな・・・と) 学校での習字もやりにくいですよね。(小学校時代も右で書くように強制はされませんでしたが勧められました) 母親も左利きで箸とペンは右に矯正されました。その事について母親に尋ねてみた所、矯正されたという記憶は無いそうで、これといって後遺症の様な物はないみたいです。 ですが、僕が左利きである事が分かっても直そうとはしませんでした。両親も様々な所に相談したが「今は直す時代じゃないし、悪影響もあるからするべきでない」と言う様なアドバイスを受けたり、母親が実際に左利きでもそれ程不便でないという事で直されずに自分は今まで左での生活を送ってきました。 幸い左利きを周囲に悪いと言われた記憶も無く、祖母(母の母)は母親に箸とペンは右手を使わせたのは学校で勧められたからだそうで、左利きを悪いとは一回も言ったことがありません。祖父(右利き)は「左利きをいじるのは脳に影響があるから良くない」という考えでむしろ左利き矯正には反対です。なので幼少期に周りに何か言われてストレスを感じることが無かったのは幸いだったと思います。 親戚を見回しても左利きは母親と僕くらいしかいないはずです。 しかし、実用的に不便な事には変わりません。 「横書きとかやりにくい事を直すかどうか考える時に考えなかったのか」と親に聞いたら「気がつかなかった」と言ってました。矯正をしない方がいいという事に偏って、不便な面をあんまり考えなかったようなのです。 母親も左利きであっても書くのは右です。はさみとか裁縫とかそういう類の事を指して「左でも不便でない」と母親は言ったのでしょうが、自分とは不便を感じる状況が違います。 正直そういうのは勘弁してほしいです。「子どもの為には直さない方がいい」とか考えたんでしょうが、自分から言わせて貰えば勝手に決め付けないで欲しかったと思います。確かに僕は本来左利きで左手を使う方が自然である事は確かですが、別に右手を使おうとして小さい時から使っていれば今変えるよりもずっと楽に出来てたはずです。「左利きだけど箸・ペンは右」の方は大勢いらっしゃるはずです。母親も現にそうです。もし自分で選ぶことが出来たら少なくともペンは右を選んでいると思います。(箸は後からでもどうにかなりますが、ペンは今やっていますがキツいです、実用的なレベルには遠いです) 矯正しないという判断は正直自分の両親の自己満足にも思えます。 子どもの個性を尊重にする事も大事だと思うのですが、そのせいで不便な思いをする事もちゃんと考えて欲しかったと思います。個性を重視することがいつも大事なんでしょうか? もう少し色々な物が左利きに優しいとありがたいですが、少数派なんである程度は仕方ないですし、僕自身が合わせて暮らしていく努力も必要だと考えています。 矯正の影響でどもりになった友人もいますし、様々な問題(左右の混乱、トラウマ)が起こる事があるのも承知していますが、別に右手を使わせるからと言って必ずしも問題が生じるとも限らないと思います。問題なく普通に暮らしている人も多いかと思います。 一概に左のままでいいと言う最近の風潮はどうなのかな~と考えさせられました。 (今の同級生でも矯正された人はいますよ) もし右手を使うようにさせられていたらどこか問題が出ることもありえますし、人生が変わっていたかもしれないから正直されない方が良かったかも・・・と考えられなくないのですが、なんでもかんでも左を使ってる訳じゃないですし、逆に右でないと出来ないと言うような事もあるので、「書く事もやれば問題なくできたんだろうな」と思うところはあります。 この質問文についてどう思われますか? 様々な方から解答を頂けるとありがたいですし、助かります。 最後に自分の「利き~」について書いておきます 包丁、針など→左 ボールを投げる、野球の打席、テニス、はさみ、マウスなど→右 箸→左だったが練習して右でもそれなりに使える(不自然ではないそうです) ペン→左だが右で書く練習中(主に横書きで) フォーク・ナイフは右利きの方と同じ持ち方です バドミントン→下手ですが両手でいけます 利き足→右 利き目→右 (矯正という言葉が不適切である事や、利き手そのものを変える事と右手を使えるようにする事は別という事は認識しています、表現が良くない部分もあると思いますが許してください)

  • 子どもの左利きの矯正と個性について

    はじめまして、こんにちは。 質問したい事は左利きの矯正についてです。 僕は左利きの学生です。 日常生活なら多少不便でもそんなに困る事は無いのですが、横書きをしたり(特に数学の問題を解く場面)など勉強する時には不便だなと感じることが多いです。 テストとかどうにかならないのか!と思ったこともあります(解答欄右なので見にくい、あれで時間同じと言うのはどうかな・・・と) 学校での習字もやりにくいですよね。(小学校時代も右で書くように強制はされませんでしたが勧められました) 母親も左利きで箸とペンは右に矯正されました。その事について母親に尋ねてみた所、矯正されたという記憶は無いそうで、これといって後遺症の様な物はないみたいです。 ですが、僕が左利きである事が分かっても直そうとはしませんでした。両親も様々な所に相談したが「今は直す時代じゃないし、悪影響もあるからするべきでない」と言う様なアドバイスを受けたり、母親が実際に左利きでもそれ程不便でないという事で直されずに自分は今まで左での生活を送ってきました。 幸い左利きを周囲に悪いと言われた記憶も無く、祖母(母の母)は母親に箸とペンは右手を使わせたのは学校で勧められたからだそうで、左利きを悪いとは一回も言ったことがありません。祖父(右利き)は「左利きをいじるのは脳に影響があるから良くない」という考えでむしろ左利き矯正には反対です。なので幼少期に周りに何か言われてストレスを感じることが無かったのは幸いだったと思います。 親戚を見回しても左利きは母親と僕くらいしかいないはずです。 しかし、実用的に不便な事には変わりません。 「横書きとかやりにくい事を直すかどうか考える時に考えなかったのか」と親に聞いたら「気がつかなかった」と言ってました。矯正をしない方がいいという事に偏って、不便な面をあんまり考えなかったようなのです。 母親も左利きであっても書くのは右です。はさみとか裁縫とかそういう類の事を指して「左でも不便でない」と母親は言ったのでしょうが、自分とは不便を感じる状況が違います。 正直そういうのは勘弁してほしいです。「子どもの為には直さない方がいい」とか考えたんでしょうが、自分から言わせて貰えば勝手に決め付けないで欲しかったと思います。確かに僕は本来左利きで左手を使う方が自然である事は確かですが、別に右手を使おうとして小さい時から使っていれば今変えるよりもずっと楽に出来てたはずです。「左利きだけど箸・ペンは右」の方は大勢いらっしゃるはずです。母親も現にそうです。もし自分で選ぶことが出来たら少なくともペンは右を選んでいると思います。(箸は後からでもどうにかなりますが、ペンは今やっていますがキツいです、実用的なレベルには遠いです) 矯正しないという判断は正直自分の両親の自己満足にも思えます。 子どもの個性を尊重にする事も大事だと思うのですが、そのせいで不便な思いをする事もちゃんと考えて欲しかったと思います。個性を重視することがいつも大事なんでしょうか? もう少し色々な物が左利きに優しいとありがたいですが、少数派なんである程度は仕方ないですし、僕自身が合わせて暮らしていく努力も必要だと考えています。 矯正の影響でどもりになった友人もいますし、様々な問題(左右の混乱、トラウマ)が起こる事があるのも承知していますが、別に右手を使わせるからと言って必ずしも問題が生じるとも限らないと思います。問題なく普通に暮らしている人も多いかと思います。 一概に左のままでいいと言う最近の風潮はどうなのかな~と考えさせられました。 (今の同級生でも矯正された人はいますよ) もし右手を使うようにさせられていたらどこか問題が出ることもありえますし、人生が変わっていたかもしれないから正直されない方が良かったかも・・・と考えられなくないのですが、なんでもかんでも左を使ってる訳じゃないですし、逆に右でないと出来ないと言うような事もあるので、「書く事もやれば問題なくできたんだろうな」と思うところはあります。 この質問文についてどう思われますか? 様々な方から解答を頂けるとありがたいですし、助かります。 最後に自分の「利き~」について書いておきます 包丁、針など→左 ボールを投げる、野球の打席、テニス、はさみ、マウスなど→右 箸→左だったが練習して右でもそれなりに使える(不自然ではないそうです) ペン→左だが右で書く練習中(主に横書きで) フォーク・ナイフは右利きの方と同じ持ち方です バドミントン→下手ですが両手でいけます 利き足→右 利き目→右 (矯正という言葉が不適切である事や、利き手そのものを変える事と右手を使えるようにする事は別という事は認識しています、表現が良くない部分もあると思いますが許してください)

専門家に質問してみよう