• 締切済み
  • 暇なときにでも

mp3ファイルをサンプルレート変換するためにsox

を使ったのですが [root@fx8120 192.168.2.7]# sox kazegahuiteiru.mp3 -c 2 -r 44100 -2 kazega.mp3 sox FAIL formats: no handler for file extension `mp3' [root@fx8120 192.168.2.7]# とエラーになりました soxがmp3に対応していなかった様です どうしたらsoxがmp3に対応できるようになるでしょうか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数1432
  • ありがとう数2

みんなの回答

  • 回答No.2
  • yakan9
  • ベストアンサー率54% (2095/3879)

> OSはFedora14です > fedoraではlibsox-fmt-mp3はないのでだめみたいです まず、Fedora14に対してどんな操作をしてきたのかの記載がないと、 それはちゃんとやってます。 と言った情報開示がないことです。 質問で、Fedora14の記載もなかったし、他の回答の補足で分かったくらいですから。 一般的なことだけを記載します。 > sox kazegahuiteiru.mp3 -c 2 -r 44100 -2 kazega.mp3 まず、コマンドのフォマットがだめですと言われているのに対し、どう対処したか。 man sox と入れて、「コマンド説明」を読んでみましたか。 soxコマンド関係のアプリケーションはインストールされていますか。 「ソフトウェアの追加と削除」で、 soxで検索をかけてどの程度インストールされていますか。 mp3で検索をかけてどの程度インストールされていますか。 これら必要なものらしいといったものをインストールしていますか。 当方は、Fedora17のため正確な記載は避けます。 sox sox-devel tablib : Audio Meta-Data Library 等が少なくともインストールされている必要があると思いますけど。 りました

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ソースをDLしてインストールしようとしましたがエラーとなりできませんでした 今回はsoxの使用を断念します 将来またチャレンジするかもしれません

質問者からの補足

回答ありがとうございます sox-develはソフト開発用ツールだと思っていたので sox以外の*-develと同様にインストールはしていませんでしたが sox-develを今回初めてストールしたました [root@fx8120 192.168.2.7]# yum list mp3* 読み込んだプラグイン:langpacks, presto, refresh-packagekit Adding ja_JP to language list インストール済みパッケージ mp3gain.x86_64 1.4.6-6.fc11 @rpmfusion-free [root@fx8120 192.168.2.7]# yum list sox* 読み込んだプラグイン:langpacks, presto, refresh-packagekit Adding ja_JP to language list インストール済みパッケージ sox.x86_64 14.3.2-1.fc14 @updates sox-devel.x86_64 14.3.2-1.fc14 @updates 利用可能なパッケージ sox.i686 14.3.2-1.fc14 updates sox-devel.i686 14.3.2-1.fc14 updates [root@fx8120 192.168.2.7]# yum list tablib 読み込んだプラグイン:langpacks, presto, refresh-packagekit Adding ja_JP to language list エラー: 表示するパッケージはありません [root@fx8120 192.168.2.7]# sox kazega.mp3 -c 2 -r 44100 -2 kazegax.mp3 sox FAIL formats: no handler for file extension `mp3' [root@fx8120 192.168.2.7]# のように検索は質問前に散々やっています ひょっとしたら最悪soxのソースからのコンパイルをしなければならないのかもしれません よろしくお願いします

  • 回答No.1
  • vaidurya
  • ベストアンサー率45% (2712/5978)

そもそも、Linuxのことをまともに理解していないように見えるので 根本的なところを説明しておきます。 Linux系OSやFreeBSDなどのオープンソースのソフトウェアでは 無駄な開発コストを避けることが多く、ライブラリー化されたソフトウェアの共用や 他のソフトウェアを呼び出すといったことが盛んに行われています。 そのため、非常に多くのアプリケーションをインストールしているにも関わらず 5GB程度のHDD消費に収まったりします。 (Windows用ソフトは、プロプライエタリーなものが多く、同じ目的のために 個別に独自開発したソフトが使われることが多く、HDD消費が大きくなりやすくなります) soxやffmpegのようなソフトは、基本的なソフトウェアの構成があり それと組み合わせられるライブラリーなどがあります。 最小構成であれば、特定の形式のデータしか扱えないように作り 他のライブラリーも、一部しか利用できない場合があります。 こういったソースコードから、実際の配布されるバイナリパッケージを作る工程は 個々のLinuxディストリビューションが、方針や志向に基づいてそれを行ないます。 そのため、ソフトウェアによっては、Linuxのディストリビューションによって あるソフトで、ある作業をやるための、最小の手順は一定ではありません。 ですから、必要な情報が揃わなければ、的確な判断はできませんし そういった事情を理解していれば、あとは、必要な調べ方を学ぶことで 問題を自分で解決することができます。 たとえば、Ubuntu12.04LTSでは、soxはMP3対応でビルドされていて 多分標準でsox本体はインストールされています(うちは、入れた覚えが無いけど入ってた) あるいは何かの依存関係の都合でインストールされるのですが… sox自体は、MP3を使うためのパッケージに依存しませんから、MP3非対応状態になっています。 UbuntuなどのDebian GNU/Linux系のディストリビューションであれば apt-cache search soxでsoxと関係するパッケージが一覧されます。 で、その中にlibsoxで始まるいくつかのパッケージがあるので dpkg -l libsox* (先頭部分の後にアスタリスクを付けて指定)を行なうと、該当するパッケージが一覧され その中でバージョン項が<none>になっているものは、インストールされていません。 その中で、それらしいものを追加インストールすれば ビルド段階で有効になっている形式は扱えるようになるはずです。 こういったライブラリーパッケージは、ディストリビューションによって あるいは時期によって、構成やパッケージ名が違うことも多いので 実際に調べてみないとわかりません。 CentOSやFedoraなどでは、Debian系ではないので 操作はいろいろと違いますし、パッケージ構成も違うと考えられます。 なお、LinuxやMacOSXを含むUNIX系のOSでは 音楽データの変換のような作業をroot権限で行なうのは非常識とされます。 操作ミスや、バグによってシステムを破壊するリスクが伴うためです。 また、Ubuntuでは通常rootログインできませんから 使っているのがUbuntuじゃないだろうということはわかりますが 私がRedHat系を久しく扱っていないのであしからず。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ubuntuでは sudo apt-get install libsox-fmt-mp3 でよいようですが fedoraではlibsox-fmt-mp3はないのでだめみたいです

質問者からの補足

詳しい回答ありがとうございます OSはFedora14です よろしくお願いします

関連するQ&A

  • mp3ファイルのサンプルレートの変換について教えてください。

    mp3ファイルのサンプルレートの変換について教えてください。 サンプルレートが44.1kHzよりも小さいmp3ファイル(ラジオを録音したもの。入手元はバラバラなので、エンコード方法などのバラバラ)がいくつか手元にあります。 これを携帯電話で再生したいのですが、私の携帯電話のプレイヤーはサンプルレートが44.1kHzのファイルしか対応していないので、サンプルレートが44.1kHzになるように変換しました。変換にはCDexを使いました。 そしていくつかのファイルは狙い通り変換できて、PCでも携帯電話でも再生できました。 しかし中には同じ様にCDexで変換しても、再生すると内容が聞き取れないほど早送りした音声になってしまうファイルがあります。PCで再生しても携帯電話で再生しても症状は同じです。 (先頭の数秒間は通常のスピードなのですが、数秒後に早送り再生が開始します。当然、変換する前のファイルは、ちゃんとPCで再生できるものです) 試しにCDexでなくRipAudiCOというツールを使って変換したり、wavファイルに変換してみたりしたのですが、何度やっても早送りしたファイルが出来上がってしまいます。 どなたかこの現象の回避方法を教えてくださいm(__)m

  • wmaとmp3

    近頃mp3再生可能なCDポータブルプレイヤーを購入しましたが、wma形式には対応していないので、フリーソフトでwmaをmp3に変換をしてCDRにデータファイルとして保存したものを再生しようとした所、「No File」と読み込みできません。 CDプレイヤーはソニーCD Walkman D-CJ01というもので、変換したソフトはRip!AudiCOというフリーソフトです。 wmaファイルをmp3に変換してCDプレイヤーで聞くための改善策、方法を教えてください。よろしくお願いいたします。

  • MP3のサンプルレート

    iTuneでダウンロードしたMP3の音楽のビットレート、サンプルレートの変更を行うことはできますか? ダウンロードしたものがカーナビで対応しているレートと異なっていたため、変更したいのですが・・・。 どなたかご教授ください。 お願いします。

  • mp3ファイルのサンプルレートの変更

    mp3ファイルのサンプルレートを変更できるソフトはありますでしょうか? 11kHzから44kHzに変更したいのですが。

  • mp3のレートを変換したい

    mp3の160kbpsの音声データーが、DVD内にあるのですが、 これを44.1もしくはそれ以下のmp3ファイルに変換したいのですが、 費用かからずやれる方法はありますか?

  • MP3のサンプルレートの変更法は?

    フリー素材として公開されているオリジナルMP3ファイルを使いたいのですが、22.05kHz,56kbpsステレオになっています。(オリジナルのムービーのBGMに使いたい) しかし、ムービーを作るソフトのほうで44.1kHz,48kHzのMP3にしか対応していないようです。 調べたところサンプルレートというものじゃないかと思いますが、変更はできませんか。 22.05を44.1または、48に変更する方法はありますか。 何かフリーソフトなどでできるのであれば教えてください。

  • iTunesでのMP3->AAC変換時のサンプルレート

     最新版のiTunesを使用して、CDの曲などをビットレート128kbps未満のAACファイルに変換すると、サンプルレートが自動的に32,000kHzになってしまいます。  以前から容量削減のため64kbpsで変換していたのですが、そのときはインポート設定のサンプルレートの項目を「自動」に設定していても、44,100kHzで変換できました。  ですが、バージョン7.4になってから、最新版の7.5でも、設定でサンプルレートを「44,100kHz」に設定していても、32,000kHzで変換されるようになってしまいました。  バージョン7.4以降、「128kbps未満のAACファイルに変換する際は、サンプルレートは32,000kHz以下」というような仕様になっってしまったのでしょうか。  iTunesでAACに変換する場合に、64kbpsと44,100kHzを両立する方法はありますでしょうか。  また、iTunesでそれができないのなら、それを実現するのにオススメのソフトなどはありますでしょうか。  ご回答よろしくお願いします。

  • fedora18でディスプレイマネージャを変更する

    ために http://docs.fedoraproject.org/ja-JP/Fedora/18/html/Release_Notes/sect-Release_Notes-Changes_for_Desktop.html 記述の 3.1.1.2. systemdはディスプレイマネージャー管理 ディスプレイマネージャーを変更するために、/etc/sysconfig/desktop ファイルを編集するのは、もう行われません。代わりに、systemctl enable --force displaymanager.service を使って、お好みのインストール済みのディスプレイマネージャーを有効にして下さい。 に従って systemctl enable --force displaymanager.service を実行してみると [root@fx8350 ~]# systemctl enable --force displaymanager.service Failed to issue method call: No such file or directory [root@fx8350 ~]# となりディスプレイマネージャを変更することができませんでした どうすれば良いのでしょうか?

  • オーディオサンプルレートの変換

    Rip!AudiCO FREEを使っています。 サンプリングレートを44.1にすることはできたのですが、 音を聞いてみたら、元の音より半音下がってすこし遅くなっているんです(´・ω・`) どうしたら元の音になるか教えてください! お願いします。

  • オーディオサンプルレートの変換

    ラジオをパソコンで録音しました。携帯プレーヤーで聞くために、出来るだけファイルサイズを小さくしたいと思っています。 とりあえずビットレートを下げてモノラルにする方法は分かりました。次にサンプルレートを下げる方法を知りたいのですが、教えてください。フリーソフトを使う方法でお願いします。(ファイルはwave形式で保存してあり、最終的にmp3に圧縮するのが前提です。) またサンプルレートを下げることで音はどのように変化しますか?ラジオ音源ですので、低音や高音などのいわゆる音質良し悪しはあまり問題ではないのですが、雑音が入ったり、露骨に音がゆがんだりして聞きにくくなるようなことはあり得ますか?