-PR-
締切済み

生命保険の税金について

  • すぐに回答を!
  • 質問No.78715
  • 閲覧数88
  • ありがとう数15
  • 気になる数0
  • 回答数2
  • コメント数0

お礼率 16% (11/68)

契約者が父で、被保険者が父、受取人が母です。生命保険にはいっていましたが、先日亡くなりました。この場合、母にはどれくらいの相続税がかかるのでしょうか。ちなみに、父には不動産もありませんし、預貯金も少ししかありません。
どれくらいの税金か心配です。
通報する
  • 回答数2
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

回答 (全2件)

  • 回答No.1
レベル10

ベストアンサー率 17% (32/187)

相続税は
   基礎控除 5000万円+相続人1人につき1000万円
までは非課税です。
   妻と子1人なら  5000+(2×1000)=7000万円
   さらに配偶者特別控除が1億6千万円まであります。
そして生命保険金はさらに別枠で法定相続人1人につき500万円
あります。
   前例なら生命保険金は1000万円が非課税になります。


  • 回答No.2

法定相続人が相続する遺産の額に、生命保険金を加算した額が、相続税の非課税限度を超えていなければ、全員に相続税はかかりません。

具体的には、法定相続人1人当たり1000万円と定額分5000万円が相続税の非課税限度です。
相続人が2名の場合は7000万円が非課税限度額です。

遺産金額+保険金が非課税限度額以内なら、相続税は誰にもかかりません。
非課税限度額を超えた場合は、お母さんを含む相続人それぞれに相続税が課税されますから、10ケ月以内に相続税の申告をすることが必要になります。
このQ&Aで解決しましたか?
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A
-PR-
-PR-
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


専門家があなたの悩みに回答!

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ