• 締切済み
  • すぐに回答を!

詳しい方教えて下さい!

家を新築する予定なのですが、今3社に絞って検討中です。3社というのは東日本ハウス・セキスイハイム(木質系)・地元工務店、です。主人は耐震性がある家か、後々補修費用がなるべくかからない家かどうかを重きに置いて考えているようで、私は2点に加えて生活導線を考えた作りにできるか、掃除しやすいかを考えに入れている所です。 それでお聞きしたいのは東日本ハウスのグッドストロング工法と、セキスイハイムの2×6木質パネル工法、どちらが耐震性があるか、なのです。工法に詳しい方、あるいはどちらかのHMで建ててらっしゃる方教えて頂けないでしょうか。

noname#176267
noname#176267

共感・応援の気持ちを伝えよう!

みんなの回答

  • 回答No.5
  • kamapan
  • ベストアンサー率41% (99/236)

「構造用合板」と「コンパネ(コンクリートパネル:つまり型枠)」 の違いが分からない様では「正しい回答」になりませんよ! 「重量鉄骨」で、個人規模の住宅を作るのは “おそらく日本だけでしょうね!”かなり変わってる。 元々「鉄鋼石」も溶かす為の「石炭」も全て輸入している国が 「重量鉄骨」が良い!と言うのは”自滅行為”ですよ。 自分の国の山には、使うべき「木材」が豊富にあるのに 「輸入木材」に依存したり、全部が輸入の「鉄」をありがたがったり このままでは「貿易赤字が慢性化」してしまいます。 どうやって、この国の中の「産業」を今以上に活性化して 「雇用」に繋げていけるのか? ここを真剣に考えていないと、自分の「雇用」も怪しくなります。 「耐震性能」とは? ”地震の力の大きさ”と”地震の加速度”と ”揺れる方向”と”固有周期(建物の共鳴する揺れ方)” の全てが関係します。 ※東日本大震災の時に、震源から遠く離れた「超高層ビル」が 揺れたのは建物の”固有周期”とピッタリ合ってしまったからです。 逆に阪神淡路大震災の時に「木造の住宅」が多く壊れたのも ”固有周期”に合ってしまったからです。 ちなみに「縦揺れ」では家は壊れません! 元々「垂直荷重」を受け持つのが、建物の「役割」ですから ”縦に揺れる力にはとても強いのです!” つまりどの様な「構造」の建物であっても“盤石では無い!” と言えるのです。 更に”重量が軽い”「木造」や「鉄骨造」の場合には 「風の影響(風圧力)」が地震力を上回る可能性もあるので 注意してください。 「構造」は得意な分野では無いので、「断熱性能」について 書いておきますが、どのHMの「高断熱」とは言えない メーカーだと言えます。 「高断熱・高気密」で“暖かい家”をお求めならば 「再質問」でお願します。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.4
  • siro23
  • ベストアンサー率26% (38/146)

構造躯体に構造用合板を貼るメーカーはどうなんだろうと思う。 確かに新築時の耐震性は高いよ、でもコンパネなんかは20年くらいで分離してくるのさ。 接着剤の寿命なんだからどうにもならないんだよ。 国も100年住宅って言ってるけど出来ないことを言ってるって分からんのかな? 大まかに言うと100年持たすには、テレビのビフォーアフター状態にしてコンパネ(構造用合板)を張り替える事を3回する。 みたいな事を言ってるのさ。 何年住みたいのかによって意見が違ってくると思うよ。 重量鉄骨はダメなんかな? 5m×10mの2階建てなら部屋内に柱無しで大空間取れるし、後からの間取り変更も簡単にできる。 コンパネを貼らなくて倍率が取れるから木質系みたいに分離してきた、みたいなことはないよ。 設計事務所に頼むと思うんだけど住宅メーカーみたいに聞いたことがない鉄工所が出てくると思う。 図面どうりにしてれば大丈夫よ。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.3
  • yasuto07
  • ベストアンサー率12% (1343/10622)

私なら、地元の工務店を選びます、土地のことを知っていますからね、デベロッパーは見てくれと、高いだけです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.2
noname#184079
noname#184079

メーカーのHPは参照しました? グッドストロング工法 http://www.higashinihon.co.jp/topics/goodstrong/ 家の壁の耐震構造+制震パネル この2つで地震の時の家への負荷を軽減させ耐久性を高めているようです。 木質パネル工法 かなり一般的であり且つ費用に対して適度の耐震性のある構造で作られるようです。 家屋の構造にに対してほぼ壁だけで家のに掛かる負荷と地震への耐震を持つように作られている。 つまりは壁が柱の役割も担っていると言う考えでいいでしょうね。 耐震:家屋への負荷を材質や骨組みの構造だけで分散させたり、耐久性を上げたもの。 制震(機能):地震のエネルギーが家屋へ直接伝わらないよう軽減させる、又は上と組み合わせダメージを最小限に抑える。 免震:地震によるエネルギーを地盤から家屋に伝わる前に、基礎部分とに特殊な機能を持たせて、エネルギーを吸収する又は別の形で逃がしてしまう。 私は素人さんなので、他に詳しい方がいればそちらを参考に。 ちなみに調べたところ、直下型地震に対しては上の2つは最大限の効果を発揮できない場合があるようです。 さらに地盤の液状化現象に対しては何の役にも立ちません。 まずは地盤が埋立地でないか、盆地跡ではないかなどを先に調べる事が良いかもしれません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1

耐久性はパネル工法よりも軸組み工法の方が高いですよ。 ただし、良質な木材を使用して建築し、建築後にも乾燥を維持した場合です。 木質パネル工法は新築直後の耐震性が高いのは嘘ではありませんが、築30年、築40年の耐震性は測定したことがありません。 木造の軸組み工法でキチンと建てられた日本建築は50年、100年経った建築物でも東日本大震災に耐えたのは有名な話です。 資金に余裕があれば、キチンとした木造軸踏み工法で100年後の子孫に住宅資産を継承して揚げるのが理想ですね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • セキスイハイムの家

    セキスイハイムの家で鉄骨系と木質系ではどちらが暖かいのでしょうか?また耐震性はどちらがよいでしょうか? セキスイの鉄骨系はウオームエアリーといって床下に蓄熱暖房機を入れ家全体を暖めるそうです。 住宅メーカーとしてのセキスイハイムはどうでしょうか?

  • 築14年の住宅の基礎に耐震性がなく、建て直しや補強など費用がかかるので困っています。

     築14年の2世帯住宅ですが、同居の母が亡くなったので1世帯用に改修をしようと思い、知り合いの建築士さんに見ていただいたところ、基礎がブロックで2m積んであり、耐震性がないので、大がかりな補修か立て替えが必要と言われました。設計図だと鉄筋コンクリートの基礎のようですが、狭い土地にむりやり2世帯にしたため、地下も作っておいたら便利と工務店にいわれ、2mほどの高さで総堀の地下室を作りました。当時は建坪率など違反していました。でも、耐震性のない基礎(接合部分も)になっているとは、まったく知りませんでした。工務店も悪意があったようではなく、地下室を活用していくために、ブロックのほうが便利との考えだったのかもしれませんが、多額の経費がかかるので腑に落ちません。このような場合、工務店に責任はないのでしょうか。責任を問えないのでしょうか。また、耐震補修は平成6年当時の基準程度まであげてもらう程度では、大きな地震に耐えられないのでしょうか。

  • 蔵のある家について

    こんにちは。 住宅の建築を考えている者です。 現在、Mホームのような蔵のある住宅を 希望していますが、そこで少しわからないことが 起きてしまっているので教えてください。 近所の工務店で蔵のある住宅を 希望している。と伝えたところ、 Mホームなのどは、木質パネル(?)などを使って いるから蔵のある住宅を作っても構造的に 安心だが、在来工法で蔵のある住宅を作るのは 危険だ。と、言ったようなことを言われてしまいました。 他の工務店でも同じことを伝えると、 そこの工務店では在来工法なのに 『過去にも建てたことがあるし、大丈夫ですよ。』と 言われました。 在来工法や木質パネル(?)など、工法の違いによって 蔵のある住宅はできる、できないがあるのでしょうか? また構造的に良い、悪いもあるのでしょうか? 素人なもので、質問の意味がわかりづらいかと 思いますが、よろしくお願いします。

  • 大手メーカーで家を建てないと後々大きなリフォームや立て替えが必要になって結果的に損?

    新築でHMや工務店を検討しています。同じ価格でも細部までこだわれる低価格メーカーや工務店に気持ちが傾きかけていたのですが、予算やローンの相談にのってくれているファイナンシャルプランナーに「絶対に大手HMを薦めます!10年20年は低価格メーカーや工務店の家でも大丈夫ですが30年経つと違いが出ます。大手は構造上3倍長持ちするのです。現に工務店で建てたうちの実家は30年前はとても立派だったけど、今はボロボロでリフォームしないと住めません。2回家を建てても良いという気持ちがあるなら別ですが、今ケチると後で困りますよ。もちろん30年後も立ってはいますが、中や基礎はボロボロです。基礎が違うんです。阪神大震災でも大手メーカーの家は倒れず、低価格メーカーの家が倒れているんです!」と力説され、再び迷っています。完成見学会やモデルルームは新しい家しかないので分かりません。出来れば大手HMや工務店の建てた築30年の家ばかりを比べてみたいですが・・・その人によると、「低価格メーカーや工務店は従来工法でずっと変わらないし、建築戸数も少ないからデータがない。大手は建築戸数がものすごく多くてその客のクレームを生かしながら基礎や工法を常に進化させてどんどん良くなっているので強い。」のだそうです。本当に大手HMの家なら長持ちして、低価格メーカーや工務店なら後々大金でリフォームや立て替えする羽目になり、結果的に損をするのでしょうか?ちなみにここで薦められた大手とはミサワ、積水ハウス、セキスイハイム、三井、ダイワなどで、私たちが検討していた低価格メーカーとはエスバイエルです。もう一つ検討してた地元工務店は、地元の無垢の木を使って自由設計でしてくれる工務店です。古い家の例や経験などからお分かりの方や、専門の構造や工法に詳しい方、教えていただけると助かります。

  • 工務店で軽量鉄骨軸組みの家はできる?

    木質系ではなく鉄骨で家を建てたいと思っており、 軽量鉄骨の大手ハウスメーカ数社で検討しています。 地元の工務店なども検討の範囲に入れたほうが良いのかと思い始めていますが、工務店で軽量鉄骨軸組工法での建築は可能なのでしょうか?

  • 新築住宅に夢を馳せています。

    新築住宅に夢を馳せています。 今はまだ賃貸暮らしですが、何れは一戸建てに住みたいと考えています。 デザインも重視して建てたいのですが、耐震性なども気になります。 地方の工務店(中国地方)で良い工務店はないでしょうか。

  • 皆さん、こんにちは。

    皆さん、こんにちは。 MH探しをしていて最近はHMより工務店の注文住宅の魅力に惹かれつつあります。 一般的にはHMは「~シリーズ」「~の家」など注文住宅なんだろうけど、なんだか 引っかかるものを感じてます。 そこで、最近は完成宅見学会に言っている訳ですが、そこで質問です。 まず、HMでも工務店でも特に具体的な見積もりは取っていない為、どちらがコスト的に 安いのか判りません(よく、雑誌等を見ると工務店のほうが「~万円安く家ができる」等の うたい文句はありますが、いまいち実感できません。 また、私は土地から探しているので工務店よりも、HMの方が不動産関係は強いのかな~っと勝手に 思っていますが、どうなんでしょうか?? 実際に工務店とHMで家造りを検討してどちらかに決めた方、その決め手を教えていただければ 幸いです。 また、こういう工務店、HMは危険だと思われるところも教えてください。 宜しくお願い致します。

  • 工務店の家って大丈夫なんですか??

    工務店の家って大丈夫なんですか?? 戸建の新築を検討しています。 とりあえず、住宅展示場に行って、色々なハウスメーカーのモデルハウスを見たり、営業の人に一通り説明を受けたりしています。 今のところ、全国展開の大手ハウスメーカーばかりです。 戸建は、一般的には無名の工務店でも建てられるそうですが、工務店で建てた家の耐震性は大丈夫なのでしょうか? ハウスメーカーは、大資本力を活かして巨大な実験設備を用い、実物大の家で実際の地震の揺れを再現した実験をしたり、全国展開なので、本物の震災の体験もあり、その経験も活かされていると思います 更に、揺れそのものを吸収する免振機構もあります 工務店だと、震災の体験もなければ、実験設備もありません 一応、国の耐震基準には沿って建てられているとは思いますが、基準をクリアするのはあたりまえで、それ以上の性能があるのかないのか判断する材料がありません せっかく建てるなら、安心・安全な家を建てたいと思っています ハウスメーカーではなく、わざわざ工務店で建てるメリットはあるのでしょうか?

  • セキスイハイム(木質ユニット)自由度は?

    家を新築するにあたり、木造のHMを検討しています。 在来工法も幾つか見ているのですが、セキスイハイムの「2×6木質ユニット」も気になります。 自由度を教えてください。 例えば、S林業さんの作る家(在来)の階段は「一般のメーカーが13段に対し、15段の緩やか勾配」だそうで、こういったものを要求して取り入れていただけるかどうか、知りたいです。 とにかくユニバーサルデザインの家にしたいと考えています。 2×4、2×6である以上、ある程度の制限は覚悟しなければならないと思います。 在来工法の方が自由度が高いのも承知しています。 詳しくは、折を見て営業さんに聞きますが、予備知識として知りたいので、 ご存知の方がいたらお願いします。

  • 家の建築を工務店に頼む場合

    工務店にはいろいろな形態があると思います。 私が依頼を検討している工務店はあるハウスメーカーの地域担当になっているところです。 そこには建築士もいます。 さて、一般的に家の建築にはHM(ハウスメーカ)、工務店、建築家に依頼と、おおまかに3通りあるかと思います。 私の場合はHM経由でその工務店を知ったわけですが、直接その工務店に依頼するパターンもあると思うのです。(そこがHMのいわば下請け業務のような事をしているとは知らずに) そういった場合は主設計はその工務店の設計士が行い、HMのプランには縛られないオリジナルなものだと思うのです。 その場合、HMも手掛けるその工務店はHMのイメージも掴みつつ、かつHMのプランに制限されず自由な設計、施工ができ、いい所取りが(もちろんそのHMのベースが気に入っている事が前提ですが)出来る気がするのですがこの考え方は間違ってますか? それともそういった工務店(HMの下請け)に依頼する場合は自動的にHMのものになってしまうのでしょうか?