締切済み

下手糞の上級者への道のりは己が下手さを知りて一歩目

  • 困ってます
  • 質問No.7855140
  • 閲覧数3191
  • ありがとう数0
  • 気になる数0
  • 回答数1
  • コメント数0

お礼率 6% (7/104)

スラムダンクで安西先生が『下手糞の上級者への道のりは己が下手さを知りて一歩目』と言う場面がありますよね?

あれは、元々誰が言った言葉なのでしょうか?また、元が有るなら、誰の何という言葉なのでしょうか?詩?ことわざ?漢文?

作者の井上雄彦のオリジナルな言葉でしょうか?
通報する
  • 回答数1
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

回答 (全1件)

  • 回答No.1
レベル13

ベストアンサー率 36% (615/1663)

30年以上前に「教えるは習う第一歩」という言葉を聞いています。
これは上級者が指導する立場になって、初心者に教える中で己も上達する、と言う意味で、似ているかと思います。
少しずつ字句を変え昔から言われている言葉です。

安西先生の言葉は上達する時の個の心構えかと思いますが、似たような言葉がかなりありますよ。
スポ少なんかで、指導者に対する物、団員に対する物、色々あります。
中には宮本武蔵の言葉というのもあります。
来年当たり新島八重の言葉として何か出てくるかも。新島襄の言葉かな。
こういう物って、聖徳太子までさかのぼるのが常です。

このQ&Aで解決しましたか?
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する

特集


抽選で合計100名様にプレゼント!

ピックアップ

ページ先頭へ