• 締切済み
  • 暇なときにでも

本のタイトル教えてください。

内容をウロ覚えなので、何冊かごちゃ混ぜに内容を覚えてるのかもしれないんですが、 1・ベッドの足が丸い玉になっていて、それをゆるめるだか、触るだかすると、空を飛ぶシーンのある本 多分、きょうだいとかが主要キャラだった気がします。 2・銀のりんごか、もしくは普通のりんごを女の子がみがくシーンのある本 3・銀のスプーンをピカピカにみがくシーンのある本 もしかしたら、1と共通の本かもです。 昔読んで、そのシーンだけがすごい印象に残ってて気になってるのですが タイトルも話の筋も覚えていないので、探しようがありません。。。 心当たりのある方、ご回答お願いします(>_<)

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数68
  • ありがとう数43

みんなの回答

  • 回答No.2
noname#5803
noname#5803

補足です。 「空飛ぶベッドと魔法のほうき」 男、女、男の3兄弟が親戚の家にあずけられます。 そこで近所でこっそり魔法の練習をいている婦人に出会い、 色んな冒険をします。 ベッドの金具に魔法がかけられて、それを回すと どこにでも飛んでいけるという話でした。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

多分、その本だと思います!! たしか、おばさんがでてきたはずなので。。 これまたウロ覚えなんですが(~_~;) ありがとうございます!!

  • 回答No.1
noname#5803
noname#5803

「空飛ぶベッドと魔法のほうき」メアリー・ノートン 岩波書店 ですか?

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • この本のタイトルを教えてください。

    5,6年位前に読んだ本なのですが、学校の図書館で借りた本なので 名前を思い出せず、気になって夜も眠れません。 内容は、うろ覚えなのですが・・・ ・ジャングルのようなところへ主人公が行く ・まゆの様なベッドに包まれる ・おじいちゃんも戦争のとき、同じ場所に行ったことがある ・人間じゃないもの…樹だか光だか忘れましたが…に話しかけられる こんな感じの内容です。 断片的でかなりうろ覚えなので、少し間違っているところがあるかもしれません。でも、不思議な感じの本でした。 表紙は黄色い色だったと思います。 少しでも、あてはまるものがあれば教えてください。 お願いします。

  • 映画のタイトルが分かりません

    映画のタイトルが分かりません 昔見たものなので覚えていなくて困っています うろ覚えでちょっと内容が間違っているかも知れませんが以下に内容を書きます 願いが叶う玉?がある(結構な数があったと思います) でかい蜘蛛か何かに追いかけられている時に逃げる為に階段を作るが、一段作るたびにその玉を消費してしまうのでどんどん玉がなくなってしまう こんなシーンがあったと思うのですがどなたか分からないでしょうか? よろしくお願いします

  • 映画のタイトルを教えてください

    かなり昔のドラキュラ映画なのですが、当時は再放送もかなりしていて公開前は宣伝も頻繁にしていたので有名なのではと思うのですが。 内容は、 舞台は現代で、女性キャスターが彼の事を好きになる。 彼女の彼氏?がドラキュラをなんとか倒そうとする。 当時有名なシーンで、彼が銀の玉で打つと 「銀の玉は狼男だよ」と笑われてしまう。 さいごは、追い詰められ女性キャスターは自分を噛んでくれと頼む。 ふたりで蝙蝠になって飛び去ってしまうという コメディータッチの内容でした。 知ってる方教えてください。

  • 映画のタイトルを教えてください!

    以下の内容(うろ覚えですが…)の映画のタイトルを教えてください。 古い邦画作品で、少年二人と僕っ娘との三人でどこかへ行くお話だったと思います。少年がめっちゃ走ってるシーンが印象的でした。パンツ仮面みたいな感じのタイトルだった気がします…。 本っ当にうろ覚えで申し訳ないのですが、どなたかご存知の方、心当たりのある方、どうか情報を頂けませんでしょうか。

  • 本のタイトルを教えてください

    前回の質問で解決できなかったため、再度同じ質問をさせていただくことにしました。 もう10年以上も前に読んだ子ども向けの本を探しています。 内容がうろ覚えなので、覚えている部分を箇条書きにしてみました。 ・子ども向けの本で小学校の中学年向け ・幽霊が出てくるような推理要素ありの話 ・主人公は女の子 ・主な登場人物は主人公含む男女四人(もしくは五人だったかも…ここらへんはうろ覚えです) ・主人公の友達(女の子)が好きな男の子のあだ名が「くま」で、お菓子も作る料理好き。兄弟がいる。 ・高頭脳なネズミが出てくる ・登場人物の誰かが熱を出して(熱の原因が確かネズミに噛まれたからだったような…)、その時に氷を粗く砕いたかき氷を食べさせる ・幽霊は女の人で、学校もしくは塔のようなところにいたような… ・表紙の絵は漫画のような絵で、挿し絵があったかは覚えていません ずいぶん前に読んだきりなのでほとんど内容が抜け落ちているのですが、かき氷のくだりや主人公の友達が好きになる男の子のことだけは鮮明に覚えていて、もう一度読んでみたくなってしまいました。 もしお心当たりのある方がいらっしゃいましたらタイトルを教えてください。 よろしくお願いいたします。 ↑ ここまでが前回質問させていただいた内容でしたが、あれから少し思い出したのですが、本文の中に「アルジャーノンに花束を」という単語が出てきました。 おそらく高頭脳なネズミは「アルジャーノンに花束を」のネズミと同じように作り出されたのだろう…というような会話の中で使われていたのだと思います。 タイトルが分からなくても、自分も同じような内容の本を読んだことがある、というような情報でもかまいません。 もしお心当たりのある方がいらっしゃいましたら教えてください。

  • ちょっと昔の将棋の本の題名を知りたいのですが・・

    将棋の本のタイトルを思い出せずに困っています。昔持っていたのですが、また最近手に入れたくなったので・・。 攻めと囲いの例が豊富に載っている本です。 最大の特徴は、玉がどの筋にいる場合はこういった囲いがある、というように、筋ごとに説明がなされている点です。心当たりのある方がいらっしゃいましたら、お願い致します。「囲いと攻めの形・・」みたいな題名だったような気がするのですが・・ 特徴 ・少し大きめの版 ・表紙は青だった(と思う) ・前半は「玉の住まいカタログ」などというタイトル ・後半は・・忘れましたが、ユニークなタイトルでした ・厚さは12mmくらい? ・約10年か、それ以上前の本です

  • 「同じ夢は見られない」・本のタイトル教えて下さい。

    10年ほど前に本屋で見かけた本です。 何ページか捲っただけなのでタイトルも著者名もわかりません。 買い逃したのを後悔し続けて10年、こちらでご相談してみようと思い立ちました。 多分男性の著者で(内容の一人称などで判断/俺だったと)小説ではなく、シビアな恋愛感を綴った内容でした。(エッセイ?) うろ覚えですが『体を繋げても』・『同じ夢は見られないのは』・『百も承知で』という感じの文が頭に残っています。 少ない情報で申訳ありません。 どんな些細な情報でもかまいませんので、お心当たりがありましたら教えて下さい。 何とか本を手に入れ後悔のモヤモヤを晴らしたいと思います。 どうかよろしくお願いします。

  • 昔読んだ本を探しています。

    昔読んだ本を探しています。 外国の男の人が主人公で、何をきっかけにしたのか恐竜の時代にタイムスリップしてしまいます。 空を飛ぶ恐竜を確か最初に見つけると思います。 最後は現代に帰ってきて、夢だったのか、でも何か証拠があるのであれは本当だったという感じで終わります。 婚約者か何かがいた覚えがあります。 小学校の中~高学年のころに読んでいた記憶があります。 こんなうろ覚えな情報で申し訳ないのですが、もしわかる人がいたら教えてください。

  • うろ覚えの児童書のタイトルを教えてください

    22~26年くらい前に、小学校の図書館で読んだ本のタイトルが思い出せずどうしてももう一度読みたいのに困っています。 内容もうろ覚えなのですが、印象強く覚えていることは ・歩く骸骨がたくさん出てくる ・主人公の男の子が夜の山?森の中で骸骨たちを目撃、見つかって逃げる ・小屋に逃げこむが取り囲まれるも危機一髪、朝になり助かる といったシーンは覚えています。 どなたか心当たりがありましたらよろしくお願いいたします。

  • 本のタイトルを教えてください

    もう10年以上も前に読んだ子ども向けの本です。内容がうろ覚えなので、覚えている部分を箇条書きにしてみました。 ・子ども向けの本で小学校の中学年向け ・幽霊が出てくるような推理要素ありの話 ・主人公は女の子 ・主な登場人物は主人公含む男女四人(もしくは五人だったかも…ここらへんはうろ覚えです) ・主人公の友達(女の子)が好きな男の子のあだ名が「くま」で、お菓子も作る料理好き。兄弟がいる。 ・高頭脳なネズミが出てくる ・登場人物の誰かが熱を出して(熱の原因が確かネズミに噛まれたからだったような…)、その時に氷を粗く砕いたかき氷を食べさせる ・幽霊は女の人で、学校もしくは塔のようなところにいたような… ・表紙の絵は漫画のような絵で、挿し絵があったかは覚えていません ずいぶん前に読んだきりなのでほとんど内容が抜け落ちているのですが、かき氷のくだりや主人公の友達が好きになる男の子のことだけは鮮明に覚えていて、もう一度読んでみたくなってしまいました。 もしお心当たりのある方がいらっしゃいましたらタイトルを教えてください。 よろしくお願いいたします。