• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

very と more の使い分け お願いします

( )内から適語を選べ、という問題です。 I'm (much, more, most, very) interested in history than she is. 自分は very にしたのですが、答えは more でした。 なぜ very にしたのか自分でも説明はできないのですが(なんとなくそう思ったので)。 なぜ more が正解なのでしょう。理由があったら教えてください。 もう一つの問題では very を使っています。 「そのニュースに非常に驚いているんだ」 We (are) (very) (surprised) (at) the news. なぜ、したの文では very で上の文では more なのでしょうか。 使い分けが分からないので教えていただけると助かります。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数142
  • ありがとう数1

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1

than があるから,それだけです。 than があるから,比較級。だから more interested あとの方には than などありません。 ただ「とても」興味がある・驚く なら very でいいですが,「~よりも」と than ~があれば 比較級を用いなければなりません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。助かります。

関連するQ&A

  • much と more 比較級で・・・

    much と more 比較級で・・・ He worked much harder than his brother. ではmuchが使用されてるのに Im more interested in history than she is でmoreになるのはどのような違いがあるのでしょうか

  • much more than について

    She gave me much more than I gave her. この文について質問です。 このmuch は名詞なんでしょうか?それともmore を強調しているのでしょうか? gave は第四文型をとる動詞なので、much は名詞と考えるべきでしょうか? そうするとmore の位置がちょっと違うのかなと思ってしまいます。 しかしmore much than なんていう表現はあまり見たことがありません。 だれかこの文の構文を教えて下さい。 よろしくお願いします。

  • much more ?

    DUOより Phil is much more interested in academic subjects than in practical skills . 「フィルは実用的な技能よりも学問的なテーマのほうに興味がある。」 more が many , much の比較級なのでしょうが、「実用的な技能」”より”(than)も、many?much?(more)muchとはどういう構造なのでしょうか?どういうことでしょうか?

  • more fewer , more less

    I made more fewer mistakes than he did. という文があります。 fewer は形容詞の比較級でmistakes(名詞)を飾っています。?比較級を副詞で飾るにはmuch、even, far, by far, still, yet とかではなかったですか? much (副詞)も比較級になって+比較級のfewerと一緒にmistakesを飾れちゃうんでしょうか? まだまだ例文はあります。 He exercises more less than I do (me.) She drinks more less wine than beer. などなど。 much で比較級を強めるより さらに強めるのか? と思ってみたり・・・ともかく わかりません。 よろしくお願いいたします。

  • much more to

    There is much more to these children's mistakes than meets the eye. この文は「このような子供たちの間違いには、表面的に表れたものよりもずっと多くの大切なことが含まれている」という意味ですが、 There is much more "things"が略されていると考えればよいのですか。 そうするとthan以下の文の主語は何になりますか。

  • more than について

    more than についてわからないことがあります Americans worked as much as two weeks more than workers in some countries . アメリカ人は、いくつかの国の労働者より2週間も多く働いている ですがなぜAmericans worked more than workers in some countriesの文に.as much as two weeksを入れられるんでしょうか Americans worked more than workers in some countries.には本当は Americans worked( )more than workers in some countries.()は省略可となる修飾語句を入れる場所があるということですか 分かりやすくお願いします

  • The more I know him, の文で

    (1) The more I know him, the more I love him. というよく使われる構文があるのですが、 (2)I know him well. (3)I know him better than you do. みたいに『だれかをよく知る』はwell-better-best(bestの文はみたことないのですが・・)の活用の流れでつかわれています。なら(1)は The better I know him, the more I love him. (I like(love) him very much.から , the more I love himは納得しています。)でもいいのではないでしょうか? もう慣用文だから? I don't know very much about that. はありますよね、でも肯定文では見かけない。 (1)文の理解の仕方『なぜknowにmoreを使うのか』は、「knowする量 ということを表したいがため」とかんがえました。これ無理からの理解ですか?教えてください。

  • 比較級の強調で、much/far/even/still/a lotなど

    比較級の強調で、much/far/even/still/a lotなどいろいろありますが、程度の差・明確な違いはあるのでしょうか?また使い分けは必要なのでしょうか?  今まで入試問題を含め問題集を解いていて、選択肢問題で「much/far/even/stillから選びなさい」といったような問題はみたことないような気がします。  でも参考書などにはmuch「ずっと」/far「はるかに」/even「さらに」と、わざわざそれぞれの意味が載せてあるので、明確な違いがあって使い分けが必要なのか疑問に思いました。  もし()埋めや英作文で、たとえば「彼女は私よりずっと注意深く車を運転する」という問題があって、 She drives car ( ) more carefully than I. の( )にmuch以外を入れたらバツになるのでしょうか?「ずっと」という意味があるmuchだけが正解ですか?  できれば詳しく解説お願いします。よろしくお願いします。

  • many more

    My brother has many more good books than I. という文があり、more+複数名詞を強調するには、muchではなくmanyを用いると説明されています。なぜなのでしょうか?比較級を強調する時にこのようにmuchではなくmanyを使わなければならない場合というのは、他にあるのでしょうか?教えていただけると嬉しいです!

  • many more books の訳

    My brother has many more good books than I. という文があって、その訳が、兄は私よりはるかに多くの本を持っている。となっています。 しかし、この many は much more money のように「ずっと」という意味ではなく、in addition, further と言った意味だと文法書に書いてありました。 だから、上の訳は、間違いで、「さらに多くの本」とすべきなのではと思うのですが、合ってるでしょうか? また、よくこの many は much と比較して書かれてありますが、それは正しいのでしょうか? many more books と much more money のmany と much はただ後の名詞がUかCかだけの違いではないのではと思っているのですが、どうなのでしょう?