• ベストアンサー
  • 困ってます

積分を用いた円の面積公式の証明について

中心角θ、二辺の長さがrである二等辺三角形を用いて、半径rの円の面積S(厳密には内接する正多角形の面積の極限?)を求めようとしています。 dS=r^2/2×sin(dθ) である微小三角形を定義し、それを区間[0,2π]で積分することで、S=r^2/2×∫sin(dθ) を求めたいのですが、この積分が解けません。 この積分を解いていただけないでしょうか? また、このような微小三角形を並べることによる円の面積公式の証明は妥当なものでしょうか? よろしくお願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数2372
  • ありがとう数4

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1

dθが微小であれば sin(dθ)=dθ です.なぜなら, (☆)lim_{x→0}sin(x)/x=1 だからです.こうすれば簡単に積分できます. S=r^2/2×∫_0^{2π}dθ=r^2/2×[θ]_0^{2π} =r^2/2×2π=πr^2 また,三角形の中心角をdθ=2π/nと一周のn等分とすれば, dS=r^2/2×sin(2π/n) であるのでこれをn個足すと正n角形の面積 S_n=(1/2)nr^2sin(2π/n)=πr^2sin(2π/n)/(2π/n) がでてきます.これの極限は☆を使えば lim_{n→∞}S_n=πr^2lim_{n→∞}sin(2π/n)/(2π/n)=πr^2 となります. 円を多角形で近似することは妥当ですよ.

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

導出の過程や正多角形への応用まで丁寧に解説いただきありがとうございました。極限を用いた定義から見直せばよいのですね。もう一度勉強しなおしてみようと思います。

その他の回答 (2)

  • 回答No.3
  • hantk
  • ベストアンサー率57% (11/19)

No.2です。 三角形は不適当と言ってしまいましたが、No.1の方がおっしゃるようにdθを微小角としてsinθ≒θとすれば適当です。 お恥ずかしい。。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

勉強になりました。ありがとうございました。

  • 回答No.2
  • hantk
  • ベストアンサー率57% (11/19)

sinθを[0,2π]で動かすという事は、三角形を表す式として不適当です。(0<θ<πより) 三角形で表したいのであれば  θ=2π/n⇔n=2π/θ  として dS=((r^2)/2)sin(2π/n) ∴S=n((r^2)/2)sin(2π/n)       =(πr^2)×(sinθ/θ)→πr^2 (∵ n→∞⇒θ→0) と言う極限を取る事になります。ちなみに(sinθ/θ)→1 (θ→0) です。 積分であるならば、変数をrとして、同心円の円周を考えます。 ∫2πrdr=πr^2 です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

なるほど、同心円の円周を重ねていく方法もあるのですね。シンプルでわかりやすいですね。迅速な回答どうもありがとうございました。

関連するQ&A

  • 高校数学の図形の問題です

    高校数学の図形の問題です 半径2の円に内接する二等辺三角形で面積が最大になるのはどのような三角形かまた面積が最初になるのはどのような三角形か 1時間は考えてたんですけどわからないです…教えてくれたら助かります

  • 2等辺三角形に内接する円の面積と底辺

    AB=AC=1である2等辺三角形ABCに内接する円の面積を最大にする底辺の長さの求め方で、自分の解き方の間違いがわからないので質問します。 内接円の半径をr、底辺の長さをx(x>0)として、∠B=∠C=θ(0<θ<π/2)とおくと、3角形ABCの面積は2通りにあらわせ、△ABC=(1/2)*(1+1+x)*r,△ABC=(1/2)*1*x*sinθ この2つからr=(x*sinθ)/(x+2) 内接円の面積は、π*r^2からr^2が最大のとき最大となる。f(x)=r^2={(x*sinθ)/(x+2)}^2 と置いて、f'(x)=sin^2θ*(4x/(x+2)^3)となり、0<θ<π/2からsin^2θ>0より、 4x/(x+2)^3=0を解こうとしてもx>0から4x/(x+2)^3>0となり、f'(x)=0となるxは求められません。 sinθを使ったのが計算間違いの理由かと思うのですが、定数として扱ってはいけない 理由がわかりません。どなたか間違いを指摘してください。 解説では、内接円の半径をr。底辺の長さを2xとして、3角形の3辺の条件から |1-1|<2*x<1+1から0<x<1、 3角形ABCの面積の1つめは、(1/2)*√(1-x^2)*2xとし、2つめは(1/2)*(1+1+2x)*r,、2つからr={x*√(1-x^2)}/(1+x)を導き、 f(x)=r^2=(x^2-x^3)/(1+x)、f'(x)=-{2x*(x^2+x-1)}/(1+x)^2 、f'(x)=0となるxは0<x<1から x=(√5-1)/2 あとは増減表を書いて、x=(√5-1)/2のとき面積は最大となる。 底辺のながさは2x=√5-1でした。

  • 線分ABを直径とする円の円周上に三角形ABCの内接

    線分ABを直径とする円の円周上に三角形ABCの内接円の半径が最大となるように点Cをとる。 このとき、三角形ABCは二等辺三角形になりますか?

  • 半径r(定数)の円に内接する三角形の面積の最大化です。

    半径r(定数)の円に内接する三角形の面積の最大化です。 説明が十分かどうか自身がもてません…orz 底辺を定めると高さが最大の時に面積が最大となるので、内接三角形の頂点は底辺の中心にあり、二等辺三角形になる。円の中心を内側に含む内接三角形を考える。 中心から底辺までの長さをx(0=<x<r)として、高さはx+rで表される。 さらに、中心から底辺の一端に補助線を引くと高さx、斜辺rの直角三角形ができる。 三平方からこの三角形の底辺は√(r^2-x^2)であり、これを2倍すると内接三角形の底辺=2√(r^2-x^2)となる。 ∴S=(x+r)2√(r^2-x^2) , S>0…(1) の極値について考える。s>0よりSが最大⇔S^2が最大なので、 s^2= f(x)について考察する。 f(x)=(x+r)^2 (r^2-x^2)=(x+r)^3(x-r) f'(x)=3(r+x)^2-(x+r)^3=2(r+x^2)(r-2x) ∴実数の範囲ではx=r/2 の時、極値を取る。 f''(x)=4(r(x-1)-3x^2) f''(r/2)=-r(r+4)<0 , (r>0) なので極大である。 以上よりx=r/2でS^2は最大値であり、又Sも最大値である。 (1)に代入して、S=(3√3/4)r^2である。 という感じで不備はないでしょうか? 宜しくご指導願います。

  • 三角形の二辺と面積から内接円の半径を求める

    三角形の二辺(15、13)と面積(84)から内接円の半径の求め方を教えてください。

  • 円の面積より積分の結果を求める

    通常、√a^2-x^2の積分は x=asinΘと置いて置換積分を行うと答えが出ますよね? でも式を二乗してx^2+y^2=r^2という形にすると秒殺で計算ができると教えてもらいました。 そこで質問です。 積分区間が0⇒1/2のとき √(1/2)-x^2という式の場合でもその円の面積として考えて簡単に出せるのでしょうか? 区間が0⇒1/√2なら円の面積から1/4倍すればいいだけだと思うのですが積分区間が半径と異なってしまう場合は結局面倒なのでしょうか? どうやって上記の式を円の面積と捉えて計算すればいいのかわからず質問しました。 この場合の計算式はどうなるのかお教えいただければ幸いです。

  • 斜線の面積を求めよ

    半径aの二つの円が重なり合うところを頂点とする二等辺三角形以外の斜線の面積を求めなさい

  • 内接三角形の面積

    円に内接している三角形の面積の求め方について教えてほしいです。 円に内接している三角形をABCとおき、円の中心OからBCに垂線をおろし、 その交点をH、距離をt、そして半径をrとする。 このとき、三角形の面積は1/2×2√(r^2-t^2)×(r+t)でいいのでしょうか? (r+t)についてどのような三角形のときにも応用できるかどうかが いまいちよくわからないので教えてほしいです。よろしくお願いします。

  • 円に内接する三角形の面積が最大のときの三角形の形の証明

    【問題】 平面上の点Oを中心とし半径1の円周上に相異なる3点A、B、Cがある。 三角形ABCの内接円の半径rは1/2以下であることを示せ。 rが最大のときは円の面積が最大。そのときの三角形ABCは正三角形だと 予想できるのですが、証明の仕方がわかりません。 わかる方教えてください。お願いします。

  • 数学問題、助けて下さい。

    大学の微分積分学に関する問題です。 1。半径rの円に内接する二等辺三角形の最大の面積は? 2。コーンのような型の杯は半径rの円形紙から扇形を切り捨てて辺CAとCBを着けて作られる。この杯の最大容量は?