• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

生物基礎について

この酸素解離曲線の意味が分かりません。 酸素濃度が高く二酸化炭素濃度が低い肺では約95パーセントのヘモグロビンが酸素ヘモグロビンになっているのに対して酸素濃度が低く二酸化炭素濃度が高い組織では酸素ヘモグロビンの割合は約35パーセントである。(ここまでは理解できました) よってすべてのヘモグロビンのうち95パーセントー35パーセント=60パーセントのヘモグロビンが組織で酸素をはなす←これの言っている意味が分かりませんヽ(´Д`;)ノ 1、なんで95-35をしたのか? 2、この計算によって何が求められたのか 3、そもそもなんでグラフが二つあるのか、二つのグラフの意味 本当に私は低能な学生なのでサルでもわかるように簡単な言葉やわかりやすい言葉で説明していただければ幸いです どうかよろしくお願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数5611
  • ありがとう数8

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2
  • w6o6n
  • ベストアンサー率74% (306/413)

グラフが2つあるから分かりづらくなりますね^-^; それでは、分かりやすくするために、最初に赤のグラフしかない場合で考えてみましょう(青グラフが無いと思って下さい)。 例題: 仮にヘモグロビンが赤グラフの特性を示すとすると、 肺の酸素分圧が100mmHgの時、酸素ヘモグロビンの割合は約95パーセントで 組織の酸素分圧が30mmHgの時、酸素ヘモグロビンの割合は約60パーセントである。 肺から組織に行ったヘモグロビンのうち、何パーセントのヘモグロビンが組織で酸素をはなすか? 酸素ヘモグロビンが95%から60%に減る =95-60=35%減る =減った分というのは「酸素を離しているヘモグロビン」と同じ意味 答え:35% ここまではOKですか? そして、これだとせっかく肺で95個の酸素と結合しても、たったの35個しか組織で酸素を離せないことを覚えておいて下さい。あんまり効率良くないですよね? **** ここで元々の問題を解いてみましょう。 ここで大事なポイント。ヘモグロビンにはすごい特性があります。 「周囲の二酸化炭素濃度が高いと、酸素をより離しやすくなる性質」があるんです! その時の特性を示したグラフが青のグラフになります。だからグラフが2つ。 肺の酸素分圧が100mmHgの時、「ヘモグロビンは赤のグラフの特性で酸素と結合するので」、 酸素ヘモグロビンの割合は約95パーセント、 組織の酸素分圧が30mmHgの時、「ヘモグロビンは青のグラフの特性で酸素と結合するので」、 酸素ヘモグロビンの割合は約35パーセントである。 酸素ヘモグロビンが95%から35%に減る =95-35=60%減る =減った分というのは「酸素を離しているヘモグロビン」と同じ意味 答え:60% つまり、ヘモグロビンに「周囲の二酸化炭素濃度が高いと、酸素をより離しやすくなる性質」があるおかげで 酸素をより多く組織に運ぶことができるわけです(肺で酸素を95個捕まえると、組織で60個の酸素を離せる)。 **** >2、この計算によって何が求められたのか ヘモグロビンが組織でどれだけの効率で酸素を離せるかが求められます。 というか、ヘモグロビンの「周囲の二酸化炭素濃度が高いと、酸素をより離しやすくなる性質」を理解し この計算に辿り着けるかを問われています。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

その他の回答 (1)

  • 回答No.1

つまり、 肺ではヘモグロビンのうち95%が酸素と結合し、 組織ではヘモグロビンのう35%が酸素と結合している ということが理解できていないのですね。 血液が体を巡っています。 肺において95%のヘモグロビンが酸素をくっつけました。 その血液が体中に流れます。 組織では35%のヘモグロビンしか酸素をくっつけていません。 もともと95%のヘモグロビンが酸素をくっつけていたのに、です。 その違いは何でしょうか。組織において(それまでくっつけていた)酸素を離したヘモグロビンがあったということです。 1.と2.は切り離せない質問です。 どんな計算をすべきかより「何を求めようとしているか」を先に考えるべきです。 そして、自分でも書いていますよね。「酸素を離したヘモグロビンの割合」を求めています。 で、今解説したように、初めは95%のヘモグロビンをくっつけていたが、 いまは35%のヘモグロビンしか酸素をくっつけていない。 では酸素を離してしまったヘモグロビンは全ヘモグロビンのうち何%でしょうか。 3. ヘモグロビンが酸素をくっつけられる割合は二酸化炭素の影響を受けます。 図に書いてあることくらい読んで欲しいのですが、 赤い曲線は二酸化炭素濃度が低いところ(肺)、 青い曲線は二酸化炭素濃度が高いところ(その他組織)で ヘモグロビンが酸素をどのくらいくっつけているかを示しています。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 酸素解離曲線について。

    生物Iの問題です。 (『第一学習社セミナー生物I』) 下の2問の違いを教えてください。 (1)肺胞における酸素分圧を100mmHg、二酸化炭素分圧を40mmHgとし、組織における酸素分圧を30mmHg、二酸化炭素分圧を70mmHgとするとき、 すべてのヘモグロビンのうち、何%が組織で酸素を離すか。 この問題の場合、グラフより 肺胞における酸素ヘモグロビンの割合が95%で、組織における割合が30%なので、引いて、65%が答えなのは、納得できました。 (2)肺胞における酸素分圧を100mmHg、二酸化炭素分圧を40mmHgとし、組織における酸素分圧を30mmHg、二酸化炭素分圧を70mmHgとするとき、 酸素ヘモグロビンのうち、何%が組織に酸素を与えるか。 (1)と(2)は 問題が途中まで同じで どうして (2)の方は 酸素解離度の公式 (肺胞-組織)HbO2% / 肺胞HbO2% ×100 で求めるのかが、わかりません。 よろしくお願いします…!

  • 酸素解離曲線

    問4(1)e 二酸化炭素分圧が低いほうがヘモグロビンは酸素と結びつきやすくなる。すなわち酸素ヘモグロビンの割合はたかくなりグラフは左にシフトする。よって図の左の曲線が二酸化炭素分圧40mmHgのグラフである。 肺静脈中には動脈血が流れている。酸素分圧が100mmHgで二酸化炭素分圧が40mmHgの点を読めばいい。とあったのですが 肺静脈は肺から出てくる血管なので、酸素分圧 酸素ヘモグロビンともに高い 動脈中では二酸化炭素分圧が低い ということでしょうか? (2)69% 静脈血での酸素ヘモグロビンの割合は、酸素分圧が30mmHgで二酸化炭素分圧が70mmHgの点aで30%。動脈血での酸素ヘモグロビンの割合が(1)のe点で97%なので、97-30=67%。問われているのは酸素ヘモグロビンのうち何%かということなので、67/97×100≒69%となる。とあったのですが 静脈血での酸素ヘモグロビンの割合は、酸素分圧が30mmHgで二酸化炭素分圧が70mmHgの点aで30% の部分がわかりません。なぜ30mmHg、70mmHgになるんでしょうか?

  • 高1生物基礎 光合成速度について

    光合成には、速度を決める要因があると習いました。最適温度、光強度、二酸化炭素濃度です。 では、最適温度を保ち、二酸化炭素が無限にあるような環境で、光の強さをだんだん強くして光合成をさせると、光合成速度と光強度のグラフはどうなりますか? ルビスコの酵素反応がとても遅いそうですが、ルビスコが追いつけなくならないうちはグラフは上がり続けて、ルビスコが追いつけなくなったら横に一直線になると考えましたが、あっていますか?

  • 人間が生きられる上限酸素濃度を教えください。

    人間が生きられる上限酸素濃度を教えください。 人間は酸素濃度21%の地球に生きているが酸素濃度が35パーセントの石炭紀には生きることが出来なかったそうです。 また人間は18パーセント以下になると酸欠で死ぬそうです。 30パーセントだと生きられますか? 人間が生きられる上限酸素濃度を教えください。 あと石炭は二酸化炭素のはずなのになぜ石炭紀なのに酸素濃度が高いのですか?

  • 古代の酸素濃度の調べ方について

    よく古代生物の巨大化は、酸素濃度や二酸化炭素濃度が原因だという説がありますが、 古生代の酸素濃度や二酸化炭素濃度はどのようにして調べているのでしょうか? 地層に含まれる生物の数から酸素濃度の高低などを調べているのでしょうか? 化石や地層の年代を炭素の半減期で推測する方法なら知っていますが、 酸素濃度や二酸化炭素濃度の調べ方が載っていなかったので、質問させていただきます。 回答宜しくお願いいたします。

  • 二酸化炭素と気温上昇の関係

    こんにちは。大学生です。 先日授業で教授が、 「気温が上がるから空気中の二酸化炭素の濃度が上がる」 と言っていました。二酸化炭素濃度と気温上昇の変遷のグラフも見ました。(そのグラフは上のようなグラフになっていました。) 私はそれまで、 「二酸化炭素が増えるから気温が上がる」 と思っていました。というか、最近の世の中の風潮はそうだと思います。 教授はこうも言っていました。 「温室効果ガスの中に含まれる二酸化炭素の量は数パーセント。しかも人間が出す二酸化炭素は温室効果にほとんど影響していない。」 これは本当ですか?教授というのはたまに極論のような事を言ったりするので・・・。 私は経済学部なので、化学の専門的な言葉はちょっと分からないので、どなたかわかりやすく教えていただきたいです。

  • 生物の光合成の問題について教えてください。

    生物の光合成の問題について教えてください。 ある植物の光合成速度を測定すると右の図のようになった。図Aは温度30℃で図B、図Cは二酸化炭素濃度0.2%で測定した。この植物が次の条件1~3で光合成をしているとき、それぞれの限定要因は何か。 1 温度30℃、二酸化炭素濃度0.2%、光の強さ10キロルクス 2 温度20℃、二酸化炭素濃度0.2%、光の強さ20キロルクス 3 温度30℃、二酸化炭素濃度0.03% 光の強さ20キロルクス

  • 「生物基礎」光合成についての実験の問題

    水草と水を入れたペットボトルを一晩暗所に置いて以下の実験を行った。 煮沸しておいた水に水草を入れ、日のあたる場所にペットボトルを 置いたところ、気泡(酸素)はほとんど発生しなかった。 解説には煮沸した水には二酸化炭素が含まれていなかったとあるが、 煮沸していない水の中には二酸化炭素が含まれているという ことでしょうか?

  • 地球温暖化防止策について

     最近、地球温暖化に関して、大気中の二酸化炭素濃度が増加していることが原因とされています。この二酸化炭素をいかに削減するかについての素朴な疑問です。  植物のように、二酸化炭素から酸素を作り出す方法は、科学的に可能なのでしょうか? また、もし可能ならば、その方法を、不可能ならば、なぜ不可能なのかを知りたいと思います。つたない疑問のようで気恥ずかしいのですが、どうかよろしくお願いします。

  • 部屋の酸素濃度? 二酸化炭素濃度? どっち?

    人の居る部屋を締切っていると空気が悪くなりますが これは、酸素濃度が下がるからでしょうか? それとも二酸化炭素濃度が上がるからでしょうか? 何故、このような質問をさせてもらったかというと、部屋の空気状況をチェックする濃度計導入を 考えております。 その際に「酸素濃度計」と「二酸化炭素濃度計」のどちらを買った(重要視した)方が良いのかが 判りません。 調べてもいまいち回答が見つけられませんでした。 御存じの方が居られましたらアドバイスを御願い申し上げます。