• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

バリハイの装備

基本道の無い読図登山をします。 (ヤブ山登山?言い方はイロイロだと思いますが) 普通の登山道を歩く時の装備に、何の装備を加えますか? まったく同じでしょうか?(無雪で同じ標高、地域なら) 例えば ライトの予備を追加する(ヤブで遅くなって万一ライトが故障、電池切れしたら命取りだから)とか。 もちろんコースがザイルが必要そう、とかヘルメットが必要そうとかがない場所(縦走路的) もし必要なら「日帰り 8時間歩行想定」の条件でも。 バリエーションハイキング経験の長い方 お願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数4
  • 閲覧数410
  • ありがとう数4

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.4

#1です。お礼ありがとうございます。 >普通の登山道を歩く時の装備に、何の装備を加えますか? と云う質問の答えとしては「5)服」だけです。(靴下の予備は持ちます) 後は普段持ち=日帰りで登山道を歩く時の装備ですね。 更に云えば「VARGO(バーゴ) キャンプ用品 チタニウム ヘキサゴンウッドストーブ 116g」と「スノーピーク(snow peak) チタンダブルマグ450ml MG053 118g」が有ればお湯くらい沸かせます。 >それ以下の記述の意味がわかりませんが 私の常識が他人の非常識の場合も有りますので 確認も含めて。 結局「背負える荷物」=「私の安全」ですので、緊急1泊は 例えば「高尾山」だとオーバースペック(大げさ)だと想いますが、始めて行く山や読図登山では普通に必要だと考えます。 最初に断わった「何キロまでOKですか?」は質問者様のザックの容量や体力 現在の装備を考えた時に「安全」=「+の重量」は何キロを想定していますか?と云う意味でした。 私が(日帰りで)荷物を「組む」場合 水を除いて3kgを目安にします(水4.5kgを合わせて8kg以内 25Lザックに積めます)。 グラム表記は まぁ参考になれば?程度ですね。水場が有れば「水4L」もオーバースペック(大げさ)ですね。 これでもこれから冬山では「装備不足」=「非常識」でしょう。雪無くても強風で体感温度「氷点下」とか有りますから。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございました。

関連するQ&A

  • バリハイ は市民権を得てますか?

    バリエーションハイキング(通称バリハイ)と言う言葉は、山屋の中で 通用しますか? (もちろん初心者や関心の無い山屋さんは 対象外だとして) バリエーションと言うと、岩や沢登りのイメージが強かったですが、最近この言葉を使う本も出てきて、登山道の無い尾根系歩きをバリハイと言っているようです。 (「新ハイ」あたりでは普通に使われているような、、、) また、やはり最近(ここ10年?)の言葉だとして、それ以前は何と言っていたのでしょうか? オリエンテーリング、、、とも違いますね、、、ヤブ漕ぎ登山? 個人的意見でも結構ですが、ある程度 「公に認知」されているような事実があれば合わせてお願いします。 (ヤマケイでは***と言っている、とか、、、) よろしくお願いします。

  • 登山道を歩いている時 何を考えていますか?

    最近(ここ数年) バリエーションハイキングに凝っています。 GPSなども持たず(元々持っていない) 読図で行きます。 歩いている時は、 常にコース確認や、方向、と歩く距離などを測りながら歩きます。 (果たしてこのコースで正しいのか? 何か見落としはないか?と常に周りを見ながら登ります) 他のことなど考える余裕はありません。 場合によっては、帰ってきて体力の疲れよりも、精神的疲れの方が上回ります。 その分 達成感は得られます。 先日、久々に 一般の登山道を1日歩きました。 習性?なのか地図でコース確認(道標もあるのでまず必要ないのですが、、、)程度はしましたが、道に疑いも、また他の方向へ行く心配も無いので、考えていたのは、「帰りにどこの風呂に入ろうか?」「ついでに おいしい何か食べて帰ろうかな?」 「明日の仕事はどうしよう?」とか 余計なことばかり考えていました。 (以前、一般のy登山道では結構そうだったような気もします) そこで、質問ですが、一般の登山道(天候も良く、道もはっきりしているところ)で頭の中はどうしていますか? 「まっしろ」ということはないと思うのですが、、。 やはり、余計なことを考えて(帰りのことが余計かどうかは別として、今やっている登山以外のことと言う意味です)いますか? いつもソロなので聞く人もいないので、(こっそり)教えてください。 なお、必ずパーティで行って、会話しっぱなし、という人は回答結構です。 できればソロの人でお願いします。

  • 北海道のお奨め登山コース

    今年の夏 予定外の長期休みになるので北海道登山旅行(単独)を車(+自転車搭載)でします。 北海道の山は初めてです。 関東在住で北ア、南ア、八、秩父、丹沢、谷川、飯豊など大体歩きましたので これらと違う北海道らしい山へ行こうと考えています。 今は 利尻山、斜里岳、羅臼~硫黄 の3ヶ所を概ね決めていますが、他にここは是非というところありましたらお願いします。 北海道内であればどこでもOKです。 標高は問いません。(ここは北海道くらいだろう、、、という山に登れればOKです) 日程、長さも問いません。(車+自転車+バスくらいで周回できると助かります。テント持参) バリエーションハイキング(読図)もロック・沢もしますが、今回ザイルまでは持参しない、また土地勘もないエリアなので一応一般の登山コースと言われている範囲でお願いします。(健脚、上級者用問わず) 山の知名度は不要です。 詳しくはガイドブックか無ければネットで検索します。 山名とコース限定ならコース名、そして何が北海道らしい(ここだけ?)を教えてください。 よろしくお願いします。

その他の回答 (3)

  • 回答No.3

そういうハイキングは原則しないことにしてますが、低山でも、余り有名でない山では、道迷いしやすいんですよね。図らずも道迷いで、そういう目に合うことも稀ではないのですが、、、、 そういう経験を基に考えますと、 「日帰り 8時間歩行想定」なら、夏場、5時前に開始するのではないのなら、少し迷うと日没の可能性がグーンとありますね。 電池の予備も当然いりますけど、むしろ、日没後の行動時間を決めて、それ以上はビバーグの方が事故がおきないでしょう。 ということで、ツェルト&ロープ、予備食料は必須、盛夏以外はビビィバックかシュラフカバーもいります。 ストーブがあれば心強いでしょうね。 それとGPSでしょう。自分の現在地が特定できれば、通常の登山路や公道に何キロで出られるか見当がつきますから。 私は道迷いした時は、慌てない、焦るなと自分に言い聞かせて、ともかく落ち着くためにお茶を沸かして一服しますよ。食料もある、火も使える、そして日没まで○時間もある、XXキロは進めれる。地図でXXキロの半円を描いて、安心するようにしますよ。 心に余裕がなければ、判断を誤ります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

なるほど、やはりビバーク対応の装備ということですか。 参考にさせていただきます。ありがとうございました。

  • 回答No.2

#1です。追記します。 >一応 低山 春~初秋 1泊可能な装備として。 日帰り時に緊急1泊のための装備です。ちゃんと幕泊なら「テント」「寝袋」で。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1

何キロまでOKですか? 一応 低山 春~初秋 1泊可能な装備として。 1)ツェルト モンベル(montbell) U.L.ツェルト スプリンググリーン(SPGN) 1122281 240g 缶コーヒー(250cc)と同じサイズ 2)非常毛布(寝袋) SOL(ソル) エスケイプヴィヴィ 12416 252g ケッコウ場所を取ります。500cc 2本分くらい。(重さは軽い) 銀マットは持って行きません。有ると便利(イザと云う時のターフ代わり)は「ロゴス(LOGOS) LLLマルチ防水シート 82100060 240g」 最悪 ツェルトの代わりに。 3)パラコード 10mX2本 90gX2本 設営に使用です。斜面を降りる場合にも使用します。「エイト環」は止めました(汗)。若気のイタリです。 http://okwave.jp/qa/q7294053.html 4)予備のライト 私の使用電池は単4に統一しています。(以下 単4X1本) 予備のライトは「FENIX(フェニックス) LD01 R4 43g」です。 予備の予備はスマフォのストラップに「ELPA 1.0W LEDライトSHARP STYLE DOP-013BK 24g」 5)服 下着1式 靴下は必須で。川の中を歩く場合もあるので。 軽い靴が用意出来れば「移動用(電車/車の中用)」で。 普段持ちの「レインスーツ(ウインド・ブレイカーとして着用)」「【Power LED搭載】 3Wミニヘッドライト 約80g(単4X3本)」「水筒(MSR ドロメダリーバッグ4L 38057 MSR ハイドレーションキット 38060) 4.5kg」「ロスコ ファイヤースターター 着火器 火打ち石 45g」「マルチツール」など。 行動食(昼飯 自家製トレイルミックス) 非常食(最近は「固形カレントハチミツ 柚子」とコンビニ羊羹)くらい。 幕泊時には「テント」「インフレータブル キャンピングマット」「寝袋」調理用具(ストーブ ソロセット 焚 SCS-004 アルミが好き) 食材(夕食用)マグメイト 0.49Lは行きは食材(ミックスベジタブルなど) 食材を使った後は熱湯を入れて 夜と朝のコーヒータイムに。お酒はマイヤーズの200ccガラスのスキットルで(ムダな重量ですけど移し替えたく無い。)マグカップはスノーピークのシングルマグ450cc。 私は低山 春夏 専門ですので「軽装」です。参考になれば良いのですけど。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

さっそくありがとうございます。 (1)~(5)が追加する装備ですね? (それ以下の記述の意味がわかりませんが、、、「普通持ち」=一般道での装備、、特に記載してもらう必要はないのですが、、) 要はビバーク対応ということですね。 参考にさせてもらいます。

関連するQ&A

  • 剱岳、別山尾根からのルートにハーネス?

    いつもお世話になっています。 さて、この週末に北アルプス剱岳に登ってきたのですが、ハーネスやヘルメットを 装備させているツアー団体が複数ありました。また、ユーチューブでもそのような 映像があるところをみると、結構このような装備は一般化しているようです。 わたしとしては、剱岳の一般コースでハーネスやヘルメットを装備させる理由がわ かりません。あのようなところで鎖にカラビナをかけていこうとすれば、時間はか なり余分にかかるため、後続のパーティがかなり待たされてしまいます(最盛期 にはカニのタテバイで1時間待ちと言うこともあったそうです)。 そもそも、ザイルで確保しなければならないような人は、剱のような山は登るべき ではないと思います。 なぜ、このような「過保護」ともいうべき登山が増えたのでしょうか?

  • 白馬岳登山の保険

     近々、白馬岳に登山に行きます。  万一に備えて国内旅行保険(ハイキング保険)に入っていこうと思ってますが、「アイゼン使用の登山は対象外」とあります。  アイゼン使用の登山でもOKなのは山岳保険だと思いますが、夏の白馬の雪渓登りがピッケル・ザイルのバリバリ雪山レベルとは到底思えません。  軽アイゼンを着けていると保険の対象外になるなら、アイゼンなしで登らないといけないの?という矛盾を感じてます。(逆に危険な気がする)  白馬の雪渓の場合、万一に備えるためには国内旅行保険ではダメなのでしょうか?  夏の縦走路でも稀に雪渓を横切ったりします。大抵ステップが切ってあるのでアイゼンなしで歩けますが、用心して軽アイゼンを着けてしまうと事故に遭った時に保険対象外になってしまうのでしょうか?

  • バリエーションルート情報の入手方法

    一般の登山道は飽きてしまい、最近はバリエーション(踏跡、ヤブ漕ぎ登山)をメインにしています。 このようなことをしている方、そのルート情報の入手はどのようにしていますか? もちろん経験やレベルによるとは思いますが、やっている方 方法を紹介ください。 私の場合(%はここ1-2年の感覚です)    (1)良く行く山域のマイナー地名(山名、部落名、谷名等々)でネット検索する  50%    (2)図書館などで古い文献や紀行などで廃道、忘れられた山情報などを知る   30%    (3) 地理院の地図でおもしろそうなコースを設定して歩く(開拓)  20%    (4)  その他として 森林組合で情報をもらった 1回、宿で情報をもらった2回 私の場合の地域は関東+周辺県(福島、長野、山梨、静岡)です。 (3)をもっと多くしたいのですが、まだまだ実力が不足しているのと、当たり外れが多い(行ってみたら登山道みたいな道があったなど)ので(1)か(2)が多くなっています。

  • 地図の作製方法

    この手の情報に詳しい方もしくは業界の方の回答をお願いします。 先日、バリエーションルート(一般の登山道ではないルート)を読図しならが歩いてきました。 その途中ルートを間違えてしまい、よくよく地形を確認して間違いを確認し本来のルートへ戻りました。(国土地理院の1/25000の地図使用) 間違えて歩いたところは、まず人が歩くようなところではありません。(山中の中の山中です) そこでフト思ったのですが、このような山中の地形図をいったいどのように正確に描いているのでしょうか? 帰ってきて地理院のサイトを覗くと、製作方法として航空撮影となっていますが、地面が露出しているところならイザしらず、私が迷ったところはうっそうとした森の中でした。 木の高さも一律ではないにもかかわらず、なぜ空中撮影で地面の高さまで正確に出せるのでしょうか? わたしが迷ったところは相当複雑な地形にも関わらず、確かに地図の通りでした。(なので詳しく読んで間違いがわかりました) 人里なら複雑場所は別途歩いて確認もあり得そうですが、山中の中の山中までそんなことをしているとも考えらず、、、。 何か地面の高さだけを測定するような装置でもあるのでしょうか? 相当の高度から測れるそのような技術は何でしょうか? よろしくお願いします。

  • 称名滝

    4月26日より 雪の大谷へ行きます。 (前回ご回答いただきありがとうございました) 27日 立山から始発で室堂着、 10時からの雪の大谷の歩行まで待ち、 歩行後 立山まで折り返し戻ります。 【質問1】 その後 立山からバスで称名滝へ行こうか?と思案しています。 時間的にどうでしょうか?  できれば室堂周辺を散策したいのですが、 この時期 室堂周辺は雪道でみくりが池や地獄谷へは 準登山装備でないと行けないようですので  残念ですが 大谷のみで戻る予定です。 【質問2】ひょっとして室堂散策可能でしょうか?  ハイキング装備です。  宿泊地は 富山駅近、立山までの移動は車です。  黒部ダムへは 放水が始まった夏に再訪予定です。  天候不順時は 平野部を観光に切り替えます。 よろしくお願いします。

  • (関西)山登り 金剛山からステップアップ

    29の男です。 元々は筋トレ・マラソンが趣味で、その運動の延長として時々登山をしていましたが、 最近、登山を(運動の一環というよりは)登山として楽しみたいなと感じています。 今まで登ったことがあるのは以下です。全て単独です。 二上山(ノーマル?コース) 大和葛城山(ノーマル?コース & 1人テント泊) 金剛山(登山本道(雪)、カトラ谷コース(夏)、タカハタ谷コース(秋)) 最近、もう少しレベルの高い登山に挑戦してみたいと考えていますが、 おすすめの山はありますでしょうか。 たぶん、これからの季節、標高が金剛山以上になると雪になるので、 そこもご配慮いただけると幸いです。 できれば希望は、 ・単独登山が前提(一人で黄昏たいのです) ・公共交通機関で行けるほうがいい(車はありますが、スタッドレスタイヤじゃないです) ・大阪から日帰りまたは1泊2日(土日)で行ける ・積雪していてもいいが、あんまりトンデモない積雪量ではないこと ・できれば、頂上から壮観な景色が見える程度の標高 です。 普段登山で持っていく装備は ・18Lのザック (32Lのも持っています) ・上は、スポーツTシャツ+ユニクロのワッフルロングTシャツ+ミレーのウインドブレーカ  暑さに応じて着たり脱いだり。登りは冬以外はスポーツTシャツのみ。  レインウェアはまだ持っていない ・下は、膝から下をチャックで着脱できるタイプの薄手ズボン ・登山用ヘッドライト、保温水筒 ・モンベルのダウンジャケット(寒い時の予備) ・サロモンの軽量ブーツ(X ULTRA MID 2 :トレランとトレッキングの中間的)   or コロンビアのトレッキングブーツ(マドルガピーク:普通のトレッキングブーツ) レインウェアはモンベルのストームクルーザーを買おうと思っています。 また、軽アイゼンも買って慣れた金剛山で練習しようと思っています。 突っ込みどころ多いかもしれませんが、よろしくお願いいたします。

  • ビンタンとバリハイの違い

    インドネシアのビンタンビールとバリハイビールの 違いがわかる方 教えてください。 ビンタンが飲みやすい という事しか知りません。 よろしくお願いします。。

  • バリ島★バリハイクルーズ

    バリ島でバリハイクルーズに参加された方に質問です。 このツアーに参加するとなるとほぼ1日つぶれますが、 行く価値があるほど海はきれいですか? なんとなく、グアムで行ったココス島をイメージしているんですが。 娘がお魚が泳いでる海も見てみたい、と言うので。 こちらでお勧めしてもらったグランドハイアットに滞在するので ホテル前のビーチとそんなに変わらないのなら一日もったいないなぁって 思っています。 いかがでしょうか?

  • 7月31日から8月6日までの予定で、初めてバリのサヌール(バリハイアッ

    7月31日から8月6日までの予定で、初めてバリのサヌール(バリハイアット)に彼氏と滞在予定です。 1.今スケジュールを考えているのですが、下記のスケジュールで無理はないでしょうか?   観光もしたいのですが、せっかくのリゾートなので、すこしゆとりが欲しいです。 1日目・・・夕方着なので、夜ご飯だけ食べに行く。 2日目・・・レンボンガン島で、クルーズ&シュノーケリング(ツアーについています) 3日目・・・ゆっくりして、サヌール散策→タナロット寺院 4日目・・・トラジャヤ川ラフティング 5日目・・・未定 6日目・・・昼にチェックアウト後、クタのホテルへ移動・観光(2時間のマッサージ付き) 7日目・・・帰途 5日目は彼氏が天気がよければダイビングしたいと言っているので、そうしたら私はマッサージでもと思っています。 2.お互いの希望で、シュノーケリングとラフティングは日本から予約して行こうと思っています。   あと、個人的にタナロット寺院の夕日が見たいのですが、日本から予約すると   送迎付き(日本語ガイドあり)で$70位です。   彼氏が英語なら話せるので、日本語ガイドはいらない気もします。   現地でタクシーを拾って、送迎を頼んでも同じくらいかかるでしょうか??   初めてなので、やはり日本から予約の方が安心ですか? 3.サヌールでおすすめのレストランがあれば教えてください。   イタリア料理がおいしいというのは見ました。 質問ばかりで申し訳ありませんが、お答え頂ければ幸いです。 どうぞよろしくお願いします。

  • ハイ! ハイ! ハイ! ハイ!

    突如現れたイエスマン ハイ!を連発発言 何を思わせたかったのでございましょうか。