• 締切済み
  • すぐに回答を!

スピーカーのコーン紙の穴

知り合いにスピーカーを譲ってもらったのですが、コーン紙に穴が開いていました。 1つは直径2cm程の丸い穴。もう一つはひっかいたような1cm程の細長い穴が開いていました。 どちらもドーム部の穴です。 これらを自力で修理することは可能でしょうか? また修理するとき何をつかえばいいのでしょうか? 修理できない場合は交換も考えているのですが、そもそもコーン紙とは 交換可能なのでしょうか? そして、コーン紙単体で売っているものなのでしょうか? 全く知識が無くて質問ばかりでもうしわけありません。 回答待ってます。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数2858
  • ありがとう数1

みんなの回答

  • 回答No.3
  • nokata
  • ベストアンサー率27% (134/493)

dw9000 様おじゃまします。 (1)これらを自力で修理することは可能でしょうか? :特殊な構造を除き可能です。 (2)また修理するとき何をつかえばいいのでしょうか? :メーカー指定のリコーンキットが無難とは思いますが 投資せずに修理することも可能です。むしろ後者のほうが 歪が消えます。 リコーンキットを使わずにセンターキャップを修理するには センターキャップと同じ径のアルミ製のドーム状キャップを使います。 アルミキャップはコーラなどの缶の底部を使います。 穴のあいてしまったセンターキャップと同じ径に切り抜いておきます。 切りぬきにはハサミを使えば簡単にまるく切ることができます。 修理対象のセンターキャップを切り取りますが、その際 隙間にゴミが入らないように丁寧に除去します。 除去したら木工ボンドをコーン紙とアルミキャップに塗り 貼り合わせます。 キャップには手で持つところがないので、あらかじめ接着テープを 貼り付けっておいておけば持ちあげることができ 簡単に中央にバランスよく貼りつけることができます。 一日で乾きますが、乾くまでは音だし厳禁です。 これで、センターキャップから発生する歪も消え クリアな音質が保証されているはずです。 修理は、非常に簡単ですので、左右2個のスピーカー を一緒に交換することをお勧めします。 材料は、缶2個、木工ボンド数グラム、ハサミ、接着テープだけです。 お試しください。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • スピーカーコーンの修理方法

    パイオニアのS-180Dというスピーカーです。 コーン紙が破損し,中央部のドーム状のコーンが残るのみです。 エッジ修理にならい,ドーム状の中央部から端部までセーム皮で張りなおすことを考えています。本修理方法は,問題があるでしょうか。また,どのようなことに留意する必要があるか,ご指導願います。

  • スピーカーに小さな穴があいて低音がびびります。これってどうにかなりますか?

    PANASONICのステレオCDラジカセの右スピーカーコーンに穴があいてしまいました。穴の大きさは直径1ミリです。20年くらい前の古い機種なので取説が見つからないので何ワットかわかりませんが、コーンの直径は10センチです。 大きい音が出せて気にいっていました。小さく聞くには問題ないのですが大音量で聞くには低音がびびります。修理は可能でしょうか?

  • コーン型とドーム型の違いについて。

    スピーカーの形についての質問です! 最近新しい形のスピーカーを見たので質問させてもらいます。 自分でも少し調べたのですが、 ダイナミック型スピーカーには、 ・ホーン型 ・コーン型 →http://img3.store.yahoo.co.jp/I/joshin_1893_82676823 ・ドーム型 →http://images-jp.amazon.com/images/P/B000BAROLM.01.LZZZZZZZ.jpg があるようなのですが、 最近多く見始めた、 「ドーム型」スピーカーというのはどうなのでしょう? コーン型を今まではたくさん見ていたと思うのですが、最近この形が新製品などに多く付けられているような気がするんです。 新しいノートパソコンやスピーカー、Ipod関係やUSBミニスピーカーもこの形が多いです。 違いを調べたのですが、どうもドーム型スピーカーの事を書いているところが少なくて困りました。  違いはなんなのでしょうか? 自分で考えたところは、 ・真ん中のでっぱり(?)がヘコまなくて済む。 ・消費電力が少ないのかな? ・直径が小さくても、割と大きな音を再生できる? 自分で思いつくのはこんなところです。 知識をお持ちの方、もしくはこんな理由じゃないかな?って思う人の回答をお待ちしております。 よろしくおねがいします! 知恵をお貸しくださいm(_ _)m

  • 回答No.2

はじめまして♪ まず、基礎知識から。 コーン紙とは円錐状の振動板部分を示します。 センター部分のドーム状のものは、センタードームとかセンターキャップ、ダストキャップ等と呼びます。 周辺部分の柔軟な可動部分はエッジと呼ぶ物で、コーン紙の保持と振動時の柔軟性を備えています。 (日本ではエッジと呼びますが、国外等では他の名称、サラウンドとかそれぞれ違う場合も在ります) http://www9.wind.ne.jp/fujin/diy/denki/audio/speaker-genri.htm センタードーム部では、一部の製品に動作時の内部の空気圧逃がしのため穴を設けた製品も在ります。設計上必要な物の場合は塞がない事。 http://www.h3.dion.ne.jp/~roktal/unit/pe16m.html 周辺のエッジ部分の場合は、基本的にエッジの張り替えとします。 http://www.funteq.com/shop/shop1.htm http://www.sky.sannet.ne.jp/tossi/speaker/speaker_r.htm http://www.soufuu.com/speaker/speaker.html http://www.geocities.jp/otukadai/DIY/speaker/speaker.htm http://ameblo.jp/manbo-san/entry-11149047881.html センターキャップやコーン紙の補修等も検索すればそこそこ情報が得られますよ。 http://homepage3.nifty.com/w-taro/bondslab/jbl4312-main02.html

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1

ある程度の工作ができるのであれば、修理は可能です。 但し、基本的にはコーン紙の全面張り替えが必要となります。 修理には、「リコーンキット」と呼ばれている修理用のパーツキットを使用します。 スピーカーのメーカー毎にある程度は販売されていますので、それを使用すると楽でしょう。 一例(参考) http://www.soundhouse.co.jp/shop/SearchList.asp?i_type=c&s_category_cd=960 http://www.kannonsound.com/repair/p1.html http://www.hobbies-n-things.com/product-list/13 必要な道具等は下記が参考になるでしょう。 http://www.hobbies-n-things.com/page/18 また、JBL等であれば、コーン紙張り替え等も修理扱いで対応してもらえます。 参考 http://www.harman-japan.co.jp/support/repair/ 但し一部対応終了となっている機種もありますが・・・ 以上、ご参考まで。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • ラジオのスピーカーのコーン紙穴空いてもOK?

    メンテナンスをしていて、誤って綿棒でラジオのスピーカーの コーン紙の下部 端に、一センチ未満ほどの穴をあけてしまいました。しかし 一応普通に音は鳴りますし、さほど音質に劣化があるようには感じられない?ので まあ、このままでもいいかな、とも思うのですが Q. 音響学?的には、かなりの音質低下をしているはずなのでしょうか? 重低音が軽くなるとか? 聞き比べられないのでなんともいえないのですが おりをみて、部品取りから、スピーカーを交換したらやっぱり 元の音はぜんぜん違うな、という音質になるものでしょうか? 個人的なご経験でもかまわないので、お寄せください。

  • スピーカー用の穴の開け方について

    車に新たにスピーカーを増設しようと思っています。 そこで、樹脂の部分に直径12cmの穴を開けたいと思っています。 今考えているのが、半田ごてで樹脂をとかして、棒やすりで形を整えるという方法です。 でもこの方法だと時間がかかりすぎるし、なによりきれいに仕上がらないと思います。 どのようにしてあけたらきれいに、簡単に穴をあけることができるでしょうか? 1cmとかの小さい穴でしたら電動ドリルを持っているので大丈夫なのですが…。 ホームセンターなどで大きな穴をあける工具のレンタルなどは行っているのでしょうか?

  • スピーカーのサイズが知りたいです。

    古いスピーカーがボロボロなので交換したいのですが、 どこを測って何センチなのかが分かりません。 検索した回答ですが、 >単純に取り付けビス穴~穴の直径を計って下されば判りますよ。 スピーカーの外径は商品により若干の大きさに違いがありますが、取り付け穴は同じです。 規格がありますので、入らないものはありません。 ふちの部分測定は、スピーカーにより大きさが違いますので、駄目です。 という回答もあれば、 >取付ビス穴で計るとまれに入らないものがあるのでスピーカーのコーンの回りのプニプニゴムの外周までの直径がスピーカーのサイズです と、逆の回答もあります。 画像を添付します。このスピーカーを交換するには何センチで 探せばいいのか知りたいです。 ビスの感覚は16センチ弱です。 宜しくお願いします。

  • 古いスピーカー

    今度、AVアンプ購入を検討しています。(候補はYAMAHAの2400)AVアンプは主人が映画用に買う物で、ウーファーやリアのスピーカーは一緒に買う予定です。 それに伴って、別の部屋に置いてある7年ほど前に買ったSONYのシステムコンポと、20年以上前に買ったスピーカーを一緒の部屋に持ち込んでセットしたいと思っているのですが、これは組み合わせて使えるモノなのでしょうか? SONYのコンポは当時システムコンポといわれていた物で10万程度だったと思います。 これは単体で使ってもかまわないのですが、問題は古いスピーカーです。 これを買った時はその他デッキのフルセットで100万ぐらいだったそうですが、良いものかどうかはよく解りません。 ただ、子供心にこのステレオセットの音は大好きだったのは良く覚えているので、何とかまた使えないかと思っています。 しかしネットでいろいろ調べてみたところ、10年以上たったスピーカーはコーン紙が劣化していて良い音がでないと書いてありました。 そこで、コーン紙の交換部品の値段を調べたところ、30cmのウーファーコーンで一個2万以上のお値段!これでは新品のスピーカーを買った方が良いような気がしてきました。 そこでオーディオに詳しい方にお伺いしたいのですが。 1)4万以上かけて修理するより、アンプと一緒に買うスピーカーをランクアップさせた方がよいか? 2)本当に修理しないと使用には無理があるのか。 出来るだけ良い音で聞きたいとは思うのですが、購入予算が限られている(最大でも10万前半)ので、家にあるものを活用しようと思ったら、よけい費用がかかりそうなんで悩んでいます。 スピーカーはパイオニアの「CS-F75」、3ウェイ式で30cmコーンのウーファーと12cmコーンが付いているようです。 AVアンプの使用目的は、映画と音楽の割合が7:3程度。 スピーカーは10年程前にアンプが壊れてから全然使っていません。

  • ミニコンポについていたスピーカーの再利用

    先日、ミニコンポが壊れたので新しいものを購入しました。で、古いコンポを捨てる段階でふと思ったのですが、古いコンポのスピーカーと新しいコンポのスピーカーをAVアンプ?みたいな物にに繋いで、さらにDVDを繋げば4ch?の音響環境が作れるんじゃないかと…… AVアンプ自体触った事が無いので勘で書いてますが、出来ますか? ちなみにスピーカーは(説明書仕様を元に) 型式:バスレス式ブックシェルフ型、防磁設計 使用スピーカー:  ウーファー   10cm(コーン型)  トゥイーター  2cm(ドーム型)  インピーダンス 6Ω と、 型式:2ウェイバスレス型 使用スピーカー:  ウーファー   12cm(コーン型)  トゥイーター  3cm(ドーム型)  インピーダンス 6Ω です。

  • ツィーターのコーンが片方だけ震えません

    高いお金を出して、車のスピーカーを純正のものから、6スピーカーに取り替えたのですが、その直後、右のフロントについているスピーカーの音が明らかに変で(コーンも震えていません)、ボリューム調節時にプチプチとノイズが入ることに気づきました。 取り付けた店の人にクレームを出して、いろいろ調べてもらいましたが、配線は間違っていないし、デッキの故障以外考えにくいと言われました。 その後、デッキをパイオニアに修理に出したのですが、どこにも以上無しで、一応見込み修理ということで、原因の可能性のある箇所を新品と交換して、クリーニングもしたとのことでした。 しかし、もう一度取り付けて聞いてみると、やはり直っていません。 何が原因なのかもはっきりしないし、もうどこに文句を言ったらいいのか分かりません、、、良い解決法、もしくは少しでもアドバイスや、お気づきの点がありましたら教えてください、本当に困っています、よろしくお願いします。

  • スピーカーユニットの取り外し方

    古いスピーカーですが,パナソニックSB-MX50のウーハーのコーンの周囲(エッジ)部分がボロボロになったため,自力で修理を考えています。しかし,ウーハーの取り外し方が分かりません。どなたか教えていただけませんか?よろしくお願いいたします。

  • 最近の車載スピーカー(純正装着)について

    先日某コンパクトカー(18年式)のドアスピーカーを交換のため外してみました。 全体が樹脂製なのはまだしも、コーン紙駆動用のマグネット部が直径3センチほどしかなく、ドライバーの先をほとんど吸い付けることもありません。(小ビスはつきます)重量もとても軽く、とてもスピーカーとは思えませんでした。 **本題です。** (1)このようなスピーカーは新しいテクノロジーか何かに基づく新製品でしょうか? (2)それとも単にコストダウンの産物でしょうか? 磁力もほとんどなく3センチほどのものですが、音質はともかく不自由なく聞ける以上の音量は出ていました。 個人的には(1)かな?とも思うのですが、この分野は知識がなく、興味本位ではありますが、どなたかお詳しい方、教えて頂けますでしょうか?

  • スピーカー交換について

    現在、ヤマハの5.1シネマセットSV10オモチャアンプを使っています。 仕様 メインアンプ・      ココからはメインスピーカー分の配線のみ。 メイン      25W+25W(6Ω)   メインスピーカー 25W(6Ω)×2    2ウェイバスレフ型 10cmコーン  (フロント)               2cmスーパーツィータ  ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー NX-SW10 下記3個はSW10のアンプから配線が出ているのでこれを使用と思いますが。 アンプ部 ウーファー 50W(5Ω)         センター  40W(6Ω)  バスレフ型 8cmコーン×2 最大40w リア    25×2(6Ω) 密閉型   8cmコーン   最大30w ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー という仕様です。 最近付属のスピーカーでは納得がいかず(購入当時は満足だった) ステレオコンポのスピーカー バフレフ型 スピーカー構成 ウーファー     14cmコーン型 スコーカー      8cmコーン型 ツィーター      25cmドーム型 周波数帯域     40Hz~20000Hz 最大入力       80W(6Ω) を、セットのフロントスピーカーと取り替えてみました。 そして、セットのフロントをリアに持ってきたのです。 (リアスピーカーは余っている状態) すると音も若干分厚くなりリアと共、聞こえてくる音が増えました。 この構成は邪道ですか? 続く。

  • スピーカーのゴム部分がひび割れ

    オンキョーD77FX2(20年モノ)を使っています。 ウーハーのコーン外周部のゴムに穴と亀裂を発見しまいた。 左は2cmの穴と亀裂2本、右は6cmの穴と亀裂1本、 これって修理と買い換えのドッチが推奨ですか?