• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

石を切る方法について

お願いいたします。 昔、大きい石を切るのに、石に穴をあけ、木製のくさびを打ち込んで水を垂らし、くさびを膨張させて石を割る方法が使われていましたが、いつの時代まで実際に使われていたんでしょうか。 宜しくお願いいたします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数2939
  • ありがとう数1

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2

昔も、木のくさびを水で膨張させて石を切ったとは限らないのではないでしょうか。 動画で、石を切る場面があります。(大きな石ではないけれども) http://www.youtube.com/watch?feature=endscreen&NR=1&v=IE1Pts7W1yI 大きな石も、一列にくさびを打ち込むことで割る(切る)ことが出来るようです。 http://www.youtube.com/watch?v=pQTGhTXomhY&NR=1&feature=endscreen http://www.youtube.com/watch?v=8jwIFzyGNeY&feature=related 一列に開けた穴に二枚の板を入れて、その間にくさびを叩き入れると、岩は割れてしまうようです。 http://www.youtube.com/watch?v=7aEmjhtNRR0&feature=related 微妙な作業らしいですが、馬鹿力は要らないようです。 http://www.youtube.com/watch?v=2J_eL3SBuC4&feature=related   次のような説明があります。 http://chigaku.ed.gifu-u.ac.jp/chigakuhp/html/kyo/chisitsu/kakougan/granite-sekizai.html 石目に沿ってあけられた穴に“矢”と呼ばれる小型のクサビを入れて,それを順番に大型ハンマーでたたいていくと,石目に沿って岩石がうまく分割されていきます。 ここでは、昔も今も、基本的には同じで、水を使わない方法の説明があります。矢穴を、タガネで作るか、ドリルで作るかの差が、昔と今の違いのようです。 http://joker100.cocolog-nifty.com/blog/2009/06/post-c0a8.html 矢穴は、時代が新しくなる(最近になる)ほど小さいそうです。 http://www.pref.yamanashi.jp/maizou-bnk/topics/101-200/0189.html 山にある石切場のイラストが分かり易いです。 http://www.chunichi.co.jp/article/junior/naruhodo/201210/CK2012100702000199.html   石切が出来る方法の説明 http://www.h2.dion.ne.jp/~okamotoa/id_ishi.html   人力でうまく割れない場合でも、時間をおいてから作業を再開すると、割れることも多いそうです。もちろん、一昼夜かけていいのであれば、矢穴に乾いた木のくさびを押し込んで、木に水を吸わせれば、朝には割れているという方法をとった場合もあるでしょう。 そうやったのだが割れなかったという失敗もあると思います。 http://club.kobe-np.co.jp/mint/article/odekake/ishinomiti20040426.html   採石場、石切場、石丁場などに残っている矢穴の空いた跡のある石は、うまく割らなかったか、作業中に他の場所が割れてしまい石材の大きさがもうダメになったか、この石はダメだと諦めたのかしたのではないでしょうか。 http://www.city.sado.niigata.jp/sadobunka/kingin/etc/publication/report_h20/report_h20_02_j.htm http://kodou.lolipop.jp/okawa-tikujou-3.htm http://homepage2.nifty.com/kitadai/toyamajyo/isigaki/wariisi/2.htm   ピラミッドの石を切りだすときにも、木のくさびと水を使わなければならなかったかどうかは、わからないと思います。岩を押し開く力が掛かればいいので、くさびの形状や二枚の板の間にくさびを打ち込んだときの広げる力、てこの原理で広げる方法、木の水分膨張で広げる方法、色々な方法をその地域の伝統?でやっていたのではないでしょうか。 http://www.hues.kyushu-u.ac.jp/education/student/pdf/2009/2HE08074R.pdf   日本では、矢穴の長さ(短い幅ではない)のが、10cm級の大型になるのは16世紀だそうです。石材加工ではなくて、山から石を切りだす大がかりな石切場であれば、城郭石垣に使うような場合は、矢穴の長径が短いものなら、15世紀以前であろうと推定できるのかもしれません。 http://kaken.nii.ac.jp/pdf/2009/seika/jsps-2/35308/19500865seika.pdf   石材の加工跡だと、そうした方法では時代推定は無理でしょう。 石工さんなら、大きな鳥居や石碑、石灯籠、階段、石積みの壁でも、タガネと鎚だけで切りだし、形を整えてしまうと思います。下の動画は石工技能の紹介ですが、電動工具がなくても方法はまったく同じでしょう。1960年頃までなら、みんな手作業でしたでしょう。 http://www.youtube.com/watch?v=Xs-Pe1jaYdI&feature=related

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

moto_koukousei さま 詳しい回答ありがとうございます。 石に関する色々な技術があるもんですね。 教えていただいたアドレスを全部チェックしました。 私が建築現場で見つけた矢穴は「大型矢穴技法」のものだと思います。長径が10cm程有りましたので。 しかし、昭和の初めごろかも分かりませんね。 教えていただいた情報をもとにもう一度研究し直してみます。 どうもありがとうございました。

関連するQ&A

  • 少し大きい石を割りたいどんな方法がありますか。(1mくらい)

    1mくらいの石があるのですが、ハンマードリルで穴を27mmのドリルで160mmの深さに穴をあけ5箇所開けてセリ矢を入れて打ち込んだのですがなかなか割れませんでした。 今度はブライスターというもので膨張させて割ってみようと思っていますが27mmのドリルでは小さいのでだめだといわれました。 何か良い方法はないでしょうか?個人では無理なのでしょうか?

  • 40cmくらいの石に穴を開ける方法

    大きめの石(40cm)に5-10cm程度の穴をDIYでできる範囲内で貫通させたいのですがどの用は方法がありますでしょうか? 石はいくらでもありますので割れるなど失敗することは厭いません。

  • 石笛でしょうか?

    家の周りを掘ったら画像の様な石が出てきました。この辺りは縄文時代の土器が出て、埋蔵指定地になっています。拳に入る大きさで穴が1つあいています。詳しい方、教えて下さい!

その他の回答 (1)

  • 回答No.1

少なくとも、昭和34年までは使われていたのは確実。 その根拠:大谷石のデータ。 http://www1.ocn.ne.jp/~oyais930/about.html 「大谷石の全採石場が機械化されたのは昭和34年頃」という記述がある。 大谷石(凝灰岩)は軟らかい部類なので、御影石のように堅い石より機械化は遅いはずなので 実質的には、この時期が最後と考えて大丈夫と思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

masa2211さま 回答ありがとうございます。 じつは、ある特定の場所の遺跡について調べている最中です。ある建築現場に転がっていた、一抱え程の大きさの石にクサビを打ち込む穴が有ることに気がつきました。 もしかして、数百年前の遺跡かと思い質問させていただきましたが、昭和に入ってからのものかも知れないと言うことですね。

関連するQ&A

  • 石に水はしみますか?

    教えて下さい! 夫婦で議論になっています。 石には水はしみていくものなのでしょうか。 それとも跳ね返すものなのでしょうか。 石の種類にもよると思いますが、その場合、どんな石ならしみて、 どんな石ならしみないのでしょうか。 私の認識では、石に水はしみないと思うのですが……

  • 石を小さくする方法

    成人するくらいまで余り水分を取らない方でした。膀胱炎にはよくなり、トイレも近いです。3日前から左右の脇腹が痛くなり、右が悪化しています。3週間前から扁桃炎で薬を飲んだりネブライザーをやっていました。が、峠を越えたようだし薬の副作用で胃が痛くなったので、1週間以上前から薬は飲んでいません。 扁桃腺はまだ炎症しているので時々咳がでます。その時、特に右脇腹がとても痛いです。治りかけた傷がピリッと破ける感じ。 恐らく腎臓ではないかと思うのですが、もし石が痛みを起こしているとしたら・・・という前提で教えてください。(連休明けには病院に行こうと思っていますが)多量に水分を取る、運動をする以外に良い方法があるでしょうか?過去のスレッドで「石を小さくする」との表現を使っている方がいらっしゃいましたが、具体的な方法が書かれてありませんでした。 また、水分は水がいいのでしょうか?水は水道水、それともミネラルウォーター?または、お茶類?昔、石を流すお茶の広告を見たこともありましたが、効くのでしょうか?それと、飲む間隔はあけたほうがいいのでしょうか?それとも一度に一気に何リットルも飲んだ方がいいのでしょうか? 現在はドクダミ茶を飲んでいます。今日は2リットル以上飲むつもりです。

  • 石加工について

    自分で採ってきた原石の石を、数珠の様なブレスを作りたいと思っております。石をまん丸く加工したり、磨いたり、石に糸を通す穴などを開けたいのですが、自分でやることは可能でしょうか?もしくはそのような業者はないのでしょうか?わかるか違いましたらアドバイスお願い致します。 ちなみに石の種類はいまいちわからないんで基本普通の石?とか鉱石?などと考えて頂ければと思います。ダイヤモンドやサファイアなど、高価な石ではありません。

  • 膨張ひる石

    危険物の消火で、「膨張ひる石」ってありますよね?多分、窒息消火の1つでないかと思うのですが、一体どのようなものなのでしょうか?写真とか載っているサイトがあったら、教えてください。また、どのように使って、どのように消火できるのか教えて下さい。

  • 丸い石をストラップにしたい

    再来週の彼の誕生日プレゼントに 彼の誕生石を買いました 初めは石だけ渡そうと思っていたのですが ただの石を渡されても持ち歩かないかな~と なので、ストラップかキーホルダーにしよう!と思い 紐やワイヤーでネットみたいなものを作ろうとしたのですが 試行錯誤しても不器用で出来ません(;;) 丸い石を紐でうまく包む方法 もしくは丸い石を固定できるパーツがあれば どなたか教えてください ちなみに、石の大きさは直径1cmくらい 穴はあけたくありません 誕生日も近いので直ぐに回答ほしいです よろしくお願いします(;;)

  • 国構えの中に石

    元禄時代の文字なのですが、読み方が判りません。 国構えの中に「石」 漢和辞典でも載っていなかったため、 調べる方法がありませんでした。 知ってる方がいらっしゃいましたら 宜しくお願いします。

  • 石を編みこむ

    今好きなひとにアクセサリーを作っていて、 困ってしまったので質問させていただきます。 先日、穴があいているパワーストーンより綺麗な 穴が開いていないパワーストーンがあったので そっちを買ってしまいました。 前友達に見せてもらったアクセサリの作り方のやつで 石を刺しゅう糸で編みこむ(包み込む)ように作っている のを見かけたのですが・・。。。 検索してもまったく引っかかってくれません;;; 本当に困っています。 できれば作り方が乗っているサイトがあればいいのですが・・・ とにかくその本の情報(タイトルや出版社)だけでもいいので 教えてほしいです。 情報お願いします><;

  • 庭に敷く芝を生やせる石を探しています

    教えてください。 ご近所のお宅にあった、庭に敷いてある石なんですが、10cm×10cmくらいの、コンクリートのような材料の石で、中央に穴が開いていて、 その穴に、芝が植えてある石なのですが、とても素敵だったので探しています。 メーカーや、販売店、なんでも結構です。その材料を探す上で参考にあるような情報をお願いいたします。

  • コンクリートと石ではどちらが固い?

    石にもよると思いますが、振動ドリルを探していたところ、モルタルには穴が開けられるけど、RC鉄筋コンクリートなどの砂利が入ったコンクリートには開けられなかったというレビューがあります。 ということは砂利(石)にぶち当たると空けられないということはコンクリートより石のほうが固いということでしょうか?コンクリート用のビットはありますが石用のビットは見た事がないです。 まず鉄筋コンクリート造の壁や床のコンクリートに砂利が入っていることはあるのでしょうか? 穴開けをしていて見た事がありません。

  • 余った石を使った暗渠排水の仕方

    こんにちは。 隣近所の家が新築して盛り土をしたため、 我が家の庭は周囲に比べて低くなってしまい、 大雨が降ると水が溜まってしまいます。 排水路は確保してありますが、 さらに水はけを良くするために暗渠排水をしたいと思っています。 中くらいの石(10~20cm)が沢山ありますので、 それを使って暗渠排水をしたいと考えていますが、 穴の掘り方や、石の埋め方はどの様にしたらいいでしょうか? よろしくお願いします。