• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

人種による文化の違い

歴史、生物学、文化人類学などどの分野に入るのかわかりませんが、お願いします。人類はアフリカの同じ祖先から進化したと聞きますが、西洋のクラシックや言語等と東洋の和楽器、漢字などの違いは、何故生れるのでしょうか。 西洋は、論理的思考、日本は、感覚的などと言われますが 環境の違いが原因でそうなったのだろうと思いますが、これほどまで違うものでしょうか。医学的に解明されているのでしょうか。もし、わかりましたら教えてください。

noname#5985
noname#5985

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数5
  • 閲覧数683
  • ありがとう数6

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.3
noname#118466
noname#118466

文化の差は地域差であり人種には関係ありません。言語は5,000種にも分かれており、西欧語中心の比較はナンセンスです。文字を持った民族は限られており残りは全て民族間の交流で学び、改善を加えたに過ぎません。英国人もフランス人もドイツ人も(厳密には彼らの先祖)日本民族同様に文字を持っていませんでした。 論理的か感覚的かは後天的なものであり人種固有の差ではない筈です。西欧と日本と比較すること自体があまり意味がないと思います。他地域の国民、人種は対象にしないのでしょうか。(中近東、アフリカ、アジア、オセアニア、中南米など) 現在検討に値するのは国民、人種によって左脳、右脳の使用に差が有るのかどうか、あるとすればどの程度の差か・・・ぐらいではないでしょうか。 比較をする場合は日本とある国との差を行うべきであり(二国間)、普遍化して人種間の比較まで行うのは飛躍しすぎで科学的とはいえないと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

人種によって左脳、右脳の使用に差が有るのかどうかという事は気が付きませんでした。ありがとうございました。

関連するQ&A

  • A型が祖先というのが定説のようですが・・・

    医学的?にはA型が祖先のようですが、人類の発祥の地はアフリカになっていますが、そのアフリカではO型が圧倒的に多いようですが、 やはり、医学的にA型が祖先という事になっているので、A型が祖先になるんでしょうか? ABO(表現型)による、人類移動を推測する事は、難しいのでしょうか?(不可能に近いでしょうか?)

  • 人種による肌の色や顔の特徴ってどのような理由で変化したのでしょうか?

    人類の祖先はアフリカからだとよく聞きますが、では白人は何故色が白くて、我々は黄色、黒人は黒いのでしょうか?また、眼の色や顔の特徴は? 代表的な各人種の特徴の理由を教えてください。 また未来の人間はよく言われる宇宙人みたいな体になるかもしれないなどといわれますが、枝分かれして環境に対応して進化人類のうち、どの人種が一番進化した人種なのでしょうか?我々日本人はどこが何のために退化して、どこが進化したのでしょうか?

  • 西洋美術と東洋美術

    初歩的な質問ですが、東洋は線・平面、西洋は面・立体という捉え方をしているのですが、何故こんなにも違いが生まれたのでしょうか? 極端に言えば、ユーラシア大陸は大陸続きであまり違いは生まれないような気もするのですが、明らかに東洋と西洋というものが生まれているので、凄いと思う反面、不思議です。 また、東洋もあるがそれ以上に西洋には彫刻も盛んなのは、地質とか気候・宗教なども関係あるのでしょうか? 同じ地球上で、同じ人類であっても、見方等で、それぞれの文明・美術が発展しているのは本当に凄いものを感じます。 今現代は変わってるとは思いますが、以前の考え方では、主に東洋は自然との共生、西洋は自然を支配と聞いたことがあり、西洋で進化論について否定的な意見が多い等、お互いの美術観点の違いは、そのような面も影響あるのでしょうか? 皆さんの考え等、ご指摘頂きたいです。

その他の回答 (4)

  • 回答No.5
  • makochi
  • ベストアンサー率38% (496/1279)

#4の方と同意見です。 人種という概念が人類史のなかで果たしてきた役割の殆どすべては、差別や抑圧につながっています。 ナチスヒトラーはアーリア人の優位性を説き、ユダヤ人を人種的に差別しました。 南アのアパルトヘイトは、「人種隔離政策」と訳されます。 人種という概念自体がゆらいでいる現実に注視して欲しいと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

色々教えていただいてありがとうございました。 もし将来、会話をすぐ翻訳する機械ができたら、世界中の国に旅行して、色々な価値観の人と話してみたいです。 そういう考え方もできるのかという発見をすると思います。

  • 回答No.4
  • ayumu-k
  • ベストアンサー率35% (25/70)

<人種>という概念そのものが、実は意味のないものです。アメリカの人類学会は、すでに<人種>という概念は遺伝的には意味がない、ということを宣言しています。つまり、白人・黒人とか日本人とかを決める遺伝子などは存在しません(髪が縮れているなどの特質は、あくまでもその髪の特質の遺伝子であって、「黒人」という遺伝子が特定の形質全般を決定しているわけではありません。だから平均的「白人」より肌色の薄い「黒人」もアメリカなどには結構います)。  ではなぜ<人種>に人々はこだわるのか。それは、<人種>は必ず社会構造と深いかかわりをもってつくられてきた・使われてきた概念だからです。西洋では<人種>概念は奴隷貿易・奴隷制の興隆とともに登場しました。つまり人が人を「モノ」化するには、種が異なるという正当化の説明がなければならなかったのです。それは啓蒙主義の人間平等という建前の裏面史です。そして、いまでもアメリカの「白人」の多くは「白人であること」からくる非公式的な特権・恩恵を守るために汲々としています。  人はある<人種>として存在するというより、ある<人種>としてみなされる、というわけです。ですから、<人種>概念自体に生物学的根拠はなくても、<人種>概念によって社会構造が作られ、ある種の<人種>にくくられた人々がそれで悲惨な目に会う、というのはリアルなことです。  特に差別を受ける<人種>にくくられた人々(アメリカの「黒人」など)は、その境遇を表現し、不満を表明するために、独特の文化を作り上げることがあります(「ブルース」「ゴスペル」などはその典型)。後からみれば、「黒人」という<人種>には特有の文化があるように見えます。しかしそれは彼らが<人種>にくくられるようになったがゆえに育てた文化であるうえに、いかに一見「特殊」に見えようと西洋音楽を取り入れて独自の音楽に変えていったプロセスがあります。同様のことは、東アジアにおける言語と漢字の場合にもいえます。漢字は共通文化ですが、日本語・朝鮮語と中国語は語族が違います。人種と文化の関係は、実に恣意的(必然性がない)なのです。  ゆえに、各文化を<人種>に特有・本質的なものとして捉えることに意味があるとは思えません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

白人・黒人とか日本人とかを決める遺伝子などは存在しないという点は、勉強になりました。遺伝より地域環境の影響が大きいのでしょうか。

  • 回答No.2
  • amayan
  • ベストアンサー率42% (138/321)

あまやんです。 人種や民族の違いはは生物学的、生まれながらのものでありますが、文明や文化については環境であり、歴史的な背景や地理的な隔離性から発生し、進化を遂げてきたものです。そこに関係性はありません。 例えば、アメリカの黒人は西アフリカを中心に奴隷としてつれてこられた人の子孫ですが、現在の西アフリカの人と、遺伝的、人種的なつながりはあるかもしれませんが、生活様式、宗教、文字、言語などは今日では全く違うものとなっています。 また、日本人でも、海外に移住し、2世、3世、4世くらいになったら、見かけは日本人でも言葉や考え方などはその国の人と同じになってしまうでしょう。 同じ黄色人種で見かけは判別不能でも、中国人、日本人、韓国人では、言葉はもちろん、思考様式や生活習慣は相当異なりますね。 近代になって人の行き来が容易になり、世界が小さくなることで、文明や文化が均質化するとともに、異人種間の結婚も増えてきて、世界は均質化する方向にあるという意見もある一方で、逆に軋轢が生み出されているという意見もあります。 ハンチントン「文明の衝突」(下記URL)を一読されることをおすすめします。戦後冷戦以降、8つの文明圏に世界を分け、衝突していることが現在の国際情勢の基になっていると分析した名著です。

参考URL:
http://home.att.ne.jp/apple/tamaco/Nakameguro/990510theClash.htm

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

今度読んでみます。ありがとうございました。

  • 回答No.1
  • yow
  • ベストアンサー率23% (181/782)

日本からつれてこられたニホンザルのグループがテキサスに住んでるそうです。テキサスのニホンザルは日本に住んでいるニホンザルよりもひとまわり大きくて、昼寝をするそうです。 やはり気候や土地などの環境からくるのではないかと思います。 ただの素人の意見ですが。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 人類は16万年も何をしていたの?医療、科学、文明

    人類の祖先が、チンパンジーなどの祖先と別れたのは600万年前くらい、現在の人類の直接的な祖先のホモ・サピエンスは16万年ほど前にアフリカで誕生し世界中に広がっていった。 そして16万年ほど前から人類は何も変わっていなく、進化は完全に止まっているのだそうで。「もし10万年前の人類がタイムスリップして現代にやってきてスーツを着ていたら、誰もその人が過去の人であるとは気がつかないであろう」と偉い学者さんが言っていました。 で、不思議でならないのが、現在のような豊かな生活ができるようになったのがここ200~300年ということです。 医療、科学、文化の発展も近代に発展し現代の豊かな暮らしを支えるベースになり、今も発展し続けています。 不思議です。 人類は16万年以上前から今と同じレベルの知能の素養を持っていたにも関わらず、16万年以上今より格段に貧しい生活をしてきたという話になります。 16万年以上人類は何をしていたのでしょう?なぜ現代と同じ素養を持ちながら16万年も現代のような豊かな暮らしへ辿りつけなかったのでしょうか?また逆にたった200年ほど(人類史上0.001%ほどの時間)でこれもどまでに医療、科学、人口はなぜ爆発的に発展しているのでしょうか?

  • イメージトレーニングの効果

    最近、イメージトレーニングでは癌細胞まで死滅させる研究が発表されているんですね。ちょっと驚きました。 イメージするだけでがん細胞が死滅させるなんてある意味、東洋医学、西洋医学よりすごいですね。 今後はイメージトレーニングはどこまで進化すると思いますか? イメージトレーニングの秘めた可能性について皆さんの意見を 聞かせて頂けないでしょうか?

  • 人類は16万年も何をしていたの?医療、科学、文明

    人類の祖先が、チンパンジーなどの祖先と別れたのは600万年前くらい、現在の人類の直接的な祖先のホモ・サピエンスは16万年ほど前にアフリカで誕生し世界中に広がっていったそうです。 そして16万年ほど前から人類は何も変わっていなく、進化は完全に止まっているのだそうです。「もし10万年前の人類がタイムスリップして現代にやってきてスーツを着ていたら、誰もその人が過去の人であるとは気がつかないであろう」と偉い学者さんが言っていました。 で、不思議でならないのが、現在のような豊かな生活ができるようになったのがここ2~300年ということです。 医療、科学、文化の発展も近代に発展し現代の豊かな暮らしを支えるベースになり、今も発展し続けています。 不思議です。 人類は16万年以上前から今と同じレベルの知能の素養を持っていたにも関わらず16万年以上今より格段に貧しい生活をしてきたという話になります。 16万年以上人類は何をしていたのでしょう?なぜ現代と同じ素養を持ちながら16万年も現代のような豊かな暮らしへ辿りつけなかったのでしょうか?また逆にたった200年ほどでこれもどまでに医療、科学、人口はなぜ爆発的に発展しているのでしょうか? (なんか超古代文明系のものが存在していても不思議ではないのでは?って気がしてきます。)  

  • 現生人類と猿人

    何百年前の猿人の化石が発見されたと新聞によく掲載されてますよね。 そして、人類に進化の過程で様々な種類の原人が存在していたそうですね。 私は、我々の祖先はオーストラロピテクスや北京原人、ジャワ原人、 ネアンデルタール人など「直系」だと思ってました。違うのですね。 アフリカ東部でいろんな種類の人類が進化し、一番繁殖力のある人類 が生き残り世界に渡ったのがホモサピエンス。これも違う。 どうもいろんな人類が世界に渡り、いろんな地域で共存したり、 敵対したりして、淘汰され残ったのがホモサピエンスだと。 これが正解ですよね? さて質問! 1.共存の場合、交配はあったのですか?雑種が出来て遺伝的に   さらに強くなったとか? 2.いろんな種が世界に拡がった・・・であると、   決してホモサピエンスだけが生き残るのか?   ある隔離された、島とか谷などで、一部の種は生き残るのか?   雪男とか狼少年、小人、河童とかは、大昔の先祖が経験、記憶   から来る言い伝えだと聞いたこともあります。 3.生物学知識がないからこんな質問するのですが、   この場合の種はどのくらい違いがあるのか?   犬の種類くらい? 遺伝的に全く違うのか?   

  • モンゴロイドは白人が進化(変化)したものですか?

    現在の人類の祖先は10万年前アフリカを出た200人程度の黒人の集団でありインド人は従来言われていた北方のアーリア人が南下したものでは無くその地で黒人が進化(変化)したものであるとの記事を読んだ記憶がります。 インド人は肌の色を除けば白人にそっくりです。インド人がアフリカを出た黒人に近い遺伝子を持つならヨーロッパの白人もインド人に近い遺伝子をもっているはずです。 そう考えるとモンゴロイドは白人が氷河期の寒冷化で進化(変化)したと考えるのが妥当と思いますが、最新の遺伝学ではどのように見ているのですか?

  • ミトコンドリア イヴについて

    こんにちは。 人類共通の祖先はアフリカの1人の女性、という説がありますが その女性自身はどうやって誕生したのでしょうか? またその女性が子を産むための男はどこからきたのでしょう? それともミトコンドリアDNAの分岐を遡ると 1つの種類にたどり着くから1人の女性と言っているだけで 実際は集団を指しているのでしょうか。 イヴが人類の起源というのは納得できるのですが、その起源がどう発生するのかわかりません。 突然変異で一人だけ誕生したのか、それならその交配相手は何なのか。 生物や進化の事は無知なので分かりやすくおしえていただけませんでしょうか。

  • 「ヒトの祖先」と「チンパンジーの祖先」、何れが強者?

    「ヒトの祖先」と「チンパンジーの祖先」、何れが強者? 「ヒトの祖先」と「チンパンジーの祖先」は共通で、サルだったといいます。 また、アフリカの森林の後退が原因となって平原に降りたサルがヒトに進化したのだとも言います。 さて、私見です。 一般に、野生にあっては環境が悪化したとき、既得権を強者は保持できますが弱者は放棄させられるのだと思います。この考えからすると強者は森林に残り、弱者は平原に追放されたことになります。よって、ヒトの祖先となったサルの群れはチンパンジーの祖先となったサルの群れより非力だったことになります。 また、こうも考えます。非力で軟弱な群れは閉じ込められる形で森林に残り、積極果敢で豪胆な群れは森林を見限る形で平原へ降りたと。こちらの考えによればヒトの祖先となったサルの群れはチンパンジーの祖先となったサルの群れより優勢だったことになります。 生物学の見地からすると何れの推理が妥当ですか。どちらも的外れですか。 よろしくお願いします。

  • アラブ系のクラシック音楽家を教えてください。

    ユダヤ系の音楽家といえば、マーラー、メンデルスゾーンから、 ホロヴィッツ、グールド、パールマン、、 それこそ、並はずれた天才音楽家が、沢山いらっしゃいます。 クラシックは、もともと西洋の音楽だったから、でしょうか。 西洋のクラシック音楽が、アジアなど、全世界に広まったのは、 いつ頃なのか分かりませんが、 アジア系の音楽家も、世界のトップに沢山名を連ねてますから、 やはり、人類共通の芸術だと思います。 ふと思ったのが、アラブ系の方、イスラム教徒の方で、クラシック音楽家 が浮かばないのですが、私が知らないだけでしょうか。。 本当に少ないとしたら、それは何故なのでしょうか? 民族音楽、とくに、中東や東欧、アフリカの音楽など、とても好きですが、 クラシック音楽は、人種や文化を超えた芸術、人類の宝ではないかと思うので。。

  • 記紀神話や東洋の思想・文化を学ぶのによい私立大学?

    記紀神話や、東洋の思想・文化を学ぶのによい私立大学はどこですか? また、社会学部などでも上のような学問をできますか?やはり文学部になるのでしょうか? 文系の高校3年生です。 日本の思想や、東洋のものの考え方などに興味があって、 特に記紀神話や文化人類学に興味があります。 私立大学で、そのような学問をするのによいところはどこでしょうか? どこの大学がどんな分野に強いのか正直よくわかりません。 今は同志社、立命館、関西学院、西南を考えています。 東洋のものの考え方だけでなく、比較してより深めるために、西洋や、オーストラリアやアメリカの原住民のものの考え方など他の文化も学びたいと考えています。 また、文学部は、ワンジャンルに絞って深く研究するイメージがあるのですが、私は広く学びたいし、科目をみると文学部と内容が重なるところがあるようなので、社会学部でもそのような学問ができるのかと疑問に思いました。 文学部にいっていたOBから、文学部は就職が厳しいと聞くので、言語系以外で文学部にいくことに不安を感じます。 親には理解されなさそうなので、下調べしてから話したいと考えて質問しています〉〈 親へのカムフラージュの意味でも文学部という名称でない方が良いとも思っているのですが、文学部のほうが学べるならちゃんと親にも相談します^_^; また、わたしが上のようなことを学んでみたい!と思った動機は、文化背景や思想がしっかりしている、アジアや日本の骨太なファンタジーを書きたいという夢があるからなのですが、これについてもつっこみ等ございましたらご意見お願いします。 一部でも答えられる方、回答いただければ嬉幸いです♪

  • 屋根工事業の屋根葺きのシステムが科学の現代において

    屋根工事業の屋根葺きのシステムが科学の現代においても昔のまま技術の進歩というか根本的な概念そのものの向上を人類は怠っているのでしょう? 屋根は劣化するものなので、いずれ交換作業が自ずと生まれる。 電気工事だと交換作業が10-15年で必ず起こるので、交換作業をすることを前提に工事設計されている。 しかし、屋根工事業は、釘で打って、ビスで打って、木に穴を開けて固定する。 で、交換になると打った釘やビスを抜いて、抜いた時点で強度も劣化する。 打って抜いて打うたびに劣化していくのである。 しかも現代において屋根は取れない物が優れているという西洋文明に汚染されて、取れない屋根こそが素晴らしい屋根という風潮がある。 しかし屋根は葺き替えが必ず起こるのである。 数十年後の葺き替えを想定せずに固定していっているのは人間の業として愚かなことである。 それが未だに続いているのである。 人間は屋根に関して何も学ばず進化しないのである。 釘やビスで固定しない屋根の野地を傷めずに固定して何度打ち直しても野地を傷めずに施工する屋根をなぜ考えられないのだろう。 西洋文化にはポリフォームで固定するという概念があるが、ポリフォームで固定すると外せないので、西洋人は頭が良いと言うがそれほど頭が良いとは言えない。 東洋人は進化せずに西洋人は進化はするが進化させるポイントを間違えて進化している。 屋根の進化はいつ起こるのだ?