• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

イオン反応式を立ててください! 1

イオン反応式を立ててください! 1 1 Mg+2HCl → MgCl2+H2 2 2Na(CO3)2 + H2SO4 → Na2SO4+H2O+2CO2 3 NaHCO3+HCl → NaCl+H2O+CO2 4 FeSO4+BaCl2 → FeCl2+BaSO4 5 CuSO4+2NaOH→Cu(OH)2+Na2SO4 よろしければ別の投稿もよろしくお願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 化学
  • 回答数1
  • 閲覧数380
  • ありがとう数0

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1
  • htms42
  • ベストアンサー率47% (1120/2361)

2つの質問で合計11個の反応式が載っています。 イオン反応式は化学反応式から導くことのできるものです。 「立てる」という言葉は適当ではないと思います。 化学反応式はある反応が起こったということを表している表現です。関係している物質の種類と量の関係を表しています。ただし、関係はしていても量に変化が生じていないものは式の中には出てきません。変化したものだけを、変化した量だけ表しています。 イオン反応式はイオンが関係している場合にその種類と量の変化を表しているものです。化学反応式からイオンに関係する部分を抜き出しています。従って化学反応式の中に出てくる物質をイオンとして読み直す手順が必要になってきます。どの物質がイオンでできているかが分からなければイオン反応式を作ることは出来ません。化学の授業の最初に「結合の種類」と「化学式による表現」を学習したはずです。その部分があやしいと一歩も前に進むことが出来ないのです。イオンであるかどうかが反応条件によってかわるものもあります。その場合はここに示された反応が起こったとして、その時の反応条件で考えます。ここの問題では左辺にある物質の片方は全て常温で固体です。固体と固体、固体と気体の反応は起こりやすくはありません。普通は水溶液で起こっている反応だろうと考えます。 ※HClは常温で気体の物質であるというのは知っておられますね。水溶液中ではイオンに別れて存在します。普通「塩酸」と呼ばれているものは水溶液です。ここに出てくるような反応をさせる時に使うのはそれほど濃い溶液ではありません。H2SO4も濃い時と薄い時でイオンへの別れ方が異なります。ここに出てきている式が成り立つような場合はあまり濃いものではありません。 ※11個の反応式がただずらずらと並んでいるということはあり得ないことです。中間テストが終わったばかりだと思いますのでもしかしたら試験に出た問題のやり直しなのではないでしょうか。実際に出た問題と追加問題です。試験では白紙に近い答案を出したのではありませんか。問題の2 これは化学式自体が間違っています。これが間違いであるということに気が付いていないというのは反応式も危ういということではないでしょうか。 考え方と示します。 ・ここで示されている反応式が成り立つような反応条件を前提とします。 ・反応式の中の物質でイオンとして存在すると考えられるものをイオンに分けて書きます。 (H2Oをイオンに分けて書くなんてことをしてはいけません。圧倒的多数のH2Oはイオンに別れていません。H2Oのままで存在しています。) ・反応式の両辺で共通なイオンがあれば同じ数だけ消してしまいます。残った式がイオン反応式です。 (消してしまったイオンは存在はするが変化しなかったと考えられるイオンです。) 問題1だけやてみます。後の10個は自分でやって下さい。 Mg+2HCl → MgCl2+H2 イオンとして存在するのはHClとMgCl2です。 Mg+2(H^++Cl^-) → (Mg^2++2Cl^-)+H2 2Cl^-が共通です。消してしまいます。 Mg+2H^+ → Mg^2++H2

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 化学反応式

    次の化学反応式の係数を求めよという問題があるんですが、 1)C2H5OH + O2 => CO2 + H2O 2)NH4Cl + Ca(OH)2 => CaCl2 + H2O +NH3 3)NaHCO3 + HCl => NaCl + H2O + CO2 4)MnO2 + HCl => MnCl2 + H2O + Cl2 5)Cu + HNO3 => Cu(NO3)2 + H2O +NO 6)Cu + HNO3 => Cu(NO3)2 + H2O +NO2 7)炭酸水素ナトリウム(NaHCO3)を加熱すると炭酸ナトリウム (Na2CO3)と水と二酸化炭素に分解する。 8)硫酸ナトリウム(Na2SO4)水溶液に塩化バリウム(BaCl2)水溶液 を加えると硫酸バリウム(BaSO4)の白色沈殿ができる。 1)は順に1,3,2,3?? 2)は全然分かりません。 3)は全部係数1ですか? 4)は順に1,4,1,2,2?? 5)は分かりません・・・ 6)は分かりません・・・ 7)は NaHCO3 => Na2CO3 + H2O +CO2 で考えるんですよね?? 8)は Na2SO4 + BaCl2 => BaSO4・・・? Naとかなくなるってことですか??

  • 中和滴定における二酸化炭素の誤差

    教科書にある内容で理解できないところがあり、教えてください。 NaOH標準液にCO2が吸収され、NaOHの一部がNa2CO3に変わり、滴定誤差が生じる。特に、弱酸を中和するために、過量のNaOH標準液を入れ、放置後、残っているNaOHを酸標準液で逆滴定するとき(PP使用)CO2誤差が増加しやすい。 この理由は、放置した間にCO2を吸収して、HClで逆滴定するとき、まるでNaCO3中和滴定曲線のようになり、当量点以前でPPが脱色し+誤差が生じるからだ。メチルオレンジのように、pH5以下の変色範囲をもつ指示薬は、CO2誤差が表れない。 ここで、二つ質問があります。 (1)Na2CO3ができる反応式ですが、1)と2)のどちらが正しい考え方なのでしょうか。 1)CO2+H2O→H2CO3   H2CO3+NaOH→H2O+NaHCO3   NaHCO3+NaOH→Na2CO3+H20      Na2CO3+HCl→NaCl+NaHCO3   NaOH+HCl→NaCl+H20 2)2NaOH+CO2→Na2CO3+H20   Na2CO3+HCl→NaCl+NaHCO3   NaOH+HCl→NaCl+H20 (2)二酸化炭素によってフェノールフタレインで滴定すると誤差が生じるのはわかるのですが、メチルオレンジの場合生じない理由がわかりません。Na2CO3が弱酸のように働くので、同じように早く終点になるように感じるのですが。「H+]濃度が高くなると、どう影響するのでしょうか。

  • イオン反応式について

    こんにちは。 下の3つのイオン反応式の解き方がイマイチ良く分からなくて困っておりますので分かる方がいらっしゃいましたら教えて頂けないでしょうか・・・ (1)亜鉛を塩酸HClの中に入れると、水素が発生して、亜鉛は溶ける。 (2)硫酸銅(II)CuSO4水溶液と、硫化ナトリウムNa2S水溶液を混ぜると、硫化銅(II)CuSの黒色沈殿が生じる。 (3)塩化バリウムBaCl2水溶液と、硫酸H2SO4を混ぜると、硫酸バリウムBaSO4の白色沈殿が生じる。

  • 化学の反応式の質問です

    NaHCO3+HCl→NaCl+H2O+CO2という反応が起こるのはどうしてですか? また、H2SiO3は弱酸ですか? NaHCO3を加熱して分解するとあったのですが、加熱して分解するとはどこまでのことでしょうか? 加熱して分解ということはどこまで分解するかきまっているのでしょうか?

  • 化学反応式あってますか?

    Na+H2O→2NaOH+H2↑ 2Na+Cl2→2NaCl H2O+Cl2→HCl+HClO ↑あってますか?

  • 二段滴定と何ぞや??

    二段滴定のどこらへんが二段なのか理解できません。 2価の弱酸の炭酸H2CO3を強塩基のNaOHで中和滴定する場合 Na2CO3+HCL→NaHCO3+NaCL・・・・(1) NaHCO3+HCL→NaCL+H2O+CO2・・・(2) と書かれていたんですが、(1)の反応が起こってから(2)の反応が起こるとかかれていたんですが、なぜ(1)と(2)が同時進行でおきないんですか?? また、普通の中和滴定と二段滴定の違いを教えてほしいです。

  • 2段階反応

    (1)Na2CO3+HCl→NaHCO3+NaCl (2)NaHCO3+HCl→NaCl+H2O+CO2 のように二段階で反応が進むのは、 ・CO3^2-が2価だから ・CO3^2-が弱酸だから とも言えますよね? なぜならば、2価だと1回目、2回目と分けることができ、且つ、粒子的に考えたとき同じ粒子につき、2回反応する確立より、1回反応する確立が高くなる。 →(1)の方が確率的に高く、起こりやすいといえる という解釈でもありですか?(質問1) それから、niousさんから頂いた回答で (3)CO2 + H2O ⇔ H^+ + HCO3^- (4)[H^+][HCO3^-]/[CO2]=K1 (5)HCO3^- ⇔ H^+ + CO3^2- (6)[H^+][CO3^2-]/[HCO3^-]=K2 において、不等式がK1>>K2 となるのは、上記のわたしの解釈を適応させたとき、[CO2]≪[HCO3^-]となるからという解釈で正しいですか。(質問2) それとも平衡の式を見ただけで数値的に K1>>K2だと分かるのでしょうか。(質問3) よろしくお願いします。

  • 塩酸と炭酸ナトリウム

    Na2CO3+HCl→NaHCO3+NaCl Na2CO3+2HCl→2NaCl+H2O+CO2 塩酸と炭酸ナトリウムが反応する式を書け、と言われたらどちらを書けばよいのでしょうか????

  • 二段階反応について

    炭酸ナトリウムに塩酸をくわえると Na2CO3+HCl→NaHCO3+NaCl NaHCO3+HCl→NaCl+H2O+CO3 と二回に分かれるののはなぜでしょう・・・ 硫酸ナトリウムも硫酸水素ナトリウムを経由しますよね・・・

  • 高校化学 二段階中和の問題

    第一段階 炭酸ナトリウムと水酸化ナトリウムの混合水溶液20mlを0.10mol/Lの 希塩酸で滴定したところ、30mlを要した。 第二段階 同じ希塩酸で滴定をつづけたところ、終点までにさらに10mlを要した。 という問題で、解答には、 化学反応式 第一段階 NaOH + HCl →NaCl + H2O Na2CO3 + HCl →NaHCO3 + NaCl 第二段階 NaHCO3 + HCl →NaCl + H2O + CO2 より、混合溶液中のNaOHをx(mol/L)、Na2CO3をy(mol/L)とすると、 滴定(1)について (x+y) × 20/1000 = 0.10 × 30/1000 滴定(2)について y × 20/1000 = 0.10 × 10/1000 より連立して解くと書いてありますが、滴定(1)においてなぜNaOH、Na2CO3は20ml中 それぞれ何mlづつあるのかを考慮する必要はないのでしょうか。 例えばNaOHが5ml、Na2CO3が15mlの場合と、 NaOHが8ml、Na2CO3が12mlの場合とでは答えが変わってくるような気がするのです。 よろしくお願いします。