• ベストアンサー
  • 困ってます

相続時に知らなかった親の連帯保証

連帯保証の相続についてお伺いします 親の財産相続後、何年もたってから 子供が知らずに親が連帯保証していたものの支払いを 求められることはありますか 相続後、連帯保証について何らかの手続きをするものですか? していなければ連帯保証人にはなっていないのでしょうか? ちょっと上記事情とは違うのですが 亡くなった親が会社経営をしていて、会社の連帯保証人になっていまして 相続したあと、金融機関から連帯保証について何も言われていないのです さらに、ほかにも知らない何かの保証人になっていたかもしれません そういう場合会社に何かあった時、突然債権者から支払いを求められるのでしょうか? なにを連帯保証しているかもわからないで相続してしまうことってあると思うのですが そんな場合も免責などないのでしょうか? 親の死後、突然、あなたの親は誰それの連帯保証人になっていたから いくらか支払えと言われるものなのですか? 知らないで相続して連帯保証人になってしまった、放棄も選べなかった なんてことになるんでしょうか? よろしくお願いします

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数1503
  • ありがとう数3

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2
  • hata79
  • ベストアンサー率51% (2555/4940)

マイナスの遺産(借金)の存在を知り得たときから3ヶ月以内に手続きをし、借金の存在を知ることができなかった事情を裁判所に納得してもらえれば相続放棄は認められます。 相続放棄の3ヶ月というのは、熟慮期間としてあります。 死亡してから、3ヶ月以上経ってから請求書を送れば放棄されないという、裏技を認めてしまうことになります。 「債務があったことを知った日」から3ヶ月間は、相続放棄の申し出ができると考えるのが判例から来てる考え方です。

参考URL:
http://www.katuo-office.jp/category/1508451.html

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます お礼が遅くなってすみません 父が会社をやっていたのは知っているのですが 私生活でも今ひとつ何やっていたのか分からない人だったので 思いがけない負債は後から相続放棄ができると分かって安心しました 両親とも子のことを考えて生活する人たちではないので 自分の身を守るためによく分かっておかないといけませんね どうもありがとうございました

関連するQ&A

  • 連帯保証と相続

    債務者である兄が2年前に自己破産し、連帯保証人である父は5年前に他界し、その相続人である私に債権者から先月、支払請求がきました。 自己破産時に兄から、父が連帯保証人であることは知らされていませんでした。 私としては、兄の身勝手さから、感情としては、一銭も支払いたくありません。 第一回口頭弁論日も間近です。 そこで質問です 1.私の答弁書によって、債権者から直接兄へ請求はできないものでしょうか。 2.自己破産している兄の分の連帯保証の相続は、どうなるのか。  自己破産している為、消滅するのか、免除される兄の分は、私達に上乗せさ れるのか。 3.今回の場合、私は今からでも相続放棄が出来るのか。 4.もし相続放棄できたとして、その後債権者から取立ては無いのか。  (相続放棄を無効として、再度債権者から取り立てがあることもある。と、何かで見ましたが) 切羽詰っております。どうぞよろしくお願い致します。

  • 連帯保証債務を相続してしまいました

     父の連帯保証債務を知らずのうちに相続してしまいました、嫌なことは先送りにしているとさらに悪い結果になるもので、そのことを知ってからすでに3ヶ月以上経過し、債権相続の放棄の期間はすぎてしまいました。もともとの債務者はすでに自己破産しており、連帯保証人の4人のうち2人は同じく破産しております(この2人は債務者の親族)よって残りの二人の保証人でその債務を支払わなくてはならないようです。ただ私達からしますと債務者が自分達の身内だけで逃げたようにしか思えずとても腹が立っています。ですから債務を負担するのはしょうがないとしても、この事件に対する迷惑料、、もしくは負担した債務を求償することが元もとの債権者もしくは逃げた2人の連帯保証人にできるのならしたい気持ちでいっぱいです。なぜなら、父は晩年ボケており親戚・縁者はそのことは知っておりました。そんな父をだまくらかしてこの書類を作成したとしか思えず(父は連帯保証人になるときは必ず念書を書いていたが、今回はそれもない)また連帯保証人になったときはいつも債権者から確認の手紙が来ていたものですが、今回の件で母にきいてみてもそのような手紙は受け取っていないといいます。とにかくだまされた!という気持ちでいっぱいで何をどうしたら良いのかさえ見当がつきません、誰かアドバイスをお願いいたします。

  • 単純保証と連帯保証の相違点について

    行政書士試験の初学者です。 単純保証(以下、保証とします)と連帯保証に関して教えていただきたいことがあります。 保証債務の範囲として、保証人について生じた事由の効力は、「主債務を消滅させる行為の他は、主債務者に影響しない。」とあります。 つまり、これは「債権者が保証人に対して裁判上の請求をした場合でも、主債務者の消滅時効は中断しない。」ということでしょうか? 一方、連帯保証人の場合、「債権者が連帯保証人に対して裁判上の請求をした場合は、主債務の消滅時効も中断することになる。」とあります。 つまり、債権者が保証人・連帯保証人に対して裁判上の請求を行った場合、 主債務者に影響する→連帯保証 主債務者に影響しない→保証 という点が相違点なのでしょうか? 分かりにくい質問で申し訳ありません。 どうぞよろしくお願いいたします。

その他の回答 (2)

  • 回答No.3

No2さんが言われているのはあくまで裁判所を納得させる ことが出来ればです。 むしろ例外的なものです。 たとえば父親がたいした財産もなく、受け取る正の遺産は無く、 負債いもないと確信していたのに突然何年かして借財があると 聞いたようなケースは認められるかもしれません。 しかし貴方の様に父親が会社を経営しており連帯保証をしている ことを知っているなら、当然負の遺産もあるかもしれないと思う事 は知りえることで裁判所を納得させるかどうかは解かりません。 これは難しい問題で弁護士でなければ解決できないですよ。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます 父の会社の連帯保証についてはあると知ってから ずいぶんたってしまいましたが 他の把握しきれない負債が出てきた時どうなるのか そうしたことを心配しておりました 会社の負債のことを知っていると その他の負債のことを後から知っても 相続放棄を認めてもらえないということなんですね かもしれないと思える状況なだけで 親の死後3か月以内に相続放棄するかしないか決めなければならないのなら とても難しい選択ですね 私は相続当時、会社とは全く無縁の生活で会社の業績も負債も知らず3か月過ぎ 母の意向で1年半もたってから相続したという経緯もあるので それに加えて父のまだ知らない謎の負債も相続してしまったかもしれないというのは とても恐ろしいです 何かあった時には弁護士さんに相談してみようと思います どうもありがとうございました

  • 回答No.1

相続放棄できるのは親の死後3カ月以内です。 それを過ぎると当然親の連帯保証も自動的に相続します。 貴方の同意は必要とされません。連帯保証人となります。 >親の死後、突然、あなたの親は誰それの連帯保証人になっていたから いくらか支払えと言われるものなのですか? 債権者は相続放棄されると困るので死後3カ月を経過してから 相続人に返済を求めるということは非常によくある話です。 そうなればもう弁護士に相談するしかないです。 大変難しい話となります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます なんてせちがらい世の中なのでしょうね せめてそんな時くらい遡って放棄とか なんらかの対処方法があればいいのに 免責もなにもないのでしょうか 銀行のひとつから、一度は連帯引き継がない手続き勧められたのですが その後、親の死後になにも銀行と連帯保証する手続きしていないから 引き継がない手続きは必要ないと言われたんです これも、銀行にとって必要ないだけで、私にとっては必要ある なんてオチなのでしょうか、、、いまだ連帯保証人なのでしょうか とてもこわいですね

関連するQ&A

  • 連帯保証人の相続人はやはり連帯保証人ですか

    父が連帯保証人になりました。2年前死亡しました。 父が連帯保証人になりました件で、債権者より支払いのことで相談されています。 自分自ら連帯保証人になったわけではないのですが、相続人としてなら 保証人に格下げとか、減免のような措置はないものなのでしょうか?

  • 会社の連帯保証の相続  書き換え後も続きますか?

    会社経営をしていた父が亡くなり実家の土地と家を母と共有名義で相続しました ですが、父の会社は負債もそれなりに多い会社で、母が会社を継いだ後に 震災の影響でいつまでもつかわからない経営難になってしまいました 負債は借りて返すの自転車操業で、父が連帯保証していた頃の負債は 書き換えをして母が連帯保証人になっています この場合、父の財産を相続した私の連帯保証はもうないのでしょうか? 銀行にきいてみましたが、父の死後、私はなにも署名もしていないので 免責的債務引受の必要がないと言われました、本当に連帯保証は相続していないのでしょうか? ・母が書き換えや借り換えをした後も父の連帯保証は続いているのでしょうか? ・父の死後に銀行と何らかの契約をしていなければ連帯保証は相続されないのでしょうか? どうぞよろしくお願いします

  • 故人の連帯保証について

    主人が先日亡くなりました。生前会社の役員となっており、会社を建てるのに保証人になったと聞いたことがあります。相続をするにあたり、社長に保証人になっていたか聞いたのですが、名前を借りただけとの事でした。そこで質問です。 1、どのような連帯保証人になっていたか調べる方法はあるのか? 2、もし、連帯保証人になっていた場合取り消しはできるのか?(相続放棄以外) 以上、相続について不安になっています。宜しくお願い致します。

  • 連帯保証の相続について

    先日、信用保証協会なるところから通知が来ました。 母の再婚相手が借金をしており、母が保証人になっていたとのこと。 債務者、連帯保証人が返済できなかったため、 連帯保証人の法定相続人である私に支払いするよう求める内容でした。 母が亡くなったのは去年の8月なのですが、相続放棄の手続きはしていませんでした。 しかし、母は20数年前に私の父と離婚し、私はその後ずっと父と暮らして来たので 母の再婚相手は私にとって他人同然です。 自分自身で相続に関する調査をしなかった責任とは思いますが、 いまさら、他人同然の人の借金の支払いをすることに納得できません。 何かいい方法がありましたら教えてください。 よろしくお願いします。

  • 連帯保証人の相続人について

    相続放棄では連帯保証から逃れられないと聞きます。 まぁ、認めたら簡単に詐欺まがいないしは錬金のようなことが出来てしまうようなものなので分かりますが… ここからは完全に素人考えです。 で、あれば連帯保証とは相続人の同意なしになれないべきではないですか? そして通知の義務もあってしかるべきだと思うのですが… だって連帯保証人になにかあったら、時と場合により相続人の人生を破壊するようなことも考えられますよね。 そして、たとえば連帯保証人がとても騙されやすいとか、悪く利用されるようなことが予見される時に、連帯保証人の相続人はそれを未然に防ぐあるいは連帯保証の義務から逃れる方法はないのでしょうか? 私には法律的な知識はほぼ皆無ですので、分かりやすく教えていただけると助かります。

  • 相続放棄後の連帯保証の扱いについて

    先日亡くなった父が、第3者(Aとします)の連帯保証人 になっていることが判りました。額は1000万程度です。 資産もありますので、全額返済するとトントンか+- 数百万程度ですが、Aと遺族は現在何の関わりもなく、 Aの人柄等も考慮すると、心情的にはAを救済したくない (1円も払いたくない)と思っています。 そこで相続放棄した場合、誰も相続人がいなければ遺産は 国庫に帰属し、債権者に分配されると思いますが、 連帯保証人になっている件の債権者にも、全額1000万支払 われてしまうのでしょうか。(遺産で賄えればですが) そうなると結局はAを救済するのと同じことになってしまう のでしょうか。 どうやっても主たる債務者だけが救われるような気がして 釈然としないものがあります。

  • 通常保証と連帯保証の異同

    債権者と保証人に混同が生じたとき、通常保証の場合は主債務は消滅せず、連帯保証の場合は主債務が消滅するとされていますが、これは何故でしょうか?

  • 連帯保証人と自己破産、相続放棄について教えてください

    過去の質問を見ても今ひとつはっきりしないので質問します。 1、連帯保証人は、債権者(銀行)から代位弁済を迫られたときには自己破産が認められれば連帯保証人の義務を免除されますか? 2、親の遺産の相続権を放棄することにより、子供は連帯保証人の相続も放棄できますか?もし出来るのならどの範囲(相続権のある甥、姪など)の人が放棄の手続きをしなければならないのでしょうか?

  • 相続人による連帯保証の要求について

    父は3年前から個人事業を営んでいます。 父の相続人は妹と私(兄)の2人です。 子供には不動産はありません。 今般、父は、資金が必要となり、都市銀行に保証協会の保証付き融資を申込しました。 事業用不動産は抵当に入ります。 銀行は前向きに検討してくれることになりましたが、父が万が一(死亡など)の時のために相続人である妹か私のどちらかの連帯保証人が必要と言っています。 1.私は保証協会の保証は父の万が一の場合に備えての保証であるので、子供の連帯保証は必要がないと考えていますが間違いでしょうか。 通常、融資の連帯保証は相続人に限定しないで、資力のある人がなるのではないのでしょうか。 2.保証協会と銀行とは融資債権について(或いは不動産抵当について)どのような契約になるのでしょうか。 或いは、父と保証協会との契約でしょうか、そうであれば、父の万が一の場合は融資残についての保証は相続人に支払われて、それを銀行に返済することになるとすれば、相続人の連帯保証も分かるような気がします。 3.相続人の連帯保証はどこまでの範囲におよぶのでしょうか。 事業不振の場合の返済の滞りなどを含めて融資債務についてのみでしょうか。 4.もし、父が死亡したときに、マイナス相続資産(融資金を含めて)は相続の放棄が出来るのではないでしょうか。 5.子供には不動産はありませんが、不動産のある相続人を提供するように言われないでしょうか。 ご教示ください。

  • 連帯保証の附従性

    連帯保証も保証の一種であるから、附従性を有するから、主たる債務者に生じた事由はすべて連帯保証人に及ぶことになる。(民458)  これについて質問ですが、主たる債務者に更改があった場合連帯保証人はどうなるのでしょうか?  具体例としては主たる債務者A、連帯保証をしているBここで主たる債務者Aの契約に更改があった場合どうなるのかと言うことです。  また連帯債務者のうち一人と債権者の間に更改があれば、債権は債務者全員のために消滅する。(民435)←これってどう言うことですか?  きになって眠れません。お願いします。