• ベストアンサー
  • 困ってます

なぜ1対1対応の数学を使うのか?

東大を目指すとき、受験勉強には青チャート以外にも1対1対応の数学などを使うよう 進められます。 網羅系問題集である青チャートを持ってしても、インプット、つまり解法パターンの暗記の量としては、不十分なんでしょうか?(例えば東大文系数学で安定して2完以上できるくらいを目指すとき) それともただ単に、青チャートで学んだ解法を使ってアウトプットの演習をするためでしょうか? 数学が苦手なんですが、苦手な原因は 単に解法パターンの習得不足なのか、それとも思考力不足の問題なのかわからないので、質問しました。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数2941
  • ありがとう数2

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.3

>暗記は、絶対に駄目。社会や英語とは違う。 >あくまで考え方を理解し、それを記憶する事。 多分おっしゃっていることに大きな間違いはないと思いますが、 誤解を生みそうなので補足。 考え方を理解しした上での「暗記」も必要です。定理などの具体的な 内容が反射的に出てくるようになるまで習熟することも重要。 #これを「暗記」と呼ぶべきか疑問ですが、 #少なくとも基礎的な公式、定理は頭に叩き込む必要があります。 理解しないでの暗記は問題外ですけどね。 これは単に受験対策としてではなく、一段上の抽象的な思考を 行うために必須の訓練で、ある種の直感力が身に付きます。 なので「理解」したら染み付くまで使って見て、また周辺の応用問題を解きましょう。 この訓練なしに高みに登って行ける方はきっと天才なんでしょう。 #出典を覚えていませんが、リチャード・ファインマンも #確か似たようなことを言っていたと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

その他の回答 (2)

  • 回答No.2

その話は ちょっと疑問。 1対1対応の演習≧青チャート 程度だから 本当に東大を目指すなら、その程度では不足。 東大・京大以外の旧帝大なら 青チャートで事足りるだろう。 定石の問題が多いし、それが確実にできれば合格圏だから。 しかし、東大・京大は 定石問題は“出ても 1題くらい”のもの。 1題では 到底(他の教科の出来 や 他の受験生の出来にもよるが)合格は難しい、文IIIは別にして。 青チャートの解法(私が使ったのは 黒大数だが)は あくまで“定石”の会得だけの事。 それは基本に過ぎない。東大を目指すなら、その程度は“前提”。 その使い方だが、暗記は、絶対に駄目。社会や英語とは違う。 あくまで考え方を理解し、それを記憶する事。出来れば、その時 別解を考えられる事が望ましい。 最低でも、「standard演習」は理解してなければならない。 私は「新演」を使った。3完達成。 例え、どんな参考書を使って問題は、その使い方。 君のように“入試数学=解法の暗記”なんて思ってたら、試験場で“泣き”を見るだろう。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1

数学が苦手な人間に多いのが、問題文を図式化できないということである。 端的に言えば国語力も足りない、そう感じさせられます。 教科書レベルの例題を、紙と鉛筆で図式化し、公式を自力で導き出せる ようになれば一人前と言ってもいい。結局は、センター試験なんて教科書 レベルですから。解法パターンと言えるほどのものがあるかな? いずれにしても、理解せずに丸暗記で突っ走ると必ずつまづきます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 数学 量をこなしてる割には伸びなくて困ってます

    自分がいままでしてきた参考書 青チャート(章末問題も)、一対一対応、スタンダード演習 文系数学の良問プラチカ(これは全部はできてません) 量としてはけっこうやってるほうだと思うのですが、これでも東大クラス(ちなみに文系です)の問題になると対応できません。 本当に簡単な東大の第問1ができるかできないかのレベルです。 数をこなしてきたのでセンターでは9割をキープできてます。 ただ二次の勉強をどうしていけばいいのかがわかりません。 本質的なことが理解できてないから点数が取れてないのか ただ単に問題演習量が足りてないのか・・・ 青チャートとかやってるときは疑問を残さずに暗記じゃなく理解して勉強してきました。 全統模試とかだと偏差値65程度は取れてました。 模試とかの問題みたいな青チャートを少しひねった問題は簡単に解けるのですが、東大京大みたいな解法がすぐには浮かばないような問題には対処できないです。

  • 苦手な数学3Cの夏休みメニュー

    私は現在高校3年で東大理科2類もしくは国公立医学部志望です。 ですが数学3Cがどうしても苦手で、この間受けた東大模試では問1~6まで一問も解けずに白紙で提出しました。 青チャートの基本例題はほとんど解きましたが、理解するのがやっとでなかなか解法が覚えられません。 重要例題は理解すら出来ない問題もあって、理解できても一問に1時間以上かかることも有ります。 今は『馬場・高杉の合格!数学3・C』を使っていてこれは理解できます。 こんな状態なので夏休みに何をするべきか迷っています。 (1)『馬場・高杉の合格!数学3・C』にある82題の演習問題を繰り返しとく。 (2)青チャートの基本例題をひたすら解く (3)青チャートの基本・重要例題をひたすら解く (4)『馬場・高杉の合格!数学3・C』の演習問題を解き、青チャートの重要例題を時間をかけてでも理解する。 (5)『東大数学で1点でも多く取る方法 理系編』をなんとか理解してひたすら解く (6)青チャートの重要例題を理解することにひたすら徹する 今はこの6パターンを考えています。 重要例題は時間もかかるしまだ2,3題しか解いていません。 それと夏休みには他の科目もやらなければならないので毎日1時間半ぐらいしか時間がとれません。 それとも他に良い問題集が有りますか? ですが1対1の演習は自分には合わない気がしました・・・。 長文ですみません。 どうかよろしくお願いします。

  • 大学受験数学の演習が必要か

    私は通信制高校に通っていて、数学の勉強は基本的に自分で自主的にやっているものだけです。 これまで私は網羅系の参考書(本質の解法といいます)の例題のみをやってきて、これからもそうしていくつもりでしたが全日制に通っている友人が宿題などでたくさんの演習を積んでいると聞いて少し不安になってきました。 やはり例題でインプットするだけでなく問題集などでアウトプットをした方が良いでしょうか? また必要だとしたらどのようなタイミングがよいでしょうか? アドバイスよろしくお願いします。

  • 大学受験数学、本質の理解か、解法パターンの暗記か?

    皆さん宜しくお願い申し上げ致します! 教科書程度の学習が終わった段階の次のステップについてお尋ね致したいと思います。 今、旺文社から出ている、長岡氏の、旧本質の研究、総合的研究数学が、話題に成って居ります。数学の本質が理解出来れば、どんな入試数学にも、対応出来ると謳って居ります。総合的研究数学は確かに分厚い。しかし、精選された数少ない問題から、沢山の数学的本質が学べる構成と成って居り、最後の章末問題は殆ど全て東大からの問題構成と成って居ります。 一方、和田氏の唱える、解法パターン暗記の数学勉強方法も、古くから良く知られて居ります。 和田氏は、青チャートを勧めて居りますが、ネット上では、青チャートは挫折率が高く、もう一段下の、基本問題に的を絞った、黄色チャートの全ての問題の解法パターン暗記が良い、と謳って居ります。黄色チャート終了後は、1対1対応の数学の解法パターンの暗記に進みなさい。と、有ります。 果たして、数学の本質の理解か、数学の解法パターンの暗記なのか、どちらが正しいのでしょうか? 進学希望学部は医学部なので、大学に入れば、本格的に数学をする必要は有りません。 果たして、どちらが正しい大学受験数学勉強方法なのでしょうか? 是非是非宜しくお願い申し上げ致したいと思います!

  • 現在、文系の高二です。数学の問題集選びで悩んでいます。

    現在、文系の高二です。数学の問題集選びで悩んでいます。 網羅形の参考書は青チャートを選び、典型的な問題の解法暗記はだいたい終了しました。 次のアウトプット用問題集をさがしているのですが、一対一、スタンダード演習、文系良問プラチカを考えています。赤本への接続にはどれがいいでしょうか。また、他にオススメがありましたら教えてください。

  • 赤チャートと1対1対応の演習について

    才能のある人以外は赤チャートを完成させても1対1対応の演習の問題でとけないの問題は多いと思います。逆も同じです 性質の違う参考書(問題集)だから仕方ないとは思いますが、どう勉強をすすめて行けばいいのでしょうか?何かいい方法があったら知りたいです。 ちなみに私は青チャートは使いにくいので使いたくないので、パターン解法の習得には赤チャートを使おうと思ってます。

  • 東大受験について

    春から高3になる県立高生です。 先日志望校を筑波の社会から東大文IIIにあげました 今は東大はD判定です。 期末テストが終わり次第受験勉強に本格的に入ろうと思うのですが 何からやればいいのでしょうか?? 数学は青チャートがあるのでひたすら理解して解法暗記にいきたいと思ってます

  • 東大合格へ向けて・・・

    私は現在高2で東大の理I志望なのですが、数学の勉強法で悩んでいます。 現在考えている計画では 現在から7月頃までに青チャートを使って典型的な問題の解法パターンを暗記し、そこからは大学への数学などの問題集で演習を重ねていこうと思っています。 しかし、そうすると数学以外の科目の勉強時間があまり取れなくなってしまうと思い悩んでいます。 私の現在の学力ではセンター試験の過去問でも60~80点くらいしかとれず、基本的な問題を落とすことも多々あるため時間さえ許せば解法暗記を行って生きたいと思っているのですが、効率良く進めるためになにか良い方法はないでしょうか?

  • 受験数学 解法

    大学受験を控えた妹がいます。 数学がものすごく苦手です。 私は高校時代ある程度パターン暗記と 割り切ってひたすら書きなぐって 解法を条件反射で思い出せるというやり方でした。 これも問題弊害はあるかもしれません。 妹は理詰めでなぜそうなるのか。なぜこの公式を 使うのか。深く考えるようです。 学者みたいだなぁとか思います。 自分で解こうとする癖があるようです。 基本パターンのインプットが出来てないと アウトプットしようとしても無意味のように 思えます。 そんなもんだと割り切って覚えるということを 嫌うようです。偏差値にすると50に届きません。 両方極端かもしれませんが どのようにアドバイスしたらよいのでしょうか。 よろしくお願いします。

  • 数学勉強法 チャート

    私の状況 2浪目、宅浪、医学部志望 数学偏差値(河合)55~60 私は医学部に受かるため、数学は8月までには典型問題を解けるようになろうと考え、赤チャートをやる計画をたてました。赤チャートを選んだのは、青チャートの問題は羅針盤のマーク3つくらいまではとけるものが多いと感じたためその1つ上の赤のほうがよいのではないかと考えたからです。実際にやってみるとテーマごとの核となる考え方も学べ、模試や本番でつまずくところがどういう考え方をしないといけなかったのかということも少しずつわかってきた感じがします。しかし、検索してみると青チャートは医学部や東大にも使えるという情報もありますし、私は数学は得意ではないので本当は赤チャートは背伸びではなのかという不安もわいてきました。そこで青チャートと赤チャート、どちらをやったほうがいいと思うか皆さんのご意見をお聞きしたいです。 チャートの使い方としては、基本的にパターンの暗記と考えています。 8月以降の計画は、1対1→新数学演習 を予定しています。 また、新課程版に変わったことで難易度の変更があったのかもお聞きしたいです。