• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

ユーロ危機

ギリシャ、スペイン、イタリアなど、人のふんどしで相撲をとっているような国々のせいで、ユーロ(ユーロ圏)が危機的状況をむかえています。まじめにやっているドイツ、フランスは頭のいたいところでしょう。世界経済にも影響がでるということで、国際通貨基金、国連などが加わって、難局をのりこえようとしています。国連といったって、結局米ドルと円が頼みの綱です。また円が使われるのかとおもうとやりきれません。 ところでユーロ加盟国ではあっても実質ユーロ圏ではないイギリスってこの話題ででてこないですよね。同じヨーロッパの先進国なのにもかかわらず。これは普段はけっこう大きな顔をしているイギリスも、経済立て直しに影響するほどの「お金」の実力はもちあわせていないってことなのでしょうか? ただマスコミがとりあげないだけですか?(そういえばロシア・中国も)

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数5
  • 閲覧数278
  • ありがとう数5

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.4

> ギリシャ、スペイン、イタリアなど、人のふんどしで相撲をとっているような > 国々のせいで、ユーロ(ユーロ圏)が危機的状況をむかえています。 いいえ、これは経済の原則としても間違っています。 世界に黒字国があるということは、その反対に必ず赤字国があるということでしかありません。 基本投資は自己責任です。買うのか買わないのかは投資家の判断であり投資家の買いがギリシャ、スペイン、イタリアをあのような状態に持っていっただけです。 また現在問題になっているEU各国の国債、つい数年前までギリシャ国債はランクAであり、スペイン国債はトリプルAとされ喝采でした。それが市場の判断であり、市場関係者に絶大な強い信頼を得ている格付機関の格付けでした。 > ユーロ加盟国ではあっても実質ユーロ圏ではないイギリスってこの話題ででてこないですよね。 まぁユーロ問題に隠れてイギリスの問題はあまりニュースになっていませんが、イギリスは緊縮財政推進など誤った政策を乱発しているので相当危険な状態になっています。オリンピックがあったのでその特需で多少問題表面化が遅れていますが、来年はイギリスも大変な自体になるでしょう。 来年の経済は大問題の年であり、イギリスが先かEUが先か(あるいはアメリカが先か)という状態です。ガソリンが気化してあたりに充満しているような非常に危険な状態になりつつあり、このまま行くと来年にどこかの時点で引火します。その着火をするのがイギリスなのか、EUなのか、アメリカなのかという事態です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

勉強になりました。ありがとうございました。

関連するQ&A

  • もしユーロが破綻したらどうなるか

    もしユーロが破綻したら、世界経済、アメリカ経済、ドイツ・フランス・イギリス経済、中国経済、日本経済はどうなると思いますか? また、その場合のドルと円に対する影響はどうなると思いますか?

  • IMF(国際通貨基金)の世界に与えた影響をしらべて

    IMF(国際通貨基金)の世界に与えた影響をしらべています。 それに関する、書籍であれば何でもいいので、ご紹介願えませんでしょうか? お願いします。 IMFと世界経済が関係していれば何でもかましません。

  • 日本が財政破綻したりハイパーインフレが起こった場合

    円をドルやユーロに換えておくことは意味があるのでしょうか 日本がそのような状況になったら世界経済も大混乱しますよね そうするとドル・ユーロをもっているからといって安心はできないのではないですか

その他の回答 (4)

  • 回答No.5
  • mekuriya
  • ベストアンサー率27% (1118/4051)

欧州債務危機問題は、各国の電源構成を見れば分かりやすいです。債務破綻危機にあえいでいる国は、化石資源、水力資源に乏しく原子力発電をやっていない国ばかりです。スペインは原子力発電が無いわけでもないが、何十年か前に社会労働党政権が発電所の新設を凍結・中止してしまったのでシェアは限定的です。火力依存度が高い順番に問題が表面化しているってことです。ギリシャなどは火力依存度が90%を越えている。ユーロ安になればなるほど火力発電所の燃料となる石炭・石油・天然ガスの費用は増大しますから、どうにもなりません。スイスなどは水力発電と原子力発電でほぼ100%の需要を賄えているばかりかイタリアなどに電力を輸出する余裕すらあります。そういうスイスだから、ユーロに加盟しないわけです。オーストリアは水力が豊富で水力発電で2/3にもなる。そういうオーストリアだからこそ原子力発電に頼らずに済んでいる。イギリス・ドイツ・フランスはそれぞれ原子力発電をしていますし、石炭資源も豊富です。 でもイギリスは余りドイツ・フランスに歩調を合わせようとしていません。それはイギリスが金融立国で、イギリス政府は金融業界の利害で動いているからです。それがイギリスが通貨をユーロに移行しなかった理由でもある。イギリスのEU脱退は時間の問題かも知れません。イギリスはもはやかつての大英帝国ではなく、ただ先進国の一角というだけです。国連の常任理事国という地位と名誉を保持しているが、経済的に外国を助けるなどという余裕なんか全然無いのです。 お花畑の民主党政権はどこにでも良い顔をしたくて、やみくもに内外に金をばら撒きたがるので大金持ち気分の痴呆老人の徘徊みたいなものです。実際は莫大な借金を抱えているのに、痴呆だからお金持ちになった気分でいます。できもしない約束を野放図に内外とも大盤振る舞いしたがる。余りにも馬鹿すぎる。 EUに倣って、日本は東アジア共同体を目指せと叫んでいたあの男はどうしてるんですかね。 豆が欲しいか、そらやるぞ。そういえば、国連で温室効果ガス排出量25%削減だのとできない約束をしておきながら、原子力発電を止めて火力発電所を増やせという。余りにも支離滅裂だ。余りにも馬鹿すぎる。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

勉強になりました。ありがとうございました。

  • 回答No.3

イギリスは、ユーロ加入を断った記憶があります。イギリスはアメリカと一体ですからドルの価値が下がると困ります。何しろドルは世界中を駆け巡っていますので、ユーロ決済が増えるとドル(アメリカ)がつぶれます。 余り詳しくは判りませんが、どこかの産油国のユーロ決済を、強引にドル決済に戻したと、そのためにフセインが死んだと聞きました。これって正しいかどうかは自信がありませんが、多分、少しは当たっていると思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

勉強になりました。ありがとうございました。

  • 回答No.2
  • azuki-7
  • ベストアンサー率16% (1976/11758)

ギリシャがもう一度メイソンに土下座して経済支援してもらう事 ギリシャがメイソンを裏切らなければ こんな事態は起こらなかった

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

勉強になりました。ありがとうございました。

  • 回答No.1
  • g4330
  • ベストアンサー率18% (840/4653)

  >まじめにやっているドイツ、フランスは頭のいたいと なにか勘違いしてませんか? ユーロと言うふんどしを締めて喜んでるのはドイツ、フランス ギリシャ、スペイン、イタリアのおかげでユーロが安く放置され大儲けをしてます。 円が使われるのは良いことです、円が外に出て行けば円安になって日本企業も潤うでしょう。 1円円安になればトヨタは300億円儲かります。 Panasonic、ソニーなども大儲けします、そうすれば日本経済も浮上する。 これをドイツがやってるんです、ユーロを導入したことでユーロ圏内では固定為替と同じ効果が出る つまりドイツの経済力が強くなてもドイツ通貨が高くならないからドイツ企業は儲け続けられる。 本来なら経済が強くなると通貨高になり企業の利益が減るんだけどね。  

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

勉強になりました。ありがとうございました。

関連するQ&A

  • イギリス在住だが日本円をユーロに変えたい

    イギリス在住ですが、来月ユーロ圏内に引っ越します。 どういう方法で日本円をユーロに変えるのがいいでしょうか? 日本円で30万円から50万円ほど変えたいと思っています。 日本からイギリスに来たときは日本でポンドのTCを作って持ってきたのですが、今回は日本に帰国せずに直接ユーロ圏に移動するので、日本でユーロのTCを作ることはできません。ユーロの銀行口座は引越し後1週間以内には作ることはできると思うので、そこに日本の銀行口座から送金という形でしょうか? 郵便局の国際送金も考えてはいます。 銀行口座が開かれるまでの1週間ほどの滞在費用は、ポンドのバンクカードからユーロを引き出すのと、日本のバンクカードからユーロを引き出すのとどちらがレートや手数料などがいいと思われますか?

  • 現在の国債発行額890兆円でありますが、2~3年後には、おそらく100

    現在の国債発行額890兆円でありますが、2~3年後には、おそらく1000兆円を超える事が安易に考えられます。その時点でおそらく円は、急激に下落する事になるでしょうか?私は、世界経済、地球温暖化問題を含め、今後日本国はどう在るべきか?否か? 又、世界経済は今後どうなるか?、、心配です。ギリシャの経済破綻は、ユーロ圏内に悪影響を与えてます。トルコは、ユーロ圏内に入ってなくて正解でした。話は変わりますが、マスコミで本年度の高卒者の内、未だ就職出来ない生徒が50000人に達している現状我々も関心は大で有ります。なんとか日本国民を明るく元気にして頂きたいと、民主党にお願いいたします。私も気持ちは有りますが、、所詮、1国民が感えてもどうにもなりません。小沢問題は、どうでも良いですから、早く予算を計上し、国民を明るいほうに導いてください。お願いいたす候。 From: rainbow 555.

  • 新札に代わった後の影響。

    新札になるみたいですが、具体的に円、ドル、ユーロ、株価、不動産価格、物価、雇用、保険、日本経済、世界経済にどのような影響が考えられるでしょうか。 貨幣価値の切り下げが起こる可能性はあるのでしょうか。 新札にするメリットは誰に、あるのでしょうか。 よろしくお願いいたします。

  • ユーロが破たんしたら

    ユーロが破たんしたら 初めましてユーロ下落してます何カ国も財政危機の国があると もうどうにもならないといと思います この先もっと暴落はすると思いますけどそのうちユーロが成り立たなくなって 破たんしたら世界経済はどうなりますかあと日本への影響はどうなりますか

  • 強い円は円高?円安?

    先ほど、「強い通貨」について質問した者です。 どうも「強い円=円高=世界経済に強い影響をもたらす」とご回答いただいたのですが、円安による世界経済へのインパクトと円高による世界経済へのインパクトは(同じ尺度で比べられないかもしれませんが)、どちらが強いのでしょうか? 個人的には、円安警戒感が強いところを見ると、円安の方が世界経済へのインパクトが強い気がしています。 そこで、初歩的な質問で申し訳ないのですが、 (1) 円安による世界経済へのインパクト (2) 円高による世界経済へのインパクト (3) (1)と(2)を踏まえた上で、「何で円高の方が強い円と言えるのか?」 をお手数をお掛けしますが、教えていただけないでしょうか? よろしくお願いいたします

  • ユーロ圏(特にユーロ圏が崩壊した場合)について

    今、ユーロ圏が国債発行等の問題でゆれています。 ユーロ圏は中長期的にどうなると思いますか。 私見では、ユーロ圏は崩壊するのではないか(EFSFも機能せず、欧州主要国の国債が債務不履行になるか、世銀やIMFの監督、融資を受けるようになる。)とおもっていますが、そうなった場合、世界経済(特にわが国や米国、中国、ロシアの経済や株式市場、為替等)にはいかなる影響をあたえるのでしょうか。

  • ユーロについて

    おそらく経済の基本知識がなっていないと思いますが(入門書を読んだ程度)、ユーロについてわからない事がたくさんあるので質問させて頂きます。 1.ユーロに加入するメリットってなんですか?経済面でその国にとって何か嬉しいことがあるんでしょうか? 2.いくつかの国が今年に入った1/1にユーロから脱退したそうですが、それはデメリットがあったからですか? 3.フランスなどは、ユーロに入った為に経済が悪化したといいますが、なぜ脱退しないのでしょう? 4.イギリスなどの国が入らない理由はなぜですか?デメリットがあるからですか? 5.ギリシャにユーロ圏の銀行が国債としてユーロを貸していたため、ギリシャが破綻した後にユーロ危機になったそうですが、ユーロをたくさん発行して帳消しなどはできないのですか? 5については、日本の国債は結局右のポッケから左のポッケにいれるような物だ、という話を聞いたのに対し、ギリシャの国債はユーロ危機とか大きい問題に発展していて、その違いはなんなのでしょうか。 日本がいくら借金があってもあまり問題が無いのと同じように(語弊かもしれませんが、少なくとも今までもこれからも借金はずっとあるイメージです)、ユーロ圏内で借金し合っているならば問題ないのではないのでしょうか? よろしくお願いします。

  • ユーロが破綻したらどうなるのでしょう

    こんばんは。 金融関係について全く素人ですので、 出来るだけ分かりやすく解説いただけると幸いです。 毎日のようにユーロの危機がニュースで騒がれていますが、 ユーロが破綻するとどうなるのでしょうか? 関連質問(http://okwave.jp/qa/q7145812.html) とりあえず、ユーロ安になるのはなんとなく分かります。 破綻した場合、ユーロを使用しているヨーロッパ諸国の 人たちはどうなるのでしょうか? ユーロ圏の人たちは当然ユーロで貯蓄している人が 多数だと思うので、その方たちはどうするのでしょう? 1)ユーロが暴落すると、ユーロ圏内の人たちは海外にはとてもじゃないが 高くて旅行にいけない、といったことになるのでしょうか? 2)逆に、他の通貨を持っていた人がユーロ圏へ移住した場合、 お金持ちのようになるのでしょうか? 3)小学生のような質問ですが、ユーロがなくなった場合、 その後買い物などはどうなるのでしょうか? 各国で自国通貨を用意して、ユーロからの換金を受け付けるのでしょうか? 非常に稚拙な質問ですが、破綻など今まできいたこともなかったので、 どうなるのだろうと想像つきません。 そもそも・・・、本当に破綻などするのでしょうか? ユーロのような巨大な通貨が破綻すると世界経済は相当なダメージを 受けるでしょうから、救済措置のようなものを入れて簡単には 破綻させないのではないでしょうか? 以上、質問が少し多岐にわたりましたが、ご回答頂けると助かります。 宜しくお願いします。

  • 財政赤字と政治

    ここ4-5年で円の対ユーロ相場が暴落を続け円の価値が50%近くなり以前は同等だった日本の最低賃金がユーロ圏に対して半分になったとニュースにありました。理由は誰が考えてもわかるように、ユーロ圏の国々が財政赤字をGDP3%以内という基準を懸命に守ろうとしている結果だと思いますが、それにひきかえわが国は赤字のたれ流しを続けGDP10%近く、多くの経済学者がもはや修復不可能という声が多くありますが、それでも政治家はこのことに与野党すべてふれません。 なぜでしょうか?

  • 今後の基軸通貨について

    昨今の経済危機で新興国がドタバタとIMFにお世話になる現在、今後のアメリカも影響が薄れると言わてますが現在の基軸通貨である米ドルはどうなるでしょか? Q1、今後も米ドルが基軸通貨であるか? Q2、円が基軸通貨の可能性はあるか?どの程度可能性があるか? Q3、もし円が基軸通貨になった場合日本経済・社会構造はどうなるか? Q4、円が基軸通貨なると円/ドルと円/ユーロの適正価格は? Q5、もし米ドルでも円でも将来が基軸通貨で無い場合ドノ国の通貨か? Q6、今後の世界経済 答えられる範囲で結構です。よろしくお願いします。 個人的には「円」の基軸通貨は相当高いと思っています。 少なからず米ドルが基軸ではないと思います。ドルが基軸は何より欧州が認めないと思ってます。そもそもドル=基軸に対抗してユーロが作られたのも一理あると思ってるので。少なからずフランスは認めないと思います。とは言ってもユーロも酷い状態ですからね・・。 正直、タナボタと言うか気づいたら円が・・。なんてあるかもしれないと思ってます。