• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

油絵のタイトルと画家の名前

数年前にポーラ美術館で、心に残る絵を見ました。タイトルと画家(日本人)の名前を失念してしまったので、わかる方がいらっしゃいましたら、教えてくださると嬉しいです。 タイトルは「蒼」という文字が入っていたように思います。夜の河原を描いたもので、月のあかりの下で、葦が描かれていました。全体の青い感じ(群青色?)が美しく、静かな河原の様子が迫ってくる感じでした。人物は描かれていません。

noname#222007
noname#222007

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数281
  • ありがとう数1

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1
  • 23567
  • ベストアンサー率27% (327/1182)

ポーラ美術館2010年3月26日 1期は4つのセクションで構成し、第1部=「横山大観とその周辺」、第2部=杉山寧を特集する「杉山寧『純粋絵画』への道」、第3部=「東山魁夷と日本画の叙情」、第4部=「平山郁夫 源流を求める旅」。「中でも杉山寧の収蔵作品43点は日本でも最大級のコレクション」だという。 思い出せたら良いですねf^_^;

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございましt.教えていただいた画家の名前と、うろ覚えの「蒼」というキーワードで、画像検索をしてみましたが、ひっかかりませんでした。時期も、少なくとも4,5以上前かなと思われます。なんとか、頑張って手がかりを探してみようと思います。ありがとうございました。

関連するQ&A

  • 画家の名前がわかりません。

    こんにちは。 とっても曖昧な質問で申し訳ないのですが心当たりがあれば教えてください!! 「なんでも鑑定団」で、一度見ただけなのですが。 *日本人 *ロンドン(おそらく)で主に活動 *海外での活動のため日本にはあまり残っていない。名前もあまり知られていない。 *霧などを上手く表現した感じの絵。 *テレビではロンドン(?)の町並みを書いた絵でした。 *淡い色合いで、とっても綺麗な絵でした。 葛飾北斎のような、はっきりした感じの絵ではなく、 モネなどのような、ぼや~っとした綺麗な絵でした。 絵にはあまり詳しくないので、この例えは失礼かもしれませんね(>_<) 何か思いつく画家さんがいらっしゃいましたら、教えてください! よろしくお願いします。

  • 多摩美三年生の女性画家

    今年5月~6月あたりの朝日新聞で、多摩美三年生の女性画家の方の記事を見ました。 「えびちり」というタイトルの、どちらかというとちょっと気持ち悪い感じの絵だと私は思ったのですが、どこかのコンクール?で金賞を受賞した画家さんらしいのです。 友人に話したところ、興味を持ったようなのですが、お名前を失念してしまいまいした。 ご存じの方、よろしくお願いします。

  • 収入をすべて母親に渡しながら若くして亡くなってしまった日本画家の名前

    あいまいな記憶で申し訳ないのですが… 以前夜のテレビ(確かニュース23だったような…)で見た日本人の画家の方の名前を知りたいと思っています。名前は完全に失念してしまって、検索しようにもまったくあてがありません。 男性の画家で、生活に最低限必要なお金だけあればいいと、残りをすべて母親に渡していたそうです。以前から引きこもりの傾向もあったように記憶しています。若くして亡くなってしまったのですが、当時香港などアジアで人気を集め始めていると言っていました。 絵は、パッと見ると結構暗いイメージでした。覚えているのは、 ・牛丼をロボットのように支給するような絵(えさを与えられるように食事をせかされるのがいやだったとコメントしていました) ・飛行機の中に自分が閉じ込められたような絵 ・自分の墓に埋まっているような絵 といったものです。ちょっと怖い絵なんですが、目をそらせないような力強さがあったように感じたのを覚えています。 おそらくかなり話題になった方だと思うので、ご存知の方であればすぐに気づいていただけると思います。 どうぞよろしくお願いします。

  • 画家さん探してます

    鉛筆などで女性の人物画を書いている画家さんを探しています、発見した場所は近所の画材屋さんにその方の絵が売っていました、特徴としては 特徴1 鉛筆のみで書いてある(カラーは見たことありません) 特徴2 完璧なデッサンではなくて多少崩してあります目がキツメで妖艶な感じが出ています その絵はどこで見たかは忘れたのですが多分雑誌 テレビなので何度か拝見しています その絵の下にその画家さんの名前が書いてありましたがネットで検索しても出てきません そこに乗っていた名前はカタカナでツルタ マナザシ と乗っていました少ない情報ですがその絵をすごく気に入ってしまいどうしても知りたくなったので皆さんの知ってる情報を教えてください もしかしたらこの方かも知れないという感じの紹介でも大歓迎なのでよろしくお願いします

  • 世の中の秩序が乱れているような絵を描く画家を教えてください

    こんにちは。 タイトルの通りです。例えば人間の手が生えるべきところに顔が生えていたり、秩序を無視した奇妙な絵を描く画家を教えて欲しいです。 見ていて不安になったり、異世界を覗いたような気分になる絵を描く画家です。 モネやルノワールなど、人物画や風景画を綺麗に描く画家でなく、自由な発想で、体の一部が何か別の物に化けていたり、そこにあるわけがないものがあったりする奇抜な発想の画家を探しています。 質問が分かりづらかったら申し訳ないです。なるべくたくさん知りたいので、複数の画家さんを教えて欲しいです。ご回答よろしくお願いします。

  • ダリに似た画家がいたら教えてください

    ダリに似た感じの絵を書いている画家がいたら 教えてください 日本人でも外国人でもOKで 最近の人でも昔の人でも良いです 無名の人でもOKです 特に空や海を書いた、スケールの大きな感じの 絵を書く人が良いです 又、そんな感じの作家がたくさん見れるサイトがあれば 教えてください。

  • 海外の画家の名前が思い出せない

    海外の男性画家(多分故人)の名前を教えてください。 今月本屋でその画家の本を見ました。一店舗では平積み、他でも壁に表紙を見せる形で並んでいたので、発売されてたばかりなのかなと思いました。 ノスタルジックな風景画が多い。原っぱや古い民家など。人物画もあったが、有名なのは風景画のようでした。 覚えている絵は、 タイトルに車窓と入っていたような・・・添付イラストのように、車内に犬が寝ていて、窓の外には月明かりに照らされた白い家が見えている絵。 他に覚えているのは、家のような灯台(一般的な灯台じゃない建物)中に、蝋燭が二つあり、月夜に背景は暗い海の絵。 あとは、老夫婦がベットで眠っている絵です。 どれも白と灰色と枯れた葉っぱのような色の絵が多く、カラフルではない。 家の木目や原っぱがリアルに描かれている。 持ち味として、作者はまるでさっきまで人がいたかのような風景を描くのがうまいとあった気がする。 よろしくお願いします。

  • 日本の画家

    少し前に、何でも鑑定団で見た画家の名前がどうしても思い出せません。 その人は日本人の画家で、油絵みたいな絵を描く人です。 風貌はとても特徴的で、下唇が尋常じゃなく(病気?)めちゃくちゃ分厚い人でした・・・ それがコンプレックスで作品にも表れている感じでした。 こんな少ない情報量で申し訳ないのですが、もし心当たりのある方は情報を教えてくださいm( )m

  • 日本人画家がかいた狐の絵について

    以前見た、日本人の画家の人がかいた絵を探している のですが、題名も画家の名前もわかりません・・・。 その絵の特徴 ・全体的に黄色っぽく紅葉した森の中 ・白い狐が一匹、枯れた草のようなものをくわえて  斜めを向いて座っている こんな感じの絵をご存知の方いらっしゃいましたら どんな事でもいいのでぜひ教えてください!

  • 不幸な画家が出てくる童話 (長文です)

    小さい頃、少年少女文学全集で読んだ話だと思いますが、タイトルが思い出せません。 色々検索もしましたが、どうしても判りませんでした。 この話をご存知の方がいらっしゃったら、教えていただきたいです。 貧乏な画家が、何かのきっかけで小金を得、それを元手に貴族を相手にする画家になるという冒頭です。 画家はモデルである貴族の娘をありのままに描こうとしますが、娘の親は気に入ってくれません。 娘の美しいとは言えない吹き出物やなにかを、肖像画に残したくなかったようです。 画家は自室に戻り、描きかけの女神の絵に、貴族の娘の肖像画に描けなかったディテールを描き込みます。 すると、それを目に留めた貴族の親は、『これは素晴らしい、うち娘の肖像画だ』とその絵を高く買いました。 画家はそれ以来、英雄や女神をモチーフとした絵に、肖像画のモデルとなる人物のディテールを描き加えて行くようになります。 貴族たちに、その絵は高く売れました。 そうして、名声も財産も得た画家は、若く貧乏だった頃にできなかった、好きな絵を思いのままに描く、という事をしようと思い立ちます。 (描こうとしたのは天使の絵だったと思います) しかし、絵を描こうとした画家は、愕然とします。 今まで数多く描いてきたような、ありきたりな表現方法でしか描けなくなっていたのです。 自分の描きたかった物はなんだったのか、見失ってしまったと感じた画家は、筆を折ります。(命を絶った、だったのかも) こういった、わりと救いようの無い童話なのですが、なにぶん10年以上前に読んだものなので色々と違っているかも知れません。 もしこれに似た話をご存知でしたら、ぜひ教えてください。 どうぞよろしくお願いします。 #長文にお付き合いありがとうございました。