• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

緩衝液

酵素反応の至適pHを調べる為に、 基質(糖類)のpHを分けたいと思います。 中性付近(6~8)は「燐酸緩衝液」 で作ろうと思うのですが、 酸性、アルカリ性の緩衝液は どんなものが良いのでしょうか? 酸性側は「酢酸緩衝液」 を考えているのですが・・・。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数5
  • 閲覧数4730
  • ありがとう数59

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1

私は 4~6:コハク酸ナトリウムバッファー 6~8:リン酸ナトリウムバッファー 8~9:塩化アンモニウムバッファー 9~10.5:ホウ酸-炭酸ナトリウムバッファー でやりました。 気をつけることはお互いのバッファーが重なるようにやること。 つまりpH6はコハク酸ナトリウムバッファー、リン酸ナトリウムバッファーの両方でやる。 そうしないとバッファー成分の影響の度合いを消去することができません。 ※緩衝液の種類は、実験書なり論文なりをみればすぐにわかることです。もう少し自分で調査する習慣を付ける必要があると思います。また、なぜ酢酸バッファーが良いと思ったのかも私にはわかりません。ちなみに私が上記のバッファーを選んだのは割とpH範囲の広いバッファーであり少ない種類のバッファーで済むから。また、使っていた酵素がこれらの構成成分の影響を受けないようだったためです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 緩衝液!?

    実験のときに使う緩衝液の作り方を知りたいです!ご存知の方教えてください・・・。 作る緩衝液は 酢酸緩衝液(50mM acetate,pH5.2)200ml リン酸緩衝液(50mM posphate,100mM NaCl,pH7.8)100ml リン酸緩衝液(50mM posphate,500mM NaCl,pH7.8)100ml リン酸緩衝液(50mM posphate,2M NaCl,pH7.8) 100ml リン酸緩衝液(50mM posphate,pH7.0) 200ml です。表記の方法もよくわからなくて困り果ててます。こういう意味なんじゃないの?っていう回答もお待ちしております。 お願いいたします。どうか教えてください。

  • 緩衝液を替えた理由

    質問させてください。 酵素の活性を調べる実験を2日行いました。 初日は  モヤシのアミラーゼの活性を調べるもので 基質はデンプンにリン酸緩衝液を加え 緩衝液はリン酸緩衝液でした。 デンプンのヨウ素反応の退色を分光光度計で調べました 二日目は じゃがいものホスファターゼを調べるもので 基質はp-ニトロフェニルリン酸をTRIS緩衝液で調製 緩衝液はTRISーHCl緩衝液を用いました。 そこで緩衝液をリン酸緩衝液から わざわざTRISリン酸緩衝液に変えた理由は 何でしょうか。 基質の調整にTRIS緩衝液を用いたからでしょうか? それとも アミラーゼとホスファターゼの最適pHの違いから でしょうか? あるいは別の可能性でしょうか? お分かりの方いらしたら回答よろしくお願いします。

  • 緩衝液

    酢酸緩衝液は緩衝液なんですけど、 なぜ酢酸緩衝液はpHの変化が少ないのですか?

その他の回答 (4)

  • 回答No.5

何度もすみません. ミラーゴールダーは等イオン強度の緩衝液でした.広域で使えたらこれがいいかな? また,実験化学講座24巻204-227(丸善)もしくは,農芸化学実験書2巻670-677に詳しく載ってるとおもいます.たぶん図書館にあります.

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.4

ブリットンロビンソン広域緩衝液なんていかがでしょうか? No3の方のいうように,幅広く緩衝能がありますよ. ただ,pHによってイオン強度が変わったような気がしないでもないです. あと,使ったことないから覚えてないけど,ミーラーゴールダーバッファーってのも使えたような気がします. No3さんの言う本で調べてみてください.(たしか化学実験講座だったような気が・・・)

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.3

No2の方の方法では緩衝能に問題があるので、行うべきではありません。 buffer名は失念いたしましたが、たしかpH1-14まで幅広く緩衝能のあるものがあったはずです。酵素活性の測定に適切かどうかわかりませんが、調べてみてはいかがでしょうか?(生化学実験講座か化学実験講座に代表的なbufferの表があったと記憶しております)

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.2

目的にもよると思いますが、例えば、リン酸緩衝液で酸側からアルカリ性まで、配合比を変えることで幅広く対応できるはずです。 何か問題があれば、酢酸緩衝液、クエン酸緩衝液、色々可能ですので目的により試されるのが一番でしょう。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 緩衝液について

    なぜ緩衝液は緩衝能を持つのか? また、リン酸緩衝液はどの程度のpH幅に利用可能か? がわかりません。誰か教えてください。

  • 緩衝液についてお尋ねします。

    緩衝液についてお尋ねします。 pH 5.0で緩衝能をもつ緩衝液でカルボン酸を含まないものを探しています。 現在、候補として考えているのは、0.2mMのリン酸緩衝液(pH 5.0)なのですが、結構微妙な気もします。この緩衝液だと、どのくらいの範囲のpHなら緩衝能が維持できるのでしょうか? もし、リン酸以外で条件に当てはまる緩衝液を御存じでしたら、教えてください。 よろしくお願いいたします。。

  • 緩衝液

    ph4程度の酸性域でクエン酸以外の緩衝液を使いたいのですが、なにかありますでしょうか? また、リンゴ酸を用いる緩衝液がありましたら、教えて下さい。

  • 緩衝液について

    リン酸緩衝液がなぜphを変えないのかを教えてください。 あと、phが1増えると{H+}は何倍になるのでしょうか?

  • 緩衝液

    酢酸と酢酸ナトリウムを混合すると緩衝液ができるのはなぜでしょうか? また、緩衝液を混ぜるとpHが変化しにくいのはなぜでしょうか?

  • 緩衝液の実験

    先日、塩酸、酢酸、リン酸を使って中和滴定を行いました。すべて水酸化ナトリウム使用です。実験の題名は「緩衝液とpH」です。 緩衝液とはどういうものか知っています。普通に滴定をし、緩衝作用がどうのこうのではなく普通の中和滴定って感じで滴定曲線も描けました。 酢酸とリン酸には緩衝作用があると思うのですがこの実験でどのような緩衝液の性質が分かったのでしょう‥。どこらへんで緩衝作用が出てるんだかイマイチ分からなくて↓ なんだか質問の意味も分かりにくいと思うのですが分かる方お願いします!

  • 緩衝液について

    酢酸緩衝液45mlと塩酸5mlを混ぜてph測定したら4.50 水45mlと塩酸5mlを混ぜてph測定すると1.88 酢酸緩衝液と水の違いでなぜこんなにph測定値が違うのですか? 詳しく教えて下さい。

  • 緩衝液のことで

    リン酸緩衝液や酢酸緩衝液の緩衝作用が最も高くなるPhはどう計算すればわかるのでしょうか。

  • 緩衝液

    リン酸水素ナトリウムを含む培地(pH6.0)200mlに緩衝液(pH4.0)を50ml入れてもpHが4.0にならずに5.2とかになってしまうのですがなぜなんでしょうか??よろしかったら教えていただけないでしょうか。お願いします。

  • 緩衝液について

    私は今、実験を行っています。 そこでリン酸のph緩衝液を作ろうと思っています。 そこで、リン酸一カリウム(固体)とリン酸一ナトリウム(固体)でph8の緩衝液とph12の緩衝液を作ることができますか? 片方の試薬だけ使って調製できるのであればそれでもOKです。 わかる方、作り方をご指導よろしくお願いします♪ P.S.わからないことがあればカキコミください。    なるべくお答えします。