• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

電気の基礎について教えて下さい

電気にうとい文化系の大人です。中学校の教科書で次のように教わったのを覚えています。電力=電圧×電流であり、パチンコの玉=電流、パチンコ台の傾き=電圧、パチンコ台の釘=抵抗のようなものである、と。ここで、例えば、同じ100Wの電力で同じように光を放つ電球があっても、1V・100Aで光る場合と逆に100V・1Aで光る場合があると思います。どちらも同じ明るさで光るのは光るのでしょうが、何が違うのでしょうか?(抽象的な聞き方ですが…) 電球をより明るくしたい場合、乾電池を直列につないで電圧を強めたり実験しましたが、そうではなく電圧固定のまま(パチンコ台の傾きはそのまま)電流を増やす(パチンコの玉を増やす)にはどうしたら良いのでしょうか? また、全てのパチンコ玉が釘に当たった時の衝撃(エネルギー)が光になると考えるのであれば、釘の数を増やすことにより電球を明るくすることもできるのでしょうか? とすると、抵抗を増やすにはどうしたら良いのでしょうか? どなたか教えて下さい。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数5
  • 閲覧数594
  • ありがとう数19

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.5
  • sanori
  • ベストアンサー率48% (5664/11798)

いいですねー。こういうご質問。私、大好き。 こういうご質問への回答には、数式を使っちゃ「負け」なんですよ。 現実の電球の性能なんちゃらの細かい話も必要ないんです。 まず、はじめに、比喩について。 パチンコの玉=電流、パチンコ台の傾き=電圧、パチンコ台の釘=抵抗 いいですねー、この比喩。何にも悪いことがないですねー。 問題はですね。 釘の数を増やすと電球の明るさが増す、という誤解なんですよ。 これが、勘違いしやすいところなんですよね。(私も少年時代、最初、勘違いしていました。) わかりやすくするために、一番極端な状況を考えましょう。 釘の数をやたらめったら極限まで増やすとどうなるか? そうすると、大渋滞が起こっちゃって、玉は全く通らなくなるんですよ。 だから電球は全く光らなくなる。 その逆を考えましょう。 電球を無限に明るく灯すためには・・・ そう。釘の数を限りなくゼロに近づければいいんです。 坂の傾き(電圧)が決まっているのであれば、あとは、玉の流れる量と速さ(電流)を大きくすれば電球を明るく出来るんです。 そのためには、釘を少なくすれば良いわけです。 光になる元のエネルギーがどこから来たかといえば、こんな感じに考えればいいですよ。 パチンコの滑り台の上から下まで落ちるときのエネルギー。 釘に途中ぶつかろうが、直接素通りで落ちて下でお尻(?)が痛くなろうが、ぶつかったり痛くなったりしたエネルギーの合計は結局ボルトで決まっているんですよ。 これが光になるエネルギー。 だから、玉の数、すなわち、何個の玉を落とせるかが、明るさの勝負なんですよ。 さて、 同じ電圧で今度は、同じ電球を2個直列つなぎしたとしましょうか。 「傾き」は変わりませんね。 「釘」は2倍に増えました。 そうするとね。ちゃんと暗くなるんですよ、これが。 釘が2倍あると玉はいやんなっちゃって2分の1しか通らなくなるからですね。 2個の明るさを足して、やっと、元の1個のときの明るさの2分の1。 すなわち、2個のうち1個だけの明るさを見ると、元の4分の1。 だから、電球を暗くしたいのであれば、2個直列つなぎにすればいいんです。 なお、ヘアードライヤー等の電気を食う家電製品は、抵抗が低いから電気を食うわけです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 物理の電気です

    物理の電気の問題です。  実際にある試験に出題された問題です。多くの質問ばかりしまして、申し訳ありません。 (問題) 100 (V) 用の100 (W)と40 (W)の白熱電球を直列に接続し、交流100 (V)につないだ。   次の中から、正しいのはどちらか。ただし、電球フィラメントの抵抗は温度によって変わらないものとする。 (選択肢)   (1)40 (W)の電球の抵抗は100 (W)の電球の抵抗より大きく40(W)の電球の方が明るい   (2)両電球の明るさは同じ (解答)    (1)  以上です。   勘で(2)は違うとは思ったのですが・・・   質問事項は以下の二つです。    (1) なぜ、40 (W)の電球の抵抗は100 (W)の電球の抵抗より大きいのでしょうか?    電力W = I × R^2 で、直列なので回路の電流は同じなのに、なぜ、100 (W)の電球の抵抗より40 (W)の電球の抵抗の方が大きいのでしょうか? (2)40(W)の電球の方が明るいのは、抵抗が100Wより大きく、回路を流れる電流値が同じなので消費電力が100(W)より大きいから明るいのでしょうか?   分かる方おられましたら、教えてください。   よろしくお願いします。

  • 中学理科電気ですお願いします

    20Wの電球A、B、100Wの電球C、電圧計を図のように取り付けた そして、電源装置を用いて回路のに電流を流した。このときの電圧を 図のように測定したところ、100Vであった 電球B、Cそれぞれが消費する電力を整数で表した時それぞれの値をい求めよ

  • 豆電球の明るさについて

    乾電池1個、豆電球1つの回路を基本形とし、そこに流れる電流を1A、乾電池の電圧を1Vとします。 乾電池を2個直列につなぎ、豆電球を2個直列につないだ回路をつくります。 質問1 この回路に流れる電流はどこも1Aでよろしいですか? 質問2 この回路の豆電球1つの明るさは基本形の豆電球の明るさと同じでしょうか? 質問3 質問2でもし同じだったとすると、       基本形の豆電球が消費する電力は 1A×1V=1W       新しく作った回路に豆電球一つの消費電力は 1A×2V=2W     というふうに、後者の方が電力が大きく、後者の方が明るくなるような気がします。 このあたり、私の考えにどのような誤りがあるのか教えていただけるとありがたいです。

その他の回答 (4)

  • 回答No.4
  • sailor
  • ベストアンサー率46% (1866/3991)

電球の話は現実にはそうはならないでしょう。電球の明るさはフィラメントの形状や材質などによって同じ消費電力であっても同一にはなりません。この例のように100V・1Aのものは、良く見かける電球のフィラメントのように細いタングステン線をコイル状に巻いたものになるでしょうけど、1V・100Aの電球となるとタングステンをフィラメントに利用するのであれば線と言うより固まりになってしまうでしょう。高温になり発光する面積がまるで違ってしまいます。したがってこれはイコールにはならないでしょう。しかし、これは電気の問題というより電球の高率の問題です。電球は光とともに熱も(実際は熱のほうがはるかに多い)放出しているのですが、このエネルギーの合計はどちらも同じになるので、矛盾はしません。 電圧が同じ状態でより明るくするには、フィラメントの太さを太くして、同じ電圧でも大きな電流が流れるようにします。同じ物質であるならば、断面積が大きい方が電気抵抗が小さくなるので、こうすることで同じ電圧でもワット数を変えることができます。 確かに抵抗を増やすと電流は他のエネルギーに変換されますが、必ずしも光になるのではなく熱になってしまう方がはるかに多いのです。電球の光は熱の副産物程度のもので、実際には一般の白熱電球では98%程度が熱になってしまい、目的である光になるのはわずか2%程度なのです。 抵抗を増やすには導体の太さを細くするか、導体の長さを長くするか、固有抵抗の大きな導体(金属などには固有抵抗という物があり、それぞれの物質で異なります。固有抵抗とは一定の断面積の一定の長さの抵抗のことです。)をを使用するなどです。 パチンコ台と玉の関係で考えられているようですが、バケツと水の関係のほうが、理解し易いのではないでしょうか?水の入ったバケツの底にホースを取り付けた装置を考えてください。ホースの下には水車がつけられていて、水車に水を当てるためのノズルがつかられています。電圧はバケツの高さに電流はホースを流れる水にたとえます。電流が流れたことによる仕事(W)が水車の回転で得られる仕事です。 バケツの高さを高くして電圧高くすると他の条件が全て同じでも、水車のノズルから出る水の勢いが強くなるので水車は早く回り(Wが大きくなる)ます。逆にバケツの高さが同じでもノズルの直径を大きくしてやれば、水車に多くの水があたり水車は速く回ります。ここでいうノズルの太さが抵抗(ノズルが太いほど抵抗が小さい)にあたります。 ちなみに大まかに言うと(厳密には他の要素が絡むので正しくありません)抵抗は導体の固有抵抗の断面積に反比例(断面積が2倍なら抵抗は半分)し長さに比例します。あとはオームの法則の式に当てはめれば自ずと答えは出るでしょう。 細かなことを言うと断面積を2倍にしても抵抗値は半分にはなりません、これは表皮効果という現象によるものです。また、金属など一般的な導体では温度によって抵抗値が変化し、一般的に(例外が在るので)温度が高くなるほど抵抗が大きくなります。電球のように通常使用する状況での導体温度が高温であるものは、その温度で定格電力になるように設計されているので、常温ではもっと小さな抵抗をしめします。100V・100Wの電球の抵抗は100オームのはずですが、テスターなどで計ると100オーム以下の値を示します。これは実際に点灯させて高温になったときに100オームになるように設計されているからです。 図解無しで十分に理解していただけたかどうかわかりませんが・・・

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.3
  • keyguy
  • ベストアンサー率28% (135/469)

1V・100Aで光る場合と逆に100V・1Aで光る場合: 電球の抵抗は電球の性質でありこのように極端にV・I一定でVが100倍も違うように選択することが困難でしょう 電流を流して熱と光の比率は材料によって違うのでその比率次第と言うことになります 電圧固定のまま(パチンコ台の傾きはそのまま)電流を増やす(パチンコの玉を増やす)にはどうしたら良いのでしょうか?: いろいろな材料をフィラメントにして抵抗の大きいものから小さいものを選別すると言うことですね しかし熱対光の比率がいいものになるとほぼ同じような抵抗になるので極端なものはないでしょう 抵抗が大きいものは作れますが材料の性質上熱ばかり出て光らないものばかりでしょう  

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.2
  • wolv
  • ベストアンサー率37% (376/1001)

 電力=電圧×電流 の他に「オームの法則」というものがあります。  オームの法則: 電圧=電流×抵抗 この二つの式を使うと、電圧が一定の場合の抵抗と電力の関係などが求まります。 電圧が一定の場合:  電力=電圧×電圧/抵抗 となります。つまり、電圧が同じ場合には、抵抗が増えると電力は減ります。 電流が一定の場合: 抵抗を増やし、それと同時に電圧も上げて、電流が同じになるようにする場合は、抵抗と電流の関係を考えます。この場合は、  電力=電流×電流×抵抗 となります。抵抗を大きくし、電流が等しくなるように電圧もあげるなら、抵抗に比例して電力も大きくなります。 抵抗は、電球の性質なので、基本的には値はそとから変えることはできません。(ただし、温度によって抵抗の値は変わります。)複数の電球を並列や直列につなぐことによって、回路全体としての抵抗値は調整(設計)することができます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1
  • ranx
  • ベストアンサー率24% (357/1463)

比喩はあくまでも比喩ですから、あまり喩えに固執しない方がよいと思います。 > 1V・100Aで光る場合と逆に100V・1Aで光る場合があると思います。 > どちらも同じ明るさで光るのは光るのでしょうが、何が違うのでしょうか? 同じ明るさになるかどうかは知りませんが、消費される電力は確かに同じです。 違いは電気抵抗です。電圧=電流×電気抵抗ですので、前者は0.01Ω、 後者は100Ωの電気抵抗です。 > 電圧固定のまま電流を増やすにはどうしたら良いのでしょうか? 電気抵抗を小さくすればいいです。 > 釘の数を増やすことにより電球を明るくすることもできるのでしょうか? 喩えが不適当なので、答えられません。 > 抵抗を増やすにはどうしたら良いのでしょうか? 様々な方法があります。 ・導電率の小さな材質を使う。 ・抵抗部分の長さを伸ばす。 ・抵抗部分を補足する。 などです。 なお、上に書いた通り、電気抵抗を大きくすると、消費電力は小さくなります。 恐らく暗くなると思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 直流回路で電球を点灯させる場合

    直流電源の場合「P=VI」の式が示すように電力=電圧×電流です。 そこで質問なのですが100wの電球を下記2つの方法で点灯させようとした場合(2)の場合は電流が多く流れて電球が点灯するのでしょうか、それとも電圧が小さいため電気が流れず電球は点灯しないのでしょうか? (1)12vのバッテリーに接続 (2)1.2vの乾電池に接続

  • 直列つなぎ 並列つなぎ

    電池と豆電球の直列、並列、理解しているか自信ないので教えてください。 回路0 (これを基準として、それ以降の回路と比較)  電池1個、豆電球1個の回路があり、次のとおりとします。 ・電圧1V ・電流1A  (だから豆電球の電気抵抗1Ω、電力1W) ・電池は豆電球をつけてから、常に一定の電圧で一定の電流を流し続け、一定時間後、電池切れになり、突然0Vになるとする。その他、難しいことは考えない。 回路1(電池1個に2個の豆電球を直列につなげる) ・電圧1V ・回路の抵抗2Ω だから、 ・電流0.5A ・消費電力0.5W Q1 上記計算であってます? Q2 電池の持ち時間は倍になる? Q3 豆電球の明るさ全部は半分になり、それを2個の豆電球で分け合うため、豆電球1個の明るさは4分の1なるということ? 回路2(電池1個に2個の豆電球を並列でつなげる) ・電圧1V ・抵抗1Ω ・合流している回路の電流2A ・消費電力2W Q4 上記計算であってます? Q5 電池の持ち時間は2分の1になる? Q6 豆電球の明るさ全部は2倍になり、それを2個の豆電球で分け合うため、豆電球1個の明るさは1倍なるということ? 回路3(電池2個を並列にして、1個の豆電球をつなげる) ・電圧1V ・抵抗1Ω ・豆電球に流れる電流1A ・消費電力1W Q7 上記計算であってます? Q8 電池の持ち時間は1Wの負担を2個で分けるから2倍になる? Q9 豆電球の明るさは同じということ? 回路4(電池2個を直列にして、1個の豆電球をつなげる) ・電圧2V ・抵抗1Ω ・豆電球に流れる電流2A ・消費電力4W Q10 上記計算であってます? Q11 電池の持ち時間は4wの負担を2個で分けあうから半分になる? Q12 豆電球の明るさは4倍ということ? 回路5 (電池1個だけ) ・電圧1V ・空気の電気抵抗∞Ω Q13 理論上は、電流0A、電力0W、電池の持ち時間は∞、でいい? Q14 同じ電池の回路なら、電気抵抗の大きい抵抗が入っている方が、電流の流れを抑えられるため、長持ちするということ?抵抗が大きいと、損失が大きくて早く電池が消耗するイメージがあったので。 回路6 (電池1個の両局を、銅線でショートさせる) ・電圧1V ・銅線の電気抵抗0Ω(超電導) Q15 流れる電流は∞A、電池の持ち時間は0、でいい?

  • 電気の基礎的な問題です

    以下の問題が分からないので教えてください。 ある抵抗に振幅70.71V,周波数60Hzの正弦波電圧を加えたら、振幅が28.28Aで同じ周波数の正弦波電流が流れた。この抵抗の消費電力を求めよ。また、この場合の電圧vR(t)よ電流iR(t),及び、瞬時電圧p(t)=vR(t)iR(t)のそれぞれの波形を描きなさい。です。 この問題が全然分かりません。 唯一、分かっていることは、vR=Vmsinωt,iR=Imsinωt,ω=2π・60ですがどう、使ったら良いか分かりません。 教えてください。

  • ワット数の違う直列つなぎの2つの豆電球の明るさ

    初めまして。 定期テストを控えた子どもから質問され困ってます。。 どなたか教えて下さい。 家庭用の電源に40Wと100Wの豆電球が直列につないであります。 問題1 電気抵抗はどちらが大きいか。 問題2 電球にかかる電圧はどちらが大きいか。 問題3 このことから考えるとどちらが明るくつくか。 直列の場合、電流は同じなのでワット数が大きいほど 電圧が大きいと思ったら答えは逆。そこで挫折してしまいました。 どうぞよろしくお願いします。 追伸 並列につなぐと100Wの方が明るい、というのが 但し書きにありました。 同じ電圧で100Wの方が明るいなら100Wの豆電球のほうが 抵抗が小さいと判断して解き始めたらよいのでしょうか?  

  • 豆電球の明るさは何で決まる?

    豆電球の明るさは、電圧・電流・電力のどの量で決まるのでしょうか? 例えば、ある豆電球に1Vの電圧をかけた時の明るさの量をQとすると、2Vかけた時はいくつになるのでしょうか?流れる電流が倍になる(と思います)ので、2倍の2Qでしょうか?それとも電力が4倍になる(と思います)ので、4倍の4Qでしょうか?

  • 物理の電気についての問題がわかななくて困ってます。

    100V用50Wの電球と100V用100Wの電球を,直列につないで150Vの電圧をかけた。 (1)この時流れる電流は何Aか。(2)電球の明るさは,どちらが明るいか。式を書き説明しなさい。

  • 電気(電力)について

    電気についての質問なのですが、 100Vで100Wの仕事をする機械に100Vの電圧を1時間かけたときの使用電力(W)を答えよ。 という問題で、答えに使用電力は100Wとなっていたのですが、僕は、「電圧というのは1秒あたりの電流のする仕事」だと思って、100(W)×3600(秒)としてしまったんです。どこがいけないのでしょうか?教えてください!

  • 電気回路:キルヒホッフの法則の使い方で困っています。

    (1) 各抵抗に流れる電流I1,I2,I3の大きさを求めよ。ただし矢印の向きを電流の正の向きとする。ここで、電圧源V=1V、抵抗R=1Ωとする。     I1→ ←I2   ―R― ―R― +|    | I3  |  V    R↓  | -|    |    |   ― ― ― ― ここでは閉路にかかる電圧の和について式を考えたのですが、 E-V1-V3=0 E-V1+V2=0 V2+V3=0 しかしこの式だけでは、解を得ることができません。何か見落としているのでしょうか? (2) 各抵抗に流れる電流I1,I2,I3の大きさを求めよ。ただし矢印の向きを電流の正の向きとする。ここで、電流源A=1A、抵抗R=1Ωとする。    I1→ ←I2   ―R― ―R―  |     | I3  |  |     R↓  A↑  |     |    |   ― ― ― ― ここでは閉路にかかる電流の和について式を考えたのですが、 I2=1 I1+I2=I3 これも何か足りないんですよね(汗) (3) 各抵抗に流れる電流I1,I2,I3の大きさを求めよ。ただし矢印の向きを電流の正の向きとする。ここで、電圧源V=3V、電流源A=2A、抵抗R=1Ωとする。    I1→ ←I2   ―R― ―R― +|    | I3  |  V    R↓  A↑ -|    |    |   ― ― ― ― これは(1)と(2)がわかればできるのかもしれませんが、手つかずの状態です。 (4) (3)の回路において、3つの抵抗で消費される電力の合計Pを求めよ。また、電圧源と電流源が供給している電力PvとPcはそれぞれいくらか。 たぶん(3)の電圧×電流で求まるような気はしますが、電圧源と電流源が供給している電力が別々になる意味が良く分からないです。 図がややこしくて大変申し訳ありませんが、考え方を教えて頂けると嬉しいです。 よろしくお願いしますm(_ _)m

  • 電気系

    直列に接続された、100[V]用の100[W]、200[W]の電球がある。 これに90[V]の電圧を加えたとき、それぞれの電球の電力は何ワットになるか。 ただし、電球の抵抗値は一定とする。 解説付きでお願いします!

  • 電気基礎 直流回路

    こんばんは、本を読んでもよく理解できないのでご回答お願いします。 ①電子の流れの向きと電流の流れは逆になるとありますが、電子の流れが電流、電子は電荷をもっているので、電流は電荷の移動ということができるとも書いてあります。これは、電子の流れによって電流が発生するとゆうことでしょうか? ②起電力、内部抵抗が同じn個の電池を直列に接続し、外部抵抗を接続した時の起電力はnE n個の電池を並列に接続した場合内部抵抗が0だったら起電力はEとゆうのは並列の場合、電圧は分圧しないからでしょうか? ③起電力2Vの乾電池三個を直列に接続したものに、抵抗2.7Ωをつなぐと端子電圧が5.4Vになる。もし、端子間を短絡すると電流は何A流れるか? 計算からI=2A、乾電池の内部抵抗r=0.1Ωになりました。乾電池三個の合成内部抵抗は0.3Ω。 そして、この電源の端子間を短絡したときに流れる電流は6/0.3=20Aになる。6/0.3=20Aはオームの法則で求まるのは分かりますが端子間を短絡するという意味がイマイチ分かりません。端子間とは電池三個の部分のことでそれをないと考えることでしょうか? 初歩的な質問ですがよろしくお願いします。