• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

英語:関係代名詞

I got into the car which was parked in front of my house. I got into the car, which was parked in front of my house. この2つの文の違いを教えて下さい。 関係代名詞(which)の前に点があるのとないのとで、どう変わるのですか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数94
  • ありがとう数3

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.3
  • ydna
  • ベストアンサー率63% (179/281)

>I got into the car which was parked in front of my house. ---1 >I got into the car, which was parked in front of my house. ---2 文1の which は、関係代名詞の『制限用法』と呼ばれる用法です。(『限定用法』ともいう。) 文2の which は、関係代名詞の『非制限用法』と呼ばれる用法です。(『非限定用法』、『継続用法』ともいう。) ========================= 学校では、『制限用法』を先に習うと思います。 which 以下が、先行詞と呼ばれる名詞、the car を修飾しています。名詞を修飾するのは形容詞の仕事なので、この場合の関係詞節『which… my house』 の仕事は、「形容詞の仕事で名詞を修飾している」と言って、形を言う場合は、「関係代名詞節」、仕事を言う場合は、「形容詞節」と呼びます。 ========================= 文1 『私は、自分の家の前に止まっていた車に乗った[乗り込んだ]。』 「自分の……止まっていた」の部分が「車」を説明しています。 英語では、「which … my house」の部分が「the car」を説明しています。そして、このセリフを聞いた相手(聞き手)は、「car」という名詞を、この会話の中で初めて聞いたとしても、どの car か分かります。つまり、説明(関係詞節)が、世の中にたくさんある car の中でどの car のことを言っているのかを決定しています。つまり、「制限」しています。だから、「制限用法」と呼ばれます。 ========================= 文2 『私は、その車に乗った。(そして)それは私の家の前に止まっていた。』 日本語にすると、2つの文になる場合が多い。……かな? この場合は、読むときも、which の前で少し休みます。 日本語にすると、一番違うのが、「車」について、聞き手は、すでに知っているということです。だって、「その車」と言えるということは、これまでの会話で説明してあるからです。つまり、『『『★which … my houseで、わざわざ、世の中にたくさんある car の中のどの car かを説明していない★』』』んです。つまり、制限していないんです。だから、『非制限用法』と呼びます。 でも、先行詞は、この場合「the car」で、「which … my house」は、その説明には変わりありません。その説明は、the car にとっては、おそらく何番目かの説明なんです。つまり、どの car かは、聞き手は、分かっているけど、その車に対する『『『 2つ目以降の新しい説明 』』』なんです。  そうすると、「制限用法」の時の説明は、「初めての新しい説明」と言えます。 ================================== では、ちょっと復習。Gaga が言ったとします。 Gaga : I will show you something good. This is the book which I bought at the book store in front of the station yesterday. 『あなたに、いいもの見せてあげる。これは、昨日私が駅前の本屋さんで買った本よ。』 ほら、the book の説明を初めてしています。 では、別の場面。 Gaga : I"ll show you an English book. This is the book, which I bought at the book store in front of the station yesterday.     『あなたに、英語の本を1冊、見せてあげる。これがその本よ。昨日私が駅前で買ったのよ。』                                                                                ================================== おまけ 文2のような『非制限用法』は、先行詞が特殊になることがあります。つまり、『…… + 名詞』という形の先行詞ではないこともあります。 Gaga : I bought a book, which was a hard task for me. 『本を一冊買ったの。それは、私にはハードな仕事だったわ。』    『それは』が、本の説明になっていません。つまり、先行詞は、a book ではないんです。 先行詞の探し方。 関係詞節の中の which が何を指しているか、知りたいんですよね。つまり、which [関係代名詞]の内容を知りたいんですよね。代名詞の指すものは、「物/事/人」で、which だから、人ではない。じゃあ、『誰』じゃなくて、『何』。what で、尋ねてしまいましょう。 You : What was a hard task for Gaga? I : I don't know what was a hard task for Gaga. The man next to Gaga : I know it. What was a hard task for Gaga is to buy a book. 「to buy a book」 が which の内容になります。 このように、ちょっと難しい先行詞になることがあります。でも、最初のうちは、「非制限用法」でも、「……名詞」が先行詞の文を習うと思います。 ================================== 「制限」にかかわる、ちょっと難しい問題を最期に。 This is the book which I bought yesterday. ---3 This is a book which I bought yesterday. ---4 両方とも「制限用法」です。両方とも、which 以下が book を制限しようとします。文3は、一番最初の Gaga のセリフと変わりません。「一冊」に制限したから、the book なんです。 文4は、実は、制限に失敗しています。a book というのは、「いくつもあるうちの一冊の本」です。実は、制限された内容が隠れています。 This is a book (of the books) which I bought yesterday. books は、制限されたので、the がついています。 文3ーー「これは、私が昨日買った本です。」(一冊しか買わなかったから「制限」できた。) 文4ーー「これは、私が昨日買った本の1冊です。」(「数冊買ったうちの一冊」の意味。つまり、「私が昨日買った」という説明だけでは、ある程度の「制限」しかできなかった。) ================================== おまけのおまけ >点があるのとないのと 点ではなくて、comma と呼びます。日本語では「コンマ」と言いますが、英語の発音は、「カマ」に近いです。くれぐれも「お」をつけて、ていねいに発音しないで下さい。 長くてごめんなさい。お疲れさまでした。 以上、少しでもお役に立てたでしょうか? ★ydna★

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます!

関連するQ&A

  • 英文法の関係代名詞の非制限用法についての質問です。

    英文法の関係代名詞の非制限用法についての質問です。 I got into the car which was parked in front of my house. I got into the car , which was parked in front of my house. 上の2文の意味の違いを教えてください。よろしくおねがいします。

  • 関係代名詞 その時制について

    関係代名詞を用いて、 「これは日本製の車ですか」を英訳します。 Is this the car which is made in Japan ? このときの、 which is made in について、 which was made in とした場合と、 その正誤、理由、違いなどについて、どなたか説明 いただけませんか? よろしくお願いします。

  • 前置詞+関係代名詞

    質問です。 前置詞+関係代名詞の場合、関係代名詞の中の文は完全文になるとおもっていたのですが、この文はちがうみたいなんです。 He looked for a car the engine of which was running. whichの中は主語がなくて不完全文だと思うんですけど、良くわかりません。 教えてください。

その他の回答 (2)

  • 回答No.2
  • Oubli
  • ベストアンサー率31% (744/2383)

意味は同じで、非制限的用法の関係代名詞です。 口語ですと発音にちょっと間をあけるのが普通ですから2番目の文ではスペースが入っていますが、1番目の文でも関係代名詞の制限的用法とは解釈できません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます!

  • 回答No.1
  • naomkb
  • ベストアンサー率74% (56/75)

こんにちは 私は英文法には詳しくないのですが、2番目の文章はおかしいと思います。 まず最初の文章について: which  は その前にある car を指しています。 I got into the car. The car was parket in front of my house.   の二つの文章を which でつないだのが 「I got into the car which was parked in front of my house.」 です。 意味は「私は、家の前に駐車してあった車に乗り込んだ」 となり、正しい英語となります。 では二番目の文章について: which の前に カンマ , がある場合には、 最初の文章がその前の car だけを指していたのと違い which  は カンマ , の前の文章すべてを差します。 なので、この文章の状況を考えた場合、2番目の文章はちょっとおかしいです。 I got into the car. I got into the car was parked in front of my house. ね? 変でしょう? 似たような文章で、 which の前をカンマ ,   で区切った例文を書いておきますね。 I got into the car, which was very unpleasant for me. 意味は 「私はその車に乗り込んだが、それ(車に乗り込むこと) はとても楽しくない出来事だった」 理解できたかな?

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます!

関連するQ&A

  • 関係代名詞も関係代名詞節に入りますか?

    よろしくお願いします。 関係代名詞節といった場合、関係代名詞そのものも関係代名詞に含まれますか? 例えば次の文において、 関係代名詞はwhoで先行詞がwho、 peopleにwho live in New Yorkがかかっています。 この場合、関係代名詞節はどこか、と言われた場合、 whoも関係代名詞節にはいりますか?それとも、live in new yorkだけでしょうか。 I know a lot of people who live in New York. 同様にthat節と言った場合、thatそのものもthat節に入りますか? どうぞよろしくお願いします。

  • 関係代名詞について

    The compensation you're offering is rather low. ご教示頂いている補償額はかなり低いです。 という英文がありますが、 「The compensation」と「you're offering」の間に隠れている関係代名詞は 「of which」でしょうか?それとも「which」ですか? compensationの例文を確認すると You offered of compensation.あなたは補償を申し出た。 のように前置詞ofを使っており、compensationはそもそも前置詞ofを使う 英文なのかなと思い、隠れている関係代名詞は「of which」ではないかと 考えております。

  • 関係代名詞

    Of all the countries in which to graduate with a science PhD, Japan is arguably one of the worst. http://www.nature.com/news/2011/110420/full/472276a.html 第三パラグラフ第一文 上記の文のin whichの部分は関係代名詞だと思うのですが、構造が分かりません。主語、動詞が省略ということでしょうか? in which people are to graduate with a science phd で良いのでしょうか? 又、訳はどうなりますか? よろしくお願いします。

  • 英語(関係代名詞)について教えてください。

    そのしっぽが短い猫は、私のペットです。 を関係代名詞を使って英訳する場合、 (1) The cat the tail of which is short is my pet. (2) The cat whose tail is short is my pet. のどちらも正しいでしょうか。 また、どちらも正しい場合、どちらのほうがより自然に使われるでしょうか。 (1)の関係代名詞の使い方に慣れません。 何かいい考え方はありますでしょうか。 質問が多く申し訳ございませんが、どうぞ宜しくお願いいたします。

  • 前置詞+関係代名詞について

    こんばんは。前置詞+関係代名詞の、前置詞の位置に関する質問です。 私が使用している金子書房発行の「英文法解説」という参考書において、 例文 a)The clerk to whom I handed the form said it was properly filled in 『動詞/形容詞+前置詞が成句として結びつくときは、a)の形を使わない。』 Hounting is an amusement (which) I am particularly fond of. とあり、文末のofは関係代名詞(which)の前に置くことは出来ない、と説明されているのですが、塾にあった英文問題集に、 She is a teacher of whom children are fond (確かですが)という問題があり、文中の関係代名詞の前に位置しているので困惑しています。ofは後者の位置でも可能なのでしょうか? とても長くなった上、きちんと後者の文を覚えていないため、誤認もあるかもしれませんが、どなたかお答えよろしくお願いします。

  • 関係代名詞を使って

    The colege Festival is held in autumn every year. It is an important occasion for students. The member of our club spend a long time preparing for it. の3文を関係代名詞などを使って1文にまとめたいのですが、 The colege Festival which is held in autumn every year is an important occasion for students. をまとめて、最後の一文はどうつなげばよいかわかりません。 in whichを使うのかなとかいろいろ考えましたが 関係代名詞がとても苦手なので私の能力の限界でした。 お願いします。

  • 前置詞+関係代名詞について

    前置詞+関係代名詞の考え方が解らず困っています。 単純な文であれば解るのですが、熟語(?)のような 文構造になると自信が持てません。 単純な文の例えとしては、  the village in which he was born :彼が生まれた村 程度であれば解ります。この文が  the village (which) he was born in と同義であることまでは理解できます。 文構造が解らないのは、  a mountain of which the top is covered with snow  a mountain the top of which is covered with snow  a town in the middle of which is a tall tower のような形式になると、とたんに自信がなくなります。 何となく日本語の意味はわかったような気にはなりますが、 簡単な例とは、頭の働かせ方が異なるように思えてなりません。 上記の3文のようなケースは、どのように考えるべきかを ご教示願えませんでしょうか。よろしくお願いします。

  • 関係代名詞

    関係代名詞の質問 He was accompanied by the two girls. I know neither of them. この二つの文を関係代名詞を用いて一つにするとどうなりますか?

  • 前置詞+関係代名詞

    by whichやin which のように関係代名詞の前に前置詞がつくのは, どのようなときなのでしょうか? そのような文でby や in を省略すると間違いになるのでしょうか?

  • 関係代名詞について

    「これは10年前に作られたコンピュータです。」は This is a computer which was made ten years ago. となると思います。 が、これは this is a computer made ten years ago. と過去分詞の後置修飾に書き換えることができると思うのですが 上の関係代名詞の文とどう違うのでしょうか? 目的格を関係代名詞にとる文は書き換えられるのですが、これもできるのでしょうか?