-PR-
解決済み

天ぷら鍋について

  • 困ってます
  • 質問No.76930
  • 閲覧数1832
  • ありがとう数12
  • 気になる数0
  • 回答数4
  • コメント数0

お礼率 90% (98/108)

我が家の天ぷら鍋は大きく、油も大量に必要な為、少量の揚げ物をしたい時にはとても不便です。
一般に天ぷら鍋といわれるものではない鍋、例えば‘煮物やお味噌汁などを作る際に使用している鍋’で揚げ物をしても大丈夫でしょうか?
安全面や、その他で何か不具合はあるのでしょうか
実際に試したことのある方、また、ご存じの方がいらっしゃれば教えてください。
通報する
  • 回答数4
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.2
レベル11

ベストアンサー率 19% (92/463)

細かい事は判りませんが
2度ほどホーロー鍋で揚げ物をしたことがあります
う~ん・・普通に出来ましたし不都合は無かったです
でもなんか洗うの嫌なんですよね
その次からはフライパン使ってます←普通の鉄の奴
お礼コメント
xaix

お礼率 90% (98/108)

回答ありがとうございます
ホーローのお鍋だったら、家にもちょうどいい位のがあります
実はそれで挑戦してみようかどうか悩んでいたわけで…
でも「万が一危険な目にあったら」と思い、質問させて頂いたわけです
そうですか、問題ありませんでしたか
さっそく挑戦してみます
投稿日時 - 2001-05-17 12:55:37
-PR-
-PR-

その他の回答 (全3件)

  • 回答No.4
レベル11

ベストアンサー率 19% (92/463)

すみません!!
えっと2度ほどの使用なので長期に渡っての
耐久性は判りませんよ!(^^)
お礼コメント
xaix

お礼率 90% (98/108)

わざわざ補足していただいて、ありがとうございます
そうですね、その点は注意したいと思います
実は、昨日早速、ホーロ鍋で揚げてみたんですが、不都合なくおいしくできましたよ(*^O^*)
投稿日時 - 2001-05-19 11:37:04


  • 回答No.1
レベル11

ベストアンサー率 31% (81/257)

私は中華鍋を使っています。生まれた家では、旧日本軍の鉄兜を改造して使っていました。

しかし、やはり天婦羅鍋に如くはないでしょう。

理由:
1)鍋の板厚があるので温度変化しにくい。
2)火が入りにくい。(通常の鍋でも問題なし)
3)他の鍋と兼用すると洗い物が大変。大衆天婦羅屋ではそのまま、高級天婦羅屋は毎日磨いている。それと同じ努力が必要。

西洋料理では、フライを文字どおり「フライパン」で揚げますが、これも天婦羅鍋の方が合理的です。

日本料理の定番:行平では、油を使った炒め物はするようですが、これで揚げ物というのは見たことも聞いたこともありません。
お礼コメント
xaix

お礼率 90% (98/108)

回答ありがとうございます
そういえば、私の実家でも中華鍋を利用していました
でもやはり、天ぷら鍋という鍋が存在しているには、それなりの理由があるわけですね
確かに、少量用の小さな天ぷら鍋もちゃんと売っています
旧日本軍の鉄兜ですか、なるほどという感じです
投稿日時 - 2001-05-17 12:41:10
  • 回答No.3
レベル13

ベストアンサー率 27% (501/1797)

私の妻は、例えば弁当用に唐揚げを2~3個揚げるときは、100円ショップで買ってきた18cmの行平鍋を使っています。(揚げ物専用鍋にしています)
お礼コメント
xaix

お礼率 90% (98/108)

回答ありがとうございます
100円ショップの平行鍋でも問題ないですか
聞いてみるものですね
今まで知らなかったもので、お弁当にはあまり揚げ物を入れてませんでした
お恥ずかしい☆
今度から手軽に少量揚げられます
投稿日時 - 2001-05-17 13:08:46
このQ&Aで解決しましたか?
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A
-PR-
-PR-
これはおいしかった!うまく作れた!あなたの経験を教えて!
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


専門家があなたの悩みに回答!

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ