-PR-
解決済み

何の虫刺され?

  • すぐに回答を!
  • 質問No.7620
  • 閲覧数3499
  • ありがとう数28
  • 気になる数0
  • 回答数5
  • コメント数0

最近、家族みんな、くるぶしから下の虫さされに困ってます。困った事に、辺りを良く見てもそれらしい姿がみあたらないので何にかまれているのか分かりません。夏で裸足のせいもあるのか、バルサンしても、かなり掃除機かけても、かまれてしまい(1日に2~3ケ所)かなりかゆく、赤~くなってかゆさが長引きます。
参考までにあやしい虫→★よくいつも見かけるようなち~さい羽の生えたぴょんぴょん飛ぶ虫(足に止まっていた事があった)。
★猫を飼い始めてからなのでノミ(猫から、のみのくしでといて2~3尾見つかるだけで他にはいない、ように見える)。ちなみに私がノミを見たのはこれが初めて。
はっきりしないので心地悪いです。(ノミっぽい気もするのですが)こうゆう虫たちにはうといので全然分かりません。知りたい事は、これは何の虫なのか&対処法です。分かる人、よろしくお願いします!
通報する
  • 回答数5
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.5
レベル7

ベストアンサー率 23% (6/26)

hiyamesiさんの予想、そして皆さんのご回答の通りノミですね。間違いない!
私もノミの被害(?)を受けたことがあるのでフラッシュバックを起こしましたよ(泣)。この質問を読んでいるだけで鳥肌がたち、動悸が激しくなりました(^^;

ノミはカンペキに退治するのには時間と労力が必要です。
あなたが見たノミの数は、実際の何十分の一にしか過ぎません。2~3匹見たのなら、50匹はいます。(大げさじゃないです・さぶ~。)

ノミは、次々にタマゴを産みますので、バルサンは一度目から2週間後にもう一度行い、その間はノミ退治パウダーを床(絨毯やタタミ)にまいて、掃除機をかけます。
これだけでも、相当 数は減ります。

猫ちゃんにはノミ取り首輪をつけます。
(あまり、猫自身には良くないようなのですが)
そして、マメにブラッシングをしてあげて下さい。
もちろん、見つけたらツメの先でつぶし、殺して下さい。
指で押さえつけてもつぶれません。
逃がしてはダメです!(メスならまたタマゴを産みます)

基本的にネコノミは、猫の体を好んで寄生していますので、しょっちゅう人間がさされることはないのですが、ノミにさされると安眠できません。
早めの退治が良いでしょう。

猫がいるかぎり、今後カンペキにいなくなるまで退治するのは難しいかもしれません。ただ、室内のみで飼っていて、退治しつつ、いつも清潔(猫も部屋も)にしていれば、いずれいなくなります。

私は一人暮しのころ、友人の入院のため、猫を1ヶ月だけ預かったのですが・・・。預かっているときより、返した後の方が大変でした。だって残ったノミたちにとってエサ(血)は私だけなんだもん・・・。
寝起きのカラダは毎日血だらけ(引っ掻くから)。
ついには、黒い点はすべてノミに見えるようになり(泣)ノミノイローゼ(?)になったのでした。

こんな風になる前に、退治して快適な部屋になるようがんばって下さい。他にもお聞きになりたいことがあれば、相談にのります。

注:友人いわく、「猫を飼っているとノミは当然。そのうち慣れちゃうよ」 だそうですが・・・
お礼コメント
noname#21844

回答ありがとうございます。早速いろいろとできることから試してみました。気持ち的にもちょっと楽になりました。saltさんの体験談はリアルで恐ろしいですね…。のんびりしてられなくなりました。友人さんのようにこのかゆみ、ほんまになれるのかな~?ノイローゼにならないように努力します!!
投稿日時 - 0000-00-00 00:00:00
関連するQ&A
-PR-
-PR-

その他の回答 (全4件)

  • 回答No.1
レベル13

ベストアンサー率 44% (527/1181)

◆明らかに「何かに食われたあと」があるのでしたら、ノミの可能性が高いですね。 赤く小さな跡が残り、かゆくてかゆくてたまらないです。 で、バリバリかじるとそのうち血が出ます。 こんな症状でしたらノミだと思いますよ。 暑い季節ですし、ネコノミ(イヌノミってのもいます)の被害が増えていますから、この機会に思い切ってカーペットを買い換えてしまう、というのもテです。 1日2~3ヶ所でしたら、まだ少ない ...続きを読む
◆明らかに「何かに食われたあと」があるのでしたら、ノミの可能性が高いですね。
赤く小さな跡が残り、かゆくてかゆくてたまらないです。
で、バリバリかじるとそのうち血が出ます。
こんな症状でしたらノミだと思いますよ。

暑い季節ですし、ネコノミ(イヌノミってのもいます)の被害が増えていますから、この機会に思い切ってカーペットを買い換えてしまう、というのもテです。
1日2~3ヶ所でしたら、まだ少ないと思います。
幼虫はホコリの中にいますから、これからもっともっと増えちゃいます。
ネコのノミ取りもした方がよろしいでしょう。

ご参考までに、ノミやダニの被害についてのページです。
(↓参考URL)
お礼コメント
noname#21844

回答ありがとうございます。まさにこの症状です。幼虫の抜け殻のようなものも見つけてしまいました。慣れていないので、見つける度(よく見るとかなりいた。うわ~。)、鳥肌もんです。参考ページもよい参考になりました。がんばります。
投稿日時 - 0000-00-00 00:00:00

  • 回答No.2

【注意】 虫が嫌いな方はURLをクリックしないで下さい。 蚤の実物写真です▼ http://www.nat-museum.sanda.hyogo.jp/news/docs/hm18-7.html こんなんですか? ...続きを読む
【注意】 虫が嫌いな方はURLをクリックしないで下さい。

蚤の実物写真です▼
http://www.nat-museum.sanda.hyogo.jp/news/docs/hm18-7.html

こんなんですか?
お礼コメント
noname#21844

情報ありがとうございます。この写真を見て猫やじゅうたんを見てみると、「まさに、これや~~!」でした。何もんかはっきりして標的も決まったので、退治にかかります!写真、参考になりました。
投稿日時 - 0000-00-00 00:00:00
  • 回答No.3
レベル10

ベストアンサー率 9% (18/183)

皮膚科の先生が言っておりましたが、ネコノミは何かが通るとぴょんと飛びついて血を吸ってみるのだそうです。 で人間だった場合「あっ違った」と飛び降りるのだそうです。 虫が卵の時にはバルサンは効きませんので2週間後もう一度やったほうがいいとのことです。 同時にネコのノミとりもして、ネコは室内だけで飼いましょう。 ...続きを読む
皮膚科の先生が言っておりましたが、ネコノミは何かが通るとぴょんと飛びついて血を吸ってみるのだそうです。
で人間だった場合「あっ違った」と飛び降りるのだそうです。

虫が卵の時にはバルサンは効きませんので2週間後もう一度やったほうがいいとのことです。
同時にネコのノミとりもして、ネコは室内だけで飼いましょう。
お礼コメント
noname#21844

回答有り難うございます。そうなんですか‥。間違いですか。ノミにも学習能力があれば良いのに。バルサン、早速やってみました。効果に期待♪
投稿日時 - 0000-00-00 00:00:00
  • 回答No.4
レベル6

ベストアンサー率 0% (0/3)

蚊に刺されたときより小さく赤くなって、いつまでも強い痒みがあるようなら、皆さん書いているように「ノミ」だと思います。 猫ちゃんを外に出しているなら、まず間違いなくいます。 ノミ取りくしでとっても、すばしっこいので、まだいる可能性はありますし、外に出せばまたノミがついてしまいます。人間と同じように痒がって、かき過ぎて傷になってしまうこともあります。 動物病院に行くと、ノミの薬があるので、(うちの犬猫は ...続きを読む
蚊に刺されたときより小さく赤くなって、いつまでも強い痒みがあるようなら、皆さん書いているように「ノミ」だと思います。
猫ちゃんを外に出しているなら、まず間違いなくいます。
ノミ取りくしでとっても、すばしっこいので、まだいる可能性はありますし、外に出せばまたノミがついてしまいます。人間と同じように痒がって、かき過ぎて傷になってしまうこともあります。
動物病院に行くと、ノミの薬があるので、(うちの犬猫は首の後ろに垂らすタイプの薬です)一度病院に行ったほうがいいと思います。
お礼コメント
noname#21844

回答ありがとうございます。ほほう。猫にそんな薬があるのですか。早速買ってみます。
投稿日時 - 0000-00-00 00:00:00
このQ&Aのテーマ
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


新大学生・新社会人のパソコンの悩みを解決!

いま みんなが気になるQ&A

関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ