-PR-
解決済み

万が一の場合、私の財産を親に渡したい

  • 暇なときにでも
  • 質問No.76080
  • 閲覧数35
  • ありがとう数1
  • 気になる数0
  • 回答数1
  • コメント数0

別に死ぬわけではないのですが、私に万が一のことがあった場合、私のもっている預貯金(定期を含む2口座)を、夫でなく母親に残したい場合のために何か文書を残しておきたいと思います。書き方/登録の仕方を教えてください。簡単なものでも良いのでしょうか?
通報する
  • 回答数1
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.1
レベル14

ベストアンサー率 46% (1678/3631)

そのような文書のことを遺言といいます。普通方式(特別方式は特別な場合なのでこの際は関係ありません)の遺言には自筆証書遺言、公正証書遺言 と秘密証書遺言 があります。どちらも、要式行為なので、メモ程度で簡単なのでは、無効になります。自筆証書遺言は作成には、手続きはなにも要りませんが、存在を第三者に知らせておくか、渡しておかないと、相続権利者によって破棄される恐れがありますし、執行時に裁判所で検認手続きが必要です。公正証書遺言 と秘密証書遺言 は確実ですが、公証人役場で手続きする必要があります。これらの方式の詳しい内容については、次のURLにまとめています。

http://adviceroom.com/law/souzoku/igonsyurui.html
自筆証書遺言、公正証書遺言 についての書式は参考URLの該当個所をクリックしてください。
お礼コメント
noname#84083

ご回答有難うございました。
早速、弁護士に頼んで公正証書遺言の作成をしたいと思います。
投稿日時 - 2001-05-16 03:14:43
悩みは調べるより詳しい専門家に聞こう!OKWAVE 非公開Q&A

『法律や相続』の悩みに強い専門家

※完全非公開、1,080円(税込)

弁護士畑中 優宏

質問する非公開

相続診断士河東田 桃子

質問する非公開

行政書士石川 裕也

質問する非公開
他カテゴリーの専門家を見る
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
この法律は知っておいたほうがいい!あなたの経験や知識を教えて!
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-

特集


開業・独立という夢を持つ人へ向けた情報満載!

ピックアップ

ページ先頭へ