• ベストアンサー
  • 困ってます

救命士以外の消防職員が実施するCPRについて

G2010に改正され、一般市民は胸腹部の動きで呼吸確認~胸骨圧迫~気道確保・人工呼吸(以下、略)となり、医療従事者(医師、看護師、救命士等)は気道確保~呼吸・脈確認~胸骨圧迫~人工呼吸(以下、略)となったと思います。そこで救命士以外の消防職員(救助隊員等)は、一般市民又は医療従事者の方法のいづれで実施しているのでしょうか?お教え願います。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数276
  • ありがとう数0

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1

基本的に消防隊員は、一般市民と同じですが、多くの隊員は救急資格(標準)を持っていますので、脈の確認ができればすると思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 29歳からの救命士転職

    私は現在28歳ですが、来年医療従事者への転職を考えております。 職種としては救命士を目指しておるのですが年齢的に難しいとお聞きしました。 現実的には看護師が一番よいのかなと思うのですがいかがでしょうか? ちなみに神奈川に住んでおります。

  • CPR 最初2回息吹込が生命予後にあまり影響を与えない?

    1次救命処置において、 >気道確保>無呼吸確認>2回人工呼吸>循環サイン確認>> という流れのなかでおこなわれている最初の人工呼吸が、生命予後には殆ど影響を与えない。むしろ早期の心マ開始のほうが生命予後を好転させる可能性が高い という感じの文章を、以前どこかの本で読んだ覚えがあるのですが…これって、AHA国際ガイドライン2000か何かでしょうか? 文献など出典をご教示賜りたいと存じます。関連HPでも結構です。宜しくお願い致します。

  • 救命法を知っていながら、実行しないと有罪になりますか?

    消防署による「普通救命講習」(気道の確保、人工呼吸法、心肺蘇生法、AED操作)を受講した者です。 「誰か救急車をお願いします」「AEDを持ってきて」と、近くにいる見物人(やじうま)に頼み、 意識・呼吸・脈拍を調べて、必要に応じて気道の確保・心臓マッサージ・人工呼吸をする。 これを、数分の間に手早く行うことが大切です。  講習を受けても、なかなかできるものではありません。 もしも、救急を必要とする場面に実際にでくわしたときに、 自信がなくて、習った救命行為をせずに傍観してしまい、倒れていた人が不幸にして亡くなってしまうと、罪になりますか? それで、有罪になるのならば、受講しないほうがマシ という考えも浮かぶのですが・・・

その他の回答 (2)

  • 回答No.3

No2さんの言っているのは、ガイドライン2005ですので古い方法ですね。 最新の心肺蘇生のガイドライン2010は、質問者さんので合ってます。 ガイドライン2010=意識の確認~呼吸の確認(胸、腹の動きを見る)~胸骨圧迫~人工呼吸です。 以前のガイドライン2005=意識の確認~気道確保~呼吸の確認(見て、聞いて、感じる)~人工呼吸~胸骨圧迫 最新の心肺蘇生法は、気道確保はなくなり、呼吸の確認も胸と腹の動きのみ見て、胸骨圧迫から行い、人工呼吸です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.2
noname#161969

消防職員のCPRは意識確認から入るはずですが? >一般市民は胸腹部の動きで呼吸確認 これはどこからの情報でしょうか?間違った情報です。 意識の確認(救急車要請)~呼吸、心拍確認~気道確保・・の順で講習を受けるはず。呼吸の確認は鼻、口まで耳を寄せて音で確認するのがスジ。胸腹部の動きで判断なんて誰も教えないはず。 >胸骨圧迫~気道確保・人工呼吸 これも順番が逆。心拍停止状態であるなら気道確保、人工呼吸の後で心臓マッサージをしないと酸欠状態は改善されず、助けることは難しくなります。 何らかの本などで書かれているなら記載ミスとしか思えません。 病院などの医療関係者なら間違いだと気付く初歩的な問題です。 つまり、消防の救命士であれ、医療従事者であれ、基本は意識確認から呼吸確認、心拍確認のあとCPRに移るように指導されているからです。この順序を知らないってことは、救命講習を受けていない人ってことです。 救命講習は消防で受け付けて受講(医師の監修の教本を基に)なので、質問のいずれでもないとなります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 脳卒中の応急手当について

    脳卒中で呼吸停止や心停止をおこしている場合も、 心配蘇生法の気道確保、人工呼吸、心臓マッサージを 行ってよいのでしょうか? 脳内の出血量を増やしてしまったり、血栓が流れていって更に細い血管につまっってしまう気がして、 余計に状態を悪化させる気がするのですが、 実際はどうなのでしょうか? 専門の方、どうぞ教えてください!

  • 救急救命講習を受けて

    先日、某所にて普通救急救命講習を受けたのですが、理解できなかった部分を教えてください。(当日質問タイムがなかったので) まず、専用の人形を使用したのですが、最初に、生身の人間の体の感触をということで、2人1組で倒れた状態のお互いの体の感触を体験させられ、心肺蘇生もまね事だけしました。胸部圧迫の時に手を組んで胸の上に、そこで指導員より「絶対押さないで下さいよ、押したらだめですよ」との注意喚起がありました。なんとなくはわかっているつもりなのですが、なぜダメなのか、その説明ぐらいはあっても良いと思うのですが。私がもし聞かれた時、そういうことを覚えておかないと教えられませんので、そんな事、常識でわかるでしょう。といわれてもね。 次に人工呼吸をするときに、気道の確保のため、頭部を押さえ、顎を上に持ち上げ(引き上げる)ますよね、確かに相手は人形なので軽量のため、顎の持ち上げによって人形自体が頭の方にせり上がってきます、これを体重のある生身の人間にやろうとしたら、2本の指だけでは無理だと思うのですが、それじゃということで逆に頭を少し持ち上げ、僅かに首を後ろへ曲て気道確保したら、頚椎を痛めている可能性があるから、ダメですよね。 申し訳ありませんがご教示の程お願いいたします。

  • 蘇生法について教えてください

    心肺停止(声かけに反応なし、瞳孔散大)になった時、 一次救命(胸骨圧迫やAED)をやらないで,アドレナリンと気道確保だけで 救命はできますか?

  • 心肺蘇生

    市中において循環呼吸が停止した場合、一刻の猶予も許されないため一般市民の方が心臓マッサージ・人工呼吸をする必要があるとされています。そのため今後心臓マッサージ・人工呼吸の方法を広く知らせようとする動きが出てくると私は予想しています、具体的に日本で例えば学校教育の中に取り入れていこうとするような動きはないのでしょうか。またアメリカなど外国でもそのような動きはないのか教えて頂ければ幸いです。

  • 救急救命士の気管内挿管について

    現在救急救命士になるための勉強をしているんですが、 ちょっとした疑問があるので質問したいと思います。 救命士に許されている特定行為 (1)半自動式除細動器による除細動 (2)乳酸リンゲル液を用いた静脈路確保 (3)器材を用いた気道の確保 のうち(3)の気道確保についてなんですが、 なぜ今まで使用が許されていたラリンゲアルマスク・食道閉鎖式エアウェイは、心肺機能停止状態(心機能停止あるいは肺機能停止のいずれかの状態をも含む)の傷病者に対してのみ医師の指示に基づいて行うことができたのに、これから行えるようになる気管内挿管にあっては心肺停止状態(心機能・肺機能ともに停止状態)でないといけないのですか? 参考書等にもその理由が書いていなかったので教えて下さい。  お願いします。

  • 痙攣発作の気道確保方法を教えてください

    痙攣発作の気道確保方法を教えてください 文献や、ネット上では大半のものが誤嚥をふせぐためにも顔を横に向けるとあります。ほとんどが一般向けのてんかん発作への対応を簡単に記してあるものになります。病院で設備が整っている場合の対応として、痙攣が数秒で治まらず、持続的に全身性痙攣が続く場合、横を向けただけでは気道確保が難しい場合や、呼吸ができないことでチアノーゼが出現する。そういった場合も誤嚥のリスクが高くなるので通常の気道確保で行う下顎挙上法をとったり、マスク換気をしない方がよいのでしょうか?ある文献には下顎挙上で気道を確保し、呼吸が再開したときに誤嚥を防ぐため顔を横に向けるというものもあったのですが。おしえてください。

  • 消防士と救命士

    高校三年男子です。 春から救命士の資格を得るために専門学校へ行きます。 しかし消防士として働くことにも関心があります。 それぞれどのような性格の人が合うでしょうか? 給料に差はあるのでしょうか? 出動回数は同じくらいでしょうか? また一回あたりの出動手当てはどれくらいでしょうか? いろいろ知りたいことがあります。 分かる方お願いします。

  • 消防士、救命士と出会うにはどうしたら?

    私は消防士、救命士と付きあいたのですが、出会う機会がありません。 合コン、友達の紹介はもちろん他にそういう人が行きそうな場所はありますか?

  • 救急救命士の手術の介入

    骨をつなげる手術を去年して、その手術で骨をつなぎとめてる鉄板を 抜く手術を全身麻酔で明日するんですが、今日麻酔科の説明のときに 救急救命師を、手術室に同席させて気道確保?っていうんですか、 管を肺にまで挿入させて酸素を供給する術の練習をさせてほしいと いわれました。 本職の麻酔科の先生が隣で支持すると書かれていましたが、 やるのは、たとえ医療を学んでいるとはいえ救命隊員で消防の人なんですよね? まだ、自分は28でこの先もあるしやっぱり全身麻酔だと余計心配な要素が 増えてしまうのはいやだったので断りました。 断ることでなにか患者に不利になるようなことはありませんなんて書かれている のも正直不安です。 みなさんの地域でも救命士の練習代になってくれみたいに言われる病院てありますか? これから一般化するのでしょうか?

  • 人工呼吸の回数

    心配蘇生法で、心臓マッサージ30回:人工呼吸2回とありますが、なぜ2回で、2回にはどんな意味があるのでしょう? 調べたところによると、心臓マッサージでの胸部圧迫を確実に行うと(1分間に100回)、血圧として60~80mmHg、通常の心拍出量の3分の1~4分の1の効果があるということで、コレはとても重要な意味のあることだと思うのですが、その間に行う人工呼吸2回にはどのような効果があるのでしょうか?更に挿管後は心臓マッサージと人工換気を各々に行っても良いとありますが、これは挿管すると確実に酸素化が図れるから2回にこだわらなくても良いと言う事なのでしょうか? 心臓マッサージをしっかりしていれば人工呼吸は必要ない!?とも書かれていた記事もあったので、余計に理解が出来ません。 深く考えれば考えるほどよく分からなくなってしまいまして。。。 どなたか分かる方がいましたら、教えてください。よろしくお願いします。