• 締切済み
  • すぐに回答を!

日本史の作文について

三国干渉からポーツマス条約までの日本と東アジアについて作文を書かないといけないのですが、ざっくりあらすじ的なものをどなたか教えてください。「帝国主義」などをふまえたものにしていただけると嬉しいです。文字数には制限がないので細かい部分も書きたいとは思っています。全文ではなく、「こんなことを書けばいいのでは?」っていう感じでアドバイスをお願いします。よろしくお願いします(`・ω・´)

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数349
  • ありがとう数0

みんなの回答

  • 回答No.2
  • mekuriya
  • ベストアンサー率27% (1118/4051)

1895三国干渉 1895乙未事変 1896露清密約 1896露館播遷 1898興宣大院君死去 1898独清条約 1898旅順(港)大連(湾)租借に関する条約 1898米西戦争 1898ハワイ王国滅亡 1899中仏互訂広州湾租界条約 1899米比戦争 1900義和団の乱 1900第二次露清密約 1902満州還付に関する露清条約 1904シベリア鉄道全線開通

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 帝国は悪魔の国家だとイメージ付けられていますが。

    前略 その手の団体によって、帝国は悪魔の国家である、自由で平等な 国ほど正義である、と言うイメージを作られていると思うのですが、 現在の欧米を見ると、何だかんだで民主主義が良いとか言いながら、 帝国主義を実行している国家体制が現在の欧米では?と、 思うのですが、これってそれらの国民は自己矛盾を感じないので しょうか? 中華人民共和国や東アジアの国々も、何だかんだで共産主義が 良いだのあれこれ言って結局資本主義を取り入れて、帝国主義的な ところが出ていると思うのですが、何で、それでも帝国主義の 国家は悪なんだとそれらの地域の国々は定義付けたいのでしょうか? 大きな矛盾を感じるのですが。 かつて帝国を名乗った日本は実質共産主義国家であり、 格差の少ない社会になっているのに、共産主義や自由や平等を 叫ぶ国ほど、実際には帝国主義的であったりその気があったりする。 すっごい矛盾を感じるのですが、もう、世の中なるようになって、 現状があるのですよね?思うところお教えください、 お願いします。                                          草々

  • 欧米の民間メディアはワスプの手下か?

    欧米の民間メディアの報じ方に日々ムカつきを覚えるものがあり、「俺ら欧米人こそが絶対正義や」という帝国主義的な思い上がりが鼻に突き、間接的な内政干渉を仕出かしているようで許しがたいものがあります。背景にワスプ(WASP)が糸を引いているようであり、奴ら欧米メディアと言うのは「ワスプの手下」なんでしょうか?

  • 県下一斉テスト(世界史)

    来週県下一斉テストがあります。 ところがウチの学校は、世界史の範囲が合っていなくて まだ習っていないところも範囲に含まれています。 ・中国(後漢まで)・中国(三国志~宋) ・内陸アジアとモンゴル帝国 ・近世アジアの諸帝国 ・ヨーロッパ近世 ・ヨーロッパとアメリカの諸改革 ・19世紀の世界 ・帝国主義と第一次世界大戦 の中から一つ選択して解かなくてはいけません。 での大問を選ぶのが一番点が取れるでしょうか? よろしくお願いします。

  • 回答No.1
  • fu5050
  • ベストアンサー率34% (59/169)

失礼ながら、日本史の教科書はないのですか? 三国干渉からポーツマス条約までだと対してページ数もないかと思います。その中から、日本とアジアの関係に関するところを抜き出して、あとは国語の要約の要領ですよ。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 歴史の課題なのですが

    歴史の課題なのですが いろいろな人の意見を聞いてこいとのことなので ご意見をお聞かせください 1 19世紀中ごろから20世紀初頭にかけての 東アジアの国際関係の変容についてそれ以前と比較しつつ答えよ 2 日清戦争の「日朝日台戦争」としての側面について説明せよ 3 義和団事件から韓国併合にかけての時期は東アジアが本格的に 帝国主義的な国際秩序に組み込まれた時期と言われるが 日本の役割に注目しつつなぜこのように言えるのか答えよ 4 近代アジアの認識について「文明」と「野蛮」というキーワードを用いて説明せよ

  • 明治時代の遼東半島

    1.日清戦争後の下関条約で、清は日本に遼東半島を譲り、 2.ロシア・フランス・ドイツからの三国干渉により、日本は清に遼東半島を返還し、 3.日露戦争後のポーツマス条約で、遼東半島の南部の租借権をロシアは日本に譲渡し、日本と北京条約を結んだ清も承認した、 と理解しています。 ロシアは、2.の後、遼東半島の租借権を有していたのでしょう? そうでなければ、租借権を日本に譲渡することはないでしょうし、 そうであっても、日本がロシアに対し、清に返すよう迫り、その後、日本と清でその扱いを決めればいいような気がするのですが。  ご存じの方、よろしくお願いします。

  • 結果的に日本帝国は遼東半島を中国に与えた

    中国はなにかと帝国主義であったころの日本を責め、歴史を認識せよと言いますが、それを言うなら遼東半島はもし日露戦争がなかったら永久に中国の領土とはならなかったと思います。 世界にはかつての強国の領土が点在します。たとえばキューバのグアンタナモ米軍基地とか英領ジブラルタル、モロッコにあるスペイン領メリリアなどです。 ソ連は遼東半島を強く欲しがり、日清戦争で日本が勝利し遼東半島を中国に割譲させたとき、ロシアはフランスとドイツを誘って三国で干渉しました。ロシアは遼東半島とくに天然の良港である旅順に固執しました。 日本は二百三高地で多くの血を流して旅順を陥落させました。それがなかったら旅順はいまごろロシアのグアンタナモになっていたことでしょう。 中国にはその点を認識して欲しいと思います。歴史を認識せよと言うのであればそういうことも理解せよ、と。 皆さまのお考えはいかがでしょうか?

  • 太平洋戦争でアメリカが得たもの

    日本が開戦に踏み切った理由はよくわかるのですが、 アメリカが開戦に踏み切らせた(オレンジ計画など)理由がよくわかりません。 日清・日露戦争の勝利によってアメリカ側が日本を脅威と捉えるようになったというのはわかるのですが、アメリカが日本と戦争しようとした理由はそれだけではなくて、中国を始めとする東アジア進出(ジョン・ヘイの門戸解放など)に日本が邪魔だったから、ですよね? なのに、いざ戦争してみたら、中国には進出するどころか共産国になってしまうわ、朝鮮を独立させたら北が共産国になるわ、フィリピンは独立するわで、結局何も得てなくないですか? それで、アメリカの対日戦の目的って別に中国進出が理由じゃなかったのかなと疑問に思ったんですが、実際のところその理由って何だったんですか? ※日本の帝国主義を懲らしめるためとか、そういうのはナシでお願いします。

  • >サヨクがこんな状態では、右傾化した主張が幅を利かせてもやむを得ないだ

    >サヨクがこんな状態では、右傾化した主張が幅を利かせてもやむを得ないだろうね。 と、以下の記事にあったのですが、 いまいち良く判りません。 こちらの方は、 世界的に見た、左翼と、日本の左翼を取り間違えている、と判断してよろしいのでしょうか? 18 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2010/07/05(月) 13:46:00 ID:tVnwbU29  過去の日本の侵略を声高に批判する人ほど、現在の中国の侵略に沈黙する。  過去の日本の虐殺を声高に批判する人ほど、現在の中国の虐殺に沈黙する。  過去の日本の人権問題を声高に批判する人ほど、現在の中国の人権問題に沈黙する。  過去の日本の言論弾圧を声高に批判する人ほど、現在の中国の言論弾圧に沈黙する。  過去の精神論を声高に批判する人ほど、憲法9条の精神論を声高に主張する。  過去の特高を声高に批判する人ほど、人権特高の必要性を声高に主張する。  日本の高価な地雷を批判する人ほど、中国の安価な地雷に沈黙する。  アメリカの核を批判する人ほど、中国の核に沈黙する。 中国の方が圧倒的長期間に渡って、圧倒的多数の犠牲者を生み出している。  日本は 「遅れてきた帝国主義」       などと言われるが、  中国は 「時代錯誤も甚だしい帝国主義」 を邁進している。  日本の 「過去の侵略・帝国主義」 を声高に非難するなら、  中国の 「現在の侵略・帝国主義」 はそれ以上に声高に非難されなければ理屈に合わない。 2007/08/15 NHK討論「日本の、これから」 、ガンジー主義を賛美する馬鹿サヨクw 小林よしのり氏に 「ガンジー主義とは恐ろしいこと」 と言われても理解さえできない。 全ての日本人が完全無抵抗主義を貫け!! バンバンバンと撃ち殺されてもいいと言い放った!!  戦中の 「天皇陛下バンザイ!!!!」 とバンザイ突撃で死んだことを批判する連中が、  戦後に 「憲法9条バンザイ!!!!」  とバンザイ無抵抗で死ね!! 崇高なる憲法9条を貫け!! もはや狂気の沙汰である。 完全にイデオロギーに溺れ、溺死寸前。 思考停止状態である。 討論番組なんかでも、もはやサヨクは嘲笑の対象としか扱われてない場面も多数見られる。 北朝鮮やチベットなどで責められたら、もう沈黙して睨みつけるしかできない。 サヨクがこんな状態では、右傾化した主張が幅を利かせてもやむを得ないだろうね。

  • 吉田松陰と勝海舟

    吉田松陰の『幽囚録』(内容は下記URLをご参照下さい) http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%90%89%E7%94%B0%E6%9D%BE%E9%99%B0 http://www7a.biglobe.ne.jp/~katatumuri/yosida/syoin60.htm を読むと、筆者の名前を伏せれば石原莞爾か東條英機の主張としても通じそうな内容で、事実、松陰の薫陶を受けた伊藤博文、山県有朋らの長州閥の手により始められた日清・日露戦争を経てやがて日中・太平洋戦争へと突入していく帝国主義の道を歩んでいったことは、改めてご説明するまでもないと思われます。 一方、幕臣でありながら薩長との早期停戦、江戸城無血開城を主張した勝海舟は、維新後、明治政府で参議、海軍卿の要職を務めながらも、軍事力強化に興味がなかったのか、仕事に精を出さず、また、自ら育てたとも言える海軍が日清戦争に参加するのに終始反対しました。三国干渉で窮地に立たされた時も、「政府のやることなんてぇのは実に小さい話だ」と批判しています。(出典は下記URL) http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8B%9D%E6%B5%B7%E8%88%9F もっとも聞いた話ですが、西郷と親しかったせいか、征韓論には賛成したそうです。 勝海舟には、中国に進出すれば必ず欧米列強と対峙(利権をめぐる衝突)せざるを得なくなり、中国を植民地化することはおろか逆に列強から日本の独立自体を侵されかねないという考えがあったのでしょうか? 歴史は皮肉にも吉田松陰の敷いた路線をひた走った結果、勝海舟の予想通りになってしまったわけですが、もし日本が帝国主義路線でなく勝海舟の主張通り中国進出を行わず、せいぜい朝鮮半島留まりであったならば、欧米列強、殊に米国と敵対することもなく、あのような未曾有の戦禍を免れ、明治維新から現在に至るまで東洋の一小国としてささやかな繁栄を謳歌する独立国たり得たのではないかと考えるのは、穿った見方でしょうか?

  • 確認のため…

    解釈のチェックをお願いします。 And he attempted to exploit anti-Americanism, always a potent force, by casting U.S. intervention in the gulf as a case of Yankee imperialism run amuck. そして彼は、アメリカの湾岸地域への干渉を暴れ回ってきたヤンキー帝国主義の実例とみなすことによって、常に有力である反米主義を利用しようとした。 cast &#65374; as … は&#65374;を…とみなす、run は過去分詞で a case of Yankee imperialism にかかっている。 合ってますか? http://content.time.com/time/magazine/article/0,9171,155420,00.html

  • 哲学・政治学本が好きです!

    哲学・政治学系の本を読むことが好きなので、今度の冬休みにでも、有名なネグリの「帝国」を読んでみようかな… と考えていたのですが、他にも読みたい本がいくつもあるので、時間がかかりそうな「帝国」を省略しようかどうしようか迷っています。 書評などを読む限り、「帝国」のポイントは、 現代の「帝国」は、かつての帝国主義国家と違い、世界規模で、軍事や金融を支配する組織連合のような形で存在している… という現状を指摘することかな、と思うのですが、そういう端的なポイント以外にも、実際読むことによって考えさせられることは大きいでしょうか?それとも、そういうポイントさえ知っておけば、取り立てて急いで読む必要はないでしょうか? 他には、特に自分にとって読む必要があるとかではなく、ただの思い付きみたいなものですが、 バタイユの「エロティシズム」、 ホイジンガの「ホモ・ルーデンス」、 リップマンの「世論」 等を読もうかな、と思っています。 他にも、最近光文社から新訳が出ているカントの「純粋理性批判」とか、ニーチェの「善悪の彼岸」等も読んでみたいのですが、ちゃんと理解しながら読むのにすごく時間がかかりそうなイメージがあるので、今のところ何となくですが、上記の3冊を優先しようかな・・・と思っています。あと、ノージックの「アナーキー・国家・ユートピア」は読もうと思っています。ノージックとネグリは、東浩紀氏がアマゾンでおススメリストとして公開されていたので特に興味が湧きました。 他に、例えばレヴィ・ストロースの「悲しき熱帯」とかも、書評などを読む限りかなり良い本だろう、と思うのですが、構造主義などは解説本などでかなり大雑把にですが内容は読んだことがあるので、後回しにしようかな、と思いました。 他にも、フーコーの「言葉と物」もかなり気になっているのですが、「監獄の誕生」をとりあえず読んだことがあるので、まだ後回しにしとこうかな、と思っています。 こっちを先に優先した方が良いんじゃないかという意見、とか、他にもこれが特におススメという本があったら教えてください。

  • 壬午軍乱の時の大院君と日清戦争後の大院君

    日本史の教科書(山川出版)の日清戦争あたりの話でよく分からない ところがあります。壬午軍乱とは1882年に日本への接近を進める国王高宗の外戚閔氏一族に反対する大院君を支持する軍隊が漢城で反乱を起こした事件ですよね。 この文章は引用したものですが、これは閔氏一族が日本よりで、このときの大院君は反対だったということですよね。 義和団事件も終わって、そのあとの大韓帝国誕生の前のところのせつめいでは、親露政権が誕生して、その理由は、「大院君の親日政権は三国干渉後まもなく閔妃らの親露派に倒された。日本の駐韓公使三浦梧楼が大院君を再び擁立しようと公使館守備兵に王宮を占拠させ、閔妃殺害事件を起こした。」 でした。 この説明だと大院君が日本よりと言うことになっています。 いったいいつ変わったのでしょうか。いろいろ大院君について調べてみてもそういうことが書いていなかったので困っています。 ところで閔妃とは閔氏と同じなのですか。 よくご存知の方、よろしく御願いいたいます。

  • 右とか左ではなく、平和を目指せばいいのでは?

    最近日本は右傾化して来ました。 学生運動の頃は左傾化していました。 しかし考えてみれば思想は右翼、左翼だけではないはずです。 日本は平和憲法を持つ和を重んじる島国なのですから 世界大戦の時のような時代への同調(帝国主義)ではなく 独自の平和思想を持つべきなのではないでしょうか? ラッセル・アインシュタイン宣言。湯川・朝永宣言なども考えながら 世界唯一の被爆国 第二次世界大戦敗戦国としての反省も持って 平和な思想を発信しようではありませんか。 誰か平和な思想を書いて下さい どんな平和思想がありますか? 哲学ならではの平和宣言はありませんか? 端的に。 よろしくお願いします。