• 締切済み
  • 困ってます

知覚動詞の受動態の後に続くものは形容詞も可?

以下の文章の構文が分かりません He was last seen alive around 9:30 p.m. (彼が生きているのを最後に見られたのは、午後の9時30分ごろだった) この文章は受動態ですが、これを能動態に直すと、 They see last him alive around 9:30p.m. になると思います。 ただ、動詞のseeは知覚動詞です。それで辞書で調べてみたのですが、see+O+原型動詞という形はあるのですが、aliveなどという形容詞を取る構文はありませんでした。 ではなぜ、was seenの後にaliveが来るのでしょうか?これが、 They see last him live around 9:30p.m. だったとして、受動態にして He was last seen to live around 9:30p.m. ならば分かるのですが・・・。 また、類似のものとして The old man was found dead in his house yesterday. という文章の構文ならわかります。 能動態にすれば、 They found the old man dead in his house yesterday. となって、何ら問題ありません。 このseeという知覚動詞のときに、(受動態のときに) 何故aliveという形容詞が来ることができるのか、が分かりません。 どうかその辺の所を教えて頂けないでしょうか。 よろしくお願い致します。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 英語
  • 回答数3
  • 閲覧数1153
  • ありがとう数4

みんなの回答

  • 回答No.3
  • Oubli
  • ベストアンサー率31% (744/2384)

They see last him alive around 9:30p.m. これはlastの位置が変です。それにseeはsawでなければいけません。 They last saw him alive around 9:30 pm. またはThey saw him alive last around 9:30 pm. でしょう。 副詞は、目的語を修飾する場合以外は動詞と目的語の間には入りません。一方受動態の場合、He was last seen alive around 9:30 pm.は可能というか、lastはこの位置が普通でしょう。 さて、seeをSVOC(=形容詞)構文で使うことは文法的には問題ありません。 I have never seen her angry. 意味上O=Cですから、Cとなる形容詞は叙述的用法となります。 aliveみたいな接頭辞a+原形不定詞の形の形容詞は叙述的用法、つまり補語としてしか使われず、逆にSVOC文では繁用されます。この場合のaliveは意味的に現在分詞livingに近いですが、ニュアンスはやや異なります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。 確かに英文が変です。失礼しました。 色々とよく分かりました。ありがとうございます。

  • 回答No.2

#1 で説明したように see O 形容詞という能動態があり, それの受身である。 もう1点,動詞 live と形容詞 alive について。 die と dead の違いはおわかりだと思います。 live は「住んでいる」であるとともに「生きている」とも訳せます。 そういう状態的な意味の動詞ではあるのですが, 「長年にわたって生き続ける,ある場所で暮らしている」 ということであり,たまたまある時「ちゃんと生きている」 という意味合いは出ません。 そういう意味合いの場合には形容詞 alive がぴったりなのです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

追加のご説明、ありがとうございます。 liveとaliveの違いが分かりました。 確かにこの場合はaliveの方が良さそうですね。

  • 回答No.1

see O 原形 ここで原形がくるのが知覚動詞の特殊性です。 see O ~ing/過去分詞 の場合は知覚動詞独特というより, find/keep/leave の場合の find O 分詞 という構造と同じで,SVOC 的なもの。 だから,see も SVOC 的に see O C(C は形容詞や場所や状態を表す前置詞句)で 「O が C の状態であるのを見る」という意味で使えます。 原形の場合,受身だと to 原形となりますが, 分詞だとそのままなのはご存知だと思います。 形容詞などの場合,そのままなのは当然です。 とにかく,「原形」が特殊な用法。 分詞や形容詞も see O の後にきて 「O が~なのを見る」と使えます。 ただ,「見る」という動詞の性格上,「~なのを見る」というのはあまりなく, find などを使うことが多いと思います。 dead の場合は「死んでしまっているところを見つける」 という感覚, alive の場合,「生きているのを見かける」で see がふさわしいとは言えます。 また,see O as C だと「O を C とみなす」という consider 的な意味合いになります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。 seeのときでも形容詞をCとして使っていいんですね。 色々分かりました。ありがとうございます。

関連するQ&A

  • 知覚動詞について

    先ほど質問して解決したので締め切ったのですが、解いていたら違う疑問が出てきたので質問します。 Harrison was last seen alive around 9:30 p.m.,so we think he was killed some time after that. という文で toが入っていないのって何故ですか? 第五文型でseeが知覚動詞なので受動態にすると間にtoが入るのではないんですか?

  • 知覚動詞の受動態について

    知覚動詞seeの受動態はto+原形不定詞ですよね? なのにどうしてHe was seen shoplifting in the supermarket.という文があるのでしょうか? seen to shopliftでは成立しないのですか? 両者の違いはなんでしょう? 日本語訳にも微妙な違いが生まれますか? よろしくお願いします!!

  • 受動詞を使った文は、なぜ受動態と呼ばれないのか。

    受動態とは、能動態文の目的語が主語になり、元の主語が助詞「に」などで表される表現だと思います。 (1) 先生が生徒を教える。(能動態文) (2) 生徒が先生に教えられる。(受動態文) ところが、同じように目的語が主語になり、元の主語が「に」などで表される文章でも受動詞による場合は受動態とは呼ばれません。 (1) 先生が生徒を教える。(能動態文) (3) 生徒が先生に教わる。(受動詞による能動態文) 「受身動詞」(教えられる)と「受動詞」(教わる)の違いがなぜ、構文が同じなのに受動態文と能動態文の違いになるのでしょうか。それとも、受動態とは助動詞「られる」によって、目的語が主語になる場合をいうのでしょうか。この場合は、受身動詞の「教えられる」は受動詞の「教わる」とは違って、一つの動詞ではなく、動詞に助動詞「られる」が後置していると考えられます。つまり、「られる」は接尾辞ではなく、あくまでも助動詞として機能していると考えられます。 日本語文法などでは、「られる」を接尾辞とする考え方があります。しかしながら、「られる」は新しい単語を形成する接尾辞ではなく、あくまで助動詞として機能していると思います。

  • 知覚動詞の受動態で分詞状態を繋げる?

    説明文や解説文などをなかなか見つけられないでいます。 1)Mary was seen playing the piano in her room yesterday. を習いました。  知覚動詞seeの受身was seenのときはto原型動詞 とも習いました。 なら2)Mary was seen to be playing the piano ~. となりませんか?ほんの少しだけ載っている本の欄には、『知覚動詞は分詞も取れる』という部分しかありませんでした。2)文は間違っていますか? 間違っているなら、  (1)知覚動詞が受身になると to 動詞原型  (2)「~しているのを」となるときには 分詞  で、受身形に繋げるのがルールであると覚えるべきでしょうか? ちゃんと勉強したいです。教えてください。   

  • 受動態

    He has been pulled alive from the car. ある英語教育雑誌に上記文にほぼ同じものが載っていて、その和訳は 『彼は生きたまま車から引っ張り出された。』となるようですが、この場合は、文法的解釈はどのようになるのですか? 受動体から、彼は車から引っ張り出された というところは分かりますが、形容詞のalive(生きた状態の)はS+受動体+形容詞+前置詞句と言った形で良いのでしょうか?その文法的位置と言いますか、その関係を知りたいので宜しくお願い致します。 これを能動態に直すと、 They has pulled alive him from the car. だということで良いのでしょうか? 生きた状態の彼が目的語だとすれば受動態にすれば Alive him has been pulled from the car. という形になりませんか。 あるいは、They has pulled him alive from the car.という能動態(S+V+O+C)が受動態になって、He has been pulled alive from the car.となったと考えるべきでしょうか? あるいはThey has pulled him (who is alive) from the car.の能動態が、受動体になって、He (who is alive) has been pulled from the car.と考えるべきしょうか? 長くなった上、不勉強で申し訳ありませんが、ご助言頂けましたら誠に幸いです。

  • 知覚動詞の受動態について

    重複してたらスミマセンが、疑問に思っていることの回答が見つからなかったので、質問させて頂きます。 知覚動詞の受動態なのですが、 (1)We saw him enter the room.→He was seen to enter the room. (2)We saw him entering the room.→He was seen entering the room. 上記は一応理解しています。 (3)We heard his name called→ His name was heard・・・・・・ 上記(3)のような過去分詞の場合はheardの後どのようになるのでしょうか? そもそもWe heard his name call.なのかWe heard his name callingなのか、 という部分も少し理解が乏しいので、どなたか詳しい方の解説をお願い致しますm(_ _)m  

  • 受動態教えてください

    choiceの動詞形使って受動態にするにはどうしたらいいですか? At the election she was likely to be their choice. よろしくお願いします

  • 受動態にすべきか迷った場合は?

    根本的な質問ですいません。 英文を作成するときに、たまに動詞を受動態にすべきか、そのまま能動態で作成すべきか迷ってしまうときがあります。 例えば The typhoon was approached.か、 The tyhoon approached.かどっちだろう?って考えてしまいます。 台風は人ではないから受動態なのかな?それともapproachは近づくという意味だから、能動態でいいのかな?とか、、、、 一般動詞で迷ったとき、どういうときに受動態にするのか?いまいちよくわかりません。 決定的な区別の仕方を教えて下さい。

  • 受動態について

    受動態について 下記のように、書き換えることができますか? At last they gave way to her. ⇒At last way was given to her.

  • 受動態を能動態に

    こんにちは。中学校で習う英文法の項目に受動態がありますが、受動態について質問です。例えば 次の文です。 (1)The window was broken by him. この文は能動態にするとこうなりますよね。 (2)He broke the window. これはパターンさえ掴めば造作のないことです。しかし、問題は次の文です。 (3)The words of the song below are witten in Russian. 一応、これを中学校の英語の授業で教わった通りに能動態にしてみます。 (4)They write the words of the song below in Russian. ここで問題があります。最初の受動態の文は現在形ですが、歌詞は既にロシア語で書き終えられた結果を表しますが、能動態にした場合、まだ歌詞は書き終えられておらず、整合性に欠けてしまいます。それと、 動作主の明示されていない受動態の文を能動態に直すには、theyを主語に立てますが、この歌の歌詞を書いたのは、この歌を歌っている女の子自身なので違和感を感じます。そこで質問ですが、(3)の文を能動態にすると正しくはどうなるでしょうか? また、受動態って 何文型になり、 by~で表される動作主は SVOCでいくと、何になるんでしょうか?