解決済み

なぜ「方向音痴」と言うか

  • 暇なときにでも
  • 質問No.757714
  • 閲覧数353
  • ありがとう数28
  • 気になる数0
  • 回答数5
  • コメント数0

お礼率 84% (203/239)

この言葉には違和感があります。何故方向感覚がないことを表現するのに「音」という余計な要素が入るのか。「方向痴」ではだめなんでしょうか??

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.2

ベストアンサー率 33% (397/1203)

まあ、おかしいのはおかしいですよね。
まず、「音痴」という言葉が古くからあって、そのあと、応用で、それ以外の能力についても比喩として、「方向音痴」「運動音痴」「味音痴」といった表現が広がったのでしょう。
お礼コメント
SNAPPER

お礼率 84% (203/239)

はい、今調べてみたらどうもそのようです。広辞苑によれば、「音痴」の語義の2)として、「転じて、(ある方面に)感覚が鈍いこと。「方向―」」とありました。調べてから質問すべきでした。御回答有り難うございました。
投稿日時 - 2004-01-22 17:55:45
たいせつな将来のこと。あえて、知らない人に聞いてみよう。

その他の回答 (全4件)

  • 回答No.5

1960年代は臓器を機械の部品のようなものと考えていました。

「音痴」は音程を正しく理解できないという「耳」の機能の障害で、方向感覚の混乱も当時の理解では「三半規管の機能障害」と考えられていたので、同じ「耳の障害」ということから「方向音痴」と言ったんじゃないでしょうか。

「運動音痴」「メカ音痴」「味音痴」「恋愛音痴」は方向音痴をもじって70~80年代にマスコミで作られた言葉で、単に「のろま」「間抜け」「料理下手」「無神経」をオブラートにつつんだ(笑)言い方だと思います。
お礼コメント
SNAPPER

お礼率 84% (203/239)

御回答有り難うございました。そうですか、もともとはマスコミのから始まったことなんですね。
聴覚と三半規管との関係で...というのは多少無理があるような気がしなくもないですが...。
投稿日時 - 2004-01-22 18:11:48
  • 回答No.4

ベストアンサー率 33% (159/480)

音痴というのは、説明を聞いたり、練習をしたりしても、治らないことが
多いですよね。

方向感覚というのも、もうその人の個性みたいなもので、苦手な人はいつ
までも苦手です。運動音痴もそうですね。

そういう、ある意味、天性のというか生まれつきの特質といったものに
対し、音痴という言葉を使うのではないでしょうか?

以上
お礼コメント
SNAPPER

お礼率 84% (203/239)

はい、調べてみたら感覚が鈍いこと一般に転用されているようです。御回答有り難うございました。
投稿日時 - 2004-01-22 18:02:17
  • 回答No.3

ベストアンサー率 36% (3818/10368)

こんにちは。現役の方向音痴です。(爆)

多分ですが、音は耳で聞きます。
方向感覚は目で感じる(と思う。生体磁石があるという学説もあるけど)ので、どちらも感覚的要素の問題であるので、音の感覚の言葉が先にあったので流用されたのでしょう。

あと「方向痴」だと、字面が、いかにもバカみたいに見れるからかな??
あまりにも現実を反映しちゃうとつらいとか。(爆)
お礼コメント
SNAPPER

お礼率 84% (203/239)

なるほどそう言う考え方も成り立つかもしれません。
>あと「方向痴」だと、字面が、いかにもバカみたいに見れるからかな??
アハハ...確かにそうですね。「運痴」なんかもやばそうな(爆)。御回答有り難うございました。
投稿日時 - 2004-01-22 17:58:14
  • 回答No.1

ベストアンサー率 16% (151/922)

造語です。
それで通用するから面白い話です。
お礼コメント
SNAPPER

お礼率 84% (203/239)

そうですよね、きっとそうです。御回答有り難うございました。
投稿日時 - 2004-01-22 17:52:26
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する

特集


OKWAVE若者応援スペシャル企画

ピックアップ

ページ先頭へ