• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

全面道路の中心の高さはどうやって決めるのですか?

道路斜線制限の基点となる全面道路の中心の高さは どうやって決められているのでしょうか? 設計するときにレベルで計測しているのですか? それとも道路台帳に載っているのでしょうか? 全てが地盤面からならば施工時に決めることもできるでしょうけど 敷地の地盤面とは一定関係ではないので施工時に決めることはできないと思うのです。 なので設計の段階で地盤面との高さの差がわかっていないと設計できないと思いますが 建築士さんが現状のレベルを測量しているというのも見たことがありませんし。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数4
  • 閲覧数965
  • ありがとう数4

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.4

おはようございます。 >余談… >逆に建築中に前道の舗装工事なんかされて低くなっちゃったら完了検査でアウトとかも… おっしゃるとおりです(笑) この場合は、法の改正ではなく現地の形状が変化したので、既存不適格は適用されませんね。 ただ、現実として道路の改修は路面や路盤を削る(低くする)ことは考えられないので、まあ大丈夫でしょう。 気にすると、法第19条第1項の、敷地は道路よりも高くなければならない、との規定まで心配しなければならなくなってしまいますから。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございました。 今回は非常に参考になりました。

関連するQ&A

  • 道路斜線制限について

    お世話になります。 2級建築士の製図をやってるんですが 道路斜線制限などの高さ制限がイマイチ分かりません。 例えば、前面道路が4mだとして 4×1.25=5m つまり、5mまでの高さなら大丈夫っていうことでしょうか? その場合、前面道路から何メートルぐらい建物後退すれば 道路斜線制限に引っかからないんでしょうか? その計算方法がよく分かりません。

  • 道路台帳開示請求について

    すみませんが、道路台帳に関することについて教えてください。 「道路台帳」というのは、道路を測量してつくった図面と、 その測量した数値を調書にしたものを含めたもののことをいうと 考えていいのでしょうか? 「道路台帳開示請求」というのは、上記の台帳を見せてもらう時に行うもので、いいんでしょうか? そして、どういった時に、この「開示請求」を行うのでしょうか? 家を建てる時?道路工事をする時? 土木関係の方が請求を行うのですか?一般の人も請求したりするんですか? 道路台帳電算処理というのは、どんなことをするのでしょうか? まったく検討がつかない状況ですので、判りやすく教えて頂ければ ありがたいと思います。(カテゴリが違っていたらごめんなさい) どうぞ宜しくお願い致します。

  • 建物の高さ 斜線制限について。

    設計図をもとにRC造の施工図を書いているんですが、 「外部の壁」をタイル割り、目地の断面欠損分などで、壁の中心線から外側に15~20mmフカス場合があります。 これによって道路境界線、隣地境界線からの建物の離れがフカシ分短くなってしまいます。 道路、隣地斜線制限は、建物から境界線までの離れによって緩和規制があるので、問題になってしまいませんか? (道路斜線制限でいえば、法56条2項のことです。説明下手ですいません。) あと外壁の仕上げが石張りだった場合など、さらに外壁が100くらい外側に出てしまいます。この場合も建物から境界線までの離れが短くなってしまいます。 フカシ、仕上げで「斜線制限」とは変ってしまうものなのでしょうか? 斜線制限ギリギリに建てている建物だと、フカスことによって違反建築物になってしまう場合はあるのでしょうか? 設計の先生に確認するのが1番だと思うのですが、最低限の知識を持ってから質問したいんです。 よろしくお願いします。 あと、施工図を書いていて外壁をフカス場合、「重くなるので構造的問題がある」以外で確認が必要になってくる法はあるのでしょうか? いろいろすいません、お願いします。

その他の回答 (3)

  • 回答No.3

No.2です。 >斜線の検討でレベルを取るのはいいのですが検査サイドでもレベルをきちんと確認してくれないとせっかく測っても守られているのかわからず意味がないですよね? >役所や検査機関はそのへん検査できちんとチェックしているものなのでしょうか?? そうですね。 たとえば、斜線が厳しいところが樋先としましょう。 検査ですが、見ていると検査員は樋先の高さを検尺棒で直下の地盤から測定しています。 道路斜線に余裕がある場合はさほど問題ないのですが、計算上かつ実測で数センチ・数ミリのきわどい場合はたぶん判断がつかずに保留になると思います。 直下の地表面が乱れているだけでも数センチの誤差が生じますから。 検査員は土木で使うレベルは持ち歩いていないので、後日再検査か12条5項の報告などで確かめるしかないでしょうね。 本来は、行き当たりばったりで完了検査を受検するのではなく、工事監理者が事前に確認すべきと思います。 検査員が確認できないでいるときに、すぐに横から監理者が前もって自分で測った道路中心の高さからの実測値を提示すれば、その場で終わると思いますが。 余談ですが、聞いた話によると、ほんのわずかで斜線をクリアーできなかった施工者(監理者ではない)が、検査員に、 「大丈夫です。すぐに道路工事が始まって道路の高さが高くなりますから。」 と言ったそうです。 言うに事欠いて、あんたは道路管理者か、と思わず笑いました。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。 お返事遅くなりました。 知りたいことを全て説明していただき感謝します。 余談… 逆に建築中に前道の舗装工事なんかされて低くなっちゃったら 完了検査でアウトとかも…

  • 回答No.2

こんばんは。 >設計するときにレベルで計測しているのですか? 私はしています。 そうでないと図面が書けません。 適当に書いて確認を通し、完了検査で引っかかったら目も当てられませんし。 確認通知書は永く施主の手元に残りますから、適当な仕事をすると永く記録に残ります(笑)。 >それとも道路台帳に載っているのでしょうか? 国・県・市町村道であれば、道路管理部局で道路台帳を管理しています。 しかしレベルは記載されていません。 境界が確定していれば査定図というものが備え付けられていますが、これは境界と幅員だけが記載された2次元情報です。 私道であれば、ほぼ全く情報はありませんので、現地を測るしかありません。 >全てが地盤面からならば施工時に決めることもできるでしょうけど敷地の地盤面とは一定関係ではないので施工時に決めることはできないと思うのです。 その通り。 施工時に決めては、斜線の検討ができません。 事前調査が欠かせません。 >なので設計の段階で地盤面との高さの差がわかっていないと設計できないと思いますが建築士さんが現状のレベルを測量しているというのも見たことがありませんし。 レベルを測らない設計者も確かにいると思います。 割合はわかりません。 協力会社へ測量全体を依頼してしまうケースもあるのかなと思います。 道路が圧倒的に広く、道路斜線制限を無視できるのならさほど重要視しなくてもいいのでしょうけどね。 でも、私にはレベルを測らないのは手抜きのように思えます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます 斜線の検討でレベルを取るのはいいのですが 検査サイドでもレベルをきちんと確認してくれないと せっかく測っても守られているのかわからず意味がないですよね? 役所や検査機関はそのへん検査できちんとチェックしているものなのでしょうか??

  • 回答No.1
  • inon
  • ベストアンサー率20% (773/3794)

私共では必ず、現状のレベルは確認してますよ。 現状地盤レベルを測るときに道路の端、中央 端のレベルを測ります。 計画の基本ですからね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます 道路レベルを取ってベンチマークを決定しているのですね。

関連するQ&A

  • 建物の高さ制限(斜線制限)

    建物の高さ制限(斜線制限) 不動産の勉強をしているものですが、建物の斜線制限がよく分かりません。日影ができるのを防止するための制限と思いますが、「道路制限」「隣地制限」「北側制限」はどう違うのでしょうか。また、日影を防止するための制限なら、隣の家との間隔も影響すると思いますが、その辺の決めごとはどうなっているのでしょうか。よろしくお願いします。

  • 道路斜線の道路高さ

    どうかご教授下さい!! 現在自宅を計画中です。自分で素人ながらもある程度計画してから工務店と接触したいと思ってます。土地(43坪)は購入済で、木造総2階建・建坪30坪程度で平面計画しています。当敷地は北側4m(私道)、西側4mに面した角地です。用途地域は第一種低層住宅専用地域で建ペイ60%の容積100%で防火指定は無です。接道道路は傾斜があり北側道路から西側道路の高低差は端から端まで1.8mほどあります。 次の段階としてどの位の高さ制限を受けるか検討しているのですが、道路斜線というものがよくわかりません。道路に傾斜が無ければ道路高さは簡単に設定し検討するまでの過程を知ったのですが、1.8mほどの高低差があるので道路高さをどのように設定するのかよくわかりません。高低差の平均値をだして高さを設定するのでしょうか?このような全面道路の高低差がある場合どのような方法で高さを算出するのかお教えて下さい! 建築って難しいですね・・・。以上宜しくお願い致します。

  • 重要事項説明で説明されなかった高さ制限の詳細について

    8月に土地だけを購入して家は来年中に建築しようとしていたのですが、今になって建築設計事務所から、「調べたら第2種高度地区で斜線制限がある事が分かったので設計を変更せざるを得ない」との連絡がありました。 経緯ですが以下のとおりです。 1.土地を購入する際、不動産業者(仲介者)に対して当方から「北側の斜線の制限は無いのか」と質問 2.不動産業者は1.の質問に対して、「日陰制限があり北側斜線制限はこの場合適用されない」と回答 3.重要事項説明書には「北側斜線は無し」と言う記載があり、また第2種高度地区に関わる斜線制限の記載は何も無し。ただし、「第2種高度地区である」という事だけが記載されている。詳細な高さ制限の言及はなされていない。 4.土地の購入契約の締結までに、第2種高度地区の場合の斜線制限に関する詳細な説明は一切無かった。「第2種高度地区です」という説明しかなかった。 5.建築家に設計を依頼し、その後第2種高度地区の斜線制限が判明。 上記のような経緯があったうえで今般不動産業者に対して何故契約前に第2種高度地区の斜線制限について説明を省いたのか説明を求めると、不動産業者は「第2種高度地区だと伝えているから分かった上で買ったんだと思った」、「建築基準法における"北側斜線"の制限の有無を聞かれたと思ったからその事についてだけ回答した」と言い出しました。 当方は不動産に関しては素人です。ですので、建築基準法上の北側斜線と第2種高度地区に関わる都市計画法に基づく斜線制限(北側からかかるものなのですが)とは違う制限だと言われても、北側からかかる斜線制限に変わりは無いからその違いなんてちゃんと説明を受けないと分かるはずがありません。不動産業者は口にこそ出しませんが、「第2種高度地区だと説明したんだからその内容を確認しなかった買主が悪い」という態度です。 元々狭い土地を購入したので、なるべく広く建てたいと思っていたので斜線制限の有無を不動産業者に確認した訳ですが、契約前に第2種高度地区の斜線制限についての説明(具体的・定量的な高さ制限の説明)を受けていれば対象となっている土地は購入していなかったと思います。 斯様な状況な訳ですが、この場合不動産業者に「説明義務を怠った」という事は言えるのでしょうか? 正直、自分で調べなかった当方も甘かったと反省していますが、契約前の不動産業者とのやり取りの中で高さの制限などにこだわっているという事は不動産業者に対しても表明してきたつもりです。 建築家の方に相談したら、「北側斜線制限もあるけど、第2種高度地区に関わる斜線制限の方がきつい条件なんだからそれをちゃんと説明しなかった不動産業者は道義的に不誠実だし説明義務を果たしていないと思うが、第2種高度地区だという事は伝えてるから責任は無いと主張するでしょう。頑張っていい設計しますからなんとか頑張りましょう」と慰められました。。。 因みに第2種高度地区についての対象土地の管轄行政の定める制限は以下のとおりです。 「建築物の各部分の高さは、当該部分から前面道路の反対側の境界線又は隣地境界線までの真北方向の水平距離が8メートル以内の範囲にあっては、当該水平距離の1.25倍に5メートルを加えたもの以下とし、当該真北方向の水平距離が8メートルを超える範囲にあっては、当該水平距離から8メートルを減じたものの0.6倍に15メートルを加えたもの以下とする。」 どなたかこの種の件に関しお詳しい方、アドバイスをお願いいたします・・・

  • 斜線&天空率

    斜線制限又は、天空率などの算定で、 「建築物の敷地の地盤面から・・・」とありますが、通常は設計GLからの算定になると思いますが、敷地に高低差があり、設計GLとは別に平均地盤面がある場合は、その平均地盤面からの算定でよろしいのでしょうか。

  • 道路と駐車場の高低差20センチは可能?

    新築一戸建てを設計中です。 駐車場はビルトインガレージで、浸水対策のため土地の高さを上げたいと思っていて、 道路側溝から5センチ上がり、そこから高さ15センチが可能かを悩んでいます。 道路から建物基礎までの距離は130センチ~150センチ(並行ではないので)、駐車場自体の奥行は300センチです。 車の底を擦る可能性って高いでしょうか。。 高低差15センチにしておいた方がいいでしょうか。。 車高の低いスポーツカーなどは乗る予定はありません。 駐車場のみ深基礎は斜線制限等の理由により検討外になっています。 よろしくお願いします。

  • 北側斜線の地盤面について

    質問なのですが、北側斜線の地盤面のことなんですが、 設計GLより10cmほど高く隣地まで全部犬走りのコンクリートを打つのですが北側斜線の地盤面は、あくまで設計GLからなのでしょうか? 設計GLを犬走りのコンクリートの上バに設定すれば、そこからの高さになるのかあるいは、あくまでも地盤面(土の部分)からなのでしょか? 現時点の基礎はベタ基礎で設計GLから根入れ120、基礎高350なのですが、犬走りを打つと基礎高300以下になってしまいます。 以前、行政の担当はあくまでも地盤面(土の部分)と言っていて、 基礎高が犬走りから300を切っても地盤面から300以上あればいいと言っていたのですが。 ちなみに隣地とは高低差は無ないです。道路よりは100ぐらい上がってるのですが、100ぐらい上がった建物が建つところを所を平らにし 設計GLとしています。

  • 玄関階段の高さについて

    自宅建て替えにあたり経験者および専門家の方のご意見をお聞かせ下さい。 道路と敷地が奥に向かって40センチ程度、奥に向かって高くなっています。地盤面の関係で設計士の方からは玄関から道路に下りるために13センチ×6段の階段を設置することになると聞かされました。この約80センチには地盤面の高さ40センチと基礎高40センチをあわせた程度になるようです。6段というのは抵抗があるので蹴り上げを大きくして段数をなるべく少なくしようと考えています。タイルを使って階段を構成するのですが30センチ角のタイルです。 蹴り上げは無理の無い高さでは20センチくらいはいけるのでしょうか?

  • 新築建物高さがオーバー?高さ計測の基準点は

    マンションの南側に3階建ての戸建て住宅が建設されています。その建物の高さは9.77mで、柱と屋根まで完成しました。高さが予定より高く感じたので、マンション4階からレーザー水平器で屋根の高さを確認し、そこからマンションの地上まで計測したところ9.92mで15cmもオーバーしています。マンション1階は草が植えてあり敷地よりほんの少し高いので、建物はもっと高いかもしれません。インターネットで調べたところ建物の高さは(建築基準法施行令第2条第1項第6号)により、通常は地盤面からの高さによります。とあるのでこの建物は高さを違反しているのでしょうか?建物の脇にある道路は地盤面より15cm程高く道路を基準にするとオーバーしていなそうです。地盤面に傾斜はなくほぼ水平です。真南に建設中なので例え15cmとはいえ部屋に差し込む大切な太陽に影響します。困っています。どなたか助けてください。

  • 平均GLと斜線制限について

    教えてください。 平均GLと北側斜線 平均GLと道路斜線の関係です。 平均GLが設計GLよりも下がってくる時 1.北側斜線はその平均GLからですか? 2.高低差が大きい時その平均GL毎に北側斜線を計測するのですか? 図面上で2本の北側斜線のラインが出るって事ですか? 3.道路斜線は平均GLじゃなくて道路高さからですか? (その物件は高低差はほとんどないんですが 平均GLは1m以上下がります) よろしくお願いします。

  • 基礎の高さ

    基礎の高さが350mmなのですが、低いのでは?と感じています。 住宅金融公庫の基準が400mmと聞き、一般的にも400mmが主流のようですが、350mmでは何か問題があるでしょうか? また、地盤調査の結果、深さ1200mmまでの地盤が悪いので、 根切りを1250mmまで行い、砕石を650mm敷き、その上にべた基礎を施工予定ですが、床下空間が800mmもあります。 いろいろと調べると、べた基礎の形が良く見るものと違う気がするのですが、専門家の方はどう思われるか教えてください。 設計者の説明では、寒冷地で凍結震度が600mmということで、この形になったとのことです。 よろしくお願いします。