• ベストアンサー
  • 困ってます

文法の質問です。(more+to~than~)

英語の勉強で疑問に思ったことがありましたので質問いたします。 以下のような文章の more, to, than の使い方を、教えていただきたいです。 There is more to her success than diligence. (彼女の成功は、勤勉だけでもたらされたのではない。) There is more to a starry night than just stars, planets and the moon. (星空にあるのは恒星や惑星、月だけではない。) このような、more + to ~ than の使われ方は文法的にどうとらえたらよいのでしょう。 more+(A)+than+S+V 「SがVしきれないほどの~」 というのと似ていますが、それに近い感じでしょうか。 特になぜtoが使われるのかが知りたいです。 どなたか教えていただければ幸いです。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数197
  • ありがとう数2

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.3
  • SPS700
  • ベストアンサー率46% (15186/32603)

    #1です。付け足しです。 to の、使われ方なんですが、文法的には前置詞で「~に関して」と言う意味だと思います。例を挙げるのが一番だと思いますが、決まり文句には 1. nothing to it 「それに関しては何も無い」 > お安い御用 > 朝飯前 > 屁のカッパ http://eow.alc.co.jp/search?q=nothing+to+it 2. something to it「それに関しては何かある」  http://eow.alc.co.jp/search?q=something+to+it    there is something to it 「そこにはなにかがある」 「これには裏があるよキット」「まんざらでたらめでもなさそうだ」    (寅さんのおばちゃん式)「なんだか訳ありだよ、あれは」    (『京都地検の女』のインチキ坊主刑事式 「このヤマは、一筋縄じゃあいかねえな」

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

なるほど、toは「~に関して」なんですね! それが、訳が変化してああなるんですね。 教えていただいた、nothing to it や something to it で、 憶えていこうと思います。 #1と2度にわたり解説いただき、ありがとうございました!

その他の回答 (2)

  • 回答No.2
  • snorioo
  • ベストアンサー率54% (103/188)

つぎの様な「言い回し」があります。 That's all there is to it. ただそれだけのことです。 http://eow.alc.co.jp/search?q=%22That%27s+all+there+is+to%22&ref=sa 直訳すれば、「これがそれに関係しているすべてのことです」となります。 これに対して、 There is more to it than that. と言えば「これ以外にもまだそれに関係していることがあります」という意味になります。 There is more to her success than diligence. 直訳すれば「勤勉以外にも彼女の成功に関係していることがあります」になりますが、これを 「彼女の成功は、勤勉だけでもたらされたのではない。」と意訳しています。 toは、それにつながった物、関係した物、という感じです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

なるほど、「勤勉以外にも関係していることがある」というふうに 直訳的にはその関係したものについて述べていた文だったんですね。 That's all there is to it. という文章ができるとは! moreにtoがつくとかそういう話ではなかったんですね。 とてもよく分かりました。どうもありがとうございました!

  • 回答No.1
  • SPS700
  • ベストアンサー率46% (15186/32603)

    下記に例がたくさん出ています。     http://eow.alc.co.jp/search?q=more+to+than There is more to him than meets the eye. 彼は目に見える以上になにかがある > 彼は見かけによらず頭が切れる > あいつ馬鹿みたいに見えるけどどうしてどうして など

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • there is more to it than

    there is more to it than that これはthere is more it than thatでは何故ダメなのですか? toの意味が分かりません 教えて下さい

  • There is more to it than that.

    There is more to it than that. 訳は「それ以上のことがある」と思いますが that以上に何ががあるの意味ですよね? 例文を作れば、 There is more to truth than loving people. 訳「人を愛す以上の真実がある」 ご確認お願い致します。

  • more than

    There is something more than colder・・・ more thanはどういうことでsomethingにかかっているのですか? 文法的に教えてください。

  • more than one

    下記のように記憶していますが、 There is more than one key. ○ There are more than one key. × There are more than one keys. × 考えは正しいですよね。 Yes/No でもいいのでお願いします。

  • much more to

    There is much more to these children's mistakes than meets the eye. この文は「このような子供たちの間違いには、表面的に表れたものよりもずっと多くの大切なことが含まれている」という意味ですが、 There is much more "things"が略されていると考えればよいのですか。 そうするとthan以下の文の主語は何になりますか。

  • Time is more important to me than m

    Time is more important to me than money.ではなく Time is more important than money to me.が正解ですよね。

  • 大学受験用の英語の問題を解いていて…。

    大学受験用の英語の問題を解いていて…。 that節の中に there is more to making a hero than merely the bottom line of success とあったのですが文の構造がよくわかりません。 (is以降) more ( to making a hero ) than ( merely the bottom line of success) と分けて考えて、 than以下は「成功という最終的な結果以上の」と訳して差し支えがなさそうなのですが(解答を見たら)、 more to making a hero とthan以下は文法的にどのように繋がっているのですか? 訳の例では「ヒーローであることには成功という最終的な結果以上のものが存在する」となっています。

  • "more than one"は単数?

    わかんなくなっちゃいました。 1.There is more than one book. 2.There are more than one book. どっちが正しいですか? "more than one"=2個以上、つまり複数だから2だと思ってたんですが、MSwordの文章校正でひっかかり、1.が修正候補としてでてきます。 よろしくお願いいたします。

  • 英文の翻訳お願いします。more to

    何しに台湾に来たのですかと聞かれた時」、1「友達に会いに来ました。彼らは僕が行った(訪れたことが)無い場所を案内してくれるんです。台湾にはよく来ています。でも、まだ行ったことがない(尋ねた事がない)場所が多くあるんでよ。」 この文でthere is more to/I have more to visit than I did/I there are more placese to visit than I did.のような用法は使用できるものでしょうか?できるのであれば1と分けて英文にして頂きたく思います(できなければ理由を簡潔に説明いただければ助かります)。 よろしくお願いいたします。

  • 擬似関係代名詞のthanについて質問します

    There is more space than is needed. He couldn't accept more money than is really needed. 上の2つの例文は、擬似関係代名詞のthanを使った文です。それぞれ、先行詞は space, money だと思います。しかし、He worries more than is necessary. などのような文では先行詞にあたるものはありません。 この文は、Swan の Practical English Usage にあったものですが(今、手元にないので正確ではありませんが)、Swan の thanの説明は、than は主語、もしくは目的語の代わりをするとだけで、先行詞にかかるというような記述はありません。 than を関係代名詞のようなものと捉え、先行詞を探すというような考え方は日本的なもので、本来は Swanが言うようにthan は主語、もしくは目的語の代わりをするものとして考えたほうがいいのでしょうか。