• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

法人税‐必須? 消費税-不要?

大学校卒業後1部上場してるやや大企業の経理財務として働くことになりました。 税務を担当するにあたり、就職する前に勉強しておこうと思うのですが、 法人税の勉強は必須でしょうか? また消費税の勉強は不要でしょうか? 法人税は 法人税申告書 法人税申告決算 などを勉強しておけばよいのでしょうか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数5
  • 閲覧数439
  • ありがとう数1

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.5

私も1部上場企業で経理のマネージャーをしていました。 勿論申告業務もありましたが、1部上場企業で新入社員にいきなり申告の中心業務を任せるとは到底思えません。 多分そのクラスの企業には多くのベテラン社員がいて、申告のリーダーはそういう人たちがしてくれます。新人はその補助作業からスタートでしょう。 最も通常の企業にとって申告作業は年一回、中間申告をしても2回ですから毎日が法人税と言うわけでもありません。 それよりはその基となる基礎データの収集や作成と言う単純作業が続きます。 私が最初に言った意見はまずそういうルーチンワークをきちんと覚えることに専念すべきと言うことです。 その前に貴社の会計組織に精通することが第一ですね。それを抜きには申告作業はできません。 法人税法の解釈や貴社への適応ということはその先輩がしてくれます。 それを新人にさせるのはよほどの人材不足の会社です。 私の勤務した会社では申告書の作成の中心は30代半ばの係長クラスで、それを任せてもらうには10年以上の経験がないとさせてもらえなかったですね。 従って最初から高度な知識に興味を持つよりは、まず実務の習得を優先と言うことです。 単純なルーチンワークをそらでもできるようになれば、次にはもう少し高度の仕事をさせてもらえると思います。そのときに必要な知識はいくらでも身につけることは可能です。 以上は私自身1部上場企業で申告業務を担当し後輩の指導もしたことのあるものの意見です。 その当時たとえば会計士やCPAの資格者の部下もいましたが、実務に耐えられなかったものは結局は長続きしなかったですね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

大変参考になりました。多数の回答ありがとうございました。

関連するQ&A

  • 法人税について

    一部上場企業で税務を担当することになりました。 いかんせん経理実務は初めてなので、法人税を一から勉強したいのですが、初心者でもわかるお薦めの参考書があれば教えてください。 財務会計の知識としては簿記2級、税理士財務諸表論を取得しているぐらいです。

  • 経理財務の実務 法人税・消費税・所得税について

    上場の大手企業の話です。 経理財務の人間の法人税・消費税などの知識は、税理士試験の消費税・法人税と同等くらい、経理の人間も深く勉強する必要があるのでしょうか? 消費税は簿記2級で習う税抜き・税込方式をする程度の知識以外に、経理財務業で何を使うのでしょうか? 消費税には課税非課税の判断がありますが、こういった判断は経理の人間が行うのでしょうか? また、税法の中の消費税という法体系として別個に学習も必要なのでしょうか? 経理専用の消費税の会計処理本を読む程度では済まないのでしょうか? 同様に法人税は税効果会計の話の中に組み込まれていますが、この税効果会計の学習とは別に、 税法の中の法人税という法体系としての別個の学習も必要なのでしょうか? 経理専用の法人税の会計処理本を読む程度では済まないのでしょうか? 最後に所得税ですが、これについても経理財務の人間が学ぶべきものでしょうか? 源泉徴収・給与計算・年末調整など、給与関連は人事部に任せるケースがかなり多いように思えますが、どうでしょうか?

  • 法人税について

    いつもありがとうございます。 また、宜敷御願い致します。 先月に、税務調査が入り事業税と消費税の修正申告を済ませました。 一安心と思いきや、『法人税の加算税の賦課決定通知書』が届きました。 事業税、消費税の納付前に税務署が作ってきた、それぞれの修正申告書や別表数枚が送られてきました。 法人税は通知書と納付書しか送られてきていないのですが、 詳細は、問い合わせたらもらえるものでしょうか?

その他の回答 (4)

  • 回答No.4
  • hata79
  • ベストアンサー率51% (2555/4940)

企業の経理財務部門にて税務担当をするなら、法人税と所得税は必須です。 それぞれ必要とされる理由を述べます。 法人税 損金算入、損金不算入、益金算入、益金不算入という法人税独特の用語が使われます。 一体何を言ってるのかわからんと云うのでは、お話になりませんので、理解しておく必要があります。 申告書の作成などは税理士がすることですし、上記用語の意味を理解してからの話です。 あとは交際費と現物給与の知識があれば、当分はやり過ごせます。 法人税の申告業務に直接関わるような仕事は、いきなりはさせてくれないでしょう。 申告書の書き方などという本を買い求めて読むのは、未だ早いです。 別表の書き方など、勢いで買って学習しても、それを役立てる機会は数年後でしょうから、あと廻しにしましょう。 所得税 従業員給与の源泉徴収と年末調整を真に理解するには、所得税の基礎知識は不可欠です。 所得の種類(給与所得、事業所得、不動産所得など)があって、それぞれがどういう計算でされるのか。 所得控除とは何者であって、給与所得控除とどうちがうのかとか。 税額控除と所得控除の違いとか。 おそらく、入社されて一番初めに覚えないとならない処のように感じます。 消費税 経理事務の中では実務にいつも絡んでくる税法です。 ですが、企業では「うちの処理はこれでやってる」とマニュアル化されてるでしょうから、新しく入った方が消費税処理を論ずる機会はないでしょう。 課税売上、課税仕入、外税方式、内税方式、原則課税、簡易課税、95%ルール。 この程度の用語を理解しておくのは、顧問税理士と話をする際に必要かもしれません。 簿記1級認定者だとのこと。たいしたものだと思います。 おそらく税法の吸収は相当早くできると思います。 お勧めは、国税庁税務大学校講本です。 タダでダウンロードできます。 コンパクトでありながら、押さえるべきところはキチンと説明されてるのは、さすが国税庁だと思います。 「なぜ、税金を払わないといけないか」という訓示的な部分があり、うっとうしいですが最初だけです。 お国の作った税務職員用の教科書で、法改正にも対応してます。

参考URL:
http://www.nta.go.jp/ntc/kouhon/index.htm

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.3

会社の経理財務で税務の仕事に配属されるのですね。 一般論として法人税と消費税は必須です。ただし、法人税と消費税は簿記3級程度の知識が前提となります。 (2級は工業簿記と原価計算が含まれますが、メーカーでなければ必須とまでは云えないでしょう。) それと所得税についても概要くらいは理解しておくことが必要でしょう、特に源泉所得税については人事部門からの問い合わせ等も考えられます。 勉強の仕方としては、まずは税大講本の一読をお勧めします。これらは↓から無料でダウンロードできます。解りやすい教材ですから一読されれば概要は理解されると思います。 http://www.nta.go.jp/ntc/kouhon/index.htm 概要の勉強が終わったら、実務レベルの学習方法です。書店で、例えば「法人税確定申告の手引」、「消費税確定申告の手引」といった書籍で申告書記載例のあるものを買い求め、実際に申告書作成を体験してみるのです。 独力で申告書作成実務をこなすには相当場数を踏むことが必要ですが、ここまでやっておけば入社前の最低限の準備としてはまずまずではないでしょうか。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.2
  • ben0514
  • ベストアンサー率48% (2966/6105)

税務を担当するのであれば、法人で必要となるあらゆる税目の基礎は必須でしょう。 その上で担当する分野を掘り下げる必要があると思います。 法人税や消費税だけでなく、所得税も必須だと思います。 法人税を扱うということは、税務会計としての会計分野の知識も必要です。そうなると、消費税の仕組みなどを知らずに税務会計の処理や法人税など税務処理を行えば、矛盾が生じてしまうことでしょう。 そうすれば、顧問税理士や監査の公認会計士から多くのダメ出しをされる担当者になってしまいますからね。 そもそも、法人税の申告は決算結果から計算がされますが、決算や会計処理内容からの調整項目が多いことでしょう。そして、法人税の申告が派生して、法人住民税(都道府県民税・市町村民税)や法人事業税、さらには事業所税まで影響しますからね。 さらには、他の税目の申告内容と連動する部分も多いことからも、消費税や所得税の知識が必要でしょうし、大企業の税務であれば、給与担当者の税務処理への管理なども必要でしょう。そのように考えると、個人の年末調整などにおける所得税知識も給与支払報告等による従業員個人の住民税である特別徴収や普通聴衆の知識も必要でしょうね。 これらの中で代表的なものが法人税・消費税・所得税でしょう。 これらの勉強するのには、全国経理教育協会が主催する税務会計検定でしょうね。中心となる税目をご自身で選んで上位級を目指し、他の税目は3級だけでもよいでしょう。 大企業であれば、研修などの体制もあると思いますので、ご自身の売り込む得意分野などを先に学習されるとよいでしょうね。 ちなみに、私自身税務会計検定では法人税と所得税を1級取得し、税理士事務所で申告納税の税目のほとんどを対応しましたが、上場企業のような規模の経験はありません。 それでも担当者レベルの事務処理や税理士との対応は可能かもしれません。 どこまで学ぶ必要があるのかは、入社後の担当分野や範囲によると思いますが、制度概要程度は知っていて損はないでしょう。 頑張ってください。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1

簿記の資格はお持ちですか。 できれば2級程度は取っておくことをお勧めします。 その後は入社されて実際に配属されたところの仕事で考えればよいでしょう。 たとえば法人税の勉強をしても必ずしも申告業務に関係するとは限りません。 場合によっては原価計算とか資金繰りとか全く関係ない仕事になる場合もあります。 大手の企業であれば申告を任されるには10年以上は必要です。 その間に必要と思われれば勉強はいつでも可能です。 それよりはまず与えられた実務を堅実にマスターすることが第一です。 実務ではたとえば迅速にシステムを操作するとか、すばやく大量の伝票の合計を計算するとか、資格試験にはないことが沢山あります。 そういう実務の必要事項をまず覚えることが優先です。 それは入社して辞令をもらわないと判らないですね。 それが一人前にできてその後に資格などの理論を覚えても遅いことはありません。 私は上場企業の経理を永年やってきましたが、最初の仕事は数百枚の経理伝の合計金額をあわせることで、これが半日しても合わないと言う屈辱を味わいました。 周囲の女子社員でも平然と簡単にやってのけるのにです。 その後の私の最初の目標は、電卓をいかに人よりも速く打つかと言うことでした。 簿記の資格は持っていましたが、こんなこと資格試験では全く教えてくれなかったですね。 でも実務ではそれが早いか遅いかで決算の締め日が違ってくるのです。 とにかく速く実務を習得することを第一にすることだと思います。 それが周囲のあなたの評価につながる早道です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

簿記1級とbaticコントローラレベルを所持しています。 税務の部署が濃厚です。そのため、法人税は必須にしても消費税は学ぶ必要があるか気になります。

関連するQ&A

  • 消費税を上げて法人税を下げるのはおかしくないですか?

    消費税を上げて法人税を下げるのはおかしくないですか? 明日の選挙に備えて、再度各党のマニフェストを読んだのですが、「消費税を上げて法人税を下げる」という方針を出している党が多いのが気になりました。 なぜ、法人税を「下げる」のでしょうか? 社長に億単位の給料を出す余裕のある大企業は、社長の給料を減らして、もっと税金払えよ、と思います。 消費税を上げる前に、法人税や高額所得者の所得税を上げる方が先、と思うのに、そういう政策を出している政党がないのが不思議です。 なぜですか?

  • なぜ、消費税を上げることはできても、法人税は上げられないのでしょうか?

    近年、格差社会が問題となり、大企業と中小企業間の格差が問題になっています。また、財政赤字を消費税を上げて、補うことも議論になっています。そこで、質問ですが、なぜ、法人税を、消費税の代わりに上げることができないのでしょうか。法人税は、近年、下げていると聞きます。逆累進課税である消費税よりも、法人税を上げることのほうが、消費者に与える影響は少ないと思います みなさんの、ご回答、お待ちしています。

  • 消費税より、法人税をどうにかすべきなのでは?

    いま消費税が騒がれており、様々な討論がされてますが、それよりもあえて赤字にして法人税を払わない法人のほうが問題なのではないだろうか? このグラフを見ていただきたい。http://www.mof.go.jp/tax_policy/summary/condition/011.gif バブル付近より下がるのは景気の後退だから仕方ないとして、今や消費税が2番目の税収の糧となっている。 そして何よりも調べていて驚いたのは法人税を払わない法人の割合が格段に増えた。 1980年=56.4% 2003年78.2% 景気後退で払わない法人が増えるのは当たり前だがこの8割近い数字には驚いた。 なによりも大企業優遇と言われる大企業が多く入る上場企業の方が納付してる。それも8割以上。 そして中小企業よりも大企業の方が法人税は低いとかよく聞くが、調べてみたらそれって嘘なのではないだろうか。  いまは復興特別法人税の10%付加を除外したとして、基本税率は25.5% 資本金1億円以下の中小企業は19%  確かに特定の大企業は法人税を下げてるが、それは法人税を払う企業だから下げてるだけであって、払わない法人が増えたことによって払ってくれる法人を大切にしていかなければ、入るものも入らない・・・ 苦肉の策の結果の特例措置なのではないだろうか。 今思えば、大企業優遇と揶揄される一因の連結法人税だって、大企業が大幅な納税回避を避けるための策だと思ってる。 結局は国民が「大企業優遇」と言い、大企業と政府へ向かって声を大きくして言うのは些かおかしく思えてきた。 払うべきして払わないから、自らの首を自らで締めたようなもの。 赤字逃れするために、食事会を経費で落としたり、会社専用の車や、海外旅行。 確かに前半は内需にとってはいい事かもしれないけどね・・・ だから今の法人税は狭い範囲から高く取っている構造になってる。一つの大企業の納税不可が多いな痛手となるから、しないようにするために、このような大企業の中でもアンバランスなり、 優遇されているされてないで問題になると思う。 ならば、広く浅くで取れる外形標準課税の導入すべきなのでは思う。 「外形標準課税」とは、事業所の床面積や従業員数、資本金等及び付加価値など外観から客観的に判断できる基準を課税ベースとして税額を算定する課税方式。  全ての法人が収めることができ、赤字黒字によって左右されない安定的な法人税収となると思ってる。 そして全ての法人が収めることによって法人税率も下がるのではないだろうか まだ 高校生で深いところまではよくわかりませんが、この考えはどうなんでしょうか? 今後の参考のためにも是非 感想批判を聞きたいです。

  • 法人税、消費税、源泉税について

    法人とは無縁の大学生です。。。 ちょっと質問させてください。 法人税って支払う期限が一律なんでしょうか? よく決算とかいう言葉を聞きますが、その後に支払うというものだと思ってました。ところがこの決算って会社によって3月だけじゃないわけですよね?であれば、法人税は会社に合わせて支払うわけですか? それと消費税はどうなんでしょうか? これも法人の場合は一律期に支払うのでしょうか? また、源泉税についても同様なんでしょうか? 稚拙な質問で恐縮ですが、よろしくお願いします。

  • 消費税 法人税の知識

    経理のパートの仕事に応募を考えてるのですが、知人に消費税と法人税の知識もある程度必要だと言われました。書店で消費税と法人税の本を少々読んだのですが、とても難解で自信を無くしてしまいました。実際現場ではどの程度の 消費税と法人税の知識は必要なのでしょうか。具体的に教えて頂けたら幸いです。

  • 法人税の中間申告について

    こんにちは。 法人の中間申告についてお伺いします。 お手数おかけしますが宜しくお願いします。 3月決算の法人(税抜経理)で、毎期、法人税の年税額が20万円を超えているので予定申告をしてきましたが、諸事情により今年の6月から廃業状態、当分解散出来ない状態になってしまいました。 資金繰りのため今期は法人税の中間申告をしようと思うのですが、添付する半年分の財務諸表の仮受消費税、仮払消費税はそのまま計上したのでよいのでしょうか(会計ソフトを使用しており、最後に税抜処理しております)。 また、平成27年5月の決算時には平成26年4月1日~平成27年3月31日までの決算書をつくればよいのでしょうか。 最後に法人税の中間申告時に気を付けることがありましたら御教授下さい。 宜しくお願いいたします。

  • 法人税・消費税修正申告納付の仕訳

    税務監査が入り、前期分の法人税及び消費税の修正申告を 納付しなければならなくなりました。 処理後の仕訳の方法を教えていただけますでしょうか? 修正申告分法人税納付 法人税充当額 / 預金 修正申告分消費税納付 未払消費税 / 預金 それとも、租税公課など他の科目がよいでしょうか?

  • 法人税について

    確定申告の別表五(二)の当期中の納付税額の「充当金とりくずしによる納付」「損金経理による納付」とはどういう意味ですか?また期首現在未納税額とは未払法人税の額のことですか? また前年まで法人税は未払法人税、本年度確定法人税、の科目で処理していましたが、未払法人税の科目を今年度から無くそうと思うのです。でも、そうすると、前年度の法人税は払ってないという事になってしまうのでしょうか?多分そうはならないとは思うのですが、どういう伝票をおこせば、未払法人税が、なくせるのか、よくわかりません。 未払法人税の科目を無くそうとしているのは、昨年はじめて確定申告した際、記入の仕方をみていただいた、税務署の方のアドバイスがあったからです。昨年のことで、よく覚えてないのですが、経理初心者の私には、その方が(未納法人税の科目使わない方が)楽だから~そういうアドバイスがあったのだと思います。 前々年度までは会計事務所に確定申告していただいていましたが、昨年から始めて自力で申告をした超初心者です。 質問事体がうまく表現できませんでしたが、どうか、よろしくお願いいたします。

  • 法人税を決算書に反映させますか?

    10月決算の株式会社の決算にあたり当期の法人税額をどのタイミングで決算書に織り込めばよいのかがよくわかりません。 次のように理解しましたが正しいでしょうか? 1.決算仕訳を入れる 2.試算表作成 3.税務申告書作成、法人税額算出 4.法人税額の仕訳(法人税/未払法人税)を入れる 5.決算書完成 6.税務申告 実は前任者は当期の法人税額を翌期に計上していたのです。どちらが正しいのでしょうか? よろしくお願いします。

  • 消費税と法人税について

    財源が足りないから消費税増税すると言うのに、なぜ法人税は減税なんでしょうか? 逆に消費税を廃止して法人税を増税するのはダメなんでしょうか?