• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

一部請求の既判力と訴訟物

例えば、1000万のうち200万円の債務の存在は認めるが、残り800万の債務は弁済したと被告が債務不存在確認訴訟を提起した場合、既判力と訴訟物は、債務の上限と自認額との差額の債務の不存在 つまり、本件訴訟では、800万円の不存在が既判力の範囲であって、自認額200万存在と全体の額1000万は既判力がおよばないということですが、その理由は何なのですか。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数568
  • ありがとう数2

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1

 既判力の範囲は,裁判における請求の対象となった事項,言い換えれば訴状で「請求の趣旨」に記載した事項であり,単に請求の理由に書かれているだけの事項は含まれません。  お尋ねのような事案の場合,請求の趣旨は「被告は,原告に対し,●●●に基づく金800万円の債務が存在しないことを確認する」との判決を求めるなどと記載されることになり,全体の債務が1000万円であったとか,200万円の債務について自認するというのは,その請求の法的根拠となる請求原因事実ですらなく,請求の理由中に事情として記載されることがある程度のものですので,そのような事項は裁判において判断をすべきものではなく,当然既判力の対象にもならないということです。  訴状に貼る印紙代も,経済的利益が800万円として計算されることになります。  なお,自認額である200万円については,その存否について当事者間に争いがない以上,わざわざ訴えによってその存在を確認する利益は認められませんので,請求の趣旨にそのような事項を含めた訴えは不適法となります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

原告の設定する審判対象が「800万円の債務が存在しないこと」なんですね。だから、訴訟物=既判力とならないということですね。ありがとうございました。

関連するQ&A

  • 一部請求と相殺と弁済の既判力

    原告が1000万のうち200万請求したとします。(1)被告が800万弁済したと主張し、(2)さらに予備的抗弁で800万の貸金債権と相殺すると主張します。 (1)の請求を認めた場合、原告の請求は棄却されるか。認容されるか。既判力はどう及ぶか。 (2)の請求を認めた場合、原告の請求は棄却されるか。認容されるか。既判力はどう及ぶか。

  • 。一部請求訴訟について。

    一部請求訴訟について。 原告Xが被告Yに対して200万円の交通事故に基づく損害賠償請求訴訟を提起し、勝訴判決が確定した。 その後、Xが、当該200万円は損害1000万円の一部だと主張して残部として800万円の損害賠償請求の別訴を提起した場合の取り扱いについて教えてください。

  • 民事訴訟の一部請求

    民事訴訟の一部請求についての問題なのですが、明示説は、前訴のときに明示しなくてはならなくて、後訴で前訴が一部であったことを主張しても残部請求は認められないのでしょうか? 例えばね原告Xが被告Yに対して200万円の交通事故に基づく損害賠償請求訴訟を提起し、勝訴判決が確定した。 その後、Xが、当該200万円は損害1000万円の一部だと主張して残部として800万円の損害賠償請求の別訴を提起した場合、明示説ではどうなりますか?

  • 反訴として債務不存在確認訴訟

    或るブログにこんなことが書かれていました。 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 少額訴訟の問題点 反訴の禁止 → 通常訴訟では、例えば原告が被告に対し、本訴で   「XX円支払え」といった内容の請求をした場合、   反訴として「債務不存在確認の訴」を提起することができます。   本訴原告は同時に反訴被告となり、   本訴被告は同時に反訴原告となります。   「家屋明渡請求」に対する「賃借権確認の訴」もそうです。   要するに、本請求と関連する請求を、相手方が逆に訴えを提起することです。   少額訴訟では、これを認めると審理が複雑長期化するので禁止された。 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 少額訴訟で反訴が禁止されているのが問題点かどうかはさておき、 通常の訴訟で「XX円支払え」といった内容の請求をされた場合、 反訴として「債務不存在確認の訴え」を提起することは可能なのでしょうか。 金銭給付訴訟の被告としては、請求を棄却するように主張すればよく、 反訴として債務不存在確認訴訟を起こす必要はないと思います。 もし、反訴として債務不存在確認訴訟を起こすことが可能であれば、 それはどのようなメリットがあるのでしょうか。

  • 既判力と理由中の判断

    民訴の既判力(114、115条)について教えて下さい。 (1)114条1項について 既判力の客観的範囲は、原則として、主文に包含するもの(訴訟物)にのみ及び、理由中の判断(先決法律関係や事実認定)には及ばないとされています。 例えば、売買契約に基づく売買代金請求訴訟(訴訟物は、売主による売買代金債権の存否)において、請求認容判決が出た場合、理由中の判断に既判力が生じない以上、売買契約の成立、及び代金債権の発生(555条)自体には既判力が生じないことになります。 そうだとすると、後訴において、買主が売買契約無効確認訴訟を提起しても、既判力に遮断されないことになり、仮に、その訴訟において請求認容判決が出てしまえば、既判力の趣旨である「裁判の安定」は害されることになるように思います。 そして、この場合に、例えば、信義則によって妥当な結論を導くとすると、一体何のために、既判力は理由中の判断に及ばないとしているのか私には分からなくなります。 初めから、既判力は理由中の判断に及ぶとすれば、こんな面倒なことにならないと思うのですが、この点についてご教示頂けないでしょうか? (2)114条1項について(その2) 上記と同様の事例(売買契約に基づく売買代金請求訴訟)において、裁判所が、契約の無効を認定して、請求棄却判決が出た場合でも、同様に、売買契約の成立、及び代金債権の発生(555条)自体には既判力が生じないことになります。 つまり、契約の不成立によって棄却されたのか、それとも、弁済等の抗弁によって棄却されたのかは既判力が生じないことになります。 そうだとすると、後訴において、買主が、契約の有効を前提として、例えば建物明渡請求訴訟を提起しても、既判力に遮断されないことになり、仮に、その訴訟において請求認容判決が出てしまえば、既判力の趣旨である「裁判の安定」は害されることになるように思います。 そして、この場合も同様に、信義則を用いるとすると、一体何のために、既判力は理由中の判断に及ばないとしているのか私には分からなくなります。 この点もご教示頂けますでしょうか? (3)114条2項について 上記と同様の事例(売買契約に基づく売買代金請求訴訟)において、裁判所が、相殺の抗弁を認定して、請求棄却判決が出た場合は、既判力は、相殺の自動債権(被告側の債権)にまで及ぶとされています。 確かに、訴訟物は異なるとはいえ、被告側の債権が審理されている以上、「裁判の安定」「手続保障」の観点からも納得がいく結論です。 むしろ、なぜ、相殺だけ、既判力が理由中の判断に及ぶとしているのかが分かりません。 民訴が、相殺だけ特別扱いをしている理由をご教示頂けますでしょうか? 以上、質問が多岐に渡りますが、ご回答よろしくお願い致します。

  • 債務不存在確認訴訟と判決

    XがYに対する総額500万円の貸金債務をめぐる金銭債務不存在確認訴訟において,Xによる下記の申立てに対する裁判所の判決は以下のようになるかと思います。 (1)Xが200万円を超えては残債務が存在しないことの確認請求を申立てた場合において,残債務が250万円存在していることが判明したとき →50万円について請求認容,250万円について請求棄却 (2)Xが200万円を超えては残債務が存在しないことの確認請求を申立てた場合において,残債務が100万円存在していることが判明したとき →請求棄却 …が、いったいなぜこのようになるのか分かりません…。 普通に考えれば,1は「残債務は250万円を超えては存在しない」,2は「請求認容」となるのではないかと思うのですが…。

  • 訴訟物についての質問です。民訴法。

    民事訴訟の訴訟物についての考え方についてお聞きしたいと思います。 原告Aが被告Bを相手取り,雇用関係確認訴訟(請求の趣旨は「原告と被告との間に雇用契約の存在することを確認する。」,請求原因は,被告は原告を平成10年1月1日に解雇したとして契約の存在について争っている。)を提起し,原告が勝訴し,判決が確定したとします。 その後,BがAを相手どり,雇用関係不存在確認訴訟(請求の趣旨は,「原告と被告との間に雇用契約の存在しないことを確認する。」,請求原因は,原告は被告を平成17年6月6日解雇した。したがって,原被告間の契約関係は終了している。)を提起したとします。 この場合,両訴訟の訴訟物は,民訴法では,同一なのでしょうか? 同一の契約関係についての存在・不存在の確定を求めるものであるから,「訴訟物」としては同一なのかと考えますが?。 だだ,前訴と後訴では,解雇の日付けが異なっており,ただ,「解雇の意思表示」については,抗弁や再抗弁になることはあっても,厳密な意味で請求原因にはならないとおもうのです。 すなわち,請求原因としては,ただ,単に,契約の存在または不存在について,他方の当事者が争っているだけ(これが,そのまま確認の利益になると思います。)でよいと思うのですが。 どなたか,明快なご回答をお願いします。

  • 廃業行方不明の貸金業者への債務不存在確認訴訟

    お金を借りていた業者が廃業し、所在不明となっております。今、債務整理をしていますが、その業者から取引履歴も取り寄せられず、過払いになっているのか、残債務があるのかも確認できません。後から、債務の返済を求められるのも困るので、公示送達で、債務不存在確認訴訟を提起したいと思っています。ただ、現在その業者から何の連絡も請求も無く、訴額の算定はどうするのか、そもそも争いがあるといえるのかということを考えると、果たして裁判所は受け付けてくれるのでしょうか

  • 金銭貸借公正証書の請求異議訴訟

    金銭貸借公正証書の請求異議訴訟で敗訴した場合(1名は給与差押えしているが、弁済はまだ受けていない。もう1名は銀行から65万程差押えて弁済をうけた。)、その後原告から、損害賠償請求を提起されることは考えられるのでしょうか。 2名の債務者から請求異議訴訟を提起されています。

  • 既判力を覆すことができますか?

    マンションの所有者です。 ある一室の所有者が行方不明で管理費を滞納しています。 管理費滞納者に1年前、訴訟を起こしました。 その当時、管理費滞納の遅延損害金に関する規約は特段ありませんでした。 ですので、管理費等に対する5%の利息を支払え、との判決になりました。 その後、平成23年8月に規約の変更があり、14.7%になりました。 今度は、マンション法59条競売を考えています。 しかし、既に判決を取ってあるため、その既判力があります。 そこで、マンション法59条競売の際、こんな感じで訴状書けば、14.7%の利息が適用できますでしょうか? 訴 状 区分所有権競売請求訴訟 請求の趣旨 1 原告は,被告の有する別紙物件目録記載の区分所有権及び同目録記載の敷地権について競売を申し立てることができる。 2 平成22年(ハ)000000号の主文の内、2(将来給付の箇所)の一部を取り消し、改めて平成23年8月から別紙物件目録記載の区分建物の区分所有権を喪失するに至るまで、毎月末日限り、月額00000円およびこれに対する各期日の翌日から各支払い済みまで年14.7%の割合による金員を支払え、 3 訴訟費用は,被告の負担とする。 との判決を求める。 請求の原因 1 当事者 原告は,東京都@@区@@@@@所在のマンション「○○○マンション」(以下,「本件マンション」という)の区分所有者全員をもって構成する管理組合である。 被告は,本件マンション○○○号室の区分所有者である。 2 被告の共同利益違反行為 (1)・・・・・・・・・・・・・・ こんな感じで訴状を書けば、過去の判決年5%の割合による金員を支払え、との既判力を変更、規約変更時点からの14.7%の利率の割合による金員の請求ができますでしょうか?