• 締切済み
  • すぐに回答を!

不動産登記および不動産取得に伴う税金について

夫の名義になっている土地を妻(私)に名義を移転することを考えています。 理由は、夫と義母に車の購入費用(計4回)や土地の税金など、1000万円以上を貸しており、一向に返ってこないので(借用書あり)、土地の名義を私に変更してもらおうと思っています。 そこで、土地の移転登記にあたって、婚姻期間が20年以上ありますので、「夫婦の間で居住用の不動産を贈与したときの配偶者控除」の特例を受けることが可能ですが、登記原因を代物弁済とするのと、贈与とするのとではどちらが税金面では有利でしょうか?また、土地の一部を代物弁済、残りを贈与といった方法も取れるでしょうか? 宜しくお願いいたします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数164
  • ありがとう数0

みんなの回答

  • 回答No.1
  • simotani
  • ベストアンサー率37% (1880/5060)

代物弁済だと譲渡所得税が発生します(夫の課税所得が増える)。贈与・代物弁済共に登記税は5%です。一度税理士の先生に相談されるよう勧めます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 不動産登記について質問です。お願いします。

    不動産登記について質問です。お願いします。 (1)抵当権者A、債務者B、設定者c、Aの抵当権を目的として甲の転抵当権が設定されているというケースで、Cが抵当権の目的不動産でAに対して代物弁済をした場合、どのような法律関係、登記が発生するのでしょうか。 私の考えでは、たぶん CからAに所有権移転 原因代物弁済 次に、転抵当権者甲の承諾書を添付して、抵当権抹消 原因代物弁済 だろうと思います。 しかし、今回は債務者に代わって物上保証人による弁済なので、代位弁済のことが気になってスッキリしません。もちろん、CからAに所有権移転 原因代物弁済後に、代位弁済を原因としてAからCに抵当権の移転が生じないことは、なんとなくは分かるのですが、理論的に理解できません。 上記(1)のケースの場合、どのように考えたらいいのか教えてください。お願いします。

  • 不動産登記に関して

    登記簿上の名義人が死亡したAとなっている土地・建物があります。  相続人不存在のため、昨年7月に相続財産管理人が選任されてます(弁護士B)  今回、この土地・建物が第三者(C)に売却されることになりました。  所有権移転登記の流れはどうなるのでしょうか?  義務者は相続財産管理人の弁護士Bとなるのでしょうか?  移転登記の際に添付する書類もあわせてお願い致します。

  • 代物弁済に税金は?

    貸地に会社が事務所を建て営業していましたが、撤退することになり、地主である当方にその建物を無償譲渡してくれました。移転登記上の原因は代物弁済となっています。そこで質問ですが、建物の取得税の他に、税金がかかるのでしょうか。

  • 不動産登記の問題ですが

     職場で,次のような問題を示され,これについてディスカッションをすることになりました。  対抗問題,登記請求権,移転登記の合意の効力が絡んでいるため,確たる解答を出せずにいます。  そこで,「これは」と思うアドバイスや問題提起があれば,ぜひお願いします。 【問題】  甲が所有している建物とその敷地について,甲は乙に売却したところ,乙はすぐにこれを丙に転売した。  ところが,甲はこれらの土地及び建物を丁に売却する旨の契約を行った。  丙は,甲から丁への所有権の移転の登記がされないうちに,自己名義への所有権の移転登記をしたいと考えている。 (1)当該不動産の名義が甲のままとなっている場合,丙名義にするための前提として,乙は甲に対して所有権の移転の登記を請求することができるか。 (2)丙が甲に協力してもらい,甲から丙への所有権の移転の登記を完了してしまった場合,事後にこれを知った乙及び丁は当該登記の抹消を求めることができるか。 (3)丙が甲及び乙から協力を得ることができない場合,丙は自己の所有権の登記名義を受けるためにどのような方策をとることができるか。 (4)甲,乙及び丙の間において,直接甲から丙への所有権の移転の登記を行う旨の合意が成立した場合に,乙は甲に対して所有権の移転の登記を請求することができるか。 (5)当該建物及びその敷地の登記名義が丙に移転した場合,丁は甲に対してどのような請求をすることができるか。 (6)甲,乙及び丙の三者間において,どのような契約を締結すれば,甲から直接丙に対して所有権の移転の登記をすることができるか。

  • 相続時の不動産登記について

    表題の件につき、ご教授願います。 司法書士に依頼せずに、不動産の相続登記をしたいのですが、 どのようにするのが良いのか迷っています。 A(夫) B(妻) C(長女) D(次女) E(三女)の 家族構成です。Aが10年前に亡くなり、A名義の甲土地がAの 単独所有で残っております。 Aが他界した時には、分割協議もなく遺言もありません。しかし、 前述のように10年経った現在も、甲土地は、当時に相続登記はして おらず、A所有で残っております。 さらに、先月Bが亡くなりました。今月、甲土地につき、C単独の 所有権移転登記を行いたいと思っております。それに関しまして、 どのような登記をすればよいかわかりません。ネットで調べたり などして、素人考えで以下の案は浮かびました。 (1)AからB・C・D・Eへの法定相続分による相続登記後、Bから Cへの遺産分割(C単独相続)による持分移転登記+D・EからCへの 譲渡による持分移転登記(合計3申請) (2)AからCへの遺産分割(C単独相続 しかし、Bが亡き今、遡った 遺産分割協議自体が可能かはわかりませんが・・・)による所有権移転 登記(合計1申請) (3)AからC・D・Eへの相続登記(Bに関しては特別受益で相続なし にできる可能性あり)後、D・EからCへの譲渡による持分移転登記 (合計2申請) 上記3パターンの内、可能なもの、あるいは、適しているものはある でしょうか? また、(3)の場合、特別受益証明書は、B本人がいないため、C・D・E の共同作成の証明書でも添付書類として通りますでしょうか? その他、最適な申請方法がありましたら、添付書類と併せてご教授いただ ければ大変幸いです。司法書士に依頼も考えておりますが、できれば自分 で申請したいと思っております。 よろしくお願いいたします。

  • 不動産登記について

    3年前に居住するための不動産(土地・建物)を取得しました。 その際、妻から800万を借用し住宅ローンの頭金としましたが、 登記は私一人の名義となっています。 その後、妻から200万を借用し繰り越し返済を行っています。 妻から借用した形になっていますが夫婦の共有財産として、 出資した金額に応じ私2/3、妻1/3の割合で登記し直そうと思っています。 そこで質問です。登記し直した場合、贈与税がかかるのでしょうか。 お金を借りた際に借用書はありますが、このような書類を提出することで、 贈与でないことを証明できるのでしょうか。 別途、登録免許税および不動産取得税がかかることは承知しています。 宜しくお願いいたします。

  • 不動産登記について

    今度、引越しを希望している物件は敷地が170坪あります。 土地は県が販売、建物は工務店が販売しています。 その物件を、購入後に土地を私の名義で登記する前に、私の名義で150坪、母親名義で20坪に、分筆して、移転登記したいのですが、それは、可能ですか?

  • 仮登記の時効について

    所有権移転(代物弁済予約)の仮登記や仮処分に時効はあるのでしょうか?

  • 立退の対価としての不動産提供

    土地の賃貸借契約を解除し、従前の借地権者には立退料として借地権者所有の家屋が建っている一画の土地を提供する場合、この土地の所有権移転登記の原因はどうなるのでしょうか? 実際の金銭の授受はないですが立退料を元手に土地を購入したと考えて「売買」?借地権を放棄してくれたお礼として「贈与」?立退料を不動産で「代物弁済」?

  • 不動産登記 明確な根拠を教えてください。

    AとBの共有地に,抵当権設定。 A死亡でD,Eが相続(所有権未登記)。 B死亡でFが相続(所有権移転登記済)。 B死亡の保険金で債務弁済したことにより抵当権消滅しました。 DとEで争いがあるため,相続による移転登記はしておりません。 この状態でFが申請人となって義務者とともに抵当権抹消できるでしょうか? 「共有地の抵当権抹消は,共有者の一人が申請人となってできる。」 「相続発生後の抵当権消滅は,相続登記後でないと抹消登記できない。」 これらの先例から、本件の場合どう考えるべきか教えてください。