• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

技術者の品位について教えてください。

今回再生細胞の世界最高峰の権威の中山教授は、フィンランドで権威ある賞を受賞されました。 賞金額は6千万円で、それほど大した金額ではありませんが コメントは、自分一人でやれた研究ではないというとりました。 今までも賞金額にこだわることなしに自分一人でお金に執着しとらんのだと思うとります。 もちろん、研究費はいくらあっても足らないのでたくさん欲しいと思うとると思います。 一方青色発光ダイオードを発見した中村修二氏は 徳島の中小企業の社内の研究施設を使い発見しました。 彼は発見は自分の力だと過信しとると思います。 ならは、あの研究設備と時間は自分個人で準備したのではありません。 会社の設備があって初めて発見できたのです。 中村氏個人では、とても研究施設を用意できるものではありません。 会社も開発のリスクを負っているのです。 中村氏のような人は研究に失敗をしても失敗の責任はとらないのでしょうね。 成功は、自分のおかげだと主張するのに。 全く人としての品位が無さすぎると思います。 それなら初めから彼が望むような待遇をしてくれる シンガポールなりアメリカで研究をすればいいのです。 それを何百億円(裁判の戦術上そうなるのでしょうがあわよくばもらえるし)も金をよこせと言うのはいかがなものかと思うとります。 この品位のなさは、いったいどこからこうさせるのでしょうか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数143
  • ありがとう数3

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.3
  • hekiyu
  • ベストアンサー率32% (7191/21831)

確かに、お金にこだわるのは品位が無い、と 言われてもしょうがないですね。 ただ、善意で解釈しますと、現状の技術屋は 恵まれていないから、それに一石を投じたのだ 、ということもあり得ます。 金融機関で売り買いしているだけで、年100億 もの給料をもらった社員がいましたね。 それは極端だとしても、金融機関の社員の給料は 製造業のそれを大きく上回っています。 社会的貢献度を較べたら、我々技術者の方が上では ないか。 それがこんなでは、技術立国日本の将来が心配だ。 将来技術屋になる人間がいなくなってしまう。 だから、日本の為に提訴したのだ。 決して、個人的金儲けの為ではない。 ということも、考えられるので、私はあまり批判 したくないのです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

日本に於いてたしかにそのような意義はあったと思うとります。 アリナミンやグルタミンの研究者の時代とは どこでも他国に行けるグローバルな世界情勢からみて違うとも認識しとります。 しかしこの中村氏は ただ単に元の会社からお金をむしりとりたいだけの動機しか 感じられません。 会社の備品を利用できて初めて研究ができるのです。 これが国立大学なら市民の税金です。 キムワイプ費も個人ではびた一文だしてないでしょう! それほど自信があるなら あんまり自分が自分がと主張するような人間は どうぞシンガポールなりアメリカでご自由にやってくださいと 思うとります。 恐らく徳島の会社と中村氏の中間あたりが 技術者の成功報酬として適当だと思うとります。

関連するQ&A

  • 日本やアジアの男って、こんなのばっかりだよね?

    「10年程、赤色発光ダイオード用半導体材料の開発をし、製品を作ったのですが、成果はあまりよくありませんでした。89年からやけくそ的に誰もやってない窒化ガリュームという材料を選んで、青色発光ダイオードの研究を開始しました。その結果93年に世界で初めて高光度青色発光ダイオードの開発、製品化に成功し一躍注目を浴びるようになりました。」 中村修二 徳島大学 ・・・・・なんだ・・偶然出来たとか・・・ 全然知的さを感じない発明や発見ばかりじゃないですか?

  • 悩んでいます・・・。

    先日、高輝度青色発光ダイオードを発明した中村修二氏の「考える力 やり抜く力 私の方法」を読み、研究者のあり方に感動したのですが、「いざ自分は・・?」と考えたときに悩んでいます。 自分は、中村氏のような優れた人材ではないので、世界的な発明をする事もないだろうし、今の会社から飛び出して何かしようとしても何も出来ないと思います。 中小企業の研究部門に勤める私のような「並?、並以下?」の人材には、本意ではない日常業務に文句を言わず、悶々と日々を過ごすしかないのでしょうか? 上司に認められ、賞与で少しの上乗せを貰う事でしか、満足を得ることは出来ないのでしょうか? 私は、今の仕事が好きですが、経費や時間の制約で「実験の進め方」「探求する深さ」など自分が納得できるところまで達することができないのが不満です。 同様の立場の方々、そうでない方々も、日々どのように考えて、お仕事なさっているのでしょうか? 教えてください・・・。 また、悩める部下を持ったときに、どのように指導すれば「やる気」がでるでしょうか? さらに、上司としてのあり方は?     ・・・てなことで結構悩んでます。 宜しくお願いします。

  • 本年度のノーベル物理学賞は3人の日本人?

    本年度ノーベル物理学賞の受賞者は3人の日本人と報道されていますが、正確には日本人2人とアメリカ人1名ではないか?NYTimesやWashingtonPostによると、3人のうち中村修二氏はAmerican Citizenとあります。中村氏はアメリカに帰化したのではないでしょうか?

その他の回答 (2)

  • 回答No.2
  • key00001
  • ベストアンサー率34% (2877/8339)

> それなら初めから彼が望むような待遇をしてくれる > シンガポールなりアメリカで研究をすればいいのです。 それならば、「品位の問題」と言うよりは、労働契約などにおける「契約上の問題」では?と思うとります。 あるいは、当時の日本の政治・社会・企業が、そう言う契約をないがしろにする傾向であったと思うとります。 またダイオード係争後は、日本の企業も、その点はかなり改善してきていると思うとります。 一方、当時の状況で、個人が勤務先相手に係争すると言うのは、かなりリスクのある行為でもあり、またこの係争において、日本では企業内で個人の成果・評価が余りにも低いと言う点を白日に曝した点は、大きな功績であると言う見方が多々あるとも思うとります。 もしこれが無ければ、未だに日本は、労働契約をないがしろにし、慣習を優先すると共に、個人を評価せず、その結果、優秀な研究者などの人材が、もっと海外に流出していたのでは無いか?と思うとります。 それでも未だに海外に優秀な人材が流出してしまう傾向があるのは、成功に対する報酬が、海外の方が破格であるからと思うとります。 本来は契約社会であるビジネスに、品位とやらを持ち込みソレに拘る様な古い体質の企業は、早晩、衰退・淘汰されるであろうと思うとります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

思うとります。を使う方はご自分の思考に自信がない表れだと 思うとります。もうあかんと思うとります。(*^_^*)

  • 回答No.1
  • mojitto
  • ベストアンサー率21% (945/4353)

野球選手は球団と契約をして、一流選手なら多額の年俸をゲットします。 球団と契約をしなければ、草野球の選手です。 中村修二氏は科学界では特大のホームランを打ちました。 もちろん技術の全てが彼に帰属するものではないので、額として議論の余地はあります。 (先行技術はあったわけですから) が、マスコミが田中耕一氏のような技術者を大々的に取り上げ、それに影響された質問者さまのような人による技術者の人格の決めつけ、それを体よく利用する経営者が、日本の頭脳流出の原因になっていると思うとります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

品格が大切だと思うとります。(*^_^*) 自己責任でお願いします。

関連するQ&A

  • 中村修二になるには

    中村修二になりたいです。 会社で苛められて見返してやりたいです。 もう入社10年目くらいですが、 入社後、いろいろ苛められました。 数を数えられないほど、苛められました。 特定の人だけじゃなくいろいろな人から苛められました。 罵倒されましたし、恫喝もたびたびされました。 お前は何も成長していない。 お前は解雇だ。派遣社員だ。アルバイトだ。 何も人からは教わったことはありません。 そして、後輩が先にもう何人も昇格していきました。 自分に何か恨みがあるのでしょうか? 仕事は一生懸命やっているので、 認められない理由がわかりません。 今、人間不信になって人が憎いです。 だからすべてを変えたい。 大きく、革新的にすべてを変えたい。 それは、青色LEDを発明した中村修二さんみたいになること しかないと思っております。 中村修二さんみたいになるためには、 どうしたらよろしいでしょうか? 一日何時間努力したらよろしいでしょうか? 仕事はあまりいい仕事はふられません。 今30才前半です。 コメント願います。

  • 徳島県では、工学部と医学部志望のトップクラスの高校生は徳島大学を目指すのですか

    青色発光ダイオードの開発者で有名な中村修二さんは、徳島大学出身ですが、 徳島県では、工学部志望と医学部志望のトップクラスの高校生は、みな徳島大学の受験を第一志望で目指すのですか。 他の県(京都、東京、大阪、その他)の大学を受験しようとするのは、徳島大学に次ぐ、レベルを落とした志望なのですか。

  • 職務発明における企業と従業者の権利関係について

    「職務発明」という言葉を耳にしたのですがいったいどういうものなのか、私には聞きなれない言葉で、意味がよくわかりません。この語句を解説していただきたいのがまずお願いです。 それと、「職務発明における企業と従業者の権利関係について君はどう思うか」という質問をつい先日されました。だけど私には職務発明という言葉の意味自体わかっていないし、権利関係なんて・・・という感じで全く答える事ができなかったんです。 個人的に調べた限りでは、中村修二さんの青色発光ダイオード訴訟の問題などのことかならと思ったのですが・・・どうなんでしょう?? 権利関係、どうあるべきだと思いますか?? みなさんの意見を聞かせてください。

  • 青色発光ダイオード、ノーベル賞 3者3様なの?

    お聞きします。青色LEDでノーベル物理学賞を受賞された、日本人3名『赤崎氏、天野氏、中村氏』ですが、先生と言って良いのやら、教授と呼ぶべきなのか?よく判りませんが、当方のような素人でも、一時、時の人になった中村氏の、顔はよく覚えていました。当時、会社内で、研究させて貰い、給与も貰い、それで成功報酬とは"どうなんだ"と言った事が、議論になっていたように思いますが、結果的に和解に至り、その後、アメリカに行かれたようでしたが、当方は、このノーベル賞の話を聞いた時点で、他に2名おられましたので、てっきり共同で研究しておられたのか?と、思っていましたが、よくよく聞いていると3者3様で、個別に『青色発光ダイオード』を研究されておられ、成功に至ったようですが、ノーベル賞というのは、特定の個人のみを対象とはしていないものなのでしょうか?

  • 発明対価について

    この問題に関してどなたかから専門的な質問が出るであろうと思っていましたが いまだに質問がないので知識不足ですがあえて私から質問します >「職務発明」の特許権の保有者について、発明した従業員から企業側に帰属を移す検討を政府が始めた背景には、高額な発明対価の支払いを回避し、国際競争力を強化したい産業界の強い要望がある。ただ、モチベーションが下がった有能な開発者たちが、チャンスを求めて海を・・・・・・ http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130607-00000002-fsi-bus_all 青色発光ダイオード等の件はご存じの方も多いと思いますが > 発明対価をめぐる訴訟で一石を投じたのは、日亜化学工業に在籍中、青色発光ダイオード(LED)の実用化に道筋をつけた中村修二・カリフォルニア大学サンタバーバラ校教授だ。中村氏は退職後の2001年に同社を提訴、最終的には同社が8億4000万円を支払うことで和解した。 等の例があります この場合、会社が利益を出し発展し続けたことを考えれば8億や味の素の1億などは総合的にみた会社の利益の数パーセントに過ぎないのではないのでしょうか 会社には十分すぎるほどの恩恵を与えたと思います 広告費の一部と考え今後の技術発展を妨げないようにするべきと思いませんか

  • 東大や京大の研究施設

    僕の大学でも院に行く人は自分の大学の院に行くのではなく大抵東大や京大、東工大などの旧帝大の院に行きます。院に行くのは比較的容易なんで数十人の人が行くのですがやはり東大や京大の研究施設は私大の研究施設よりかなり優れているのでしょうか?

  • 山口大学と芝浦工業大学の選択で迷っています。

    山口大学と芝浦工業大学のどちらに進学するか迷っています。 恐らく、就職は芝浦>山口ですが学費は圧倒的に山口のほうが安いので迷っています。 そこで、研究施設・設備の面ではどちらのほうが良いのでしょうか? また、総合的に見てどちらの大学に進学したほうがいいと思いますか?

  • 発明や研究ってどこでするの?

    僕は将来発明家になりたいです。 研究や発明にはそれなりの道具や研究施設などが必要だと思うのですが、そのような環境が整った場所はありますか? そこにいくには、就職すればいいのでしょうか?進学でしょうか?それとも自分で全て揃えるしかないのでしょうか? つまり、どうすれば整った環境で発明、研究ができますか?ということです。 うまく言葉にできませんが答えていただけるとありがたいです。

  • 名古屋大学農学部応用生物科学科とICU教養理学科

    この2つの大学で迷っています。 研究施設や資金、教授の層の厚さでは名古屋大学の方が圧倒的に上だと思うのですが、 ICUのリベラルアーツや英語教育も捨てがたいです。 そこで質問なのですが、学部の段階でも研究設備や資金というのはやはり重要なのでしょうか? 学部の段階では大差ないなら地元にあるICUに行って、 大学院は行きたい研究室のある大学を選ぼうと思うんですが・・・ ちなみに卒後は研究職に就きたいと考えています。

  • 96穴マイクロプレートの輸送

    他の研究施設において、マイクロプレートに細胞を捲き、新幹線等で約6時間かけて、それらのマイクロプレートを自分の研究室に持ち帰って実験する必要があります。細胞のコンタミ、クロストーク等を防いで輸送するいい方法があれば教えてください。