• 締切済み
  • すぐに回答を!

屋根と破風、雨樋の色について

屋根の塗装をすることになりました。 屋根の色はコーヒーブラウンに決めましたが、業者が帰ってから見積書を見てみたら(1)屋根塗装~コーヒーブラウン(2)破風出窓~コーヒーブラウンとなっていました。 この(2)破風というのはどの部分で、破風の色は屋根と同じ色にした方がいいのでしょうか。 業者さんには「樋も同じ色でいいですよね」とは言われ、とっさにハイと言ってしまいましたが後で考えたら、例えば屋根がコーヒーブラウンで破風と雨樋はそれより少し濃いめのチョコレートなんかはどうだったんだろうと思い始めてます。アクセントになるのかなと思って。 因みに軒天は白です。 アドバイスお願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数4283
  • ありがとう数4

みんなの回答

  • 回答No.3
  • KL1170
  • ベストアンサー率36% (134/369)

>屋根の塗装・・・・・と云うことは、コロニアルの屋根を塗り替えることでしょうか? 今回のご質問と関連しない話しで恐縮ですが、もしその場合でしたら、「縁切り」という工程を必ず行なうように申し入れることをお勧めします。 それを行なわないと屋根から漏水の可能性がありますから。 方法としては刃物で縁を切ることと、「タスペーサー」という部品を取り付ける二つの方法があります。 後者が理想的ですが、一般的な住宅の広さの屋根で費用も2~3万ほど要するので業者さんとの打ち合わせが必要になります。 瓦の場合は不要です。 色については今回のご質問内容から判断する限り、思い通りの色で大丈夫ではないでしょうか? 雨樋は一般的に「新茶」という色が使われてるのと、それを色番号で云えば、日本ペイント(日ペ)の255番が多用されてます。 お気に入った仕上がりになりますように。。。 余計な話しで失礼しました。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

コロニアル屋根…瓦のことですか、いえ、普通の屋根です。 ご丁寧にありがとうございました。

関連するQ&A

  • 軒天、破風、雨樋の色決めについて

    軒天、破風、雨樋の色決めについて 自宅を新築予定です。 建物の外壁はタイルでベージュ系の色です。(INAXセラヴィオW HAL-25B/CWL-2) 屋根は瓦で黒です。(鶴弥スーパートライ110FM、マットブラック) 現在、外壁と屋根が上記のように決まりまして、次に軒天と破風および樋の色を決めたいと思うのですが、どのように決めるのが無難でしょうか?(寄棟です) 軒天 1.外壁とほぼ同色でまとめる 2.外壁と同系色で外壁よりも薄い色目 3.外壁と同系色で外壁よりも濃い色目 4.外壁とは無関係に〇色 5.外壁と反対色 6.その他 破風 1.屋根の色とほぼ同色または同系色の濃淡 2.軒天の色とほぼ同色または同系色の濃淡 3.外壁の色とほぼ同色または同系色の濃淡 4.その他 雨樋 1.屋根の色とほぼ同色または同系色の濃淡 2.軒天の色とほぼ同色または同系色の濃淡 3.外壁の色とほぼ同色または同系色の濃淡 4.その他 よろしくお願いします。

  • 屋根塗装について

    屋根塗装について 築13年の外装リフォームをしている最中です。今回、外壁は塗装ではなく外壁張り替えにし、屋根は塗装という段取りです。今現在、外壁の方はもう少しで全面張り替えが終了しそうです。 外壁を張り替える前に軒天、水切り上の方を塗装してもらったのですが、高圧洗浄をせずに塗装をしたようです。そこで塗装の職人さんに屋根も高圧洗浄をしないで何かしてから塗装をしますと言われて正直驚いています。見積りの段階では屋根、軒天、水切り、破風なども高圧洗浄と書いてありました。私の中でも屋根だけでも高圧洗浄を必ず行うものだと思っていたので…。塗装の方に、高圧洗浄をすると新しい外壁が濡れるからと言われたようですが、本当にこのままで大丈夫でしょうか?

  • 雨樋の塗装について

    先日、塗料の事で質問した者です。 終わりも近づき、今日屋根の塗装が終了しました。 しかし、雨樋はクリーム色なのですが1階と2階の間にある 屋根を斜めにつたっている所が、気を利かせてくれたつもりなのか 屋根のココナッツブラウン色に雨樋も塗ってありました。 事前に聞かれていなかったです。 私も考えてもいなかったので、あえて色の指示までしませんでした。 はっきり言って、ちょっとおかしいです。 伝わりましたでしょうか? 明日、細かいところをやって最終チェックと足場解体と 言っていたのでやり直してもらうなら明日朝しかありません。 そこでお聞きしたいのは、 1、塗り直した所は、ひび割れしやすくなるなどの問題は   出てきますか?見た目にも厚ぼったくなるなど。 2、どのような感じで伝えたらいいですか?   普通に「雨樋の茶色にしてくれたところは、クリーム色に   塗りなおしてくれますか?」とかでいいですか? 3、関係ない質問ですが、職人さん2人にお礼?のような物   渡したほうがいいですか?一般的にそういうのは   しなくていいのですか? 宜しくお願いします。

  • 回答No.2
noname#180427

おはようございます。 破風についてはNO1の方がURLを貼られておられるので、 それで分かるかと思います。 あなたも、周りの住宅を眺めてみると分かると思いますが、 遠くから眺めると屋根も破風も見えるとは思います。 、 屋根の色は分かると思いますが破風の色の識別は難しいと思います。 近くに寄りますと破風の色は分かりますが、 今度は屋根の色が見えなくなります。 ですから色を変えても余り意味がないように思います。 雨樋については色々な色がありますから、あなたの好みの 色にされたらどうでしょう。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。 破風というよりは雨樋の色を決めて破風もそれに合わせるという感じですかね。 雨樋の色、気になって近所をみてみたらブラウン系だけじゃなく色々あるんですね。 雨樋を同じブラウン系のちょっと濃いめにして破風もそれに合わせる事になりそうです。

  • 回答No.1
  • trajaa
  • ベストアンサー率22% (2662/11921)

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

さっそくの回答、わかりやすくありがとうございました。

関連するQ&A

  • 屋根と破風板の塗装作業について

    我が家は5年位前に業者での塗装工事をしましたが、数年前から木製の破風板の塗装面が傷んできています。 屋根と破風板の塗装作業を、自分で挑戦しようと思っていますので、以下についてお教えください。 (1)屋根の塗装状況は上がってみないと分からないのですが、どの位の周期で塗装をすればよいのでしょうか。 (2)屋根を歩く際、瓦は谷部分を歩くと割れやすく山の部分を歩くと聞きます。  我が家はカラーベルトと思いますが、屋根を歩く際の注意点はありますか。  カラーベルトも割れたりするのでしょうか。 (3)屋根用のお勧め塗料を教えてください。 (4)家はツーバイフォーの2階建てで2階の雨どいまでの高さは6m位あります。  高所での作業での注意点を教えてください。 (5)作業は梯子で行う予定です、注意点を教えてください。  梯子は7mサイズを購入する予定です。

  • 破風板の塗装について。

    破風板の塗装について。 こんばんは、現在建築中の者です。 破風板の塗装について皆様のご意見を頂戴したく、質問致しました。 現在、外壁工事が終わり、破風板の塗装が済んだところです。 塗装工事終了の連絡を受け現場に行ったのですが真っ白なままでどう塗装がされたのかまるで判りませんでした。 当方、屋根を茶系色、外壁をアイボリーのサイディングで施工したのですが、破風板の部分だけ、まるで塗装を忘れた様な仕上がりです。 担当者に問い合わせてみたところ、「標準仕様の塗装は白のみです」との事。 そもそも塗装の前に色の打ち合わせが無かった時点でこちらからアクションを起こさなければいけなかったのかも知れませんが・・・ 常識論で考えて、外壁と屋根、サッシ、玄関扉の色は選べるが破風板は白しかダメとはあり得るのでしょうか? 又、今回の事で建築確認の図面を見直していたところ。 鼻隠しをサイディングとすると記載があります。 しかし、その鼻隠しの部分も真っ白な破風板。 何がどうなっているのか訳が判りません。 長い愚痴になってしまい申し訳ありませんが、質問は2つ。 破風板の色は選べない物ですか? 鼻隠しにサイディングを使う事はありますか? 何卒、宜しくお願いします。

  • 外壁(・屋根)塗装見積もりの精査(要不要)

    先日、以下の質問で、屋根・雨樋については塗装を見送ることにしているものです。 http://okwave.jp/qa/q9288798.html ・・・・・・・・・・ 2000年9月新築、2F一戸建て。屋根は、カラーベストニューコロニアル。メンテナンス歴は、防蟻処理のみ。外壁(東レ グラサル NR2 AEP仕上げ)のチョーキングが目立って久しくなり、塗装をします。 ・・・・・・・・・・ 見積もりの項目が次のようになっていますが、同様に、特に付帯塗装工事のなかで、塗装(等)の必要性が低い部分(見た目は全く気にしません)がありましたら、教えてもらえると助かります(もちろん一般論で構いません)。次に足場を組むのは、築30年頃(これから約15年後)で、その際は、屋根カバー工法・雨樋交換等を念頭においています。 (以下、見積もり項目) 仮設工事(必須のため略) 外壁工事(必須のため略) 屋根工事(全部見合わせ)ペイント、シーラー、タスペーサー、施工費 付帯塗装工事  雨樋塗装(見合わせ)  破風板塗装(窯業系押出形成材神島化学KCモール)(要不要?)  軒天塗装(ケイ酸カルシウム板 厚12)(要不要?)  鉄部塗装(要不要?)  化粧部材塗装(要不要?) 下地調整工事(必要)高圧洗浄、養生 目地・建具廻りシーリング工事(必要) ベランダ床防水補強(必要) 諸経費(略) 破風板、軒天、鉄部の塗装は必要かなと考えています。 化粧部材は不要かもしれない、と思案しています。 よろしくお願いいたします。

  • 雨樋の詰まり

    写真はガレージの屋根の雨樋が詰まって雨が途中から溢れている絵です。写真の手前に我が家があり見えているのは北側の家の庭木です。ガレージの屋根は写真の上部(我が家側)から下部(北側隣家)に向け下り勾配があり、雨滴が大きめに移っているのが樋が正常に流れずに溢れている様子です。そのため、写真の左端にあるブラウン色の垂直方向の樋からはほとんど雨が流れません(写真にはその様子が写ってません)。隣家との境にある(写真に写っている)ブロック塀に登り、様子を見たのですが、樋はポリカーボネート製の波板の下にあり屋根を外さない限り内部を覗くことができない構造でした。私は素人なので樋の構造が判りませんが詰まりを解除する方法を教えていただきたく投稿しました。問題解決は私個人で(DIY )可能でしょうか?具体的にはどのような道具を使いどのように作業すれば良いのでしょうか?それとも専門の業者に依頼すべきなのでしょうか?詳しい方、お教え頂けると嬉しく思います。よろしくお願いします。

  • 樋の交換をすべきかどうか迷っています。

    樋の交換時期について教えて下さい。5社から屋根塗装の見積をとりました。1社だけが樋は清掃、針金(?)による補強で交換せずに最低価格を提示がありましたが築30年あまりで交換すべきでしょうか。 お世話になります。 築30年余り2階建て木造家屋の外壁屋根塗装工事を考えています。久しぶりの塗装なので、かなり傷んでいると相見積もりの5社が点検結果で言われました。 ところで、そのうち1社だけが樋は清掃、針金(?)による補強で交換せずに最低価格を提示がありました。それを信じて予算の関係で、その会社にお願いしようと考えていたところ、知り合いから、もし、樋が傷んだら、また、足場を組む必要があり、今後のことを考えると、今の丸樋から角樋に交換した方が良いとアドバイスを受けました。 その会社は、10年後、屋根(瓦ではなくカラーベーストです)を交換するときに交換したら良いというのですが。 最近のゲリラ豪雨、30年という期間、樋の痛み具合から、他の業者は樋の交換を勧めます。 家は、どの業者も築30年とは思えないほどしっかりしていると言います。 樋の交換時期というのは、一般的にあるのでしょうか。予算の都合もあって、最低価格を提示した業者を選びました。まだ、契約はしていません。 知り合いは樋はメートル当たり2,500円以上、受けるじょうごは1個当たり2,700円。塗装時も樋を外した方が塗りやすいそうです。 樋を交換すべきかどうか悩んでいます。何かアドバイスがあれば教えて下さい。よろしくお願いいたします。

  • 屋根の張り替えにアドバイスを

    雪国に住むものですが、築、約30年の家の屋根を張り替えようと思うのですが、業者によって50~150万円と言う見積もりでした。その中でも自分が良いと思う業者の工法は、今の屋根に胴渕を打ち、スタイロホームを入れ、その上に防水シートを掛け、ガルバニュウムとかとい長尺の鉄板を使うらしいのです。(傾斜が無いので横ぶきは駄目らしいです)値段は、破風巻き込み、軒天塗装、消費税込みで77万円程でした。ちなみに屋根の面積は約140m2です。ガルバニュウムの品質保証が20年。工事の保証も10年付くと言うことでここで決め様かとも思うのですが・・・もっと良い工法や気を付けなければならないこと、ローンの事など何でも良いのでアドバイスなどありましたらお願いします。

  • 破風板を塗りたいと思うのですが手順を教えて下さい

    築30年経過で、これまで塗り直しはありません。自分で此処を塗装したいと思うのですが下地造りからの手順を教えて下さい。それと、屋根用の塗料は使って駄目なのでしょうか。又、軒天も白ペンキでそのまま塗ってもいいのでしょうか。

  • ガルバニウム屋根材の色について

    ガルバ屋根材を販売してる各社の色見本は結構地味な色ばかりみたいですね。トマトのような真っ赤な屋根にあこがれてさがしています。塗装の業者に真っ赤に塗装依頼するしかないでしょうか?

  • 雨樋の亀裂修理と落葉避けネットの設置について

    1.雨樋の亀裂修理について 1年弱前に業者に頼んで雨樋を新しくしたのですが、その後、雨が降ると2階の屋根についている雨樋から水が漏れて1Fの地面に叩きつけられるようになりました。 部位は、屋根と平行に走っている軒樋部分で、継ぎ目部分ではありません。 大雨でなくとも、少し雨が降り始めるとその場所からかなりの水が落ちてきており、そのために地面が徐々に削られているのか、今では地面に大きな水溜りができて困っています。 二階の窓から見上げてもはっきりとは見えないのですが、どうも亀裂が入っていてそこから漏れているのではないかと思います。 これを簡易に自分で修理する方法はないでしょうか? 2.雨樋の落葉避けネットの設置について 業者による雨樋の取替えの際、落葉避けネットが一部に設置されているのですが、見たところ、屋根の端(片方だけ)から1~2メートルくらいだけ設置されていて、残りの10m弱は何もついていません。ネットがない部分に落葉などが落ちるので、それが結局ネット設置部分にも流れて、雨樋に溜まってしまっています。 ネットを全面に設置しないと意味がないように思うのですが、そもそも落葉避けネットというのは、端の1~2メートルだけに設置して効果があるものなのでしょうか? もし効果がないのだとしたら、なぜ今回の業者は端にだけ取り付けたのでしょうか? 以上です。よろしくお願いします。

  • トタン屋根 見積もりについて教えてください。

    トタン屋根 見積もりについて教えてください。 現在母親が一人で住んでいる実家は、1階の半分が築45年位で後半分と2階が増築で築38年になる2階建てです。 今年5月、1階築45年側の屋根あった旧タイプの重い太陽光温水器を屋根に負担を掛けるとの理由で撤去した際、 ●その部分の屋根の状態がよくなかった ●今年他界した父が時々自身で塗り直し補修していたのが、2年前施設に入ってからというもの何もしていなかった(太陽光温水器の下は父も補修出来なかったみたい)に加え、幾つか屋根以外に補修した方がよい箇所があると、太陽光温水器を撤去した付合いのある大工さんに言われ見積もりを取りました。 ※見積もりを貰った後で判ったことですが、2階屋根については父も自分で出来ないので業者にお願いして、平成19年に補修していました。 とにかく初めてのことでその工程(最後に記した備考欄記載事項)や金額等々が適正なのか皆目分からないので、どなたかお判りになる方教えてください。 (1)屋根塗替え 2F屋根トタン長尺瓦棒タイプ 平米面積58×1.16=67.3 1F屋根トタン長尺瓦棒タイプ 平米面積119×1.16=138.0 ・既存塗膜全面撤去:剥離剤にて既存塗膜撤去及び磨き・・・205.3×2,000=410,600 ・下地処理:ケレン、高圧水洗浄・・・・・・・・・・・・・・205.3× 250= 51,325 ・塗装:2液型錆止めの上ウレタン樹脂塗装・・・・・・・・・・205.3× 1,700=349,010 ・1F、2F雪止めアングル:ケレン、錆止めのウレタン樹脂塗装・・・・・50.9× 600= 30,540                          小計・・・・・・・・841,475 (2)破風板塗替え ・1F、2F木製破風板:ケレンの上木部分用水系高耐久性アクリル塗装塗り                              83.6× 1,000= 83,600 (3)軒天塗替え:ケレンの上木部分用水系高耐久性アクリル塗装塗り(ビス頭錆止め共)                              43.5× 1,600= 69,600 (4)その他塗替え ・1F下屋部塗替え4箇所   屋根トタン:ケレン、錆止めのウレタン樹脂塗装・・・・・・・・・・5.8× 2,000= 11,600   破風板:ケレンの上木部分用水系高耐久性アクリル塗装塗り・・・ 3.8× 750= 2,850 ・玄関下屋部塗替え   屋根トタン:ケレン、錆止めのウレタン樹脂塗装・・・・・・・・・・2.8× 1,950= 5,460   破風板:ケレンの上木部分用水系高耐久性アクリル塗装塗り・・・ 4.6×1,000 = 4,600 ・出窓側板:ケレンの上木部分用水系高耐久性アクリル塗装塗り・・・ 2.4× 850 = 2,040 ・出窓枠:ケレンの上木部分用水系高耐久性アクリル塗装塗り・・・・ 5.4× 500 = 2,700                          小計・・・・・・・・29,250                        総合計・・・・・・・・1,023,925(消費税別)                        NET・・・・・・・・・ 920,000(消費税別) 備考:※既存塗膜撤去作業後、約半年間の養生期間が必要になります。    ※電源、水の無償支給をお願いします。 とありました。 なお、母親が金額に驚いて出入りの庭師さんに見積書を見せて相談したところ、知合いに塗装屋さんがいるのでと 現場を見てませんが上記見積書に書かれている内容を伝えて出したもらったら、 ・屋根塗装:205.0×1,550=317,750 ・ヌキ天塗装:93.5×1,800=168,300(金額の横に△90,000) ・破風板塗装:83.6×1,000= 83,600 ・樋塗装:  72.0×1,000= 72,000 ・コーキング施工:4.5×1,000=4,500             合計 646,150(消費税別) 税率5% 消費税額 32,307 / 税込み合計額 678,457  丸で囲まれて588,457 備考:※値引き 457円    ※塗装材料はスーパーシリコンルーフ使用    ※施工は、掃除ケレン、錆止め塗装、中塗り、仕上げ塗装 という見積もり内容でした。 よろしくお願いします。