解決済み

在日外国人と外国人の違い

  • すぐに回答を!
  • 質問No.7524101
  • 閲覧数317
  • ありがとう数1
  • 気になる数0
  • 回答数5
  • コメント数0
1、在日外国人と日本にいる外国人(日本にいる全外人)の違いはなんですか?
2、在日というと朝鮮人や韓国人を指すことが多くないですか?またそれはなぜですか?

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.1

ベストアンサー率 18% (840/4653)

 
外国人は日本に入国してはいけない、入国するためにはパスポートが必要
在日は自由に生活できる

外国人は日本で働けない、働くためには就労ビザが必要
在日は自由に働ける

在日は日本人で無いのに日本人と同じ権利を行使する輩です
 

その他の回答 (全4件)

  • 回答No.5

ベストアンサー率 32% (7189/21827)

1,基本的には同じですが、日本にいる外国人の中で
 長期間日本に滞在している外国人を在日外国人と
 呼ぶ場合があります。

2,在日という言い方は、一般には在日韓国、朝鮮人を
 差す場合が多いです。
 その理由は、彼らが他の外国人にはない特権を
 有しているからです。
 
  • 回答No.4
1はいいね?

在日、の正確な定義は知りませんが、私の知る範囲では、「日本国との平和条約に基づき日本の国籍を離脱した者等の出入国管理に関する特例法」の定める特別永住者を指すようですね。
この法律は1991年に施行されましたが、それまでもいろいろな出入国管理法の関係の法令で規定されていました。

これは何かと言うと、太平洋戦争が終わる前に日本にいた"外国人"のことなのです。
なぜクォーテーションマークで囲ったかと言うと、朝鮮と台湾は、戦争が終わるまでは日本だったから、そこの人たちは日本人だったのです。

戦争が終わった、というか戦争に負けて、朝鮮や台湾は独立しちゃったでしょう?
そうすると、そこの人たちは朝鮮人・韓国人・台湾人になりました。
ここで、日本の場合は、日本にいる旧植民地出身者の日本国籍を自動的になくしちゃったんですね。
多くの人は出身地に帰りましたが、その後朝鮮戦争などもおこったり政情不安定でしたから、日本にそのまま残った人もいます。
もともと我々の植民地だったわけで、そのときは日本人として遇していたのですから、「君らもう日本人じゃないから、後は知らね」と言うわけにはいかんでしょう?
だから、今の法律で言うところの「特別永住者」という在留資格がずっとのこっているのです。

当初は当人だけのつもりだけだったようですけど、日本で生活して子供ができたら、子供だけ帰れというわけにも、やっぱりいきませんしね。その子孫も特別永住者として日本に永住することができます。

ですから、朝鮮人や韓国人を指すことがおおいのは当然で、彼らのための在留資格です。
ただ、同じ朝鮮人や韓国人でも、平和条約の発効に伴う日本国籍の喪失と無関係の人なら、ただの永住者であって、特別永住者ではないです。
あなた方、在日在日と目くじら立てる人たちも、一般の永住者の朝鮮人や韓国人は、在日の範囲に入れてないんじゃないですか?
  • 回答No.3

ベストアンサー率 37% (168/445)

1.
他の回答者様のおっしゃる通りです。
違いはありません。同じことです。

2.
やはり、隣国なので移住や出稼ぎに来る方が多いのではないでしょうか。


それと、細かい事を気にして申し訳ありませんが、朝鮮人と韓国人を別々に表記する理由が分かりません。
朝鮮人=北朝鮮民主主義人民共和国国籍の人+大韓民国国籍の人
韓国人=大韓民国国籍の人
  • 回答No.2

ベストアンサー率 32% (2837/8858)

1、在日外国人と日本にいる外国人(日本にいる全外人)の違いはなんですか?


違わない
在日外国人イコール日本にいる外国人

2、在日というと朝鮮人や韓国人を指すことが多くないですか?

在日というと
在日米軍でしょう\(^^;)...マァマァ

zzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzz






zzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzz
結果を報告する
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。
関連するQ&A
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する

ピックアップ

ページ先頭へ