• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

天吊りを行うための中央集中荷重の計算式について

ボルトアンカーを使用して、天井から360mmのところに長さ3200mmの I ビーム(150×125×8.5×14)を設置します。 I ビームと天井を4点で固定しているボルトアンカーの1番長い方の間のスパンが1347mmで、その間にかかる中央集中荷重の計算式が知りたいのですが、この手の計算をした事がなくてあちこち探してみても計算式がよくわかりませんでした。 もしかして基本的な事を質問してるのかもしれないと思うのですが、お手数おかけ致しますが、教えていただけませんしょうか?(上記の説明が伝わりにくかったらごめんなさい) 宜しくお願い致します。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数807
  • ありがとう数1

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1

Iビームをつりさげているのが、4点なのでしょうか? それぞれの位置がわからないと計算できません。 4点ピン支持であれば、不静定構造物となりますので 計算は固定モーメント法、たわみ角法などを使う ことになります。 結構面倒な計算になりますよ。 普通は、コンピュータで計算します。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

結構めんどうな計算になるのですか・・・。 やはり他の寸法も書き込まなきゃわかりませんよね、すみません。 他の寸法も調べて、もう少し考えるのを頑張ってみようと思います。 丁寧にありがとうございました。 固定モーメント、たわみ角法…参考に致します。

関連するQ&A

  • パイプ(鋼管 32A) + ねじ山の荷重計算方法

    倉庫の天井に、配管用鋼管(SGP 32A)に対応するフランジ(雌ねじ)が有り、 ここに、雄ねじが切られている1mの同上用パイプをねじ込み、 約10Kg程度の棚をぶら下げたいと思っています。 ねじ込み部分の荷重計算を、したいのですが、中空軸のパイプを、 ボルトと想定して、荷重計算しても良いものでしょうか? (ボルトならば、計算した経験が有るので。) アドバイス頂けたら幸いです。 宜しくお願い致します。

  • 角パイ・単管パイプの耐荷重を知りたいのですが?

    ドブメッキの角パイプ□-100×3.2と、単管パイプ48.6×2.4の物を水平に2mスパンの2点支持にして 中央に負荷を加えた場合の耐荷重はいくつになりますか? 計算式も教えて下さい。

  • M6ボルト使用時の強度計算

    こんにちわ。 ある部材をM6ボルトで組んでいって天井を組んでいってるんですが、 M4ボルトでできないかとおもいまして、調べても、強度計算ができません。 教えてください。 大体長期荷重で42kg/?かかります。 強度計算式をおしえてください

  • ケミカルアンカーボルト「非破壊試験荷重」について

     ケミカルアンカーボルト「 非破壊試験 」での採用すべき荷重について  判断に 苦慮しています。 下記の質問について御教示の程、願います。     ※ 質問内容     あと施工アンカー施工後に行う ケミカルアンカーボルト「 非破壊検査 」の試験方法は、    一般には 対象アンカーボルトの 全本数 × 0.5 %以上 ( 少なくとも 3本以上 )を     (1) 設計用引張強度に 等しい荷重を        または      (2) 耐震補強工事の場合に 予想破壊荷重の 2/3 までの荷重を    加力する となっていますが、    質問 i : (1) における 設計用引張強度に等しい荷重は、下記に示す荷重のいずれを           選択 {(a)~(d)} すべきでしょうか?          (a) : 対象アンカーボルトに係る 短期 許容引抜荷重 Ta(1本当り)              Ta=(Fc / 8)* π * d2 * L                Fc : コンクリート設計強度                d2 : コンクリート穿孔径                L : アンカーボルト埋込長さ          (b) : 対象アンカーボルトに係る 長期 許容引抜荷重 Ta’(1本当り)              Ta’=Ta / 1.5          (c) : 対象アンカーボルト選定計算時の 引抜荷重 Rb(1本当り)                 〔注〕 下記の式は、矩形機器における基礎据付時の計算式です。              Rb=(FH * hG-(W-FV)* LG)/L * nt                FH : 設計用 水平地震力                hG : 機器重心までの 高さ                W : 機器重量                FV : 設計用 鉛直地震力                LG : 検討する方向から見た ボルト中心から機器重心までの距離                 L : 検討する方向から見た ボルトスパン                nt : 検討方向の片側に設けられた アンカーボルト本数          (d) : 対象アンカーボルトの材質に係る 短期許容応力度                例 : SS400 / 引張=17.6 ,せん断=10.1 kN/cm2                   SUS( A2-50 )/ 引張=15.8 ,せん断=9.12 kN/cm2    質問 ii : (2) における 予想破壊荷重は、下記の計算式で良いのでしょうか?           Ta=min [Ta1 ,Ta2 ,Ta3 ]               Ta : あと施工アンカー(1本当り)を用いた接合部の引張耐力                 Ta1=σy * a0                 Ta2=0.23 * AC √(σB)                 Ta3=10 π * da * Le √(σB/21)               Ta1 : 鋼材降伏により決まる場合の アンカー1本当りの 引張耐力               Ta2 : 既存コンクリート躯体のコーン状破壊により                             決まる場合の アンカー1本当りの 引張耐力               Ta3 : 接着系アンカーの付着性能により                             決まる場合の アンカー1本当りの 引張耐力               σy : 鉄筋の規格降伏点強度               a0 : 接合筋のネジ加工を考慮した 有効断面積、又は                                        アンカー筋の 公称断面積               AC : 既存コンクリート躯体へのコーン状破壊面の                                アンカー1本当りの 有効水平投影面積               σB : 既存コンクリートの 圧縮強度               da : アンカー軸部の 直径( アンカー筋の呼び名 )               Le : アンカーの 有効埋込深さ           (注) 質問 i 及び 質問 ii では、堅固な基礎に施工することを前提としています。     質問 iii : また、床スラブ上面 と 天井スラブ下面・コンクリート壁面の場合で、          質問 i 及び 質問 ii は、選択 ・ 計算式で 違いは発生するのでしょうか?

  • アンカーの許容荷重や引張(長期)などの用語

    いつもお世話になっています。 http://okwave.jp/qa/q8491572.html コンクリートアンカーの許容荷重で以前質問させていただいたのですが、少し状況が変わりましたので確認の為に新たに質問させていただきます。 M10のアンカー1個に付き最大荷重引っ張りが10、せん断16の物です(kN) これを10個使用する予定です。 全体での許容荷重を教えてください。    最大引張荷重×k PL=———————————  ・ 補正係数(推奨はk=0.6)        3 この式ですと、PLは2なので、アンカー1個に付き2kNで、許容荷重は約200(kg)でしょか? 10個なので全体で約2000(kg)まで耐えられるということでしょうか? 使用状況は人が乗り、収納物を置き、L字鋼と棚板自体の重さも含め、300キログラムまでをアンカー10個で耐えられればという感じです。 静止荷重が300なら、500キログラムもしくは1トンくらいまで耐荷重を取ればいいかなと考えています。 この場合、このM10アンカー10個で充分なのでしょうか? M8だと最大荷重引っ張りが6.5、せん断10(kN)で全体の許容荷重が1300(kg)ですが、M8に下げても問題なさそうでしょうか? また、サンコーテクノのカタログの15ページのあと施工アンカーの許容荷重に対する考え方の項目に載っている計算式がよく分かりませんが、これも許容荷重に関係してくるのでしょうか? 長期荷重や引張(長期)に記載の数値は、許容荷重とは違うものなのでしょうか? 引張(長期)や引張(短期)の数値は最大引張荷重と比べると随分と小さな数値なのですが…。 また、例えば対象物の上で歩いて動いたりする(飛び跳ねる等は無し)と大きな力が加わると思いますが、この場合は静止荷重の何倍くらいの力が掛かると考えていいのでしょうか? 2倍程度でしょうか? 質問が多くなりお手数ですが、教示お願い致します

  • 機器荷重(ローディングデータ)計算方法

    皆様お世話になります。 下記条件における機器の各柱に対するNL、NS(軸荷重、引抜)、HS(水平)の計算方法をご教授下さい。 条件 ・地域係数:Z=1 ・標準震度:Ks=1.5G ・運転質量:W=4000kg ・アンカープラン(H1~H6が柱、Gが重心です)       H1------H2---H3       |    G |   |       |      |   |       H4------H5---H6  スパン(mm)  H1~H2=1800 H2~H3=1000 H3~H6=950  H1~G=1400 G~H3=1400 H3~G=400 G~H6=550  重心高さ(mm)  HG=3000 宜しくお願いします。

  • 回転端と固定端の現実的な違い(理論ではなく) 

    回転端と固定端の現実的な違い(理論ではなく)  たとえば両端回転梁で中央集中荷重の場合、梁センター発生するモーメントM=PL/4 と理解しています。 この場合、梁端部はモーメントがかからないから反力(せん断力)のみ考慮すればいいものと長い間考えていました。しかし実際の施工は橋げたでもない限り回転端なわけがなく、たいてい固定端だと思います。 例えばスパン6m、一辺が1mの柱の側面に全長6mの[100X50などの鋼材をアンカで単純に固定する際、両端の柱にはたいてい2個以上設けます。(鋼材と柱コンクリートのラップ幅は300とします。またアンカのへりあきだとか埋め込み深さは無視してください)この場合、 Q1: 1個だと回転端、2個だと固定端だと考えていいのでしょうか? 梁の中央に鉛直または水平に集中荷重を受ける際、梁本体の曲げ応力の算出には安全をみて回転でやっておりました。しかし実際には片側2個で固定なので、固定端用の計算を適用し、反力だけでなく、 Q2: 端部発生するM=PL/8のモーメントに打ち勝つアンカ群の固定をも考慮しなくてはいけないのか ・・・と悩みだしてしまったのです。アンカボルト群に曲げモーメントまで考えるともたないことは明白なのです。だからといってモーメントのかからない回転端にしようとアンカ1本のみの固定は感覚、日常的に考えないわけです。 Q3: しばしば構造荷重計算書には「・・・回転端とする」という単語を目にします。実際には固定なのに勝手に回転端扱いとしてかまわないのでしょうか? Q4: そもそも回転端と固定端の現実的な施工方法の違いみたいなものはあるんでしょうか? 但し、橋げたに使用されている巨大な蝶番的構造は除き、溶接や簡単なアンカ止めによるものです。この方法だと回転で、こうだと固定となります・・・みたいな実例です よろしくお願い申し上げます。   

  • RC小梁の設計用応力について

    等スパン、等荷重状態とならない、RC連続小梁の設計用応力を普段どのように求められているか教えて下さい。 RC規準に示されている略算方法はあくまで隣り合う梁のスパン・荷重が等しいとみなせる場合のみ使えるもので、これらが大きく異なる場合は使用できないと認識しています。 この場合は固定法により求めればよいかと思いますが、実務上、連梁を固定法で解いているのをあまり見かけません。 みなさんはどのように対処されているのでしょうか。 お手数おかけして申し訳ございませんが、 ご教示いただけないでしょうか。 宜しくお願いいたします。

  • ねじり角の計算

    下図の様な断面の、角パイプで組んだフレームのねじり角の計算方法をご教授いただけないでしょうか? 両端は剛接、フレームの中央部にモーメントを受け、中央部では4つの角パイプは、梁で接合しています。 回  回 回  回 断面2次極モーメントをどのように考えるか? 中心軸に対称でない構造で、断面2次極モーメントで考えるの間違っているのか? 全体を薄肉閉断面と仮定するには、強く見すぎているようにも思えるし、 薄肉開断面として、角パイプの板を1枚ずつs・t^3とするのも違うように思えるし、 部品の手配納期がせまっていますが、考え方が分からずに形が決まらず困っています。 お手数をおかけしますが、ご教授いただけないでしょうか?

  • 流体密度の計算方法について教えてください。

    流体密度の計算方法について教えてください。 ヘリウムを900kPaにする時の流体密度を計算する際に 4/22414X(273.15/(273.15+測定温度))X900/101.3になる と思います。 この式の各部分の意味合いが良くわかりません。 例えば、式中にある(273.15/(273.15+測定温度)はケルビン に変えているだけで、0度÷測定温度だと思いますがこの 部分を日本語で説明するにはどういった意味になるので しょうか? また、式の最後にある900/101.3は大気圧の何倍か?とい う意味でよいのでしょうか? お手数をおかけしますが、出来るだけわかりやすい言葉で ご教授ください。